《親善試合:中国U−21代表 1−0 日本U−21代表》



【速報】サッカー中国と日本の五輪代表の親善試合が22日、上海で行われた。U−21から昇格した04年アテネ五輪瀋祥福(Shen Xiang Fu)監督の初陣は勝利で飾った。U−21中国代表が、前半24分に直接決められたFKが、決勝点となった。

主力を負傷で欠いた日本U−21代表のサッカー技術を中国のマスコミは高く評価した。各紙の報道によれば、中国U−21代表は、速さ、高さ、体力面での優勢があるが、中盤良い選手がいない、組織プレイーがうまくできない。アジア大会、04年アテネ五輪に多くの課題を残した。

瀋祥福(Shen Xiang Fu)監督は「試合が勝ったが、過去のものである。アテネ世代の厳しい戦いは、これから」と話した。