3月7日
 今日は今までの中で一番よく眠れた。フレディーゲストハウスとも今日でさよならだ。今、猫がこの部屋にいる。朝、便所に行くためにドアを開けたら入ってきた。人なつっこい猫である。カオサンロードの近くのゲストハウスがすぐに見つかるといいのだが。
10日にインドのビザが出来上がるので、それまではあまりお金を使わずに、ゆっくり本でも読んで生活したい。公園で一日中、コーラを一本飲みながらボーと人間観察をするのも悪くないなあ。最近お金がやたらと減っていく。無駄な買い物が多いのかなぁ。
 予定通りのゲストハウスに入った。カオサンロードに行く途中、一人のドイツ人青年と会った。彼は親切にも、僕たちをカオサンロードまで連れて行ってくれた。ありがたかった。彼は4週間と5日もタイにいるらしく、プロである。僕たちもあと数週間もすればプロになれるだろう。とりあえず今11時13分。一休みして昼食にしよう。
 インドへの航空チケットを買った。デリーINカルカッタOUTで7200バーツ。約28,400円。まあまあの値段である。11日に引き替え、14日〜25日の旅である。でも、残り5万円弱。少し節約していこう。
 夕方はずっと近くの公園でボーとしていた。これがまた結構気持ちよかったりする。バンコクの青空にはカイトと鳩がとってもよく似合う。明日も一日あの公園で過ごそう。
 ひとりの少女にその公園で出会った。小学生くらいだと思うが、丸山君と仲良しだった。丸山君のカイトをそのまま持っていってしまった。きっと彼女にプレゼントしたと思ったんだろう。それもまたよし。
 明日は12時までにチェックアウトして次のゲストハウスを探しに行こう。フレディーゲストハウスは今考えるとすごく良いゲストハウスだった。インドから戻ってきたら再び行きたいね。
 
 
〜追憶〜
3日ほどたって、バンコクに慣れてきた頃だと思う。バックパッカーの聖地といえば、昔はマレーシアホテル近くだったそうだが、当時はカオサンロード周辺であった。一度はいってみたいという思いから、フレディーゲストハウスからカオサンロードまで移動した。 インドの航空チケットを代理店で購入。日本語は通じないので全て英語。二人いれば何とかなるものである。無事チケットを手に入れた。バンコクからデリーまではインディアナエアライン。カルカッタからバンコクまではドラゴンエアライン。このドラゴン航空は珍しいらしい。ブータンの航空会社である。日本への乗り入れはしていないので、乗れる人は数少ない。 
 どうしてデリーから入ったかというと、当時の記憶を思い起こしてみると、カルカッタに最初にはいると刺激が強すぎるという理由だったような気がする。まずはデリーに入ってそこから徐々に慣れていくのがいいと判断したように思う。
 カオサンロードの近くには王宮公園があった。のんびりとできる広々とした公園である。昼間の暑いうちは木陰の下にちらほらと人がいるだけだが、涼しくなる夕方からはどこからともなく人々が集まりだし、思い思いの公園を楽しんでいく。ある人たちは家族で楽しい外食タイム、ある人は凧あげ、ある人はのんびり夕涼み、ある人たちはセパタクローの試合、ある人たちは楽しそうにセパタクロー観戦。そんな中で我々はシンハービールと剣先するめを買い、ほろ酔い気分を楽しんだものである。この公園はその後も結構通い、楽しい友達もできた。しかし、3年前に嫁さんとバンコクを訪れたときにはこの公園は一部駐車場になっていた。人々が集う姿が少なかったのがちょっぴり寂しかった。