Mikey's Reporting


03/11/10の西武ドームでの試合前に、インタビューさせて頂きました。(インタビュー順)

上川 誠二 内野手 NO.6
「体の調子も良いですし、変化球も打てますね。目標は首位打者と最多安打なんですが、
大阪の本西(厚博)選手と村上(眞一)選手がライバルになりそうですね。
チームの雰囲気も良いですよ。」

大島 康徳 内野手 NO.5
「別にリーグがどうだとかチームがどうだとかそういうので来てるんじゃなくて、ただ野球をしに来てるだけ。
怪我も別にしないと思うし、リーグが主旨に掲げてる”お客さんを楽しませる”という事に
貢献出来るかどうかだけだね。」

平野 謙 内野手 NO.57
「(数試合終わって)全然チームに貢献出来てないね。”これから頑張ります”って
皆さんに伝えといて下さい。(笑)」

高橋 智 外野手 NO.44
「あんまり”勝とう勝とう”っていう意識でするんじゃなくて、のびのびとプレーしたいです。
目標はHR王。打倒デストラーデ!(笑)」


03/10/29の'03-'04シーズン開幕戦において、インタビューさせて頂きました。(インタビュー順)

土橋 正幸 監督 NO.21
「(”目指すは連覇ですね?”の問いに)そんなもん、やってみなくちゃわからねえよ。」

大川 章 投手 NO.24
「出場した試合全て頑張り、怪我をしない様にしたいです。なるべくなら16試合全てでの登板が目標(笑)。
まずストライクが入るかどうかが毎年不安でしょうがないんですが、コントロールが戻るのは少し時間が
かかるでしょうね。また優勝したいです!個人の成績は関係ないよ。」

早乙女 豊 投手 NO.37
「怪我しないようにしたいね。仕事に支障が出ると困るから(笑)。」

水上 善雄 内野手 NO.23
「目標はズバリ連覇!」

伊藤 勲 捕手 NO.5
「打つ方は大丈夫だけど、怪我をしないようにしたいですね。出るからには一生懸命プレーをします。
今年は年寄りが多いから(笑)、うまく回転させて投手の失点を少なくしたいです。」

蓬莱 昭彦 外野手 NO.43
「今年はファインプレーをしたい。それからピッチャーもやってみたいね(笑)。3ヵ月間皆若返ったねえと
言われるようなプレーをみせたいね。」

芦沢 真矢 捕手 NO.99
「いっぱいヒットを打ちたいです。それから盗塁も・・・(笑)。肩の調子は本番をやってみないと分からないけど、
肩が壊れるくらい目一杯頑張ります。」

矢作 公一 内野手 NO.33
「今年も目標は盗塁。ベンチのムードメーカーだから大声出していきますよ。」

清家 政和 内野手 NO.9
「去年このチームは優勝したそうなので、足を引っ張らないように連覇を目指したいです。
ソフトボールのチームに入っていて、この前県大会までいきましたからプレーはついていけると思います。
独りポツンとならないように(笑)、早くチームに溶け込みたいですね。」

駒田 徳広 内野手 NO.50
「去年HRが無かったでしょ?今年はHRを狙います。」

高橋 直樹 投手 NO.11
「ズバリ今年は4勝目標。西武ドームが実質的に僕の開幕だから、今日はその調整だね(笑)。
去年は1月にバテたから、今年は12月中旬から1月まで調子を持たせたいね。」

西崎 幸広 投手 NO.21
「チームのために頑張ります。」

屋鋪 要 外野手 NO.00
「去年は守備と打撃で魅せたので、今年は足を見せたいです。」

斉藤 明夫 投手 NO.17
「昔のイメージを壊さないようにピッチングしたいです。今年は横須賀で投げなかったけど、ウェートトレーニングを
しっかりやってきたので大丈夫だと思います。」

オレステス デストラーデ 外野手 NO.39
「(英語で)ファンに”Great excitement”を与える為と”Great play”を見せる為、HR王のタイトルを守る為(笑)にまた
来ました。具体的な数字は無いけど、楽しんで帰りたいね。多分、6〜8試合出れるんじゃないかな。1月3日までだと思う。」

萩原 康弘 外野手 NO.32
「今年はチームに貢献が目標。いい雰囲気でやりたいね。」(10月16日合同練習にて)

辻 恭彦  外野手 NO.8
「楽しむ事が目標。本当に来させて貰うだけでありがたいです。
マスターズリーグに参加する楽しみの一つは、目の前で技術を教えて貰える事だね。
松永なんか打つ心を教えてくれるし、安部もムリに打たないで軽くポーンと運ぶしね。ホント勉強になるよ。」
(10月16日合同練習にて)

藤城 和明 投手 NO.22
「去年は前半調子良かったんだけど、風邪を引いちゃってからダメだった。今年は体調維持を心掛け、
無欲で力まないように頑張ります。」(10月16日合同練習にて)

駒崎 幸一 外野手 NO.29
「優勝争いに残るようにチームとしては10勝以上が目標です。[一昨年2勝・昨年5勝]今の所、倍々で来てるから(笑)。
個人では盗塁2と怪我をしないように頑張ります。」

小川 邦和 投手 NO.45
「去年の倍、最低6イニングは投げたいね。自分の事だけで精一杯。無失点が目標。」

石井 雅博 外野手 NO.51
「盗塁王になれるように最低10盗塁が目標。母校の明治大学でバッティングピッチャーをしたので肩は大丈夫だと
思うけど、やっぱり慣れるのに2〜3試合はかかるでしょうね。」

カルロス ポンセ 外野手 NO.8
「(英語で)”I'm very happy to be here.”今日ここにいれてとても幸せだよ。
”Maybe 15or17days, will be play. I'm not sure.” この後15日か17日間日本にいてプレーするつもりだけど、
まだ分からない。」

津野 浩 投手 NO.30
「サポートプレイヤーの意味を噛みしめて抑えるようにしたいです。数字には拘らないで、平常心で投げたいです。」

大塚 光ニ 外野手 NO.23
「現役時代はチームの為に犠牲になる事が多かったので、常にフルスイングを心掛けたいです。」

小早川 毅彦 内野手 NO.6
「HRを打ちたいです。あと怪我の無いように。」

星野 伸之 投手 NO.34
「一年間プレーしていないので、まずはマウンドの感覚を取り戻したいです。チームに貢献して優勝したいですね。」

秦 真司 外野手 NO.26
「去年はヒザの調子が悪かったけど、今年は大丈夫だよ。一投一打目一杯、出し惜しみせずにプレーして
チームに貢献したいです。ファイターズが北海道に行くから、その前祝で優勝したいね。」」

藤野 正剛 内野手 NO.35
「期待されての新加入だからプレッシャーかかるよ(笑)。
同級生の安部が首位打者になったから、僕も首位打者を獲りたいね。」


'03/1/30のマスターズリーグ表彰式において、インタビューさせて頂きました。(順不同)

石嶺 和彦 外野手 NO.3
「シーズン前に宮古島のオリックスキャンプで臨時コーチを務めたので、いい状態でシーズンに入れました。
途中でねずみ(関節遊離体)が出たので、少し厳しかったです。
(今季のロマンズについて)30代の選手が制限されたルール変更が響きましたね。ジェネレーションギャップがありました。
(ロマンズファンに一言)来季も参加させて頂けるなら、ファンの方達と一緒に楽しみにながら野球をしたいと思います。」

斎藤 明夫 投手 NO.17
「シーズン前に由一さんに頼んで(ベイスターズ高木由一コーチ)シーレックスでフリーバッティングピッチャーをさせて貰い
肩を作りました。だから、自信はありましたよ。
(タイトルは)新人王・最優秀防御率・最多セーブで今回が4つ目ですが、嬉しいです。シーズンを通して、非常に勉強になりました。
(ファンに一言)来季3年目を迎えますが、スーパースターを観に是非グラウンドに足を運んで下さい。楽しい野球をお見せします。」

大川 章 投手 NO.24
「優勝出来て、感謝したいです。後ろに西崎やナベがいるので、とにかくゲームを壊さない事だけ考えて投げました。
また来季も応援して下さい。」

渡辺 久信 投手 NO.41
「(2年連続のタイトルは取れなかったが)個人的にも肩が痛い中、抑えていたので満足しています。140kmにもこだわりましたし。
今年は試合前に痛み止めを飲んで投げていたので、来季は薬を飲まない様にしたいです。(笑)
(ファンに一言)夢を与えるプレーをします。来季もスピードにこだわります!」

水上 善雄 内野手 NO.23
「個人的には元気でプレー出来て、ノーエラーで終れたのが嬉しいです。水上らしさが出たと思いますね。
(1月14日対ドンタクズ戦でのファインプレーについて)現役時代ならファインプレーでも何でもないですよ。
あんなプレーにする場面では無かった。(笑)ただ、現時点の体では精一杯のプレーでした。
来季は打ってないので、打ちたいですね。(笑)それから途中で交代する事が多かったので、最後までグラウンドにいたいです。
体を作ってきます!」

蓬莱 昭彦 外野手 NO.43
「(M.L.について)ホント、みんなが出れれば良いよね。5回までは40代以上とか、3イニング毎に出れる世代を決めるとか。
あんまり勝ちにこだわりすぎると、面白く無くなると思うんだよね。
それから野球教室の充実を図りたいです。両チームの選手全員が必ず参加して、M.L.=野球教室という感じにしたいですね。
(ファンに一言)来季もお客さんと一体になりたいです。」

得津 高宏 外野手 NO.25
「(個人的には)きついシーズンでした。開幕前に体重が6kgも落ちて、力が出なかったよ。(笑)
それに昨年はDHだったけど、今年は守備もあったから神経を使ったね。
とにかく今年はチームワークの勝利。後輩から言い出して先輩がそれに従ってたしね。文句も出なかったし。(笑)」

伊藤 勲 捕手 NO.5
「チームに迷惑をかけずに怪我無く出来たのが嬉しいです。サポートも出来たし。
40代と60代では時間の進み方が1日と3日くらい違うけど(笑)、無理せず来季も楽しくプレー出来ればと思っています。」

森 博幸 外野手 NO.20
「優勝したかったです、本当に。個人的にも成績が良かったので嬉しいです。来季は体作り、もっと鍛えたいですね。
(ファンに一言)ご声援ありがとうございます。来シーズンもまた応援して下さい。」


優勝が決定した日に東京ドリームス 水上善雄選手よりご挨拶を頂いたので、ご紹介させて頂きます。

やった―!!!2003年1月19日<日>21時19分
ついにやりました。東京ドリ−ムス悲願の初優勝!私自身にとっても35年間の野球人生史上初の日本一!(一応、マスタ−ズリ−グは日本に5球団しか無いので)嬉しくてしかたありません。これも、ひとえにファンの皆様のおかげです。ありがとうございました。つきましては、何かプレゼントをと考えております。数名になるかと思いますが、選出法はマイキ−様に考えて頂きます。期待していて下さい。


'03/1/14の東京ドリームス本拠地最終戦において、試合前にインタビューさせて頂きました。(順不同)

大野 豊 投手 NO.24
「厳しさ・きつさ、両方を味わっています。(現在の所)4勝は上出来ではないでしょうか。これからも点は取られたくないですね。[笑]
今年のドンタクズは、チーム名通りの”わっしょい、わっしょい”が出来ませんでした。昨年より得点能力が下がりましたね。バランスが悪かった。
私自身、マウンド上で楽しい思いをしたいんですが、バッターがボックスに立つと本能が反応してしまいます。[笑]
(ファンに一言)マスターズリーグも二年目に入り、チームの大黒柱・頼りになっていきます。
リーグ理念の通り、高齢化社会へ元気を与える・底辺拡大・サインや写真などのファンとの交流を大事に
元気・勇気を持ってやっていきたいです。応援して下さい。」

オレステス デストラーデ 外野手 NO.39
「(英語で)マスターズリーグのファンはとても”great”で、私自身”refreshing”(元気づけられる)されました。
このリーグの選手と観客の近さ、サイン会の実施などはNPBも真似すべきだよね。こういう趣向がもっと”regular”に行われるべきだと思う。
(来年も出場したいかとの問いに)”Absolutely !” 是非、来たいね。」

土橋 正幸 監督 NO.21
「(今年の強さは)選手達が一生懸命プレーし、投打のバランスがとれていました。ミスが無かったのが大きいよね。野手では安部・森、投手では斎藤明・高橋・西崎・大川、捕手では大矢・伊藤が良かったね。」

土屋 弘光 コーチ NO.87
「昨年惜しくも優勝を逃しただけに、あの思いがバネになったね。皆、満身創痍でよくやったと思う。
今年はシーズン前に、どこでやってきたか知らないけど、練習してきたんだろう。動きが違う。
特に守備はミスが無くて、5チーム中、一番だと思う。
打線は左の”BIG4”、安部・駒田・デストラーデ・森だね。
(MVPはという問いに)コーチが言えないよ。[笑] みんなにあげたいね。」

水上 善雄 内野手 NO.23
「(優勝に向けて)ワクワクしています。今年大きかったのは昨年苦手だった大阪に開幕戦で、ああいう勝ち方(サヨナラ勝ち)が出来た事だと思います。あれで今年は負けないだろう、強いわと思ったね。[笑]
優勝経験はパ・リーグがまだ前期後期に分かれていた時にどっちかで一度だけあるけど、
優勝したいね。
世界でこのマスターズリーグは日本だけ開催されていますから、リーグ優勝はすなわち世界一!
したいな〜。[笑]」

矢作 公一 内野手 NO.33
「とにかくベンチの雰囲気が良かったです。それに選手の層も厚いし。
ファーム時代の優勝しか経験がないので、優勝したいです。」

得津 高宏 外野手 NO.25
「まとまりがあって雰囲気の良いチームだね。チームワークが良かった。全然ギスギスした所が無いし。
今日は平常心で、残り試合4試合の1/4だと思ってプレーします。」

大矢 明彦 捕手 NO.27
「昨年優勝できなかった事で、今年はキチッとやろうという気持ちが強かったのだと思います。
変なミスは無い、イージーミスも無い。
投手は練習してきたみたいで、フォアボールが少なかったね。コントロールが良かった。」

弘田 澄男 外野手 NO.8
「ハードでした。[笑]
最初は楽しんでやろうと思ったけど、しっかりサインも出ましたし。
マスターズリーグに参加させて頂いて、(理念の)底辺拡大・お年寄りへの勇気に少しでも役に立てばいいし、
野球が楽しいと思って貰えれば、それで参加した意義があったかなと思います。」

芦沢 真矢 捕手 NO.99
「先輩のプレーを見ていると、恐れ多くて・・・。[笑]
伊藤さんには本当に頭が下がります。チャンスは少ないですが、応援して下さい。」

尾崎 行雄 投手 NO.19
「(個人的に)気の緩みがあった。でも良い所で抑えられたし、チーム一丸となって闘えたね。
来年も東京ドーム投げたいし、東京ドリームスでプレーしたいです。」

高橋 直樹 投手 NO.11
「皆、(オフシーズンに)練習してきて、調整が良かった。
バッターが援護してくれたし、外野陣の守備が良かったですね。相乗効果が出たよね。
本当にありがたいと思っています。[笑]
MVPは斎藤明投手にあげたいです。
(ファンに一言)真剣に取り組んでいる姿を見て下さい。」

大川 章 投手 NO.24
「やはりチームワークが良かったよね。試合前に全員で体操するのウチだけでしょ?僕がやろうと言ったんだけど。[笑]
(ファンに一言)毎試合出ますんで、応援宜しくお願いします。」

安部 理 外野手 NO.25
「首位打者は色々な要因があるので分かりませんが、打点王は獲りたいですね。
前の選手が(屋鋪・広瀬選手)ヒットで出てくれるので、そのおかげだと思っています。
(ファンに一言)本当に声援・応援が励みになります。ありがとうございます。」

蓬莱 昭彦 外野手 NO.43
「楽しくプレーが出来ました。本当にこのリーグは勉強になります。
少年野球を教えているのでいい加減なプレーは出来ないし、出来る限りの事を全力でプレー出来たと思います。
MVPは広瀬選手だと思います。
(ファンに一言)全力でやりました。出来なくても一生懸命走りました。これからも応援して下さい。」

駒田 徳広 内野手 NO.50
「投手が良かったね、今年は。リーグ自体もたくさんのお客さんに足を運んで頂き、良かったと思います。
MVPは森選手だと思います。
(個人的には)足の怪我が痛かったです。
(ファンに一言)マスターズリーグがどういう野球をやっているのか、目指しているのか
観客の皆様には理解して頂き、更に個人個人の観戦の楽しみ方も見つけて頂き、感謝しています。」


弊BBSに東京ドリームス 水上善雄選手よりご挨拶を頂いたので、ご紹介させて頂きます。

謹賀新年! 2003年1月5日<日>19時27分
マイキ−様、そして、マスタ−ズリ−グファンの皆様、明けましておめでとうございます!
私は今日行われた、東京対名古屋戦において勝利したチ−ムで、3打数0安打だった男です。
いつも、アツイ書き込みありがとうございます。選手は皆頑張っています。今年も応援宜しくお願いします。


'02-'03シーズン、マスターズリーグ事務局様のご好意により参加選手ににインタビューをさせて頂きました。
そのコメントをご紹介致します。(順不同)

萩原 康弘 外野手 NO.32
「今年は戦力になりたいと思っています。とにかくこのリーグに参加させて頂いて、大変感謝しています。幸せを感じています。練習を終えても、今年はいけそうな感じです。全力疾走も心掛けます。」(11月7日)

加藤 俊夫 捕手 NO.29
「今年は怪我をしないのが目標ですね。昨年ブロックをした際に痛めてしまったんですが、怪我をせず楽しくやりたいです。新規加入の投手が多いので手探り状態ですが、頑張ります。」(11月7日)

藤城 和明 投手 NO.22
「大きな事は言えませんが、まずは1勝。何とかストッパーまでつなげたいです。スタンバイはO.K.です。」(11月6日)
「ストレートと変化球を織り交ぜて打ちとりたいです。札幌には1勝してから乗り込みたいですね。目標は3〜4勝で最多勝利投手。」(11月7日)

八木沢 壮六 投手 NO.27
「昨年は参加していないのでなんとも目標は言えないけど、怪我をしないようにやりたいです。(日本シリーズの様に)波に乗って、3試合を2勝1敗ペースで乗り切れたら面白いと思うよ。出来るだけ登板はしますよ。」(11月7日)

高田 繁 外野手 NO.8
「常にベストプレーを心掛けます。トレーニングはしていましたが、目がダメなのでフライは難しいね。怪我をしないよう頑張ります。」(11月7日)

中畑 清 内野手 NO.24
「流れに乗りたいね。怪我はしたくないんだけど、血が騒いで本気になるのが怖い。とにかく目一杯やります。」(11月7日)

川口 和久 投手 NO.25
「140kmは無理だけど、流れによって行けと言われたら、すぐ行きます。」(11月7日)

高木 豊 内野手 NO.3
「頑張ります。」
(試合後のコメント)
「バッティングは変化球だけ対応出来れば、いけると思います。守備に関してはヒザから下が弱っているので、現役時の頭の中のイメージ通りにはいかないけど・・・。盗塁王?言えないよ、そんな事。(笑)」(11月7日)

石井 雅博 外野手 NO.51
「”補強”という言葉に恥じないプレーをしたいです。家では5歳の息子とトーレニングをしていました。目標は昨年あと少しで出来なかった3割到達とお立ち台でヒーローインタビューをしたいです。」(11月7日)

宮本 和知 投手 NO.21
「打ち取る術は昨年で分かりました。今年は5試合くらい登板するつもりですが、目標は最多勝、すなわち3勝以上。最優秀防御率のタイトルも取りたいね。とにかく最後に美味しい所を持っていくのが宮本だから。(笑)」(11月7日)

ウォーレン クロマティ 外野手 NO.49
「(日本語で)クロマティさん寒いの嫌いだけど、札幌大好きね。
(英語で)目標は第一に”enjoy”する事。二番目に”Don't get hurt”。今年は4試合に出場予定です。数字的な目標よりも、チームが勝つ事が一番。バンザイ?今日はスシが無いからしないと思うよ。(笑)」(11月7日)

秦 真司 外野手 NO.26
「調子は現時点で7〜8分です。早く試合感を掴んで、今年は目立とうと。(笑)守備も含めて今年は”ハッスル”を目標にします。」(11月7日)

長崎 慶一 内野手 NO.3
「やはり怪我をしないという事が一番ですね。ファンの皆様に見て頂きたいのは、ここ一番での勝負強さです。」(11月16日)

津野 浩 投手 NO.30
「もう開幕で点を取られてしまったので”点を取られない”という目標は本当は言えないんですが(笑)、とにかく”点を取られない”事に集中していきます。先日の札幌で勝ったので、チームの雰囲気はとても良いですよ。」(11月16日)

尾崎 行雄 投手 NO.19
「目標は0点に抑える事。」(10月22日)

矢作 公一 内野手 NO.33
「数少ない打席で印象に残るバッティングをしたいです。特に長打を1本打ちたい。少年野球のコーチをやっているので、真剣さを見せたいです。もちろん、観客の皆さんを楽しませる事も。(現役時代出来なかった)盗塁1を記録したいですね。(笑)
シャードプレーはVシネマでヤクザ役をやったので、演技ならお手の物です。(笑)」(10月22日)
「球場に来てあらためて東京のメンバーを見ると、優勝間違い無しです。」(11月6日)

蓬莱 昭彦 外野手 NO.43
「楽しくやる事が目標です。(外野のポジション争いが熾烈ですが?)う〜ん、頑張ります。」(11月6日)

松岡 弘 投手 NO.17
「(投手コーチに就任が決まったので)良い思い出にしたいです。」(11月6日)

水上 善雄 内野手 NO.23
「感謝の気持ちで一杯です。今年はズバリ無理をします。(昨年の開幕戦で好捕も一塁に投げれなかった事に)あれを投げれなかったのが、恥ずかしいです。今年は全試合出場と意外性のあるバッティングをしたいです。」(11月6日)

大矢 明彦 捕手 NO.27
「優勝したいです。目標は塁に出さない事と投手陣の防御率を、少しでも下げてあげる事です。」(11月6日)

大川 章 投手 NO.24
「怪我をしない事です。引退したらもう出来ないと思っていた、硬球で野球をする喜びを噛み締めています。」(11月6日)

屋鋪 要 外野手 NO.00
「怪我をしない事です。(盗塁王は?)考えていません。」(11月6日)

オレステス デストラーデ 外野手 NO.39
「(英語で)今回は日米野球の解説も入っているので、来日しました。とても”happy”です。目標は”few HRs”を打つ事と”fun”する事。
日本のファンの皆さんには一つ目に”Thank you for supporting me”。二つ目に”Please, enjoy our entertainig”。」(11月6日)

江夏 豊 投手 NO.28
「戦力になる事だね、目標は。とにかく楽しく投げるよ。」(11月6日)

芦沢 真矢 捕手 NO.99
「投手とコミュニケーションをとりたいです。恐れ多い諸先輩方々の足を引っ張らないように、頑張ります。」(11月6日)

駒田 徳広 内野手 NO.50
「調子はいまいちだけど、去年もそれで打ったからね。目標は三冠王。HRは3本ぐらい。30台の選手には負けたくないね。」(11月6日)

渡辺 久信 投手 NO.41
「優勝したいです。去年は台湾で投げていたので現役みたいなものでしたけど、今年はそうはいかないでしょう。(笑)怪我してもいいから、思い切りやるのが目標です。」(11月6日)

高橋 直樹 投手 NO.11
「勝ち星に拘り、3勝して最多勝になりたいです。」(11月6日)

番外

今関 勝一 投手
「今年は事情により参加メンバーには入っていません。個人的にはクロマティ選手に注目です。
来季も米独立リーグでプレーする予定ですが、目標は防御率3点台に抑える事。応援して下さい。」(11月6日)

渡辺 謙太郎 アナウンサー
「選手を乗せるようなコメントを数多く喋りたいです。今年は本当に各選手の取り組みが違うので、接戦を期待しています。」(11月6日)