…あの素晴らしいモリシのゴールを何度でも

このページはこちらの企画に賛同し、ワールドカップをきっかけにJリーグに興味を持たれた方に、
セレッソ大阪のことを知って頂き、かつスタジアムに来て頂きたく、色々と紹介しているページです。

Jリーグへ行こう。

■セレッソというチーム
「セレッソ大阪って?」
名前の通り、大阪
「市」(府ではありません)をホームタウンとするチームです。
セレッソとはスペイン語で桜の意。桜は大阪の市花です。
目立つチームカラーのピンクもその桜からきています。

→チームの前身はヤンマーディーゼルサッカー部。
94年にJFL優勝し、95年にJリーグへ参入しております。

「でも確かJ2なんですよね」
残念ながら昨年度J1リーグ最下位で今年度J2へと降格しました。
しかし主力選手の多くがチームに残り今年1年でのJ1復帰を目指しております。

→現在Jリーグは二部制となっています。
一部・J1が16チーム、二部・J2は12チーム。
年間の順位でJ1下位2チームとJ2上位2チームが入れ替わる仕組みです。
尚、J1は1st/2ndの2ステージ制で年30試合・J2は通年44試合です。
詳しくはJリーグ公式サイトでどうぞ。

「んー、じゃあ強いんですよね?」
…グサッ。いや、
強い方だと言って差し支えは無いと思うのですが。
どうも肝心なところで弱いというのが正確でしょうか、…J1の頃から今も。
今年元旦の天皇杯決勝、惜しいところで負けてしまったのが良い例かもしれません。
また一昨年、J1の1stステージの優勝争いも惜しいところで逃したのも懐かしい記憶です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなツメがどこか甘いチーム。敵にしても憎めないと言われるチーム。
…一度入れ込んでしまうと目が離せなくなるということは保障します。
いや、筆者もそうなので。苦笑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「…ところで、これは何?」
  これ
セレッソのマスコット、ロビー君です。本名はノブレ・バリエンテ・アッチェ・ロビート・デ・セレッソ。
高貴で勇敢な、由緒あるセレッソ家の"オオカミの息子"という意味です。
尚、このイラストはデフォルメしています。
…実物は公式サイトやスタジアムで確認してください。


セレッソ大阪公式サイト

■セレッソの選手
「おすすめ選手なんかはいるの?」
日本代表MF森島(通称モリシ)は知らない人の方が少ないでしょう。セレッソの前身・ヤンマー時代から在籍しておりセレッソでも代表と同じ8番を付け、キャプテンとしてチームを引っ張っています。またFW西澤(20番)もおります。MF尹晶煥(6番)は韓国代表MFですし。「元」でいうのならば田坂(4番)も日本代表MF。…おかげで開幕前には「反則級戦力」とまで言われていました(苦笑)。
えー、その他には。
「3分間ハットトリック」の記録保持者・
眞中(11番)。…多分余程のことがなければこの記録を抜かれることはないでしょう。開幕直前に事件に巻き込まれ大怪我をしましたが、復帰。頼れるスーパーサブとして活躍してくれることでしょう。
それと鳴り物入りで入団した
大久保嘉人(15番)。時にキレちゃうのが問題(汗)ですが、成長すれば頼もしいことこの上ないでしょう。

また変わりネタとしましては前監督と同姓同名の
DFジョアン・カルロスのプレイは笑いを誘ってくれます。何せ笑いの都、大阪ですから。エンターテイナーも誇れると(違)。
…ええんかいな。汗

→ちなみにジョアンは何者なのか未だによく判りません。大阪プロレスに入るはずが間違って登録されたんじゃという冗談まで飛び出す始末でしたが、素晴らしいプレイをする時はします。彼を観察するのも一興でしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あらゆる意味でドキドキさせてくれるGK・DF達に、多彩な攻撃を見せてくれるMF・FW陣。
このチーム抜きに今年のJ2を、そしてJを語ることは多分出来ないと思われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「…って言われてもやっぱミーハーなんだ、私☆」
うーむ、ミーハーでセレッソがイイという人はあまり聞いたことないんだが…(ぼそぼそ)
…ああっ!帰らないでください、お姉サン(誰)。
実はちゃんと美形はいますよ
(皆あまり意識しないだけで)徳重(29番)なんてホスト顔負けでしょうし。若い子が良いというのなら佐藤寿人(24番)なんていかがでしょう。また美白根本(26番)なんていますよ。どちらも可愛いと言われてますが。「…って借り物じゃん」というツッコミはナシで(笑)。
まぁそんな冗談はともかく他の若手も顔のレベルは高いと思いますよ(と、言われるのを良く聞きます/汗)。尚、佐藤は市原から、根本は鹿島からのレンタル移籍選手です。


その目で確かめてください。笑(公式選手名鑑)

■スタジアム
「…で、どこで試合してるの?」
あの
日本×チュニジア戦の舞台、「長居スタジアム」をホームにしております。
森島のゴールであのスタジアムが盛り上がったのはそのこともあったのですよ、ええ。
尚、陸上競技場なのでトラックがあるわけですが、その割には見やすいつくりとなっています。
ただ今年度はW杯など諸事情からすぐ隣の
「長居第2」を使っていたりもします。

「そこまでの行き方は?」
JR阪和線の「鶴ヶ丘」or「長居」、あるいは大阪市営地下鉄「長居」
どちらの駅からも歩いてすぐとなっております。
これはJリーグ全体でも屈指のアクセスの良さだと思いますよ。

「スタジアム内はどうなの?」

ワールドカップの会場となっただけあり、綺麗で広々とした作りとなっております。
ただ食糧事情は…一通りのモノは揃いますが、美味いモノを求めるのならばスタジアム入りする前に調達してくるのが吉。駅前の商店街やミナミのデパ地下などで調達されてはいかがでしょうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あの素晴らしいモリシのゴールを何度でも、同じスタジアムで
…見たいものだとは思いませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「ちなみに第2の方は?」
こちらはどうしてもあらゆる面で劣ってしまいます。A席は芝生席ですし。
ただ臨場感はあるかもしれません。…かも。汗



■試合日程とチケット
「観に行きたいんだけど、今度の試合はいつ?」
…ということで試合日程とチケット案内です。

【7月・8月のセレッソホーム試合】
7/10 水戸ホーリーホック戦 (長居ス 19:00)
7/13 アルビレックス新潟戦 (長居ス 19:00)
7/27 大宮アルディージャ戦 (長居ス 19:00)
8/7  大分トリニータ戦    (※鈴鹿開催)
8/21 アビスパ福岡戦     (長居2  19:00)
8/31 モンテディオ山形戦   (長居2  19:00)

【一般販売チケット(前売り価格)】
<自由席>
ゴール裏A席     大人:1500円 小中生:800円
バックスタンドSB席 大人:2500円 小中生:1300円
メインスタンドS席   大人:3000円 小中生:1500円
<指定席>
メインスタンドSS席  大人:4500円

尚、当日価格は+500円(小中生は+200円)となっております。
お得な回数券もありますので、その詳しいことや座席表は公式サイトでどうぞ。

また水曜の試合・
7/10水戸戦8/21福岡戦は、
前売りチケットのみ
自由席すべて1000円となっています。
そして夏休み親子ペアチケット(大人1枚小中1枚)も発売中です。
こちらの対象試合は7/27の大宮戦と8/31の山形戦。
大人通常価格+小中生300円の価格となっています(前売りのみ)。

「何か色々あるけど、どこの席がお勧め?」

初めて見る方には、安く見やすく全体が把握しやすいSB席をお勧めします。
声を出して応援されたいと言う方はA席でしょう。

「どこで買えば良いの?」
ローソンにあるロッピーやチケットぴあ(ファミリーマート)などで買うことが出来ます。
尚、公式サイトで買うことも出来、こちらはオリジナルスクリーンセーバーの特典がついてきます。
また駒川・心斎橋清水通りにあるオフィシャルショップ「ロスロボス」に行かれてみても面白いと思います。
多くのグッズがありますし、心斎橋のお店にはカフェもついてますよ。

公式サイト(チケット情報)



■最後に
…と、一応一通り書いてみたわけですが、いかがでしたでしょうか?これで少しでもセレッソのことを知って頂ければ、興味を持って頂ければ幸いなのですが。とはいえ百聞は一見にしかず。できればスタジアムで生のセレッソの姿を確かめて頂きたいと思います。
思えばずっとTV観戦派だった筆者も、「やはり一度は生で見てみなければ」とその日、一番近くでやっていたJ1の試合「セレッソ大阪VSコンサドーレ札幌」を長居スタジアムで見たのがきっかけで、某チームファンだったはずが、セレッソからも目が離せなくなり、そして生観戦からも離れられなくなり、今ではその両チームを追ってあちこちへ遠征を繰り返すようになっています。
やっぱりサッカーはスタジアム観戦が最高です。
それはもう自分の経験から自信を持って言うことができます。
まずは
スタジアムへ、出来れば長居スタジアムへ…特にお近くの方は是非(笑)。

ということで、皆様のご来場をお待ちしております。
「スタジアムでお会いしましょう」

…ありがとうございました。

筆者サイトへ。