メールの送信を押す前に
メールの送信を押す前に

電子メールが広く普及したせいか、多くの方からメールをいただくようになりま した。
これは大いに歓迎したいことなのですが、残念ながら対応に困るメールも 増えてきました。
そこでメールを送るときのエチケットをまとめました。
送信ボタンを押す前に一読いただき、必要があれば訂正してください。
1.メールを出すときの基本(代表宛のメールにかかわらず常に守ること)
1.本文に名前を書きましょう
・返事は相手にあわせて書いています。誰かわからない人に返信はできま せん。
2.本文の最初に簡単な自己紹介をしましょう
3.件名と本文にメールを送った目的を簡潔に書きましょう
・読み手の負担を考えてください。最初に目的を伝えると読解の時間が短 縮されます。

例:練習参加希望の場合

件名「練習参加希望」
本文「私は○○市在住の××です。△月□日(日)の練習に参加したいのでメール を送りました。
バドミントンは中学と高校の6年間バドミントン部に所属していました。・・・」
2.代表からのお願い
1.しばしば重複したご質問をお受けします。よくある質問とその答えについ てはFAQに記載してありますので事前に一読ください。
2.参加希望のメールは参加希望日から3日以上ゆとりをもって送信ください。
3.代表にメールを送ったのに返信がないという方へ
1週間以内に返信がない場合、返信がない理由として次のものが考えられます。
これらの理由を考慮して再度送信してみてください。

1.そもそも代表のところへ送信されていない
・「送信」ボタンを押していない。フリーメールでこのようなトラブルがあるようです。 「cc」や「bcc」に自分のアドレスを入れることで確認可能です。
2.使用しているパソコンがウイルスに感染している
・代表のパソコンにはウイルス対策ソフトが入っています。 ウイルスに感染しているメールは自動的に削除されています。
3.ドメイン指定されていて返信メールが受信できない
・携帯端末等の設定を確認してください。
4.名前、目的が不明なために代表が返信できない
・「1.メールを出すときの基本」をよく読んでください。

Topへ