宝少年野球部|ホームページリニューアルしました。
http://tc1964.jimdo.com/


中央市玉穂野球スポーツ少年団交歓大会|櫛形大和戦に快勝。玉穂に引き分け。!!

2016年3月13日
 平成28年3月13日(日)中央市立玉穂南小学校グラウンドにて行われた大会の第1試合【櫛形ヤマト】戦。先発は奥秋。先行の【宝】は初回杉山のセンター前ヒットで2点の先制点を奪い4回までに3点をついかする。【櫛形大和】に2回までに2点を与えるも5対2で勝利。第2試合【玉穂】戦。先発は金塚。【宝】は4回に森島のスクイズにより1点を奪う。【田富】に7回1点を与え1対1の引き分けに終わりパート優勝を逃す。

南部町交歓少年野球大会|パート優勝ならず。!!

2016年3月6日
 平成28年3月6日(日)アルカディア南部総合公園野球場にて行われた大会の第1試合【白根あずま】戦。先発は奥秋。先行の【宝】は初回から3点の先制点を奪い3回に1点を追加するも、後攻の【白根あずま】に初回2点を与え、4回までに4対4の同点とされる。【宝】は5回に杉山がセンター前ヒットで出塁するも後が続かずの無得点に終わる。その裏【白根あずま】にホームランを打たれ4対5で惜敗する。第2試合【田富】戦。先発は金塚。【宝】は初回無得点に終わる。【田富】に初回3点を与えるが【宝】は2回に2点を返し、3回奥秋のホームランなどにより4点を追加、3回までに6対4と逆転する。4回1点を与えるも6対5と勝利する。

平成27年度宝少年野球部卒団式

2015年11月8日
 平成27年11月8日(日)、27年度は7人の卒団生、【市川貴大】【関口太智】【岡山蓮】【滝澤祐一郎】【岩村勇伸】【新船巧真】【石原諒圭】です。この7人は大月署管内少年球技大会で優勝。第8回GasOneカップ学童軟式野球選手権大会【SAMURAI都留】の参加メンバーで県大会を優勝するなど、素晴らしい結果を残してくれました。ありがとう。また市川部長以下父兄の方々本当にお疲れ様でした。心より感謝申し上げます。これからの宝少年野球部を応援してください。よろしくお願いします。

西桂町スポーツ少年団交歓少年野球大会|パート優勝ならず。!!

2015年11月1日
 平成27年11月1日(日)西桂町町民グラウンドにて行われた大会の第1試合【西桂】戦。先発は奥秋。先行の【西桂】は初回から1点の先制点を奪い攻撃の波に乗り、4回までに8得点を奪う。対する【宝】は初回に金塚が出塁するも無得点に終わる。2回1点を返し5回までに6対8とし、6回に金塚の左中間、岡山のレフト前、奥秋のオームランで3得点を上げ9対8で逆転勝利。第2試合は【SNS】戦。先発は金塚。【宝】は初回から金塚のフォアボール、奥秋のホームランで2点先制。2回に3点を奪うが【SNS】に3回6点を許し逆転される。【宝】はその後1点を返すも4回に6失点とし6対12で惜しくも敗退した。

スポ少秋季大会|学童新人戦に続き【境サンボーイズ】が立ちはだかる・・・。

2015年10月31日
 平成27年10月31日(土)都留市営住吉球場にてスポ少秋季大会3位決定戦が行われた。【境サンボーイズ】。【宝】は金塚が先発。先行の【境】は初回から2点の先制点を奪い攻撃の波に乗り、7回までに7得点を奪い実力を発揮する。対する【宝】は初回に金塚が出塁し、1点を返し2対1とし、3回に1点、6回に杉山のホームランなどにより2点、7回に金塚の右中間、杉山のタイムリーで1点をを返すもその後を抑えられ、ここで力尽き5対7で学童新人戦に続き  【境】の壁を越えられず惜敗した。

南都留ブロック大会1回戦|【中央幸フェニックス】に1-7で敗れる・・・。

2015年10月24日
 平成27年10月24日(土)西桂町民グラウンドにて行われた南都留ブロック大会に出場した。【宝】の初戦の相手は【中央幸フェニックス】。先発の奥秋は初回無失点に抑えるも、2回、3回、5回と合計7得点を許す。【宝】の攻撃は、1回金塚のセンター前、2回小林のセンター前、3回岡山のレフト前ヒットで出塁するも無得点に終わる。4回杉山がレフト前ヒットで出塁し1点を返すが1-7で敗戦した。

スポ少秋季大会|1回戦【開地】に勝利するも準決勝【東桂】に敗退。

2015年10月18日
 平成27年11月18日(日)都留市営住吉球場にてスポ少秋季大会が行われた。1回戦の相手は【開地】。【宝】は4年生の金塚が先発。先行の【開地】は初回に先制点を奪い2回までに5点を奪うがその後無得点に終わる。対する【宝】は1回に金塚、岡山の連続フォアボール、奥秋のタイムリーなどにより2点を返す。3回に小林のタイムリーにより2点追加し、ついに5回1点追加し同点に追いつく。6回に1点を追加し6対5で逆転勝利。 準決勝の相手は【東桂】宝の先発は岡山、4回に杉山に交代するも毎回得点を奪われ0対11で敗退

第18回学童新人軟式野球大会準決勝|【境】に敗退。

2015年9月13日
 初戦となる【宝】の先発は3年生の岡山。【境サンボーイズ】を初回無失点に抑えるも、2回安打とエラーにより6失点。3回から5年生の奥秋に交代するも4回までに5失点。【宝】は、初回小林のセンター前ヒット、2回本多の内野安打で出塁するも無得点。4回小林のセンター前ヒット、奥秋のタイムリーで1点を返すも1対11で敗退。 

大月警察署管内少年球技大会決勝|【大月JrBBC】との激闘を制し、優勝!!

2015年8月23日
 準決勝をコールド勝ちし勢いに乗る【宝】の決勝の相手は【大月JrBBC】。先発は主将の市川。【大月JrBBC】は初回制球の定まらない市川を攻め2点を先行。その裏【宝】は、岩村の内野安打と、新船のタイムリーで同点に追いつく。勝ち越し点の欲しい【宝】は4回、関口のセンター前ヒットと杉山のセンター前ヒットでついに勝ち越す。1回途中で緊急登板した滝澤は2回以降を0点に抑えるパーフェクトリリーフを見せ、最終回最後の打者を三振に仕留め3-2でゲームセット。6年生最後のトーナメントを優勝で飾った。

大月警察署管内少年球技大会準決勝|【初狩】をコールドで圧倒し決勝進出!!

2015年8月23日
 平成27年8月23日(日)大月市営球場にて、大月署管内少年球技大会野球の部、準決勝が行われた。準決勝の相手は昨年同大会で惜敗した【初狩】。【宝】は関口を先発に起用し決勝進出を目指す。【宝】は初回3安打と失策により3点を先制すると、その後も安打を量産し5回までに12点を奪う。投げては先発の関口が4回まで無安打3四球の好投で【初狩】打線を寄せ付けず、続く岡山も5回を3人で締め、12-0のコールド勝ちで決勝進出を決めた。

大月警察署管内少年球技大会2回戦|【富浜】に勝利し、準決勝進出!!

2015年8月22日
 1回戦を勝利した【宝】の2回戦の相手は【富浜】。【宝】は初回相手の失策などで1点を先制。先発の滝澤は3回を0点に抑える好投を見せていたが、4回2アウトから四球とワイルドピッチで同点とされてしまう。【宝】は5回、先頭の杉山が四球を選び出塁すると、奥秋のタイムリーで勝ち越し、さらに岩村のタイムリーで2点差とした。6回からマウンドに立った関口が最後のバッターを3振に打ち取り3-1で勝利、準決勝へ駒を進めた。

大月警察署管内少年球技大会1回戦|新チームを6年生が救援し、サヨナラ勝ち!!

2015年8月22日
 平成27年8月22日(土)大月市営陸上競技場で大月警察署管内少年球技大会野球の部1回戦が行われた。例年この大会より新チームとなるが、部員が9名となるため6年生もベンチに入った。初戦の相手は【大月JrBBCスーパーキッズ】。新チームでの先発で試合に臨み、5回表までに5-8と3点ビハインドを追いかける展開に【宝】が動き5回裏の攻撃1アウト1、2塁から6年生の石原を代打で出し、四球を選び満塁。次に新船を代打に出しファーストゴロの間に3塁ランナーが帰り6-8。2アウト2、3塁で関口を代打に出しレフトへ同点打を放つ。3盗で2アウト3塁とし新チーム主将の奥秋がショートのエラーを誘う強打でサヨナラ勝ちとし、2回戦へ駒を進めた。

第8回GasOneカップ学童軟式野球選手権大会|【SAMURAI都留】が出場。

2015年8月15日
 平成27年度の【宝少年野球部】6年生7人が参加した都留選抜【SAMURAI都留】が第8回GasOneカップ学童軟式野球選手権大会に出場しました。埼玉県営大宮球場での開会式の後、川口市営球場で試合に臨みました。1回戦の相手は栃木代表【海道】。試合は4回まで両者一歩も譲らず0行進で緊迫した展開だったが、5回【海道】が均衡を破る先制点を挙げると、そこから勢いに乗り、0-9とされ1回戦敗退となった。少年野球最後の夏に素晴らしい思い出をくれた選手たちに感謝します。ありがとう!!

笛吹ボーイズ杯少年野球大会第2試合|辛勝もパート優勝!!

2015年7月26日
 第1試合を快勝した【宝】の第2試合。相手は【一宮】。【宝】は初回3安打と相手失策で3点を先制する。その裏【一宮】は先発の岡山を攻め1点を返される。2回にも1点を返され3-2とされるが、4回【宝】は杉山の本塁打などで4点を挙げ突き離す。しかし【一宮】も粘り、毎回得点で追撃してくる。4回【宝】は2点を挙げ9-3とするも,その裏、岡山からスイッチした市川が2つの本塁打を浴びるなど打ちこまれ、4点を失い9-7とされるも時間切れで試合終了。パート優勝を成し遂げた。

笛吹ボーイズ杯少年野球大会第1試合|【塩山南】に6-0で快勝!!

2015年7月26日
 平成27年7月26日(日)いちのみや桃の里スポーツ公園において、笛吹ボーイズ杯少年野球大会が行われた。今大会初参加の【宝】の相手は、【塩山南】。【宝】は初回岩村の本塁打などで2点を先制すると、3回にまたしても岩村の本塁打で3点差に、4回以降も毎回得点を上げる。投げては滝澤が【塩山南】打線をを寄せ付けず、6-0で快勝した。

第52回山日YBS杯都留支部予選1回戦|【開地】に敗れ、1回戦敗退・・・

2015年7月11日
 平成27年7月11日(土)都留市営楽山球場において、第52回山日YBS杯少年野球大会都留支部予選1回戦が行われた。初戦の相手は【開地】。先発は主将の市川が務める。【開地】は初回、市川の立上りを攻め4安打2四球で5点を奪う。対する【宝】も1,2回に1点毎で2点を返す。しかし3回2アウトから2安打2四球で4点を奪われ点差を広げられてしまう。【宝】は諦めずその裏2点を返し、さらに4回にも相手投手の制球の乱れに乗じ4点を返し1点差まで詰め寄るが、6回【開地】に1点をもぎ取られ2点差に開くと、追いつけず8-10で1回戦敗退した。

第8回GasOneカップ学童軟式野球山梨県大会|【SAMURAI都留】県大会優勝

2015年7月4日
 平成27年度の【宝少年野球部】6年生7人が参加した都留選抜【SAMURAI都留】が第8回GasOneカップ山梨県大会で優勝しました。決勝戦の相手は同じく都留選抜【都留オールスターズ】でした。1点を争う緊迫したゲームを3-2で勝ち、8月に埼玉県で行われる第8回GasOneカップ学童軟式野球選手権大会の切符を手に入れました。



青少年健全育成大会 1回戦|【東桂】に大敗・・・

2015年6月20日
 平成27年6月20日(土)西桂町民グラウンドにおいて、青少年健全育成大会1回戦が行われた。1回戦の相手は【東桂】。先発の岡山は初回から5安打5得点される苦しい立ち上がり。【宝】は初回から安打が出るも攻撃がかみ合わず得点できない。【東桂】は続く2回2点、3回4点と終わってみれば10安打11得点と効率良い得点だったのに対し、【宝】7安打を浴びせながら2得点と打撃がかみ合わなく2-11で大敗した。

第27回支部長旗杯争奪少年野球大会決勝|【大明見】に惜敗し優勝を逃す・・・

2015年6月7日
 準決勝をコールド勝ちで勢いに乗る【宝】の決勝の相手は【大明見】。【宝】の先発は市川が務める。初回【宝】は準決勝の勢いをそのままに3点を先制することに成功。しかしその裏、市川の立上りを【大明見】に攻められ1点を返されるが何とか抑えた。迎えた2回裏【大明見】の攻撃、制球の定まらない市川を【大明見】が見逃さず6点をもぎ取られる。さらに4回よりマウンドに立った岡山も5回に1点を失い3-8とされる。2回以降打線が沈黙していた【宝】だったが、6回に滝澤の内野安打、岩村の死球の後奥秋の2点適時打で5-8とし最終回、市川と岡山の安打などで1点差まで詰め寄るが、力尽き惜敗。準優勝に終わった。

第27回支部長旗杯争奪少年野球大会準決勝|【向原】を圧倒しコールド勝ち!!

2015年6月7日
 平成27年6月7日(日)都留市営楽山球場にて、第27回支部長旗杯の準決勝【向原】戦が行われた。【宝】先発は市川。市川は立ち上がりから制球に苦しみながらもなんとか【向原】打線を抑える展開。対する【宝】は、初回こそ3者凡退に終わったものの、2回以降は相手ピッチャーを攻め先制に成功。その後も3回に2点、5回に4点を取る。投げては市川が4回まで0封、続く滝澤も1回を3者凡退で抑え、【向原】を圧倒し5回コールドで決勝戦へ駒を進めた。

第27回支部長旗杯争奪少年野球大会1回戦|【富浜】に快勝!!

2015年5月31日
 平成27年5月31日(日)都留市営住吉球場にて、第27回支部長旗争奪少年野球大会が行われた。1回戦【宝】の相手は【富浜】。先発は関口が務める。【宝】は初回、関口の3ベースと相手エラーで1点を先制。その後同点とされるも、3回【宝】の攻撃、8番奥秋の安打と市川の本塁打などでこの回3点を勝ち越す。その後、4回に新船の本塁打、続く5回に岡山、新船の本日2本目の本塁打で一挙に4点を挙げる。投げては関口と市川の継投で【富浜】打線を寄せ付けず、9-2の5回コールドで快勝した。


第35回学童・マクドナルドトーナメント都留市予選1回戦|【宝】初戦で散る・・・・

2015年5月9日
 平成27年5月9日(土)都留市営楽山球場にて学童・マクドナルドトーナメント都留市予選の1回戦が行われた。【谷一】相手の先発は関口。【宝】は初回市川がライトのエラーで3塁を陥れると岡山と関口の安打で2点を先制する。しかしその裏【谷一】に1点を返されるが、2回を0点で抑えた。3回裏【谷一】の攻撃。ここまで制球に苦しみながらも耐えていた関口が踏ん張りきれず6点を取られ2-7とされる。【宝】は2回以降打線が沈黙し0点に抑えられ2-7で敗戦した。

グリーン杯争奪少年野球大会|2試合を1点差に泣く・・・

2015年4月29日
 平成27年4月29日(水)都留市営楽山球場にてグリーン杯争奪少年野球大会が行われた。第1試合の相手は【山中湖東】。【宝】は4回までに連続失策などで4点を奪われる苦しい展開だったが、最終回5番関口からの4連続安打で3点を返すもここで力尽き3-4で惜敗。第2試合は【昭和】と対戦。先発は市川。市川は初回本塁打と3本の安打を浴び2点を献上するもその後は立直し、2回以降0点で抑える。【宝】は3回市川の本塁打で1点を返すも、打線が沈黙し、この試合も1-2で敗戦した。

スポ少春季大会兼郡内大会都留市予選|【東桂】に敗れ郡内大会出場ならず・・・

2015年4月14日
 平成27年4月12日(日)都留市営住吉球場にてスポ少春季大会兼郡内大会都留市予選が行われた。【宝】の1回戦の相手は【東桂】。【宝】は初回市川と新船の連続安打で1点を先制するもその裏【東桂】は四球から盗塁と犠飛で同点とする。さらに3回【東桂】は【宝】の失策と安打で勝ち越しに成功。5回に【宝】が追いつくが、その裏【東桂】が2点突き離し、6回【宝】が再び追いつくが、その裏【東桂】1点勝ち越されたところで時間切れゲームセットとなり、4−5で惜敗し、郡内大会出場はならなかった。

玉穂スポーツ少年団交歓少年野球大会|【若草エコーズ】に惜敗・・・

2015年3月8日
 玉穂スポーツ少年団交歓野球大会の第2試合は【若草エコーズ】と対戦。この試合【宝】の先発は市川。市川は初回から制球が定まらず安打と死球で2点を献上する立ち上がり。3回にも四球とワイルドピッチなどで2点を追加される。【宝】は3回裏先頭の石原が相手失策で出塁すると1番市川が本塁打を放ち2点差に詰め寄る。3回以降市川は立ち直り0点に抑え味方の反撃を待つ。すると4回関口の内野安打と石原のまたも相手失策のより1点を返し反撃ののろしを上げるが、後続が続かず3−4で惜敗した。

玉穂スポーツ少年団交歓少年野球大会|接戦を制し【田富】に勝利。!!

2015年3月8日
 平成27年3月8日(日)中央市玉穂ふるさとふれあい広場で行われた玉穂スポーツ少年団交歓野球大会の第1試合【田富】戦。先発の関口は初回、【田富】の先頭打者に2塁打を、3番にタイムリーを許し先制されてしまう。【宝】はその裏、市川の先頭打者本塁打ですかさず同点に追いつく。関口は2回以降【田富】を完全に抑え追加点を許さない。【宝】は3回先頭の市川の安打と岡山のタイムリーで1点を勝ち越すことに成功。終盤の5回【田富】の攻撃、ここまで抑えていた関口だったが1番打者にレフトオーバーの本塁打を浴び同点に追いつかれる。しかし【宝】はその裏、市川の安打と2、3盗、新船の内野ゴロで突き放し3−2で接戦を勝利した。

平成26年度宝少年野球部卒団式

2015年12月21日
 平成26年12月21日(日)、師走の風が優しく吹く宝で平成26年度宝少年野球部卒団式が行われました。今年度は50周年記念事業を主導していただいたこともありこの時期の卒団式となりました。26年度は4人の卒団生、【萱沼青汰】【高橋優飛】【岩村治輝】【川村駿】です。この4人は学童新人戦県大会でベスト8まで行く素晴らしい結果を残してくれました。ありがとう。また高橋部長以下父兄の方々には50周年記念事業を成功させるなど本当にお疲れ様でした。心より感謝申し上げます。これからの宝少年野球部を応援してください。よろしくお願いします。

宝少年野球部創部50周年記念交流少年野球大会|

2014年11月16日
 平成26年11月16日(日)都留市営住吉球場にて、【宝少年野球部創部50周年記念交流少年野球大会】を、山梨県内より14チーム、神奈川県より1チームを招待し、盛大に行いました。創部50周年のお知らせにもあるように、1964年に創部して以降、数多くの子供たちと父兄、そして熱心な指導者に恵まれ、50年という山梨県内でも有数の歴史を誇るチームとして存続してきました。この記念大会を通じてOBの方々にも大変お世話になりました。この場をお借りして感謝申し上げます。これからもこれまでの歴史を途切れさせることの無いよう頑張りますので、ますますの応援をよろしくお願いいたします。
(写真は【宝少年野球部50周年史・宝少年野球部50年の軌跡】)

スポ少秋季大会決勝戦|学童新人戦に続き【東桂】が立ちはだかる・・・。

2014年11月1日
 平成26年11月1日(土)都留市営住吉球場にてスポ少秋季大会決勝戦が行われた。決勝戦の相手は【東桂】。【宝】は関口が先発。先行の【東桂】は初回から先制点を奪い攻撃の波に乗り、3回以外は毎回得点を奪い実力を発揮する。対する【宝】は2回に1点を返すもその後を抑えられ、反撃の糸口を掴めないまま1-12と大差をつけられる。6回裏【宝】の攻撃、先頭の岡山が出塁すると、続く市川のライト前安打で1点を返す、その後相手の失策などでこの回5点を返し6-12まで追い上げるが、ここで力尽き学童新人戦に続き【東桂】の壁を越えられず準優勝に終わった。

南都留ブロック大会1回戦|【小明見】に1-4で敗れる・・・。

2014年10月25日
 平成26年10月25日(土)くぬぎ平スポーツ公園で行われた南都留ブロック大会に出場した。【宝】の初戦の相手は【小明見】。先発の関口は初回、四球と本塁打で2点を先制され苦しい立ち上がりとなる。その裏【宝】の攻撃、2つの四球を選びチャンスを作るも生かし切れず無得点に終わる。3回【小明見】の攻撃、四球でランナーを出すと2塁打を浴び追加点を奪われる。【宝】は打線が沈黙し反撃のきっかけを掴めない。6回【小明見】にさらに追加点を許し0-4とされる。その裏滝澤の本塁打で1点を返し反撃のきっかけを掴みたい【宝】だったが流れに乗れずそのまま1-4で敗戦した。

スポ少秋季大会準決勝|【禾生】を圧倒し決勝へ駒を進める!!。

2014年10月19日
 平成26年10月19日(日)都留市営住吉球場で行われたスポ少秋季大会準決勝【禾生】戦。【宝】は初回から制球の定まらない相手ピッチャーを攻め4点を先制する。その後も毎回得点を重ね2回に4点、3回にも4点を取り試合の主導権を握る。先発の関口は2回までを6人で切り、ナイスピッチを見せていたが、3回突然制球を乱し1点を返される。【宝】は4回にも3点を追加し流れを渡さない。最終回【禾生】は粘りを見せ3点を奪われるが追撃をかわし15-4で快勝し決勝戦へ駒を進めた。

第16回日ハム杯山梨県大会1回戦|【上吉田】に抑え込まれ1回戦敗退・・・。

2014年10月12日
 昨年に続き2年連続で今大会に出場する【宝】の1回戦の相手は【上吉田】。【宝】は公式戦初めてマウンドに立つ関口が先発。初回【上吉田】の攻撃、先頭打者に安打を許すと続く2番打者にもライト前に打たれ1点を先制される。3回にも2点を追加された【宝】は単発の安打は出るものの、打線が続かず反撃の糸口を掴めない。6回にも1点を加えた【上吉田】は4安打で4点を取るが、対する【宝】は8安打を打ちながら0点に抑え込まれ0-4で1回戦敗退した。

第17回学童新人軟式野球大会決勝|【東桂】に大敗し優勝を逃す。

2014年9月13日
 準決勝を【境】に快勝した【宝】は続く決勝戦【東桂】戦に挑んだ。【宝】の先発は主将の市川。2回まで両者得点できず0行進。試合が動いたのは3回【東桂】の攻撃、市川が崩れ3四球にエラーも絡み1点を先制される。その裏【宝】はすかさず反撃に出て、市川、滝澤の連打で2点を返し逆転する。しかし5回に2点を追加されると流れは【東桂】へ。最終回にも市川が捕まり、7安打の固め打ちに守備も浮き足立ちエラーを連発しこの回だけで10点を取られ試合を決められてしまう。結局2-14の大敗で優勝を逃した。

第17回学童新人軟式野球大会準決勝|【境】に快勝し決勝戦へ!!。

2014年9月13日
 平成26年9月13日(土)都留市営楽山球場にて第17回学童新人軟式野球大会準決勝、【境サンボーイズ】戦が行われた。【宝】の先発は滝澤。滝澤は初回デットボールでランナーを許すも、3回まで相手をノーヒットで抑える見事なピッチング。それに応えるように【宝】打線は2回から毎回得点を重ね4回までに4-0と突き放す。4回【境】の攻撃、エラーでランナーを出すと2盗、3盗を決められ、ノーアウト3塁で痛恨のワイルドピッチで1点を返される。しかし後続を抑え最少失点で切り抜ける。その後も宝は毎回得点し、終わってみれば9-1で快勝した。

第17回学童新人軟式野球大会1回戦|【禾生】に打ち勝つ!!。

2014年9月6日
 平成26年9月6日(土)都留市営住吉球場にて第17回学童新人軟式野球大会1回戦、【禾生】戦が行われた。【宝】の先発は滝澤。初回【宝】の攻撃、先頭の市川が相手のエラーで出塁すると、4番滝澤の本塁打で2点、続く杉山のタイムリーで3点目を入れる。その裏【禾生】2点を返されるが、3回新船の安打と相手のミスで追加点をあげ突き放す。しかしその裏同点に追いつかれると4回に両チーム1点を取合い同点のまま6回へ。【宝】は岡山(蓮)の本塁打などで3点を取るとその裏を抑え切り8-5で打ち勝ち初戦を突破した。

青少年健全育成大会本戦1回戦|。

2014年8月23日
 平成26年8月23日(土)大月市営球場にて青少年健全育成大会本戦1回戦【初狩】戦が行われた。新チーム初の公式戦となる1回戦の先発は滝澤。試合は2回連続安打で2点を失うと、続く3回も3安打を浴び2点を失う。【宝】は4回岩村(勇)の安打から石原・杉山の内野安打などで2点を返す。しかし5回またも連続安打を浴び4-6で敗れ新チーム初戦を勝利で飾ることができなかった。

第23回UTY杯少年野球大会2回戦|【羽黒つばさ】に逆転負け・・・。

2014年8月14日
 平成26年8月14日(木)甲府市営緑ヶ丘球技場でUTY杯少年野球大会2回戦が行われた。6年生にとって最後の公式戦となる本大会、【宝】の初戦の相手は【羽黒つばさ】。【宝】は初回幸先よく先制すると2回にも追加点を入れる。5回ここまで好投していた滝澤が捕まり同点とされるもその裏主将の萱沼の本塁打で突き放し3-2とする。しかし最終回先頭打者を内野安打で出すと1アウトから本塁打を浴び3-4と逆転され初戦敗退した。

第51回山日YBS杯都留支部予選3位決定戦|山日杯3位を獲得!!。

2014年7月20日
 山日YBS杯準決勝で敗退した【宝】は3位決定戦を行た。相手は【境サンボーイズ】。【宝】の先発は主将の萱沼。萱沼は初回2点を失うがその裏自身の本塁打で1点を返すと2回からは立ち直り0点で抑える。【宝】は4回四球で出た関口が2盗、3盗を決めると岩村(治)のライト前ヒットで同点に追いつく。5回【宝】は萱沼の2塁打に続き、市川、滝沢の連続3塁打などで3点をもぎ取り試合を決め5-2で【境】に勝利、山日杯3位を決めた。

第51回山日YBS杯都留支部予選準決勝|またも【谷一】に完敗。

2014年7月20日
 平成26年7月20日(日)都留市営楽山球場にて第51回山日YBS杯都留支部予選準決勝が行われた。準決勝の相手は先の健全育成大会で完敗している【谷一】。【宝】の先発は滝澤。【谷一】は初回から滝澤を攻め1点を先制され、続く2回にも2点を取られる。【宝】は2回高橋が死球で出ると関口が相手エラーで出塁、岩村(治)がセンター前にヒットを放ち1点を返す。しかし【谷一】は3回以降も攻撃の手を緩めず毎回得点を重ね【宝】は6回までに9点を取られた。【宝】の攻撃は3回に1点、5回に1点と散発に終わり3-9で準決勝敗退となった。

第51回山日YBS杯都留支部予選1回戦|【金山】に快勝!!。

2014年7月12日
 平成26年7月12日(土)都留市営住吉球場にて第51回山日YBS杯1回戦が行われた。開会式では【宝少年野球部】主将萱沼が選手宣誓を行った。この大会で県大会出場を目指している【宝】の初戦の相手は【金山】。【宝】は初回から相手ピッチャーを攻め1点を先制すると続く2回に4点、3回に5点、4回に1点と得点を重ね、9点をもぎ取る。投げては先発の滝澤とその後の岡山が【金山】打線を完封に抑え9-0と快勝し、準決勝にコマを進めた。

青少年健全育成大会決勝。|【谷一】に完敗・・・。

2014年6月22日
 準決勝を接戦で勝ち上がった【宝】の決勝の相手は先の学童都留大会で優勝した【谷一】。【宝】の先発は岡山。【谷一】に初回から攻勢をかけられ1点を先取されるも、その裏すかさず追いつく【宝】。しかし2回から2点、1点と立て続けに取られ点差をひろげられる。2回裏から【宝】の打線は相手ピッチャーに完全に抑え込まれ0行進を続ける。5回にも3点を失った【宝】は反撃の糸口を掴めないまま1-7で完敗し、準優勝に終わった。

青少年健全育成大会準決勝。|【開地】に競り勝つ!!。

2014年6月22日
 平成26年6月22日(日)都留市営住吉球場にて青少年健全育成大会準決勝【開地】戦が行われた。【宝】は初回1点を失うがなかなか打線がつながらず、5回まで0行進を続ける。5回さらに1点を失った【宝】は6回表の攻撃。岩村(治)、関口が倒れ、2アウト。ここから【宝】の反撃が始まる。岡山、岩村(勇)が連続四球を選び川村がライトへ同点打を放つと続く主将萱沼が右中間を突く2塁打で逆転に成功する。その裏【開地】の攻撃をしのぎ切った【宝】が3-2で接戦に勝利した。

青少年健全育成大会1回戦。|【東桂】にサヨナラ勝!!。

2014年6月21日
 平成26年6月21日(土)都留市営住吉球場にて青少年健全育成大会1回戦が行われた。初戦の相手は【東桂】。【宝】の先発は滝澤。初回に1点を失うも我慢のピッチングを続け5回まで0点に抑え、味方の反撃を待つ。しかし6回に1点を失い0-2で【宝】の最終回。2番市川がデットボールで出ると、続く岩村(治)のタイムリーで1点返し、滝沢のセンター前ヒットでチャンスをつなげる。岡山が四球を選びバッターは高橋。打球はセンターオーバーのサヨナラホームランとなり【宝】は4-2で勝利。1回戦を突破した。

第26回支部長旗杯争奪少年野球大会。|【小明見】に快勝。【開地】に惜敗・・・。

2014年6月1日
 平成26年6月1日(日)都留市営住吉球場ほかにて支部長旗杯争奪少年野球大会が行われた。【宝】は初回から毎回得点で8点をもぎ取る。投げては滝澤が相手打線を1安打に抑える好投を見せ8-0で完封勝利を収めた。2回戦の相手は【開地】。試合は初回から点取り合戦の展開。【開地】取れば【宝】も取る。6回終了時点で4-8と【宝】4点ビハインドで迎えた最終回【宝】は1番からの好打順で3点を返すも力尽き7-8で惜敗した。

第34回学童軟式野球大会3位決定戦。|【境】に惜敗・・・。

2014年5月11日
 平成26年5月11日(日)準決勝に敗れた【宝】は続く3位決定戦を【境サンボーイズ】と対戦した。【宝】は初回高橋の本塁打で先制するも、その裏2点を取られ逆転される。【宝】は2回1点を返し同点とするもその裏またも2点を取られ突き放される。その後3、4回と0点に抑えられるも5回主将萱沼の3塁打と岩村(勇)のライト前の間に1点を返す。しかし後続が続かず3-4で惜敗。

第34回学童軟式野球大会準決勝。|【東桂】に競り負け決勝進出できず・・・。

2014年5月11日
 平成26年5月11日(日)学童軟式野球1回戦を快勝で突破した【宝】の準決勝の相手は【東桂】。【宝】の先発は滝澤。初回制球の定まらない滝澤は1点を失うがその後4回までは我慢の投球で0点に抑え味方の反撃を待つ。しかし5回安打と四球を出したところで岡山にスイッチ。だが【東桂】は変わった岡山に対しても打線をつなげ4点をもぎ取る。【宝】は6回3点を返し、さらにツーアウト満塁のチャンスに主将萱沼の打席で1打逆転のチャンスだったが凡打に倒れた。7回3者凡退に倒れ3-5で競り負け決勝進出はならなかった。

第34回学童軟式野球大会1回戦。|【金山】に5回コールドで快勝!!

2014年5月10日
 平成26年5月10日(土)第34回全日本学童軟式野球都留大会1回戦が行われた。1回戦の相手は【金山】。【宝】は初回から制球の定まらない相手投手を攻め6点を先制。そこから毎回得点を重ね4回までに20点の大量得点を積み上げる。投げては岡山、滝沢のリレーで【金山】打線を1点に抑え20-1で勝利、1回戦を突破した。

西桂招待試合。|力の差を見せられた2試合。

2014年5月6日
 平成26年5月6日(火)初参加となる【西桂少年野球】主催の招待試合に出場しました。第1試合は【双葉】。試合は【宝】が2回に1点を先制するも、終盤【双葉】の粘り強い打線に捕まり4点を取られ1-4で敗戦した。続く第2試合は【上暮地】と対戦。この試合【宝】は相手投手に完全に抑え込まれわずか1安打と打線が沈黙。守っても集中力を欠きエラーを連発し0-7で完封負けを喫した。

グリーン杯争奪少年野球大会。|4年連続のパート優勝ならず。

2014年4月29日
 平成26年4月29日(火)昨年まで3年連続でパート優勝を決めているグリーン杯に出場しました。第1試合は【西桂】、先発は岡山。試合は4回まで0行進で緊迫した内容。均衡を破ったのは【宝】5回に関口が四球で出ると、川村の犠打と守備の乱れから1点を先制。しかしその裏、岡山が突如つかまり本塁打2本を含む6安打され7点を奪われ1-7で敗戦。第2試合は【田富】先発は滝澤。【宝】は初回3点を取られるも3回に同点に追いつき粘りを見せる。しかし続く3回、4回と【田富】に各1点、3点を取られ3-7で敗戦し、4年連続のパート優勝は成らなかった。

スポ少春季大会兼郡内大会都留市予選3位決定戦。|【境】に特延で敗れる。

2014年4月18日
 平成26年4月18日(金)都留市営住吉球場にてスポ少春季大会兼郡内大会都留市予選3位決定戦が行われた。郡内大会出場がかかるこの試合の先発は滝澤。【宝】は1回幸先よく先制すると、滝沢が5回までこの点を守り味方の追加点を待つが【宝】もホームが遠い。【境】に6回滝澤が捉えられ2点を取り逆転される。しかし6回裏【宝】の攻撃、滝澤が四球で出ると関口のセンター前ヒットで同点に追いつき試合は特別延長に。特延初回【境】に3点を入れられる。その裏【宝】の攻撃は1点止まりで2-2(特延1-3)で惜敗し、郡内大会出場はならなかった。

スポ少春季大会兼郡内大会都留市予選1回戦。|【東桂】に惜敗。

2014年4月13日
 平成26年4月13日(日)都留市営住吉球場にてスポ少春季大会兼郡内大会都留市予選1回戦が行われた。1回戦の対戦相手は【東桂】。宝の先発は岡山。宝は1回先頭の萱沼が安打で出ると、続く関口のバントの間にすかさずホームを突き1点を先制する。しかし2回3回と【東桂】に各1点を返され逆転される。宝は4回岡山が安打で出ると、滝沢の本塁打で逆転に成功するも、5回に2点、6回に1点を失い再逆転されそのまま試合終了。東桂に3-5で惜敗した。

南部町交歓少年野球大会。|2試合を完封し総合優勝に輝く!!

2014年3月9日
 平成26年3月9日(日)南部町交歓少年野球大会に出場しました。第1試合は【勝山】と対戦、先発の岡山はランナーを出すものの要所を締めノーアウト満塁のピンチも0点で切り抜け成長した姿を見せ、7-0の完封。続く第2試合は【小明見】と対戦。こちらも先発の滝澤が完封に抑えるピッチングを見せた。打っては安打と犠打でそれぞれの選手がつなげ8点をとり、8-0で勝利。2試合を完封で終えた【宝】はパート優勝とともに、総合優勝を成し遂げた。また、MVPにはキャプテンの萱沼青汰が選ばれた。

今年も都留市元旦マラソンに参加しました。

2014年1月1日
 平成26年1月1日(水)【宝少年野球部】毎年恒例となった、都留市元旦マラソンに参加しました。今年も選手をはじめ指導者、父兄が参加し約4キロのコースを全員が走り切りました。今年のトップは5年生の川村駿でした。




読売さわやか野球教室に参加しました。

2013年11月24日
 11月24日(日)大月市営球場にて読売さわやか野球教室に参加しました。この教室には元読売巨人軍の定岡選手と緒方選手が来場し、集まった少年野球の子供達を熱心に指導していただきました。中でも定岡投手には【宝】少年野球部投手の投球フォームに対していろいろと意見を聞かせていただきました。また、緒方選手には野手の捕球の仕方や、バッティングフォームについて教えていただきました。教室の最後には抽選会が行われ、【宝】の選手もレプリカのユニフォームや、タオルなどを当て楽しい教室となりました。

スポ少秋季大会3位決定戦。|【開地】に勝利し3位となる。

2013年11月16日
 11月16日(土)準決勝を【境】に敗れた【宝】は3位決定戦に挑んだ。対戦相手は【開地】。【宝】は初回2つの四球と2安打で3点を取るが、【開地】も粘り強く喰らいついて、4回を終わり3-2と接戦の展開。しかし【宝】は5回の攻撃で岩村勇伸の3塁打などで4点を追加し【開地】を突き放し7-2で勝利した。



スポ少秋季大会準決勝。|【境】の壁を越えられず敗退。

2013年11月2日
 準決勝の相手はこの数年公式戦では勝星の無い【境】。【宝】の先発は公式戦初先発の市川。【宝】は初回1点を取り幸先の良いスタートを切り、投げては市川が好投し2回まで【境】を0点に抑える。3回【宝】はエラーなどで同点に追いつかれる。さらに5回【境】は市川を捉え、3点を追加する。【宝】は2回から相手ピッチャーに抑え込まれ0行進を続け1-4でゲームセット。準決勝敗退となった。

スポ少秋季大会1回戦。|【禾生】に快勝!!

2013年11月2日
 11月2日(土)都留市営住吉球場にてスポ少秋季大会の1回戦が行われた。【宝】の初戦の相手は【禾生】。先発は主将の萱沼。試合は序盤から【宝】ペースで進み、初回に2点、2回と4回に各1点、6回にも2点を入れ、6点をもぎとる。守っては4回まで0点で抑える好投を見せ、6-1で【禾生】に快勝し準決勝進出を決めた。



第15回日ハム杯山梨県大会。準々決勝|【大月クラブ】に惜敗。

2013年10月12日
 10月12日(土)準々決勝に進出した【宝】の相手は練習試合で何度も対戦している【大月クラブ】。試合は初回から波乱の展開となり、【宝】は1番を3塁のエラーで出すと、続く打者への4連続四球などで、3点のビハインドを背負う。2回【宝】は高橋のレフト前ヒットを皮切りに、関口のライトへの2塁打などで同点に追いつく。3、4回【大月】に各1点を入れられ、またもや2点のビハインドを背負い4回裏の【宝】の攻撃。先頭の岩村(治)が出ると2塁打を打った関口がデットボールで出塁、すかさず盗塁を決め2,3塁の1打同点という場面で川村の打球はライト前へ。しかしライトからの好返球で関口がタッチアウト。このまま時間切れの3-4で惜敗した。

第15回日ハム杯山梨県大会。2回戦|【白根あずま】の猛追をかわしベスト8に!!

2013年10月6日
 1回戦を快勝で終えた【宝】の2回戦の相手は、強豪【白根あずま】。【宝】の先発は岡山。初回は3人で締めるもコントロールが定まらない場面がある内容。対する相手ピッチャーも速さがあるが初回に2安打するなど【宝】バッターは打てる様子。我慢のピッチを続ける岡山を援護するように3回【宝】は岩村勇伸のセンター前ヒットからチャンスを作り、3点を奪取することに成功。その後4回にも岡山の走塁で追加点を奪い4-0とする。しかしその裏、初安打を許すと盗塁とワイルドピッチで一点を失う。さらに5回にも味方のエラーなどで1点を返され4-2になるも猛追をかわしゲームセット。県大会ベスト8に進出した。

第15回日ハム杯山梨県大会。1回戦|【小淵沢】に快勝し、初戦突破!!

2013年10月6日
 10月6日(日)、甲府市営緑ヶ丘球場において、第15回日ハム杯関東学童軟式野球秋季大会山梨県大会1回戦【小淵沢】戦が行われた。【宝】は初回からコントロールが定まらない相手ピッチャーに対して6点を奪い主導権を握るとその後も手を緩めることなく追加点を奪い合計14点をもぎ取る。投げては、先発の滝澤が【小淵沢】打線に打たせて取る、巧みなピッチングを披露し完封で試合を締めた。結果、14-0のコールド勝ちで県大会初戦を突破した。

平成25年度宝少年野球部卒団式

2013年9月29日
 9月29日(日)、朝から快晴に恵まれた秋空の下、平成25年度宝少年野球部卒団式が行われました。本年度卒団生は6年生が1人しかいないにも関わらず主将として一生懸命ナインを引っ張ってくれた尾畠健介。卒団式を終えた後、毎年恒例父兄参加の罰ゲーム付紅白戦を行いました。今年は被り物や、センブリ茶、顔に落書きなど今までで一番盛り上がった紅白戦でした。健介、本当にお疲れ様でした。一生懸命野球に打ちこむ健介のこれからに期待しています。がんばれ!!。尾畠部長夫妻、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

第16回学童新人軟式野球大会 県大会|県大会初戦は【小淵沢】と激突!!

2013年9月28日
  9月28日(土)、甲府市営緑ヶ丘スポーツ公園にて日本ハム杯第15回関東学童軟式野球秋季大会山梨県大会の組み合わせ抽選会が行われた。7年ぶりの県大会出場となる【宝少年野球部】の初戦の相手は北杜支部代表【小淵沢】に決定しました。この大会に優勝すると11月に行われる関東大会の出場権が得られます。憧れのダルビッシュや大谷選手が新人時代に過ごした球場で試合ができるので、優勝目指して頑張ってもらいたい。

第16回学童新人軟式野球大会。決勝|【谷一】に力の差を見せつけられ完敗・・・

2013年9月22日
 9月22日(日)、準決勝を勝ち上がった【宝】の決勝の相手は都留ナンバー1の実力を誇る【谷一】。試合は立上りから制球に苦しむ【宝】とは対照的に、要所を締めるピッチングを見せる【谷一】の前に打線は沈黙。その隙に【谷一】は確実に点差を広げていく。3回突如乱れた【谷一】投手を攻め2点を返すが、4回からは立ち直り、攻めきれない。結局2-11の大差をつけられ5回コールドで決勝を終えた。

第16回学童新人軟式野球大会。準決勝|決勝進出と県大会出場を決める!!

2013年9月22日
 9月22日(日)、都留市営楽山球場において、第16回学童新人軟式野球大会準決勝が行われた。準決勝の相手は【禾生】。立上りから両チームの投手が要所を締める好投を見せ2回終了まで0行進。3回【宝】は相手ピッチャーを捉え打線がつながり4点を先制すると、続く4回、5回にも追加点を奪う。投げては先発の滝澤が1失点に抑える気迫のこもったピッチングを見せ、10-1のコールド勝ちで決勝進出と同時に7年ぶりとなる県大会出場を決めた。

第16回学童新人軟式野球大会。1回戦|点取り合戦を制し、楽山へのキップを手にする。

2013年9月8日
 9月8日(日)、都留市営住吉球場において、第16回学童新人軟式野球大会1回戦が行われました。相手は昨年も同カードで対戦した【開地】。試合は初回から点の取合いになり、中盤までお互いに一歩も引かない展開。しかし4回【宝】が一挙に6点をあげるビッグイニングを作ることに成功し、【開地】を突き放す。それでも【開地】はあきらめず追撃し、確実に点差を詰めてくるが【宝】が16-11で逃げ切り1回戦を突破した。昨年、一昨年と手にすることができなかった楽山球場への切符という目標を達成した。

第16回学童新人軟式野球大会|新チームの初陣の相手は【開地】に決定!!

2013年8月17日
  8月17日(土)、都留市ものづくり会館にて第16回学童新人軟式野球大会兼第15回日本ハム杯関東学童軟式野球秋季大会山梨県都留支部予選の抽選会が行われました。萱沼青汰新主将率いる【宝少年野球部】の初戦の相手は昨年も同カードで対戦している【開地】に決定しました。昨年は同点の末、抽選で涙を飲んだ大会です、今年は初戦からどんどん勝に行くぜ宝ナイン!!

更新情報

2009年11月29日
■ホームページをリニューアルしました