9/30 写真はサテライトの京都戦のキックオフ時の前田&清野君です。

今日の試合のスタメンは

FW     清野   前田
          西野
MF  鳴尾         川口
       平野   熊林
DF    山西 上本  河村
GK        大神(45分山本)

サブ ユースの神谷、渥美


メンバー構成で思ったのが、サテでは1.5列目で起用される前田君が
FWの一角で出場して、代わりに本来はFWの西野君が1.5列目に
起用されていて、平野選手は左サイドではなくてボランチに代わって
左サイドに鳴尾選手の起用。サブですがGK山本とユースの神谷と渥美で
ジュビロの選手層が厚いと言われてましたが、この構成を見ると
とりあえず試合をする為の寄せ集めといった感じが否めません。
現にユースの選手は使わずに何か有った場合のバックアップメンバー
みたいですね。

試合ですが中盤でのパスミスが多くて、とにかく前線に行くまでに
ボールがカットされる事が多くて、思うように試合を進める事が
出来なかったです。前半の40分ぐらいに信男のパスを上がってきた
熊が中央にゴロのパスを送り、そこに詰めいてた清野君が決めて先制点。
これで前半が終ります。後半の10分に京都の選手がミドルレンジからの
強烈なシュートが対角線上に右隅に決められて同点に追いつかれる。
後半の15分にゴール前に詰めていた西野君のゴールで再びリードも
直ぐに京都がゴールを決めて同点にされる。その後もパスミスが多くて
後半の30分頃に左サイドを突破されてから中央に折り返されて
失点して逆転を許す。その後は見方が2人囲まれているのに
直ぐ近くにいた前田君は見ているだけでしたので、観客の中から
「前田、行けよ」など言われたり、絶対に逆転するという姿勢が
どう見ても感じられませんでした。正直言うと、少し残念です。
結局、試合は2−3での敗戦でしたが、この試合で及第点をつけれるのは
最近調子の良い清野君とキャプテンの山西選手ですね。
前田君は、Jでは出場しているFWとして役割を与えられたのだから
もう少し、積極性が欲しかったと思います。