ベオグラード(Beograd)

 

 ホテル

 僕が泊まったことがあるのがホテル「ロイヤル」というところです。昔は「トプリツァ」という名前だったそうで、ちょっと前の地図やサイトではこっちの名前で載っています。シングルで約700DIN(1400円)、ダブルベッドで約850DIN(1700円)、ベッド二つの二人部屋だと約1000DIN(2000円)くらいです。たぶんベオグラードでは最も安い部類に入ると思います。ベオグラード大学のすぐ近くで、中心街へもすぐなのでかなりおすすめです。なぜこんなに安いかというと実はラブホテル代わりに使われるところだからだということです。ここしかべオで「休憩」があるところはないそうです。それでも安いし、一階にはレストランも小さなバーもあるからいいと思います。ホテルの写真をわかりやすいように掲載しときます。難点はお湯が出ないときや暖房が効いていないときがあるということです。冬はちょっとつらいかもしれませんね。

・ロイヤル

 あとホテルの隣のバーは僕は結構好きで、よく行きました。名前は「リオ・ブラヴォ」。僕は「フジ」って呼ばれてました。

・リオ・ブラヴォ

 ロイヤルの次にお勧めなのが「ホテル・バルカン」です。場所は「ホテル・モスクワ」の向かいでテラジエ通りに面していてセンターも近く非常に便利です。値段はロイヤルにはかないませんがかなり安く、しかも部屋もそれなりにきれいでお湯がでないとかいうこともないです。

 次に鉄道駅に近いホテル「アストリア」も結構安いみたいです。聞いた話なんで詳しくは知りませんが「ロイヤル」よりちょっと高いくらいだったそうです。また確認とってみます。

 他にはホテル「パルク」が値段の割に部屋がきれいということです。最近改装したばかりだそうで、シングルが約12ユーロでそんなに高くはないと思います。

 レストラン

 日本食レストランが1つあります。値段は昼の定食だと500DINくらいですが、夜はその3倍以上はします。調理人は日本で修行をしたことがあるというセルビア人です。名前は「一気」。写真を載せておきます。

・一気 店内

    寿司

  交通

・バス、トラム

 ベオグラードのバスとトラムは中心部に行くときはいいのですが、帰りはバス停を見つけるのが初心者には難しいと思います。地図をかってそれを参考にがんばってください。僕も違うやつに乗ったりして全然知らないとこに行ってしまったこともあります。

 一回乗ったらどこまでいっても15DINですので安いです。公共のバスかそうでないかによって料金の払い方が違います。人が来てその人にお金を払うところと、自分で運転手さんのところにいってチケットを買ってそれを「ガチャッ」ってやる機械がその近くにあるからそれで印をつけるという方法のところの二つがあります。自分で買いに行くのはめんどくさいし、うまくすればタダで乗れるときもあるのですが、たまに無賃乗車をチェックする人がきます。ちゃんと機械でチェックしたチケットを持っていないと罰金をとられます。罰金の額ですが僕は200DINとられました。僕はつかまって以来しっかりと払っています。公共のバスやトラムの乗車券は街中とかに売り場があってそこで買うと12DINで買えます。(03年5月現在、罰金は600DIN)

 深夜バスも出ています。大体12時10分、1時10分、2時10分くらいに出ています。深夜バスの料金は24DINです。どこに出ているかは、路線図を買って見てください。

・タクシー

 わからないときやバスがなくなったときはタクシーを使うのですが、ぼったくられないようにメーターには眼を光らせておきましょう。「べオタクシー」はメーターが上がるのが異常に速く、ぼったくってます。だからできるだけ他のタクシー会社を利用してください。

 深夜はできるだけ乗り物を使って帰った方がいいです。40分くらい歩いたら帰れるところでも外国ですから乗り物を利用した方がいいです。中国人と間違われて襲われたりする危険性もあるので、もし歩いて帰るときなどはしっかり注意してください。日本でも深夜は注意しなければいけないわけだから当たり前のことなんですが、ベオグラードはかなり安全なんで気が緩むことがあります。注意してください。

 インターネット

 ネットカフェは結構ある。料金はほとんどのネットカフェで15分20DIN(約40円)です。ただしつながりは遅く、日本語を表示できるパソコンはそこそこあるが、入力できるパソコンはほとんどない。

 自分でネットをつなぐときはEUnetというプロバイダーが一般的。料金は従量制。最初に登録をしてその後は時間を買う。モデムはよくわかりませんが普通に日本から持ってきたパソコンだとなんの問題もなく使えます。僕のパソコンには「このモデムは日本国内専用です」と書かれていたにも関わらず、普通に使えています。接続環境はブロードバンドの「ブ」の字もないような遅さで、ネットにつながっていても「サーバーが見つかりません」という表示がでることもあるほど遅いです。しかも電話回線が古いために突然接続が切れることがあります。

 サッカーショップ

 ベオグラード大学の哲学部のすぐそばにプラービのオフィシャルスポンサーであるロットショップがある。オフィシャルショップであるにも関わらず品揃えが決してよいとは言いがたい。

 ロットショップ 外観

          店内