◎アゼルバイジャンの出場停止は解除

 

 セルビア・モンテネグロ(以下SCG)の地元紙『ブリッツ』は5月23日(現地時間)、UEFA(欧州サッカー連盟)がアゼルバイジャンの国際試合への出場停止を解除したと報じた。

 UEFAは昨日行われた会議で、アゼルバイジャンに科していた出場停止を解除すると決めた。これでアゼルバイジャンは2004年にポルトガルで行われるユーロ(欧州選手権)の予選に復帰することができる。  6月11日にはアゼルバイジャンの首都バクーでSCGを迎えて、ユーロ2004の予選が行われる。

 また、同日にはA代表だけでなくユース同士の試合も行われる予定である。

 アゼルバイジャンでは、政府が代表メンバーを変更したり、協会幹部を入れ替えたりという政治的介入が行われていた。そのためFIFA(国際サッカー連盟)とUEFAから国際試合への出場停止処分を下されていた。