《中国各紙、中国ユースに高い評価》


《北京晨報》の題名:“中国ユース代表は敗けるが、光栄だ”

試合中、アルゼンチン選手の技術と戦術面の優位があるが、中国ユース代表らは少しも弱みを見せなくて、豊富な運動量で技術の差を補い、堂々試合だった。アルゼンチンの記者は「意外にもこんなに苦しい。中国ユース代表は蹴るのが悪くない」と言った。惜しいのは、中国ユース選手の体力は下がって、ついに後半30分、守りミスで、ドミンゲスがゴールを決め。1−2でアルゼンチンユースに負けだ。中国ユース代表は敗けるが、しかし光栄だ、中国のサッカーまるでこのようにするべきだ。彼らは(中国ユース代表)中国サッカーの未来であることを証明した。

《球報》の題名:“中国ユース代表はより日本、イラン、イラク幸運だ、アジア最も強くではない”

もちろん、中国ユース代表良い試合した;中国サッカー将来につながる試合であることを間違いない。ただし、よく考えると、足りないものがある。16強に入っていない日本、イラン、イラクと比較すると、私達の選手は試合中に日本選手の落ち着き払っている気質を達成していない;身体力上位のイラン、イラクなどように圧倒する豊富な運動量を達成していない;私達の選手は体が対抗中で技術運用能力には明らかに相手に及ばないである。まさにこれが選手を批判することではない、中国ユース代表はより日本、イラン、イラク幸運だ、アジア最も強くではないとの自覚が必要である。

中国サッカー協会の副主席、閻世TUOは「中国ユース試合中の態度については、満足します。しかし若い将軍の個人技術は不足し、FWラインは魂の人物がない、サッカーの理解に対してあまり深くない。後でより良い条件を創造することに全力を尽くし、よりよい雰囲気の中で中国サッカー発展し、より高いレベルを維持し、2004年でのオリンピックと2006年ワールドカップの出場権を獲得する」と話した。

《天津日報》の題名:“沈祥福は次回の国家オリンピックチームの監督だ”

中国ユース代表が高く国際評価を受けだ。国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長と欧州サッカー連盟(UEFA)のヨハンソン会長らは「中国は大善戦。アルゼンチンが勝利したが、中国も勝利だ」と言った;アルゼンチンのペケルマン監督は「中国サッカーの未来は明るい」と振り返った;アルゼンチンはエースのFWサビオラは「中国のDFはマークが厳しく、きつい試合だった」と振り返った。中国ユースの沈祥福監督は「流れの中からゴールを割れなかったことが大変嬉しいです、世界に中国サッカーをアピールできた」と振り返った。

2004年のオリンピックチーム監督に関しては、中国サッカー協会の副主席、閻世TUOが中国ユースの任務が“06、04、08”であることにすでに何回言及した。つまり、2006年のワールドカップ、2004年のオリンピックと2008年オリンピックである。昨日、記者会見時、閻世TUO再度話した、再び暗示を作り出す「沈祥福は次回の国家オリンピックチームの監督だ」。