IVC(インターナショナル・バーリトゥード・チャンピオンシップ) 

 フレデリコ・ラベンダ氏と共同経営していたWVCを、第四回大会を最後に袂を 分かったセルジオ・バッタレリ氏は、自己のプロモーションであるIVCを立ち上 げ、これまでWVCが常打ち会場としていたサンパウロのマクソウジプラザ・ホテ ルで、自主興行を打つようになる。
試合は素手で行われ、頭突き、肘うち、グラウンド状態の相手へのあらゆる蹴り等 が認められている、世界で一番過激なルールのVTである。日本でお馴染みのヴァ ンダレイ・シウバが大活躍していた大会としても知られている。流血度高し。日本 のCS放送では18歳未満視聴禁止だった。

 このコーナーでは、IVCの簡単な試合内容と試合結果を紹介します。選手の表 記方法が、格闘技雑誌・その他の媒体と弱冠異なることがありますので、ご了承く ださい。なお、試合時間もドクターチェックの間はタイムストップとみなし、スト ップの間のタイムは計測しておりません。