中国ユース帰国で北京空港大フィーバー




《新華網》情報により

  世界ユース選手権16強に入ったサッカー中国ユース代表は30日午後、凱旋帰国した。中国サッカー協会幹部らが空港まで迎える、大勢集まった報道陣とサッカーファンが熱烈歓迎、フラッシュの嵐を浴びる大フィーバーでした。

  中国サッカー協会の副主席南勇は“これがたいへん記念すべきだった試合だ(アルゼンチンとの試合)、中国ユース成績はこれまでの世界青年選手権の中で最もよい成績ではないが、表した精神と気勢は称賛に値し、中国ナショナル・チームが去年のアジア杯、中国の女子サッカーが去年のオリンピックと同じに、サッカー協会は「同様で喜ぶ気持ち」を抱いてユース代表を迎えに来る”と話した。

  中国ユース選手らは将来国家オリンピックとナショナル・チームの主力選手になることがありえる。彼らが世界大学生運動会、オリンピックとワールドカップなどでよい成績を得ることを望む

  中国ユース代表沈祥福監督は「この世界青年選手権はチームを鍛えて、経験を蓄積した。成績は何を勘定に入れないが、中国ユース表した精神状態と気勢は大事だ。」と言った。

  中国ユースは近いうちに解散し、選手達は各クラブに帰る。後で、北京合宿する、世界大学生運動会参加する。