000099_lu   000099_ru
  ダトニオ  
000099_ll   000099_rl
Last Update 2004.7.8

ccffff_lu   ccffff_ru
 
ホーム            更新履歴            リンク            掲示板            メール
熱帯魚 ダトニオ  オスカー・アロワナ  エンゼルなど  ディスカス・水草  ドロイなど  海水魚
その他のさかな ナマズ  金魚など  飼育について
その他のペット ザリガニ  ラン(イヌ♀)  ネコ  ハムスター  ハナ(ウサギ)
 
ccffff_ll   ccffff_rl

ccffff_lu   ccffff_ru
  ダトニオ                        ダトニオの死  
ccffff_ll   ccffff_rl

ccffff_lu   ccffff_ru
 
ダトニオ
ダトニオ1
 我が家最大の水槽(W=120cm)。
 500円玉サイズからやっとここまにでなったダトニオが2匹、水替えを怠ったがために目を患ったポリプ・オルナティーが1匹。

 ダトニオは我が家で最初の魚食魚で、当時小赤やメダカを与えると家族(特に妻)の白〜い目が気になったもの。そのせいか幼魚期に餌が不足気味で、年数の割に大きくないようです(それなりに迫力はありますが…)。雌雄の判別がつきませんが、2匹がペアになってブリーディングなんて夢を密かに抱いているところ(ホント“密かに”)。(9/4注 現在1匹です、ホント“夢”で終わっちまいました)

 ポリプは、幼魚期に別の45cm水槽で飼っており、そのころ換水を怠ったため目にカビが生えてしまい(本当はカビじゃないだろうけど)十分見えないようです。最近、やっと長さも太さも増し少しずつ迫力が出てきたところ。オルナティーの場合エンドリケリーなどと違って”迫力”というよりその魚体の色合いの”きれいさ”を楽しむ魚かな、という気がします。

 以前この水槽には、グレートナイルパーチもいて7〜8cmから50cm余りまで育てたのに…、死んだ。我が家で死んだ魚はたくさんいるけれど(自慢にはならないが)、墓を作ってもらったのはこいつだけ。今でも、ダトニオが水面に浮いたクリルを食べるときの「バフッ!!」という音を聞くとこのパーチのことを思い出す。生きていれば今頃我が家には180cm水槽が置かれていたかもしれない…。
 それから他のもと住人としてはナマズ(いわゆるナマズ、普通の)。近所の子供たちが持ってきてくれた15cmだったものが50cm超に。愛嬌のある顔で「ナマちゃん」と呼ばれ家族にも人気があったけれど、何分にも気性が荒く、やむなくしかるべきところに引き取ってもらいました。今頃どうしているやら。 
(ここまで2001年7月)



ダトニオの死
ダトニオ2 8月16日夕方、水槽の底に横たわってました。
既にエラの動きもなく“呼吸停止状態”
この朝、普段にくらべ体色がわずかに黒ずみ、エラの動きをはじめ『ちょっとおかしいな』とは感じていたのですが…
死亡時の体長は40cm、
重さは量りませんでした。
が、すくったタモには、その重みがずっしりと…。
ダトニオ3
 けっこう思い出深いサカナです。

 それまで、コリドラスとかアピストやエンゼルなど、比較的万人受けする小型のサカナばかり飼っていた私にとって、初めての巨大魚and肉食魚だったような気がします。

 熱帯魚と言えばフレーク状の人工飼料で十分飼えると思っていた妻や子供達には、生きたメダカや金魚をバクバク食べるダトニオは最初、さながら敵対視されているかのようでした。「きゃぁ〜残酷ぅ!メダカがかわいそう!!」なんて言っていたような気がします。

 そんなこともあって、飼い始めた初期の頃はエサが十分ではなかったかも知れません。6年余りは飼っていたと思うのですが、やっと40cmに到達。『これから、まだ大きくなるのかな?もう成長、止まったのかなぁ?』なんて感じで、やっぱり大きくなってくれることを期待していたのですが。

 死因は何でしょう?
 まさか寿命と言うことはないと思うのですが。
 やっぱり水質・水温でしょうかねぇ。
 最近水換えも2週間に1回すればいい方、3週間ぶりなんてこともたびたび。
 それに今年の夏はことのほか暑かったような気がします。そんな中、照明を消すとかフタを開けておくとか、細かなしかも簡単なことですが、そんな配慮も例年に比べかけていたような気がします。
 エサにも問題アリかな。
 普段は気がついた時にクリルをぱらぱら、2週間に1回程度姉赤を30匹ぐらい一度に投入、と言うのがエサやりのパターンでした。亡くなる二日前には、最近無いことに一度に50匹の姉赤を投入したのですが、これが悪かったかも。ちょっと多すぎたかな。人間で言えば夏バテで体力が落ちているのに、消化の悪いモノを一度に食い過ぎて消化不良、てな感じでしょうか。

 さあて、アトは何入れようかな。
 現在別水槽のBアロワナ2代目もいずれ大きくなり、オスカーと折り合いが悪くなるかも知れないし、そうなりゃオスカーがこの水槽へ引っ越しです。まあ、当分大型魚は購入しないでおきましょう。
 でも、ナイルパーチの幼魚が目に付けば飼うかも…それまで買わないでおくことにしましょう、とりあえず。
(ここまで2001年9月)
 
ccffff_ll   ccffff_rl

このページTOPへ

Copyright 2001-2007 COCOSODO(My Aquarium+α). All rights reserved.