空手に夢中!

やるっきゃ ないっしょ (Oct 2001)
体よ、体、体さん、どうぞ動いてくださいな。 (Oct 2001)
腰に体重、心に太陽 (Oct 2001)
気合が肝心! (Nov 2001)
プッシュアップはお好き? (Nov 2001)
基本がたいせつ (Jan 2002)

やるっきゃ ないっしょ

実践するのだ...

しばらくクラブの指導に全精力を注いでいて、自分の稽古がお粗末状態でありました。(嗚呼、情けない)
稽古せずして、なんの指導ぞ。空手ポケットをいっぱいにしておかないと、最近出してばかりで、そろそろ補充が必要です。

そこで、一念発起して、肉体改造計画を起案しました。 仕事いそがしい、そんなに若くもない、お金もないと三重苦を抱えているので、どこまで出来るか解りませんが、稽古をすることに意義があるんです。結果は別問題。(←今からそんな事言っちゃダメでしょ。)

昇級という目標があった時は張り合いがあって良かったなぁ〜。にんじんが目の前にないと努力が出来ないのでは、だらしがないぞ、私はやるもんネ!(だぁれ、年寄りの冷や水なんて言ってる人は?)

本日のメニュー
1. 筋トレ(横蹴りのために背筋、腹斜筋、中臀筋、大腿筋膜張筋、鍛えるもんね!)
2. 柔軟 (股間節 ←あんたに懸かっているんです。)
3. 跳躍 (膝抱えジャンプってどうやりゃいいの?)

クラブの指導が終わってから、自宅で筋トレ&柔軟。
部屋のドアを閉め切ってハァハァ言ってる私は怪しい人...トレーニングマシーンがなくても、自慢の自重(体重)を負荷にして、跳躍以外は一様クリア。(あんたが跳んだらこの家壊れる。)

Page Top






体よ、体、体さん、どうぞ動いてくださいな。

カッコいい観空型をしたいのだ。 かっこを気にするわけじゃないけど、小股のキレ上がった...そうじゃなくて、腰のキレた迫力のある、裂帛の気合の入った型がしたいのです。

稽古不足で鈍ったこの体。どうぞ動いてくださいな。

型のターゲット
1. 腰のキレ (腹筋を鍛える)
2. 体がぶれないようにする (体重移動をパワフル且つスピーディーに。)
3. 最後までクールに (スタミナ不足で途中でゼイゼィしてしまう。)
4. 膝抱えジャンプ (蝶のように、可憐に軽やかに飛びませう。)

今日は江東区の体育館のマシーンルームでトレーニング。ウエイトマシーンって、人間が機械の一部になったみたいで、きらいだったけれど、そんなこと言ってられない。 短時間に、正しい動作で間違いなく目的の筋を鍛えるのには、やはり手っ取り早い。
この日はお相撲さんが2人、鬢付け油の香りを振り撒きながら筋トレしていた、おもわず私の"てっぽう"を見て貰おうと思ったけど、思うだけにしておいた。

筋トレの順番を間違えたみたい。 最後に膝抱えジャンプをしたら、既に足がヘロヘロ状態で、本日も跳べず。

Page Top








腰に体重、心に太陽

型の練習を積むと、体のことを考えざるを得ない、なんで私は身体がぶれてしまうんだろう?
そこで、基本の「き」の字で、かつ、最も難しい大極型をやってみると、やはり身体がぶれてしまう。

観空(黒帯3段の型)はひとまず置いて置いて、急がば回れ、今日は前屈立ちの移動の稽古をして「問題を捜せ!」

右足を下げた左前屈立ちから、右足を踏出す時の体重移動に問題がありそう。
右足の中足で床を下後方に圧しつつ蹴った後、ヨイッショと左足に体重をかけていた。その時、ご丁寧に頭をジグサグに揺らしていたのだ。頭って重いから頭が揺れりゃ、身体も揺れてしまう。(トホホ。)

頭→正中線→腰が垂直でなければダメ、頭を含んだ上体の体重は腰に責任を持ってもらいましょう。
空手(型)をやっていて楽しいのは、ああでもない、こうでもないって体について試行錯誤することです。

今更?、白帯の練習をしつつも(観空は遠い)、ポジティブに楽しがっている私って"心に太陽"というよりもおめでたい人かも?

Page Top




気合が肝心!

吾が生徒は、どうも気合に勢いが足りない。武道は体と心をひとつにすることが重要ですが、この感覚を体得するのに気合が欠かせないのです。 そこで、何故気合がたいせつか、検証してみましょう。

其の一
人間の体は息を吐く時に力がでます。 組手をしていて受けが間に合わず、蹴りや突きを腹に受ける時、グッと腹筋に力を入れる為に息を一瞬の内に吐いて、筋を締めるんです。(息を吸った時に貰うとはっきり言って痛いです。)
空手では動きと呼吸を一致されることがとてもたいせつで、技を出す前は脱力しておいてインパクトの瞬間息を吐ききって目的の筋を締めます。 このタイミングを習得するのに気合は欠かせないのです。

気合とは、息を吐く事とみつけたり!

其の二
気合は有声とは限りません。 意(精神)を集中して事にあたる時、その精神の勢いがほとばしり、声になって発動されると「ヤァーッ!」という気合になります。

敵と対し、互いの気と気が合うした時、気をもって気を制するのが気合です。
力量が互角の相手と対した際、気合を充足させる事で相手の気をのんでしまえば、相手は萎縮してしまい、有利に試合が進められます。これは絶対オススメ♪ 

気合で、まず相手を制せよ!!

其の三
疲れてくると、生理的限界ではないのに"もうダメ〜"と、自分で自分の限界を決めてしまって、それ以上の力を発揮できなくなってしまうけれど、気合を入れて集中力を高めると、心理的制御がとれて限界を高めることができます。
腕立て伏せをする際に、へばってきたら気合を入れて見てください。集中力が高まって筋力アップ間違いなしです。体は心の持ちようでずっと強い力を発揮してくれます。

気合で集中力を喚起!

気合は、単に大声を出せばよいというものではありません。重要なのは、気が充足した状態で稽古を積むということです。

無心を得て体を自在にコントロールし、淡々としなやかに型をする時、あるいは意を集中して瞬時に力をためては、腹からほとばしる裂帛の気合と共に技を炸裂させる時、体と心は一つだなぁ〜と、感じ入ってしまいます。そういう時に空手不思議、だ〜い好きと思うのです。

Page Top




プッシュアップはお好き?

東京支部で昇級試験を受けて来たMちゃん(小6)に、
入門したばかりのN子さん(20代)が聞きました。

N子さん「何が一番大変だった?」
Mちゃん「手刀の腕立て伏せが、メチャ大変」
N子さん「どんな感じなの?」
Mちゃん「やれば分ります。死ぬほど痛いです。」
(ハイ! ごもっともです。)

普段の稽古では拳立てプッシュアップしかやってなかったものネ、
やった事がないから痛さも100倍だったと思うよ。 ゴメンでした。
これからは掌底、手刀とプッシュアップのバリを図るけんね。
「エ〜〜〜ッ」なんて言ってると回数を倍にしちゃうけん。
いつも言っているでしょ、「Smile, Smile」
困ったチャンの顔をしていると呼吸が乱れます。
              Smileで調息!

拳立てや、ブリッジ、前後180度開脚を始めてした時は、
みんな「うっそ〜。信じらんな〜い」って顔をしたけど、今ではNo Problemでしょ。
積極的思考って大切なんだよ、
「わたしはもうだめぇ〜、シオシオのパァ〜」って思うと出来ることも出来ないの。
私自身、空手で培った積極思考法のお陰で、諦めそれが人生さ、というトホホ状態
から何度脱却を果たしたか。故にオススメ♪
      笑顔、 気合、 積極思考

Page Top




基本がたいせつ

基本の技の修得は反復練習するっきゃない。
体が無条件に技が出せるようになるまで、単調とも思える基本を繰り返す。

武道で長年受け継がれてきた技はとても合理的なんです。
基本の稽古を続けていると身体的にも一番合理的な体の動かし方が身に付くようになります。
基本はあだ疎かにしてはなりません。

という訳で本日も下段払いをしていたら
1人の生徒が金的をカバーしないではありませんか。(怒)
いくら一物がないからって、横着をしてはダメです。
ややっ、1人のみならず2人の生徒が金的をカバーしていない。(激怒)

怒りを抑えて冷静に。(でも、本人切れてる)
ところで、金的って何処だか分っているのですか?
開手で自分の金的をペンペンしながら、
『みなさん!!ここです。』(あたしゃ、マチャミか?)

恥ずかしさを抑えて。(赤面)
『分りましたね、き、基本がたいせつなんです。』

Page Top




ホームページへ