自分が普段感じ思ってることです。

12月31日「終わり」
今年も終わろうとしています。
一昨年、去年、今年と激動の3年でした。
来年も、色々な意味で激動の年にしたいですね。
2004年は色々なことにチャレンジをしたいと思っています。
でも、28日にあった「GIアマチュアトーナメント」ではいい成績を残すことが出来ずに
不甲斐ない締めくくりになってしまいました。
来年は、ジム、柔術、それ以外の目標も頑張ります。
今から、バトルロワイヤルUを見ます。

11月3日「1ヶ月半」
も日記サボってしまいました。
ばたばたしているうちに時間があっという間に過ぎていきました。
残す所。今年もあと2ヶ月ですね。

この日記を初めて1年半以上。
この1年半で僕はどれだけ成長したのでしょうか?
以前も書いたと思うのいですが、道というのは自分が踏み出してこそ道になります。
他人の作った道を歩いてもそれは自分の道ではありません。
自分自身で、切り開いてこそ、それが道になります。
下り坂があれば、上り坂もある、細い道や太い道、曲がりくねった道、真っ直ぐな道
色々あります。
でも、自分自信で切り開いた道は、今はしんどくても必ず大きな道にきり広げられると信じています。

そういえばまだ青帯ですね。
進歩してないな〜。
9月17日「夏」
は〜、夏が終わってしまいました。
毎週楽しみにしていた「ウォーターボーイズ」も終わって。

9月に入って、大会が2回ありました。
コパストライプル関西と全日本アマ修斗大会
どちらも、PUREBRED京都は好成績を収めることが出来ました。
柔術では4人優勝、修斗では3人優勝。
プロ修斗の選手が2人生まれました。
大会の規模は違いますが、ジムの子達が頑張って優勝してくれましたから、
その重さは同じです。
掲示板にも書きましたが、ジムのみんなの仲のよさや、一体感
みんなのサポートも素晴らしく凄く嬉しいです。
10月からはもっと遅い時間帯に基本クラス面で強化して行きたいと思いますので、
今まで少し敬遠していた方や、仕事が遅くなって早い時間のクラスに出れなかった、などなど
思っていた方は是非見学に来て、PUREBRED京都の仲間に入ってください!

8月28日「会社」

もう8月も終わりですね。
なんだか暑いだけで夏らしいことは何も無く終わってしまいます。

夏の思いでは一度だけプール行ったことですかね。
大阪のフェスティバルゲートの温泉です。
TATTOOにテーピングをはって、びくびくしながら泳いでましたが、
あまりにも人の多さと、プールの水が温かいのですぐに出ちゃいました。
8月12日「お盆」
うお!ちょっと日記休んだだけで、もう1週間近く日が過ぎてますね!!
最近、時間が凄く早く過ぎて言ってます。
中高生の頃は、ゲームの発売日が待ち遠しくてたまらなかったのに、
今では「お!発売日すぎてるやん」ですからね。

10月から少しジムの時間割を強化させようと思ってます。
それにともない、幅広い年齢層、趣味層に対応して、
夢を持って入会した人にはその夢をかなえてあげれるジムにしたいですね。
プロになりたい、強くなりたい、痩せたい、美味しくビールが飲みたい、などなどですね!
あと、もう一つ加えたいクラスが出来ました。
「プロレスクラス」です。
まあ、ジムの中でプロレスクラスと聞いて半分笑う人ばかりだったのですが、
実際は一番地味で面白くないと思います。
僕が実際、体験したことに基づいて、
プロレス団体に入団するテストを受けれるように基礎体力をつけるクラスです。
考えている内容は、腕立て50回×4セット、スクワット100回×3セット、腹筋2分、1分、30秒をフルに。
背筋100回×2回で準備運動は終わり。
軽いマット運動後、ブリッジや受身ですね。
これぐらいですかね、後はネックスルーやボディースラムの受身の練習ですかね。

今の若い子は、修斗やプライドの選手になりたい!プロレスラーになりたいと言っても、
ただ漠然としているだけで、どうすればなれるのかと言う道がわからないですよね。
だから少しでもその道しるべになってあげたいですね。
12年前、僕もアニマル浜口トレーニングジムのプロレス教室にいました。
ジムにはプロレスラーになりたい夢を持った若い奴がゴロゴロいました。
その熱気と熱意は凄いものでした。
その中には、若かりし頃の坂田 亘やショーン舟木、KAIENTAI DOJOのYOSHIYAなどもいました。
今考えるといい経験したなーと思います。

あっ、そうそう、9月27日に京都KBSホールに「KAIENTAI DOJO」が来ます。
チケットはジムで販売しておりますので、コンドウまでお申し付けください。

あっ、話がそれましたが、まあ、若い奴は色々経験しろと言うことと、
それなりの年になったら、楽しみながらするのが続けるための一番の秘訣ですね。

一つのことをやり通すのはいい事かもしれないが、
それ以外のことにもたまには目を向けること、
そうでないと、それ以外のことをしたときに適応するのが難しくなるからね。
まあ、若いうちに色々とやってみることかな。
僕はやりすぎて、よく「本書けますよ」って言われます(笑)
8月6日「趣味」
人それぞれの趣味って面白いですよね。
全くの価値観の違いで金銭的価値まで違ってきます。
スポーツでもそうですね、僕はベッカムやイチローなどに会っても全く嬉しくは無いですし、
イチローのグローブや松井のバットにも500円の価値も無いです。
会う機会があれば話は聞きたいですし、グローブやバットはヤフオクにでも出すかな(笑)
まあ、そんなモンです(笑)
後、僕の集めているものにも他の人が聞いたら「!」て言う金額のものもありますしね(笑)
ほんとに自己満足ですよね趣味って。
だからこそ面白いですし、共通の趣味を持つ方とのお話は時間がいくらあっても足りないですね。

7月22日「お礼」

人間の気持ちや感情なんかは、一人で頑張っていてもたかが知れています。
周りの人たちの協力やサポートで成り立っているものですよね。
自分ひとりの気持ちは凄く繊細で、不安定。
気持ちの強い人が羨ましい。

強い? 強くない? 強がってるだけ?

自分自身が頑張っているつもりでも、頑張っていない?
頑張っていなくても、頑張ってる?
一人で考えていても訳がわからなくなってしまいます。
だからこそ、皆さんのお心添えって強いものですよね。
でも・・・。

弱いですね、僕って。
7月22日「コパ・ピュアブレッド」

大会が終わりました。
皆様のご協力のお陰で大変いい大会になりました。
アライブアカデミー代表「社長」の鈴木様
レフェリー、セミナー、スパーリング本当に有難うございました。
エキシビジョンをしていただいた、三島選手、杉江選手、タクミ選手、宮本選手有難うございました。
皆さん、快く一つ返事で引き受けてくださいまして、ホントお気持ちだけでも嬉しかったです。
ありがとうございました。
ホーリーエクイップ代表 堀口さん。
協賛していただき、優勝者全員にギとオリジナルメダルををプレゼントできました。
堀口さんのお陰で大会の締めをすばらしいものにすることが出来ました。
ありがとうございました。
あと、まだまだここに書ききれませんが、ご協力いただいた方々に感謝の言葉とお礼を言いたいと思います。
本当にありがとうございました。
皆さんのお気持ち添えをして支えていてくださるからこそ、いい大会になったと思っております。
本当にありがとうございました。
7月18日「コパ・ピュアブレッド」

もう早くも明後日に近づきました。
皆様のご協力のお陰でいい大会になりそうです。
エキシビジョンも凄いメンバーで開くことが出来大変感謝しております。

は〜、もうすぐ8月か〜、30歳だ!
7月1日「空回り」

今年もすでに7月なんですね、毎日一生懸命なのか、無駄に時間が過ぎているのか
知らない間に時間だけがドンドン過ぎていってしまいます。

でも、最近自分が意識していないのか、考えていないのか、いろいろなことが空回りしちゃいます。
気持ちの上でも、仕事でも、色々な所で。
人間は当たり前なんですが、相手の考えていることはわかりませんが、
こういう風にしてるだろう、考えているだろうと予測は出来ます。
それがお互い考えていることが違ったら、お互い空回りになってしまいます。
空回りと言うか意思の疎通ができていなかったからかもしれません。


自分の生活エリアを円としてみましょう、
ふと気付けば狭い範囲でいれば小さい円です。
大きいところで生活していけばその円は膨らんで行きます。
小さい円なら全てをみていけますが、
大きい円は大きくなりすぎて、形を崩していても遠くから見ればまぁるい円です。
少しぐらいなら形が崩れても気付かないもんです。
でも、気付いた時には遅い場合もあります。
円が大きくなりすぎて修正が効かないんですね。
ただ、組織と言う形に入れば、自分の形が崩れようが組織と言う形で回りは見てくれます。
自分の形が丸なのに、組織が四角い形だったら、四角くなりえざるおえないですよね。

なんだか考えていることを文書にするのは難しいですね。






生きていくって難しい。




6月27日「部屋」
僕の住んでいる部屋は、会社の寮代わりにもなっています。
今までに色々な人が泊まってます。
よく考えると凄い部屋だなと思うのですが、
思いついただけでも名前をあげてみましょう。
やはりPUREBREDの選手が多いのですが、
野中さん、石川さん、川勝将軍、KID、端くん、岡田くんかな〜。
引越しを一回してるのですが、
以前の部屋は、朝日さん、イーゲン、ルミナ、加藤くん
柔術が考えると凄いです。
大宮では片岡君、名古屋の福住さん。
後、考えてびっくりしたのが柔術の黒帯の選手が4人も泊まってるのです!
中井さん、早川さん、ぷーさん、ドラクリーノ。
凄い部屋ですよね(笑)

そう思うといろんな人と一夜を共にしています(笑)
でも、みんなでいてプライベートが無さそうとかよく言われますけど、
最近は一人でいるほうが寂しいですね。
でも、明日からまた2日間ですが福住さんが来ます!
楽しみです。
6月16日「マトリックス」
やっと「マトリックス」を見ました。
しかも「リローデット」じゃ無いです(笑)
でも、先に「リローデット」観ちゃいました。
意味がわかりませんでした。
僕のマトリックスのイメージは、黒服、サングラスです。
なのに、なのに、何故ボロボロの服???
途中で、ああ!そういうことね。
全く1作目の話が知らなかったのです。
あの玉をよけるシーンしかはっきり言って知りませんでした。
でも、1作目のほうが話は面白いですね。
2作目はアクションは凄かったのですが、話が後からつけたしたような感じがしました。
1作目の脚本家は頭おかしいか、天才か、ドラッグに溺れてるか、どれかですね。
あんなのまともな人間の思いつくことじゃないですね。

でも、今の社会ってあのままなんじゃないでしょうかね。
バーチャルリアリティーの世界と、現実が交差してぎりぎりに入り混じってる。
かろうじて現実が残ってるだけで、仮想現実のほうがドンドンドンドン進んで
今には全てが仮想現実になりそうな勢いですね。
人間は快楽に溺れてしまう弱い性質がありますから、
いろいろな意味で怖い未来ですね。

マトリックスの電話を覚えてますか?
あの黒電話です。
あそこだけどうして古いのかわかりますか?
なぜ、携帯じゃないのか。
多分そうだと思うのですが、いまパソコンの主流はADSLですよね。
ISDNもそうですけど電話回線はアナログ回線ですからね、
そういう意味では、全てがデジタル化されていないのが面白いですね。
6月7日「日々」
全日本が終わってしまいました。
去年の全日本は3位だったのが、今回は1回戦で負けてしまいました。
最近、勝つのが難しいなと思い始めてきました。
何が基準で勝つのかは明確な競技なのですが、
考えれば考えるほどおかしくなります。
楽しんで試合をしているのですが、色々なことを考えてしまっているのでしょうか?
寝ても醒めても、ジムのことと、柔術のことを考えています。
最近、入会してきた人もたくさんいて、柔術を始めた人がいます。
みんなに、柔術の楽しさをわかってもらいたくて必死で楽しさを伝えています。
でも、そんなことしなくても、柔術は十分に魅力はあるのでしょうね。
僕が柔術始めたときは、デラやオモ、ファビオに感動してましたからね。
今なんて、技に溢れかえってますよね。
プロ柔術もあるし・・・。
少し疲れてるんでしょうか?

だからこそ、少しだけ気分転換したい気分です。
去年の全日本の後もそうだったのですが、試合に出すぎると気持ちが下がってしまいます。
なんだか、海が見たい気分です。
少し熱い日差しの中、海際の堤防に座ってぼ〜とするのが気持ちよさそうですね。
和歌山にいたときは、海が近すぎてそんなことを思ったことも無かったのですが・・・。
5月24日「またまた1ヶ月」

またまた1ヶ月ぶりの更新
この1ヶ月も色々ありました。
まずはエンセンのドームでプロレス。
その翌日は僕の試合。
コパイーストです。
久しぶりに負けました。
全日本前だったので、ちょうどいい機会に負けてよかったです。
少し調子に乗ってましたから(笑)
あとは、「THE MOMOTAROH」のにわの先生と仲良くしていただいたりしてもらって
凄く喜んでいます。
MOMOTAROHは僕が中学生のときに読んでいた漫画で、
その後も、「真島くんすっとばす」とか「BONBER GILR」や
今現在も「MOMOTAROH」が復活して喜んでおります。

後はコパウエストでしょうか。
ジムの会員さんが結構出まして、勝ったり負けたりと色々な結果に終わりました。
ただ、柔術は勝っても負けても次に繋がるからいいですね。
そこで終わりじゃ無いですから、自分のペースで楽しんでもらえるのが一番です。


ここで違う話を

「いつもいってますが、アライブはプロ養成所ではありません!
プロを志してくる人や試合で勝ちたいって人を否定もしませんし、できる限り他よりもいい環境でバックアップしてあげたいという思いは強くあります。
ただ、強さや技術だけを追求するようなそれが最終目的になるような、道場にはしたくないのです。
もちろん格闘技ですし競技ですから強さや技術は必要ですが、理想かもしれませんが、強さを求める努力の中から最終的には己を高めて行って欲しいと思っています。
ボクシングの元世界チャンピオンが、引退後何人か刑事事件でつかまっていますが、うちの選手からそんな人間は絶対に出したくありません
格闘技というある意味凶器になりうることを教えるのですから、若い選手に人間性を指導していくのも指導者の責任であると思っています。
常に道場内での雰囲気には気を配っていますしアンテナを張っているつもりです。
僕の一番大事な仕事の一つですね
いじめで生徒が自殺してから「いじめなんてうちの学校にはないと思っていました」なんて間抜けな校長先生みたいにはなりたくないですし(笑)

基本的に僕は楽しければいいってスタンスですが、それはあくまで会員が楽しければいいってことで会員の方が何も考えずに楽しめるにはそれなりに指導者なり代表は気を使わなければならんでしょうね」


すばらしい文章です。
アライブ小牧の梅村さんの書き込みなのですが、
PUREBRED京都もプロを目指すだけのジムにはしたくないです。
ただ、やはりPUREBREDの名前があるぶん恥ずかしきことは出来ませんが、
会員の人たちがジムに来て、汗を流して、格闘技の話で談笑して、
そのままビールを飲みに行って、会社の愚痴や女の子の話で盛り上がる。
そんなジムでもいいんじゃないでしょうか?
だって現代社会、朝起きて、仕事して、寝るだけ。
そんな生活何の楽しみもありません。
格闘技は個人スポーツだと言いますがそうは思いません。
ジムに来れば仲間がいます。
一緒に練習する仲間が試合に出れば、応援もするし、負ければ悔しい。
勝てば当然嬉しいし、そんな刺激が毎日あります。

僕の理想のジム環境は
仕事が終わって疲れているけど「ジム行きたいな〜」と思ってもらえる環境作りにしたいです。


4月21日「1ヶ月」
よく見たら1ヶ月ぶりの更新。
この1ヶ月色々ありました。
まずは東京へ1週間行った出稽古ツアーでしょうか。
この旅は早川さんに大変お世話になりました、ありがとうございます。
言葉では言い表せないぐらいお世話になりました。

まず1日目パレストラの昼柔術、夜 ストライプル
2日目 スリーエスアカデミー 夜 パレストラ松戸
3日目 ここで身体が鉛のように重くてお昼は休み、 夜はストライプル
4日目 スリーエスアカデミー 夜 ストライプル
5日目 パレストラの昼柔術 夜 ストライプル
と、もう両腕がちぎれそうなぐらい痛かったですが、得るものも多かったです。
6日目7日目は白馬にアルカディアと言う大会と疲れを癒すために温泉に行ってゆっくりしました。
京都に帰ってきたら、新日本プロレスの中西選手に横綱、朝青龍のお兄さんである
ブルーウルフ選手とスミヤバザル選手が練習の為に京都に来ていました。
エンセンも身体の大きさや力には驚いていました。
エンセンや新日本の選手とほぼ入れ替わりで、金原光弘選手のセミナー。
凄くわかりやすくて、丁寧に教えていただき、ひざの手術をすると言うことで、
ひざが治り次第、また京都でセミナーをお願いしたいです。

翌日は京都JAMと早川光由セミナー
またその翌日は神戸のストライプルで早川さんがオープニングイベントでセミナーを見学。
その時のお昼は中華街でご飯を食べて、ハーバーランドに行って、モザイク行って
デートスポットを男2人で回ってまわってきました。
夜は神戸でストライプル神戸の川本さん、岡田さんみんなでお酒を飲んでゆっくりお話しました。
火曜日は、川本さんも京都に練習に来ていただき夜はしゃぶしゃぶを食べて柔術の話で盛り上がりました。
水曜日は早川さんに色々教えてもらい。
木曜日には京都御所を見学後、名古屋のアライブ小牧に
次の日にはアライブ社長と早川さんと名古屋駅で味噌煮込みうどんを食べてお別れ。
早川さんとは1週間近く寝食をともにして、凄く別れ際がさみしかったです。

よく月曜日には、大宮から野中さん、岡田くん、中村くんと3人来て
川勝将軍も合流して部屋に5人で泊まったりして1週間過ごしました。
昨日の日曜は「西日本アマチュア修斗フレッシュマン大会」
ジムからは3人優勝で2人準優勝でした。
いい結果を残せた人も、いい結果を残せなかった人も次回もがんばって欲しいです。

と、様々な出来事が続いた1ヶ月でした。
ざっと出来事を上げてみました。


3月19日戦争」
もうすぐ戦争が始まりそうです。
ホントやめて欲しいです。
アメリカもイラクもカップルや夫婦喧嘩のようにお互い意固地になりすぎです。
もちょっとだけ素直に慣れればいいのに。

以前も書きましたが、前回のテロの時、はじめて自分の大事な人が戦争に巻き込まれそうになりました。
それまでは正直、戦争は自分とは関係のないものだと思いました。
でも、その時はじめて戦争について深く考えました。
自分の大事な人が戦争に行く、その間待たされている人は?
同じ人間、生まれた場所が違うだけで何故殺しあうの?
ブッシュもフセインも2人で殴り合って喧嘩して決めればいいのに、
どっちが強いのか、どっちが正しいのか?
何で関係ない人まで巻き込むのだろう。
イラクの人たちは、水や食料を買い込んでるそうです。
今この瞬間、どんな気持ちですごしてるんでしょう?
いつ攻撃されるのか、生き残れるのか?死ぬのか?
お互い、約束破っていきなり攻撃と言うこともあるわけです。
しかも、今は昔のように攻撃も単純ではありません。
科学兵器やコンピュータウイルスな?
終わった後は何が残るんでしょう?
もしかしたら「無」になるかもしれないのに。

やめてください

戦争
3月19日「試合」
コパ・アミザデ出場してきました。
PUREBRED京都から14人出場して、4人優勝、3人準優勝と好成績を収め、
しかも、ブラジル航空券まで、ジムの会員に当たってしまいました。
PUREBRED京都の為にありがとうございますって感じですね。
僕もこれで3大会連続優勝できました。
ジムの会員さんには「てつやさんは優勝して当たり前です」と思っている方もいますが、
そう思ってもらう以上のプレッシャーがかかってるんですよ。
でも、エンセンには感謝しています、
凄いきつい帯テストや簡単にはあがらせてくれない帯。
初めはなんで〜?と思っていましたが、今ではきっちり理解できて感謝しています。
よく青帯で出るのは反則ですよと言われますが、全日本やカンペオではいい結果残せてないですからね。
今、試合したいのは日本で4人ですね、
アライブイチケン「林”ダンナマン”さん」
パレストラ千葉、松戸?「渋谷さん」「黒木くん」
アライブ小牧「服部くん」ですね。
この4人はやってみたい。
渋谷さんにはリベンジは絶対したいですね。
黒木くんとはビジュアルもかっこいいので、どっちが柔術界でかっこいいか勝負です(笑)
服部くんは、この間の「コパ・セントラル」の青メジオ優勝者ですしやってみたいです。
林さんは永遠のライバルです!
いずれ同じ階級ですから戦う機会もあると思うので、皆さん楽しみに待っててください!!
いや、戦える日を楽しみにしています。
でも、今回のアミザデでの軽量の時メイオペサードのリミットも微妙にオーバーしているのは
かなりあせりました!!
でも、今は82キロです。

3月5日「スパーリング」
10日ぶりぐらいでスパーしました。
結膜炎が最初に左目で、治ったと思ったらそれが右目に(泣)
それも治りました。
やっぱりスパーリングは楽しいですね。
でも、試合はもっと楽しいです。
非日常的な緊張感、たまりませんね。

でも、それ以外ではあんまりモチベーションが上がりません。
「はぁ〜」って感じです。
何ででしょうね?
試合が続くのにがんばらなきゃです。

でも、人間って何のために生きてるんでしょうね?
生きているだけで地球には害を及ぼしていますよね?
生きるためには、いろいろなものを食べて、ごみを出し、自然を破壊する。
地球上の生き物で、食物連鎖から外れているのは唯一人間だけなんですよね。
だからこそ、戦争や飢饉など、人間の数を減らそうとそういった自然バランスが狂うのでしょうか?
各個人個人生きていくうえで、自分の欲望をある程度満たしながら生きていく、
全てを満たせている人間はごくわずかでしょうけど、
人間は欲望を満たして生きていく。
あと何年、何十年、何百年、何千年、何億年、地球は持つんでしょうね?
昔、考えていて怖くなりました。
あと、宇宙の端っこって?
人間の考えていることのほとんどが、所詮人間のかんがえたことで、
ほぼ全てが現実に実現化することが出来るらしいですが、
人間の創造を超えた部分までは解明できないんでしょう?
でも、最近はクローンや人間の細胞より小さい医療マシーンなど、
神の域まで及びつつありますが、この先どうなるんでしょうね。

話がそれてしまいましたが、
がんばります。
3月1日「パンナム」
4月の下旬にアメリカ サンフランシスコで柔術の試合に出ます。
2月頭、3月の試合はパンナムの為の通過点でしかないと思っています。
こんな所でこけていたら、先が見えなくなってしまいます。
去年一年は色々なことがあって、人間的にも柔術レベルも格段に上がったと思います。
でも、自分自身でこんなえらそうなこと言ってますが、
言うことによって自身を保っています。
実際、口で喋ってこんなこと言ったら凄い嫌なやつですからね〜(笑)
自分でも実際置かれている立場や、自分の力はわかってるつもりですから。

ジムの子には迷惑かけてるかもしれませんね、紫になったら自分の練習よりも
ジムのこのレベルを上げてあげて底上げをしたいです。
格闘技の楽しさ、柔術の楽しさをもっと教えてあげたいです。
でも、そのためには今がんばってパンナムでいい結果を残したいです。
いや、残します。
2月26日「一人」

結膜炎で目が赤い。
ウサギのようだ。
なぜウサギは目が赤いか知ってる?

それは、雪の中で白いウサギが一人ぼっち。
周りには誰もいない。
寂しくて寂しくて涙が止まらない。
泣きながら探しても誰もいない。
探すのは諦めても涙は止まらない。
すると見つけてくれた。
ウサギは「どうしてわかったの?」と聞くと、
「君の目が真っ赤だからだよ」

それ以来ウサギの目は赤くなりました。

僕も見つけて欲しくて赤くなったのかな?
2月24日「近況」
最近、心身ともに良くありません。
目は結膜炎になるし、右手は痺れてるし。
気持ちまで暗くなってきます。
結膜炎のせいでスパーが出来ません、その代わり右手の痺れの治療に専念します。
首が悪くなって、神経が圧迫されて痺れているらしいです。
はぁ〜、思ったよりも悪くて最悪です。

それと自分ががんばってした事が空回りして落ち込み気味です。
最近は色々な人との付き合いが増えて色々な職種の人と話す機会があります。
ほんとに日々勉強で、いっぱいわからないことだらけな部分もありましたが、がんばってどうにかやってます。

でも、自分の気持ちとは別に、相手の気持ちを読み取り間違えたり、
相手のことを思うが故に気持ちが空回りしてしまいます。

以前にも書きましたよね
「止まない雨はないんだから、明けない夜はないんだから」
いろんな意味を込めて今自分に贈りたい言葉です。
2月18日「練習」
う〜ん、難しい。
どんだけ練習しても毎日が「?」ですね。
今日ひらめいたのは、
「スイープされない」「パスさせない」「極めさせない」
この3つがひらめきました。
最初のうちはこの3つさえ覚えればというか、
この3つが基本なのでは?と思いました。
でも、柔術は何が正しくて、何が間違ってりるのかが難しい。
自分自身の考え方が日々変化していく。
最初のうち、自分が上でいる場合、
あまり動かずに相手の動きにあわせてパス、見たいな感じでしたが。
最近は、上であろうとしたであろうと、ガンガン動いて隙を見つけていくやり方に変えていってます。
今打ち間違って思ったのですが「ガンガン」を「アンアン」だったら違う意味になりますね。
と、くだらないことはこれくらいで・・・。

あと、スパーは難しいですね。
相手と手の内がわかってるから、なかなかパスさせてもらえない。
でも、わかっててもスイープは決めちゃいます。気持ちいい〜!
試合の緊張感、勝った時の気持ちよさ
負けた時の悔しさ、日常では味わえない色々な感情を得させてくれます。
でも、やっぱり無意味でも気持ちを作る練習はたまにすべきですね。
試合以上のことをすると自分にも絶対に自身がつく。
帯テストが凄い気持ちを作ってくれました。
あれしたら、絶対に気持ちは折れなくなりますね(笑)

2月16日「一人」
最近一人でいると寂しいです。
基本的に寂しがりやなのかもしれませんね。
今いる部屋には、大宮から京都に指導に来てくれた人と月の3分の1一緒に生活しています。
最初のころは気を使いましたが、最近は一人でいるほうが寂しいですね。
でも、たまには一人でという時もありますからわがままですよね(笑)
今日は休みだったので、ビデオを5本借りてきました。
今1本観終わって、これから続きを見ます。

2月15日「プロレス」
さっきまでTVで大阪プロレスのスペシャルをやってました。
「えべっさん対食いしん坊」が最高におもしろかったです。
やっぱり僕は最近の格闘技色の強いプロレスよりも
飛んだり跳ねたり笑ったり驚いたりのプロレスがいいですね。

今のプロレスファンは、今のプロレスをどう受け止めているんでしょうか?
今のプロレスになってファンになった人は、今が今のプロレスですよね。
でも、中西、ボブサップは面白かったな〜。
僕が見ていたころはジャンボ鶴田対天龍の3冠戦や越中対藤波など
ドキドキしてみていました。
後はタイガーマスク、獣神サンダーライガーなどですね。
大阪プロレスはある意味僕の理想ですね。
お笑いあり、シリアスあり、格闘技色ありと、
ほんとにおもちゃ箱のようなプロレスですね。
吉本新喜劇のプロレス版ですね。
僕も12年前プロレスラー目指して上京し、
大阪プロレスの前身である「ユニバーサルプロレスリング」にいました。
激しいのは出来ませんが、マスクにコスチュームをつけてリングに上がってみたいですね。

でも、格闘技も大変ですがプロレスももっと大変ですよね。
よくプロレスをバカにする人がいますが、
ほんとに真剣にしないと死にますからね。
ボディースラム1発でいいから受けてみろって言いたいです。
レスラーは身体作って、受身をしっかりして、試合組み立ててなどなど・・・。
強いだけでは上には上がれませんからね。大変な世界です。

2月14日「近況」
ああ、明後日で京都に来て丸2年経ちます。
月日の流れるのは早いですね。
その間、柔術の試合で5回優勝するという幸運に恵まれました。
うち、名古屋4回(社長有難うございます)
東京1回でした。
2年間の戦績は13戦10勝3敗ですね。
コパウエスト、全日本、カンペオナートで負けていますね。
全日本で負けた渋谷選手にはいつかリベンジしたいですね。
最近、スパーのスタイルも変わってきて少しだけレベルアップしたのが自分でもわかります。
今の目標は紫ですね。
紫になったら、ジムの指導にもっと力を入れてみんなを強くしてあげたいですね。

ジムの子達には、PUREBRED京都で練習してれば試合で勝てるんだと教えてあげたい。
僕の持っている少ない知識を全て教えてあげたいですし、
今は昔と違って技のレベルの向上が目覚しいものがありますから、
すぐに強くなれると思います。
あとは、どれだけ格闘技が好きかですね。
たまに夢でスイープされかけて、身体が勝手に動いて目が覚めることもあります(笑)
試合でもそのどれだけ好きで練習したか、思ったかで自身が違ってきますからね。
僕は、この間のエンセンにしてもらった帯テストで帯以上のものを得られました。
ドラゴンボールで言う所のスーパーサイヤ人になれたみたいなものでしょうか。
でも、それは青帯のレベルですからね。
紫になればもっと強い人が出てきますから・・・。
まだまだ上のレベルがあると思うとワクワクしてきますね。
ドラゴンボールのように強い敵を倒してもさらに強い敵が!!
やられればやられるほど強くなる。
ホント格闘技ってサイヤ人と同じですね。(違うか・・・・・。)

ホント格闘技のことだけ考えて生きていけるのは、エンセンのお陰です。
エンセン、ジムのためにも自分が強くなって、ジムを大きくしたいです。
最終目的はスパーリングでエンセンから1本取ること!!
まだエンセンは日本に来て、スパーリングで1本取られたことが無いんです。
その第1号になって見せます。
それがエンセンに対しての恩返しですね!!
ガンバリマス!

2月12日「ただいま」
本日東京より帰ってきました。
9日に試合して、そのまま東京へ。
プロ柔術を見て帰ってきました。
試合はとりあえず優勝できてほっとしました。
僕の課題は極めの甘さですね。
どうすれば極めの強さを強く出来るかが課題です。
ポジショニングやスタミナ配分などは何とか大丈夫になってきましたが、
まだ、大丈夫というだけですね(笑)
プロ柔術は今回も知り合いが出ていて感情移入出来ましたが、
早川さん、梅村さんともに負けちゃったのが凄くショックでした。
早く僕もあの舞台に上がりたい。
そのためには日々努力ですね!!
2月9日「しあい」
今回はあんまり緊張がしてなくて、やばい感じです。
イメージの中では全て一本勝ちで終わってるんですけどね(笑)
いつも試合前は「自分が一番強い、今回は通過点」ぐらいで考えています。
そうすることで、自分に自身をつけてきました。
試合が終わって明後日には「プロ柔術」
早川さんがどんな試合をするのか凄い楽しみです。

2月6日「神様」
本当にいるのでしょうか?
みんなの中の神様のイメージはどんなのですか?
僕はのイメージは、白いローブを着て、白い髪、白いヒゲ、杖を持って雲の上にいます。
でも、何で神様がいるのでしょうか?
誰がどこで神様を作り出したのでしょうか?
本当にいるのでしょうか?
人間が弱い気持ちの逃げ場所に、神様というイメージを作ったのでしょうか?
よく「神様助けてください!」「OH MY GOD!」など聞きますよね。

僕の考えは、人間というのは一人では決して生きて行けない。
ましてや社会に出て集団で生きていかなければならない、
今現在の社会はは物があふれかえって、情報の海の中でみんなは生きています。
テレビやラジオ、新聞すらない過去かなり昔、
そこでは、お互いみんなが助け合って、毎日を過ごしていたと思います。
誰でもがそうだとは言いませんが、
人間というのは自分が正当化したいわけです。
ただ、やはり集団で生活する中で過ちは少しはあるはずです、
そこでは自分が過ちを犯そうが正当化したいわけです。
そういったことを聞いてあげる役割の人もいたと思います。
その人もただ聞いてあげるのではなく、
自分が聞いて、言ってあげるのではなく
虚無虚空の偶像を作り上げ
その偶像にお願いすれば、過ちは消え自分自身が救われる。
これが宗教の始まり=神の始まりだと思います。

人間の心は強そうに見えて凄い弱いのかもしれませんね。
だからここまで宗教も増えているんでしょうね。
今は、無宗教者が増えているらしいですね、
ここまでデジタルで情報化社会になってしまうと、
バーチャルな世界で心を癒されてしまうんでしょうね。
このインターネットなどは特にそうですね。

僕も凄く心は弱いです。
試合前とかは不安で不安で、
いつもイメージで自分が一番強いと思っています。

神様。もう一言だけいいですか?
「がんばります!」
2月5日「気持ち」
乗っている時は
いろいろなことがしたくなります。
乗っていない時は、
何もしたくありません。
2月2日「年輪」
今好きな人がいるとします。
今、現在の君が好き、
人それぞれ、過去には色々なことがあるわけです。
でも、好きなのは「今」の君。
でも、「今」を形成しているのは「過去」の経験の積み重ね。
どんな過去を過ごしてきたのかで「今」が決まる。
「今」に魅力が無い人は「過去」が薄いのかもしれない、
でも、「今」を濃くして積み重ねていけば「未来」は魅力のある人間になれる。

「過去にどんなことがあったかは気にしない。
今の君を好きになったから」
 

全ての人に送りたい言葉です。

人それぞれには過去が色々あるわけです。
いい過去、悪い過去、消したい過去、恥ずかしい過去。
でも、それのつき重ねで、現在の自分を形成しているわけですから、
色々な過去でも大事にしたいし、その過去があるから、



でも、一つだけ忘れたい過去があります。
それは、今まで見た映画のストーリーを忘れたいです。
そしたら、全ての映画がもう一度ワクワクして観れるじゃないですか!
2月1日

大事な人へ


今は自分の為に生きている部分が多いかも、

今まで生きてきて、僕が味わった悲しみは経験して欲しくない、

でも、僕が味わった楽しみや喜びは経験して欲しい。

だから、もう少し待って。

今はまだ自分の事で精一杯。

勝手かもしれないけど、僕と一緒に頑張ってほしい。

でも、もう少し待ってね、君の為に頑張るから。

必ず頑張るから、絶対にがんばるから。

もう、涙は見たくない。

流すのは自分だけでいい。

いつも君が笑顔でいて欲しいから。
1月31日「試合」
僕は試合が大好きです。
自分のもっている力を全て出せて、
全力で試合が出来る。
打撃なら思いっきり殴って蹴れる、
寝技なら思いっきり極めれる。
普段は温和な感じで取られるかもしれませんが、

試合は別です。

タップしなければ腕や関節は確実に折らせてもらいます。
ひどいと思われるかも知れませんが、
やらなければ自分がやられます。
それに、格闘技の試合に出るんだったらそれぐらいの覚悟は必要です。
僕も実際試合でじん帯伸ばされましたしね。
じん帯なんて一生もんの怪我ですしね。
だからこそ、気持ちだけは強く持っておいておきたいです。
でも、それ以上に日常生活で味わうことの出来ない非日常的な緊張感が大好きです。
試合の前に自分の名前がコールされて、相手と向かい合う瞬間!

最高です。

それ以外にも、色々な楽しみや、喜びがありますしね。
前にも書きましたが、この年になっても表彰台に登って金メダルを首にかけてもらえるなんて
この年で考えられないですよね。
どんな体力でも、どんな年齢層でも、どんな役職についてようが
公平に競えあえるのが柔術のいいところですね。
1月30日「自己嫌悪」
アライブの社長の日記読んでますか?
もし読んでないなら、是非読んでみてください。

社長の日記を読んで僕も自分のことを書きたいと思います。

自分の両親は、仕事が水商売で夜は家にはほとんどいませでした。
小さい時、おばあちゃんがいるときは、おばあちゃんが一緒に寝てくれましたが、
おばあちゃんがいないときは、僕を寝かせてからお店に出かけました。
だからおばあちゃんっ子で、夏休みや冬休みはいつも、おばあちゃんの田舎に預けられていました。

余談なのですが、うちの家系は早死にの家系らしく、
母方のおばあちゃんが一人残っているだけで、
おじいちゃんは一人はかろうじて覚えていますが、
父方のおじいちゃんは僕が生まれる前に亡くなりました。

たまに夜、ふと目を覚ますと誰もいません、泣きながら両親のお店に電話します。
僕が寝てからこっそりお店に行かないように、
母の手と僕の手を紐で結んで寝たこともありました。
でも、気付くと紐はほどかれて、布団には僕しか寝ていませんでした。
そういった寂しい記憶は30歳ちかくになっても今でも残っています。
トラウマになってるんでしょうね。

両親とも夜の仕事ですから、
晩御飯を食べてからのテレビを見ながらの家族団らんのひと時なんてありません。
お店に行く仕度でだんだん忙しくなってきます。
親戚の家に行くと、みんなでテレビ見てコーヒーの見ながらお菓子を食べる
当たり前のことが、凄くうらやましく見えたことがありました。

もちろん、家族で旅行に行った経験もほとんどありません、
それが仕事で、僕にご飯を食べさせてくれて、育ててくれたから仕方が無いといえばそうなんですが、
子供のころは凄く寂しい思いをしました。



1月29日「関西弁」
好きやねん、関西弁。
パソコンで打って変換しづらいけど。
おもろいと思う。
良くある言葉遊びに、
「あれ、ちゃうちゃう(犬の)とちがう?」「違う、ちゃうちゃうと違うよ」「いや、ちゃうちゃうだよ」
を関西弁になおすと。
「あれ、ちゃうちゃう、ちゃう?」「ちゃうちゃう、ちゃうちゃうちゃうんちゃう。」「ちゃう、ちゃうちゃうやって」と
冗談みたいな会話が成り立ちます。
あと、和歌山弁ですね。
「凄い」(がいな)用例「凄い高いビル」(がいな高いビル)
「あなた」(おまん」用例「あなたの好きな食べ物は?」(おまん、食べもん何好きよ?)
「自分」(わい・わえ)用例「僕の名前はてつやです」(わえ、名前はてつやっちゅうねん」
「言った」(言わいしょ)用例「またそんなことばかり言って」(また、そんなことばっかり言わいしょ)
それぞれの言葉をくっつけて・
「あなた、凄いことばかり言ってるな」は「おまん、がいなことばかり言わいしょ」になります。
まあ、これは地方の方言だったら色々ありますよんね。
前にTVの「探偵ナイトスクープ」で「あほ・バカ分布図」を作ってました。
場所によって、色々な言い方があって驚きましたが、
なぜ、狭い日本でこんなに言葉が違うのかが不思議ですよね。
1月28日「映画」
僕は映画が好きです。
始めてみる映画は、その間全てを忘れ没頭できることが出来るのがすばらしいです。
映画館で見るのもいいですが、部屋でゆっくりDVDやビデオで見るのがいいですね。
でも、終わりが近づくと寂しくなります。
現実に戻ってしまうから。
映画は身近にある、凄い贅沢で最高の娯楽だとおもいます。
何十億円もかけて、何百人ものスタッフの手で作り上げられた、
約2時間のより良い映像だけを編集して作られた作品。
それを、今は1800円、レンタルなら2〜300円で見れるんですからね。
贅沢な話です。
あと、ユニバーサルスタジオも好きです。
一回行ったらいいよ、という人もいますが。
やっぱり映画好きにはたまりませんね。
ウォーターワールド、ワイルドワイルドワイルドウエスト。
ジョーズ、スヌーピーワールド。
冬には行く所じゃないとおもいます。
なんせ、水のテーマパークですからね。
ずぶぬれになって楽しむ所だと思います。
1月27日「辛口」
今回は辛口ですが、僕自身が思っただけですから気にしないで下さい。
僕は柔道が嫌いです。
でも「柔道部物語」「帯をギュとね」は好きでした。
何が嫌いかというと、それは、頭が固い人が多いからです。
柔道自体のルールや競技自体はすばらしいと思います、
やっている人や連盟に問題があるんでしょうか?
よく聞くのが柔術に対しての批判ですね。
ジャンボリーが終わるたびにいつも思います。
まあ、頭カチカチのおじさんたちや柔道1番と思っている人が、一番むかつくんですけどね。
後、カラー柔術着にパッチなどなど、気に入らないんでしょうね。
聞いた話によると、柔道の練習に柔術着で行こうものなら、
説教を食らうところもあるらしいですしね。
それは悪いかも知れませんが、
なんでも、ええやんかと思いますけどね〜。

じゃあ、柔道の試合に出てみろといわれても全く出る気は無いですから。
柔道と柔術は同じようで全く違うもの、
同じ球技でも、サッカーとバレーぐらい違うと思いますしね。
僕は柔道で実績や試合にはなんの魅力も無いです。

世間で議論を交わした「ホイスVS吉田戦」もあれは落ちてないですし、
2R戦ったらわからなかったとおもいます。
まあ、水掛け論ですから結果は結果ですしね。

柔術は日本に根付いてようやく5、6年でしょうか?
この何年間で、競技人口が爆発的にといっても言いぐらい
普及はしてきていると思います。
まだまだ地方は難しいと思いますが、
地方だからこそ、根付かせればもっともっと競技人口は増えると思います。
だって、これほど楽しいスポーツは無いと思うのですがどうでしょう?
年齢、性別、目的にあわせて楽しめるスポーツ。
道場で楽しむ、地方の試合に出る、東京の試合に出る、アメリカの試合に出る、ブラジルの試合に出る。
様々な楽しみがあるはずです。
これこそ、地方で身体を動かしたいと思ってる人にやってもらいたいですね。
1月23日「三十路」
は〜、もう今年で30歳だよ〜。
中学、高校の時に30歳の人を見たら、
すげ〜おいやん(和歌山弁で「おじさん」のこと)だと思ってたのに。
自分がなったら、まだまだ子供やっち〜ゅうねん。
このまま年をとり続けても中身はか変われへんのちゃうんかな。
ただ。年数生きてるから、その分は賢くなるだけなんちゃうんちゃうかな?
は〜、40歳になったらどうなってるんかな?
「真田 広之」みたいになりたいな。
で、理想のジジイは「ショーン・コネリー」か「三国 連太郎」なんやけどな。


1月23日「夢」
「夢」は人によって形がちがう

「夢」はかならずかなうと思う。

「夢」は「見る」ものじゃなくて、「かなえる」ためにある。

だって、自分が諦めなければ「夢」は「夢」で終わらない。

いつか「現実」になるときがあるはずだから。

だからそれまで「くじけずにがんばれ」って言いたい。


1月23日「意識」
たまにふと考えることがある。
「他の人の意識はどうなってるんだろう?」
バスや車、電車に乗っていると
外で車を運転している人、歩いている人、同じ電車、車に乗っている人。
座っている人、歩いている人、買い物している人。
その人間の数だけ、意識があって感覚が違うのです。
そこに違う世界が広がってるんです。
ましてや、外人なんかどんなんでしょう?
その国の言葉で感じて考える、無い言葉とかはどうするのでしょうか?
あっ、でも、自分の感覚に無い言葉は考えないから大丈夫ですよね。
どんな感覚なんでしょうか
?他人の意識って。
「サトラレ」ってドラマがありましたが、他人の意識ってあんな感じなんでしょうか?
でも、とてもじゃないけど自分の意識は他の人には知られたくないですね、
だからこそ、他の人の意識は他の人にわからないんですよね。

だから、色々な人と話をして少しでもその人の意識に触れてみたいですね。
友達は、ある宗教活動している人と話し合い
「俺が幸せと思うことが出来るなら、入る!だから俺の考え方を変えてみろ」といって話をして、
その宗教家の人に打ち勝ったそうです。
でも、興味の無いものを、興味を持たすって絶対無理なような気がします。
僕を野球やサッカー好きにするのが無理なように。
だって、それを好きになるというのは何らかの生活環境で接してきて
はじめて好きになると思うのです。
僕の場合、野球はよく見たいテレビ番組が無くなって、
何回もむかつかされて、さらにドームが出来て野球が雨天中止であった番組すらなくなった。
これは子供のころからの生活環境で接してきたものであるから、絶対に変えようがありません。
でも、清原は好きですけどね。

よく考えると、今考え言葉を発し、字を書くのはすべて人間が決めたことなんですよね。
礼儀や行動、音楽、スポーツのルール、遊び全てが人間の考え出したもの。
全て初めがあったわけです。
音楽なら多分「木と木をぶつけ合って音が出た」とか
その初めを色々と見てみたいですね、
お箸の持ち方ですら決められています。
そんなの、その人が一番持ちやすい持ち方でいいと思うんですけどね、

あと、僕はバカだからわからないんですが。
人間の遺伝子やそういった化学式です。
そんなもの目に見えるわけでもないし、そんなの人間が決めたことなのに
それを式で当てはめたり、数字やアルファベット訳がわかりません。
ヒトゲノムの数値式が全て解明され、
人間の遺伝子の数なんてショウジョウバエの2倍足らずしかないといわれても意味がわかりません。
なぜ、その遺伝子数がわかって配列までわかるねんちゅうことです。
それで、今まで治せなかった病気も治るかもしれないって。
バカにはいくら考えてもわからないんでしょうね。
あと、人間はどこまでやっていいんでしょうね。
クローンを作ってみたり、核を使用してみたり
地球上の森羅万象を狂わせていると思うんですけどね。

でも、人間って自分の快楽のためにはどんな苦痛も問わないように出来てるんでしょうね。
だから、どんな不可能と言われることも、どんなに苦痛を伴っても
達成いたときの快楽の為に進むんでしょうね。
凄い難しい研究でも達成する時の喜び!格闘技なんかまさにそうですね
痛いし、しんどい練習して怪我して、何が面白いねんって。
ほんま人間って自己満足の塊なんでしょうね。
仕事やボランティアなんかで人が喜んでくれるからやってるとか、
自己犠牲していても、誰かが喜ぶからっていうそういう満足する部分あるからやるんでしょうね。
やっぱり自分のため、自己満足なんでしょうね。
だって、そんな人間がいたら気持ち悪いですよ。マジで・・。


1月22日「インフルエンザ」
人生で2回目のインフルエンザにかかってしまいました。
その日は朝起きた時からおかしくて、「やばい!風邪引いちゃった」と思い
仕事を休ましてもらったのですが、夜に39・5℃まで熱が上がって
やばい、明日医者に行かなきゃ!と思い言ってきました。
注射を打ってもらって、いろんな薬を貰いました。
発病後48時間以内に飲めば利くという薬を貰い、
それが見事効き何とか熱は下がったのですが、
4〜5日頭ふらふらしてました。
みなさんも気をつけてください。


2003年1月18日「帯テスト」
11日の金曜日にエンセンに帯テストをしてもらいました。
青帯から紫帯への昇級試験ですね。
内容はかなりハードなものでした。
でも、日ごろそれ以上の練習をしていなかったからでしょうね(笑)
一番怖かったのが、凄いハードなテストだと噂で聞いていたので、
柔術ご嫌いにならないかでした。
でも、そんな心配は無用でした。
もっと柔術が好きになりました。
試験途中のスパーリングではあまりにも、
首にかかっている足が重くて邪魔なので噛み付きそうになりました。
パスの噛み付きじゃなくて、歯での噛み付きです。
人間疲れきってきたら本能で動き出すんですね。
あと、よくテレビスポーツ選手が悔し泣きをするのを見て、
僕もそこまで柔術に思い入れをもって、泣くことが出来るかな?と日ごろ思っていましたが。
スパーリングの最後の最後で、自分の気持ちに負けて、逃げるほうに身体が動いてしまい、
涙があふれ出てきました。
エンセンの弟子なのに、気持ちが折れてしまったのが自分自身で一番許せなかったです。
今回は悔し泣きをしたので、次は嬉しくて泣きたいと思います。

でも、今回の試験では結果はどうあれ、気持ち的にまた一つ大きくなれてよかったです。
いい経験をさせてもらいました。
4月末のパンナムで優勝して紫になりたいと思います。


12月25日「一年」
またまた1ヶ月ぶりの更新。
今年一年を振り返って見たいとおもいます。
ホント凄い大変な1年でした。
まずはエンセンの復活が大きかったです。
の対ノゲイラ戦その後はジムの運営。
自分の試合、5月4日に1年ぶりの試合で大阪での柔道5段の猛者と試合。
結果は負けてしまいました。
その次は5月21日だったかな名古屋で。
今度はサンボの猛者と試合。
酸欠になりかけて何とか勝利。
6月1日に全日本。
結果は3位
約1ヶ月に3回のトーナメントはさすがに歳なんでしょうか疲れて、
しばらくは無気力チックになってしまいました。
その後はしばらく時間が空いて、11月10日のカンペオ。
この日は人生最悪でした。
何も出来ずにレフェリー判定。
スパイダーが嫌いなのがわかってたのに、何も出来ずに負け。
でも、この試合で色々考えさせられましたから、ちょうどいい機会でよかったです。
で、先日12月22日のCOPA IF PRO
何とか優勝しました。
一回戦は、シードで
2回戦は力の強い方でいきなり引き込んだのはいいのですが、
ハーフを許してしまい、しかも脇まで・・・。
アドバンを取られて、5分30秒まで負けていてなんとか逆転勝ち。
決勝はカンペオの相手と同じようなスパイダーの使い手。
でも、マルガリータで何回かパスを試みて。何とかパスできそうだったのですが、
後ろを向かれてしまい。そのままついてバックで4ポイント。
二ーインを狙うもアドバン止まり。
最後に凄くやばくなりましたが、ポイントは絶対にあげない自身があったので
そのまま時間が来て勝ちました。
素直に嬉しかったですね。
カンペオではかなりへこみましたから。
今年最後を気持ちよく終わることが出来ました。
このまま青ならまた2月にある名古屋のコパセントラルに出ます。
名古屋はほんとに僕にとっていい場所なので楽しみです。
優勝3回、ワンマッチ1勝、で負けは1回だけ。
でも、その負け方が印象深い負け方なのではっきりと覚えています。
アライブの社長が掲示板に書いてくれたように、
柔術をやっててほんとに良かったです。
いい仲間にめぐり合えて。
ほんとにみんな最高です。それだけは自分の誇りを持って言えることです。

今の自分があるのも、柔術のお陰だと思っていますし、
これからも柔術の楽しさ、格闘技の楽しさをみんなに知ってもらいたいと思います。
僕は強い人も出てきて欲しいですが、やっぱりみんなには楽しさを知って
長く続けて欲しいですね。
何事も継続するのが一番難しいとおもいます、だからこそ柔術は楽しさを知ってしまったら
やめられないですし、最高の競技だと思います。
COPA IF PROで表彰台があったのですが、
この歳になって日常生活で、表彰台に上ったり、メダルを首からかけてもらったりと、
そんな経験が出来るでしょうか?
ジムの会員さんにはそういう楽しいことや、悔しいこと、
ホント柔術やってて良かった!と思えるように思って欲しいですね。
僕で出来るんですから、京都のみんなは絶対にできるはずですし、
京都でいても東京の大会に優勝できるんだって、東京には負けていないんだって思って欲しいです。
あと、これは絶対に誰にも負けていないことが一つあります。
「柔術が好き」ということです。これだけは絶対に負けません。
あと、勝負を諦めない事。
テクニックで負けるのは仕方が無いですが、心が折れてしまうのが一番嫌です。悔しいです。
これはエンセン譲りなのでしょうかね。

所で今、雪だるまになったお父さんの映画を見てました。変なの。


11月25日「マジェスティック」
今映画を観終わりました。
「少林サッカー」も見たけど、あんなに話題になるほど全く面白くなかった。
はっきり行って時間の無駄でした。
昔観た「チャンピオン鷹」を思い出してしまいましたが、
それならば「マジェスティック」を観なさいといいたいですね。
でも、面白いと思った人は気にしないで下さい、
映画や本は人の感性で捉え方が違いますから

映画の話ではないですが、人が生きると言うことは
大きく分けて2パターンの生き方があるのかなと思いました。
一つは自分の為に、もう一つは人の為に。
どちらの生き方を選択するかは自由ですが。
人はその時その時で、二つの生き方を選びながら生きているかもしれませんね。
人によっては違うと言う人もいると思いますが、これは僕の考え方なのでそう思ってください。
生まれて大人になって、結婚するまでは自分の為、結婚して奥さんが出来たり
子供が出来て、両親が歳を取ったりと家族の為に。

今僕はエンセンにジムを任されています。
それは、エンセンに凄く信頼してもらってると言う事ですし、
凄く可愛がってもらっています、
だから、今はもちろんこれからもジムの為、エンセンの為にがんばります!!
これから先、結婚したり、子供が出来たり家族の為にがんばりますが
ジムや、メンバー,エンセンに対しては変わりません。
僕は自分の為だけには生きたくありません。
それだったら、周りの人も幸せにはなりません、誰かを犠牲にしてまで生きたくはありません。
そんなこと書けば偽善者といわれそうですが・・・。
だから今は
ジムのため、ジムの会員のため、エンセンのため、みんなのためを考えてがんばって生きます。
そうすれば周りのみんなもいつも笑顔でいれるじゃないですか。
僕もそれが一番のいいですからね。
「そんなんじゃ、世間は通用しないぞ」といわれるかもしれませんが、
そんなのはわかってます、理想論ですからね。

あと、がんばりすぎたら自分の笑顔がなくなるので、
それは少しぐらい休みながらがんばります。


11月18日「柔術」
2002年11月17日は「柔術」にとって歴史に残る日になったでしょう。
日本の柔術の歴史をたどれば、木村対エリオまでさかのぼるのではなく、
逆輸入で日本に柔術に普及した理由は、
UFCでホイスが活躍し、エンセンが来日して、中井さんがゴルドーと試合した。
こういった、良い事悪い事が重なって今の「ブラジリアン柔術」はスタートしたと思います。
そこからは、様々な出来事があり、
今回である意味、ここからが本当のスタートなんじゃないかと思っていました。
中井さんと早川さん。
この二人は日本の柔術界にとっては、
日本では先を行き過ぎていて、相手が居なくて試合がすることが出来ませんでした。
その二人が、協力こそするけど、階級も違うし試合をするなんて思いもしませんでした。
中井さん、早川さんを僕は存じ上げていますが、
お二人とは別々ですがお酒を飲んだことがありますが、
柔術の話だけで、一晩でも二晩でも会話が続くぐらい柔術をこよなく愛しています。
僕も負けないぐらいおもっています。

結果や内容は、僕が言うようなレベルではありませんが。
試合の勝ち負けよりも、柔術としての勝利の日だと思っています。
この試合の場所に行けなかった事が一生後悔します・・・。


11月13日「正解」
生きて行く上で「正解」はあるのでしょうか?
学校で習うことは正解は一つしかありません、
でも、生きていくうえで、今が不正解でもいずれ正解になることがあると言うことです。
その逆もあるわけで、今が正解でも、これから生きていけば不正解になることもある訳で。
どの時点をもって正解なのか、
凄い仕事がしんどかったけど、年を取って定年して、
老衰で家族に見守られて死に行くとき幸せなのが正解なのか。
仕事が自分の好きな仕事ができ、毎日が凄く充実した、
でも病気で早く死んでしまうのが不幸せなのか?
正解だと思っている時間が長いほうが正解なのか、
その正解の時間が短いけど、密度が濃いほうが正解なのか。
ある物事を達成したから正解?
でもその物事を維持して行き、もっと大きな目標に向かう、
その目標も達成する、その次も、その次も。
どの時点で正解してるのでしょ言うか?
途中で失敗したら、不正解な訳で。
今書きながら、自分でも訳がわからなくなってきました。


10月29日「居場所」
自分の居場所ってどこでしょう?
自分が居たいからそこが居場所?
誰かがいて欲しいと思う場所が自分の居場所?
自分の居る場所ぐらい自分で見つけたい。
でも、その時の年齢で居場所はかわってくるのでしょうか?
若い時にはにぎやかな場所、年を取れば静かな場所
僕の居場所は今居る所。
今はそれ以外考えられないし、それ以外には居場所はない。
でも、僕がそう思っているだけかもしれない。
まだ見ていない世界に僕の居場所があるかもわからない、
まだまだ見ていないところが沢山あるから。
好きな人がそばにいて、好きなことをして、少しだけがんばって、
その時その時が、少しの幸せがあればいいかな。
今考えれば、一度僕は居場所を放棄したことがある。
もう、その居場所には戻れない。
だから、新しい居場所を探したい。
何時になるかわからないけど。
今の居場所は今の居場所。
これから先の居場所は先の居場所。
今の居場所じゃないかもしれないけれど、
先の居場所が今の居場所かもわからない、
先になれば、そこが今の居場所だから。


10月28日「ぼくのなつやすみ2」
PS2のゲームです。
このゲームの設定が僕のふるさとにそっくりでした。
ストーリーは、夏休みにお母さんが臨月で子供が生まれるから
親戚のうちに夏休みの1ヶ月だけ預けられて、そこで夏休みを過ごすゲームです。
別に目的は無く、泳いだり、釣りしたり、虫取ったりというゲームです。
ただ、夏休みを満喫すると言うゲームなのですが。
凄く僕の小さいころにダブりました。
うちは夜の仕事をしていたため、よく田舎のおばあちゃんに預けられて
夏休みを田舎で過ごすことがありました。
海があって山があって川がある。
当時はその一瞬が永遠に続くものだと思っていました。
朝起きて、ご飯食べて、川や海で泳いで、畑や田んぼを走りまわし、
暗くなったら家に帰って、ご飯食べて、お風呂入って寝る。
今考えれば、同じことの繰り返しですが、毎日が新しい発見と感動で生きていました。
今は、せわしない大人になってしまって、なんだか寂しくなって涙が出てきました。
いつから大人になったんでしょうか?
いつからお父さん・お母さんのそばにいなくても寂しくなくなったんでしょう?
カンペオ終わったら和歌山に帰って2〜3日のんびりしたくなりました。
別に何もしなくてのんびり海を散歩して、温泉につかって気持ちと心をリフレッシュしてきます。
何でこんなこと思うんでしょうね?
疲れてるんでしょうか?


10月25日「カンペオ」
「カンペオ」と言われても柔術を知らない人は何のことかわかんないですよね。
これは「カンペオナート・ジャポネーゼ」と言う訳せば「日本一は誰だ!」と言うことですね。
全日本は各カテゴリーにジムから2名選抜のため人数は規制されましたが
カンペオは誰でも出れるため人数が凄く日本一の規模の大会になります。
トーナメント表が今日届きました。
全日本で3位ですし、1位2位は紫ですし、シードかな?と思っていましたが、
世の中甘くは無いですね、16人きっちりのためシードは無しでした。
僕の目標は、全日本で負けて今紫帯の渋谷選手です!
今回は紫メジオで出ていましたので、必ず追いついてリベンジします!
トーナメント表を見ても東京の選手ばかりですし、どの人が強いとかと言う情報が無い分
変なプレッシャーも無くいつもの自分を出していくだけです。
テクニック的、精神的には名古屋で大丈夫と思ったのですが、一つだけ欠点が!!
それは秘密です!
カンペオまでには克服します。
でも、去年まではカンペオなんて僕のレベルでは別世界だと思っていましたが、
今年は出場できて、一応優勝候補かなと自分では思ってたりましますけど、
これは緊張を隠すための自分自身への思い込みなので、流して読んでください!

は〜、やっぱり柔術は楽しいですね!
試合は誰でも出れるし、年も関係なく楽しめる。
柔術のネタだけで、年齢層関係無しで一晩酒を飲みながら語れるし。
ホント柔術やってて良かった!!


10月20日「コパアライブ」
アライブ主催の色帯の柔術大会に出場してきました。
名古屋は僕にとって凄く相性のいい土地なのか、
白帯の時に1回負けただけで、優勝も2回しています。
今回は久しぶりの試合と、11月にある「カンペオナート・ジャポネーゼ」という大会の調整でした。
11月の大会は柔術の大会では日本一の大会規模で誰でも参加できるため人数が凄いので
優勝するまでは並大抵ではありません。
その大会をいきなり出場はきついので今回の大会で少しだけ試したいことがあったので試しました。
その日はあいにくの雨で、朝6時にジムの前に集合でした。
ジムのメンバーの藤村さんが車を出してくださってしかも行き帰り運転してくださいまして、有難うございます。
名古屋に着いたのは8時半ぐらいで少し早めに着いて駐車場で休みました。
軽量は1回でパス。いつもあんまり落とすことは無いのですが、やはり減量は嫌です。
飲みたい者も、食べたい物も我慢するのは嫌です。
でも、ビールは前日も少しだけ飲みましたけどね。
試合まではのんびりすごしました。
9時から始まって、試合は15時ぐらいでした。
いつもの事ながら、待っている間に疲れてしまいます。
試合はいきなり狙い通りの技が決まって勝てるかと思ったのですが、
1本勝ちは出来ませんでしたが、今大会の最多点数を取ってしまいました。
自分の短所長所が凄く浮き彫りになった試合でした。
これを克服すればカンペオはいいところまでいけると思いますのでがんばります。
そういえば、これで名古屋の大会で優勝3回目です!
社長!ありがとうございます。


9月25日「大切なもの」
今回は「大切なもの」について語りたいと思います。
大切なものと言うのは、人によって違うし、感覚も違います。
まずはその形ですね。
物であってリ、お金であったり、人や思い出、様々な形。
お金で買えるものは、大切なものじゃないと思います。
和歌山から、京都に来て、
和歌山では凄く大切にしていた物など、こっちでは必要なく、無くても生活できています。
これは、本当に大切なものでは無かったのでしょう。
大切なもの、それは自分の心の中にあるものだと思います。
思い出や友達、愛情と言った、心と心のつながりだと思います。
下に書いた出稽古も、皆様に快く練習をさせていただいたり、
いろいろなことを教わったりと、凄く心のつながりがあって、
人との出会いも僕は凄く大切にしたいと思います。
でも、大切なものと言うのは、あんがい気付かないもので、
ふだんそれが当たり前になってくると、薄れてしまったりするのでしょう。
ほとんどが、失ってはじめて気付く物かもしれません。
僕はいつもなのですが、考えずに行動してしまうために、
色々な物を失ってからはじめて気付く物もあります。
本当に失ってはダメなものを、今やっと気付きました。
少し時間がかかりましたが、完全に失ってしまう前でよかったです。
これからの人生に後悔はしたくないですから!


9月25日「出稽古」
8月28日〜9月4日まで東京で出稽古に行ってきました。
今回の出稽古は様々な人に助けられ、色々な経験が出来ました。
初日は国立競技場で「ダイナマイト」があって、エンセンも声をかけてくれたのですが、
せっかく。エンセンにお願いして東京に来させて頂いているので、練習に行きました。
いきなり2部練習で昼は「パレストラ」夜は「ストライプル」にお邪魔させていただきました。
早川さん有難うございました。
ほとんどの日は2部練習で3日目と6日目は朝、身体が痛くて起きれませんでした(年かな?)
後お邪魔させていただいた所は、PUREBRED大宮はもちろん、トイカツ道場、チャンバーズです。
トイカツさんの所は、HPで書き込みしたのがきっかけで、快く練習をOKさせていただき、
感謝しております。
チャンバーズも阿部兄ィにお世話になりました。
それと、チャンバーズでは元UFCヘビー級チャンピオン「ジョシュ・バーネット」とも練習でき
凄く充実した練習が出来ました。
関東では様々なジムがあり、様々なスタイルの人がいるので、
スパーリングも型にはまったのではなく、色々なタイプに臨機応変させなければならず、
ホント凄いいい練習が出来ました。
また3ヶ月に一回、1週間ぐらいは行きたいですね!


7月29日「タイ」
もう一人のPUREBRED京都職員の山口がタイに修行に出かけました。
凄く不安らしく、飛行機乗る前に、メールが何度も届きました。
もし、僕が行くならブラジルかな〜と思いつつ、大変そうだなと思いました。
でも、まだブラジルとか言うレベルじゃないので、まずは東京ですね。
関西はまだ、関東にレベル的に若干劣っていると思います。
やはり情報量の違いでしょうか。
それが悔しいいです。
だから、8月終わりぐらいには、東京に出稽古に行かせていただこうと思っております。
全日本出場以来、自分ではかなり強くなったつもりでいるのですが、
そのものさしとなるものが無いため、いまいちわかりません。
現状は凄く設備もよくて環境がいいのですが、練習相手ですね、
少しずつですが、みんなを強くしていますが、やはり僕には追いつきません。
みんなが伸びているぶん、僕も伸びていますからね。
でも、そんなこといったら怒られそうなので、
みんなを強くして、僕より強くしてあげたいと思います。


7月26日「AX vol5」
うちのジムから出場者があり行ってきました。
AXやスマックなどの女子格闘技の会場ははじめてで、
やっぱり雰囲気が違いますね。
なんだか華やかな感じがしました。
でも、まさか自分が女子の格闘技の方にかかわりを持つと思わなかったので、
周りは全然知らない人で、選手の顔すらわかりませんでした。
勉強します・・・。
そういえば女子だから立ちや寝技で顔を殴るのは・・・。という方がいますけど、
OKだと思います。
その格闘技の「修斗」なら「修斗」「AX」なら「AX」のルールにのっとった上での試合です。
「一競技者」として見てあげなければ失礼ですからね。
だから、男だから女だからと言うのはありません。
その競技をがんばればいいと思います。
格闘技をするにだから怪我もします、
怪我がするのが嫌だったら試合になんか出なきゃいいことですし、
それを見ているお客さんは、あれこれ口を出すなと言いたいですね。
本人たちは一生懸命試合をしているのだから、応援してあげればいいじゃん!と思います。


7月22日「京都JAM4」
今回で4回目になった柔術ワンマッチ大会
第1回目は去年の同じ日の7月20日でした。
なんか偶然ですね。
今回は「ねわざワールド&パレストラ東京」の大賀幹夫さんに来ていただき
セミナーも開かせていただきました。
今回の試合は、PUREBRED京都のみんなは強かったですね。
一人負けちゃったのですが、その子も無理を言って一つ上の階級に出てもらったので
悪いことをしました。
僕はまだまだみんな弱いと思っていましたが、
知らない間にみんな強くなってて嬉しいですね。
他の試合もすばらしい試合が多く、大きな怪我も無く
終われてよかったです。
次は8月4日に「アマ修斗西日本トーナメント」
と8月某日に中井さんが来てくれます。
9月は「ストライプルJAM&早川セミナー」と毎月イベントがあって大変ですが
ジムを盛り上げていくためにがんばります。
また、もう少ししたら凄いNEWSもありますのでお楽しみに。って
誰に向けて言ってるんでしょうね(笑)
この日記は何人ぐらいの人が見てるんでしょうね?
自己満足で書いているだけなので、たいした内容は無いですがね


7月19日「試合」
もうすぐ松本さんの試合があります。
「AX」です。
ギを着ての総合ルールなのですが、
僕はどうしても打撃が嫌で嫌で仕方がありません。
修斗をするなら絶対にしなければだめなのですが、痛いから嫌です。
どれだけ嫌かというと、レスリングの練習よりも嫌です。
以前はアマのシュートボクシングや空手などの試合も出ましたが今はとんでもないです。
よくみんな殴りあえるな!と感心してしまいます。
今、僕の大事な人も格闘技に力を注いでいます。
だから僕も負けてはいられません、
毎日がんばって練習できるのもその人のお陰かもしれません、
いつもありがとう。
あさってはいよいよ京都JAM4です。
今回はジムからは出場者が少ないです。
僕にしたらもったいないって感じですね。
いっぱい試合してレベル上げればいいのにって感じです。
試合で1試合すれば、練習100時間ぐらいには相当すると思います。
みんながんばって試合でろよ!
次回は9月15日「ストライプルジャム IN PUREBRED京都」です。
そのほかのジムの人も出てくださいね!!


7月11「腰」
最近、腰を痛めてしまいました。
腰を痛めたら、ほんまになんにも出来ません。
1年に一回痛めているような気がします。
去年も5月に痛めてしまって、柔術の大会に出れなくなってしまいました。
今年のほうが少し痛みはましでしたが、やっぱり痛いものは痛いです。
明日ぐらいから少しずつスパーも再開していきます。

日記は最近サボり気味なので「ちゃんと書いて」といわれてしまいました。
ちゃんと書きます〜。


6月30日「過去」
人間は色々な過去を持っています。
楽しかった過去、消してしまいたい過去、良い過去、悪い過去、色々な過去があります。
僕も色々な過去があります。
楽しかった過去、消してしまいたい過去,
でも、僕は過去を忘れたくはありません。
今、自分がここにいるのは過去があったからだと思っています。
色々な過去を積み重ねて自分を磨いてきたんだと思います。
その過去があるからこそ、今があって、これからがあるのだと思います。
今までは、考えるよりも先に行動してきて、かなり失敗もありますが、
今となってはそれのほうがよかったとも思っています。
考えて行動していたら、今よりも過去が少なかっただろうし、
安全な道しか選んでなかったと思う。
だから、これから先は今までの過去を大事に先に進んで行きたいと思います。
だから、今を一生懸命がんばります!


6月24日「毎日」
最近、毎日が充実しています。
ただそれは自己満足かもしれません、
見る人から見たら、全然がんばってないと言われるかもしれません。
だから、いつも満足せずに絶えず上を見たいと思います。
下ばかり見てても、ダメですからね。
上を見てがんばります。


6月23日「好きな言葉」
たまに精神的に弱くなったりします、
そういう時は、色々な言葉を思い出します。
「やまない雨は無いから、明けない夜は無いから」
色々な意味を持った言葉だと思います。
悩んだ時はこの言葉を思いだします。

あと、本でもよく元気付けられます。
特に「山田 玲冶」(漢字違うかも)の漫画の本が。
特に「Bバージン」という漫画がいいです。
何回も何回も読み直して、かなり影響を受けた本じゃ無いでしょうか?


6月19日「ジムのメンバー」
最近、ジムの会員さんについて色々考えてしまいます。
あえて、こういう所に書くべきではないのでしょうが、自分が考えていることですから、
自分のために書き記して残しておきたいと思います。
会員さんは大きく分けて2つに分かれます。
本気で格闘技、プロを目指したい人、もう一つは楽しく格闘技をしたいひと。
後者は、格闘技なのに楽しく出来るわけないよ!という方もいらっしゃるかとおもいます。
僕も昔通ってた空手の先生に「そろばんやクモンじゃないんだから」
と凄い怒られた時があります。
でも、楽しく格闘技をしてもいいじゃないですか?
仲間とワイワイ楽しみながら、練習して、
終わったら美味しいビールを飲みに行く。
ただ仕事終わって、飲みに行ったり、家に帰ったりよりも
毎日が充実すると思います。
そしてなにより共通の趣味を持った仲間がいます、
自分ひとりじゃない、みんながついています!
このあいだの。コパ・ストライプルでもみんながんばってくれました!
凄く嬉しい結果や、残念な結果がありました。
ほんと、みんなにありがとうっていいたいですね。

僕自身の考えは、漠然と毎日が過ぎていくのが許せないのです、
毎日毎日色々なことを考え、今いる自分に後悔したくないですし、
自分の選んだ道が間違っていなかったと思いたいのです。
ただ、それって心が弱いからかもしれませんね。
だんだん、話の本題からそれてきましたが、
最近少し精神的に疲れているのでしょうかね。
今書いている時点で、少し酔っているからでしょうか?
でも、今は凄い大切に思える人もいますし、その人も僕を凄く大切にしてくれます。
その人のおかげで、凄く支えてもらえてるかも知れませんね。


6月11日「福住さん」
今日は明日から京都に来ていただける、
名古屋ブラジリアン柔術クラブの「福住 慎祐」さんをご紹介します。
「GI UM」前にも、ぷーさんが京都に来ているときに、1週間弱一緒に生活していました。
ほんとに良い方で、何で?と思うことがあります。
その何で?の「何で」は何でなのかは後の方に話します。
福住さんは去年の2001年のカンペオナート デ ジャポネーゼで優勝!
しかもMVPでロスの往復航空券を頂き、それを使って今月末からブラジルに行きます。
今回も明日12日から17日ぐらいまで京都に来ていただけます!楽しみです。
僕の試合で、コパ・ウエスト。コパ・セントラル。全日本とセコンドにもついていて頂き
本当に助かりました。
で、何での何は、僕たち二人には共通点がありまして、、、。
やっぱり秘密です。


6月6日「パソコンと柔術」
この二つと僕は出会っていなければ、今は無かったと思っています。
パソコンだけでもダメですし、柔術だけでもダメです、両方あったからこそ今があります。

詳しく書けば長くなるので省きます、
じゃあ、簡単でもいいので書けといわれましても、簡単に出来ないのでやめます。
先日も東京に全日本で行った時も、ハマジーニョ宅に5人で泊めていただき、
みんなでわいわい柔術の話で盛り上がり、修学旅行の夜みたいに楽しかったです。
奥様すいませんでした。
いま、名古屋や東京、千葉、埼玉、大阪、兵庫、などなどに友達がいるのも
柔術のおかげであり、パソコンのおかげでもあります。
ホント柔術やっててよかったと思います。
社会に出てから、汗をかいたことがありますか?
ほとんど無いかも知れませんよね。
だったら柔術をしましょうよ、と言いたいです。
年に関係なく試合も出れます!
練習終わったらみんなでビールを飲みながら語り合い、
年も関係なく話題の共通もある、ホント柔術最高です!!
ああ〜言葉だけじゃ語りつくせません、
ホント少しだけでも柔術をやってみてください、
でも、あまりハマりすぎると人生まで変えかねませんよ、
柔術は、今まで何人の人の人生を変えてきたか(笑)
僕は何人も見てきました(笑)


6月5日「文字にかなりの誤字があることを発見、はずかしい」

今日は何について話しましょうか?
現在、日本柔術界の色帯の方についてお話しましょう。
青帯はかなり人数が増えて今ではかなりの人数の方がいらっしゃいます。
紫帯も最近増えてかなりの人数になってきました。
茶帯はぐっと数が減ってかなり少ないです。
茶帯の方についてお話しましょう。
やはり、ストライプルの「早川 光由」さんでしょうか。
l
凄く強いというイメージがあります。
実際、強いですけど(笑)
早川さんの試合を始めてみたのはビデオでした。
カンペオナートでしょうか、柔専館の宮本さんとの試合で、
鉄壁のスパイダーガードをパスしての勝利でした。
あとは、凄く技が華麗なのが特徴でしょうか、
相手の身体の上で凄いバランスでクルクルとポジションを取っていく。
でも、今の日本ではなかなか帯に見合った相手がいないため
日本では試合が組まれるのはほぼ皆無に等しいかもしれません。
早川さんは、柔術を引っ張っていってくれている、
中井さんに告ぐリーダー的存在ですから、
早川さんの持つ帯に日本のレベルが追いついた時には、一つ先のレベルに行っているので、
そういう面では大変かもしれません。
白や青の時は凄く試合をしていて、今では70試合ぐらいしているそうです。
びっくりしました。
でも、やはり「GI UM」で試合が見たかったです。
少し前のパンナムでひじを痛めてしまって出場が出来なくなってしまいましたが、
一番悔しいのは本人の早川さんでもんね。「GI ドイス」期待しています。
PUREBRED京都では9月15日に「ストライプルJAMinPUREBRED京都」を予定しています。
その時に早川さんのセミナーを予定しております。
7月のブラジルでのムンディアルが終わってしばらくブラジルでの滞在後、
すぐに日本でのセミナーです。
最新のテクニックをセミナーで教えてくれるでしょう!
「早川 光由アドバンスセミナ−」是非お楽しみにしてください。


6月4日「パート2」
全日本大会が近づいてきました。
が、なんと1週間前に38,4分の発熱でダウンしてしまいました。
そのまま微熱も続き水曜日まで体調は悪いまま、固形物も食べれず
おかげで減量は楽でしたが、体力がかなり心配でした。
当日には体調は良好のつもりでした。
まず一試合目はストライプルの方で、秒殺狙いでアキレス行ったのですが、
・・・・無理でした。試合ではアドレナリンが出てて難しいですね〜。
何とか最後にテイクダウンで2Pとって危なく勝利!
これもかなり体力を消耗してしまいましたが、
何とか頑張ろうとウイダーインゼリー飲んで体力回復!と思ったのですが、
しばらく休んでいると、あまりにも気持ち悪くなってきて
トイレで全部もどしてしまいました。
この時。マジで棄権しようかと思いました。
フラフラしながら次の試合を待っていました。
しばらくすると2回戦が始まりました。
今回はSSSアカデミーの方で、
1回戦ケイズファクトリーの方を破って勝ち上がって来ました。
最初、リードされていてまたまた後半でポイントを逆転して勝ちあがりました。
これで3位は確定なのですが、もう一つ上を目指して頑張りましたが、
パレストラの方と試合して3−0で負けてしまいました。
まだ、ビデオは見ていませんが、悔しいです!!
ホント悔しいです。
今は柔術のことしか考えれません!
もっともっと強くなってやると思いました。
柔術と出会ってなければ、今の僕はありませんし、
こんなに友達もいなかったでしょう、全部柔術のおかげだと思っています。
今回全日本で、お世話になった「アライブ」の皆様ありがとうございました。
そのほかにも、早川さん、福住さん、浜島さん、林さん、茂木さん、
ここに書ききれませんが、その他大勢の皆様ありがとうございました。


6月4日「久しぶり」
約1ヶ月ぶりの日記です。
トーナメントが3回も重なっていたため、なかなか更新できませんでした。
まずは「コパ・ウエスト」
対戦表のFAXを見て愕然となりました。
関西柔道のゴジラみたいなイメージの人です。
柔道5段の鬼強の人でした。
で、他の人に「誰と試合ですか?」
「はい、OOさんです」と言ったら、
必ず半笑いで「ああっ!がんばってね」でした。
試合は結局A2−1で負けてしまいました。
で、次は2週間後の「コパ・セントラル」
この大会は去年も優勝している大会でしたが、
コパウエストでパワーの差を感じたため、一階級下げました。
下げると言うことは減量が待っているのですが、脂肪が多いのでしょうか、
少しの努力で下げることが出来ましたが、またあいてのFAX を見て、、、です。
さんぼ、、、サンボ10年!!!!
まあ、大丈夫か!と言う感じでしたが。
これまたアライブの方々に聞いたら、コパウエストの時より凄い反応、、、。
柔術家と試合がしたいと凄く思いました。
試合は何とか勝って優勝できました。
アキレスも試みたんですが無理でした。


5月3日「GI UM」
プロ柔術見てきました。
掲示板にも少し書きましたが、ショックです!あんにとは・・・。
プーさんの苦しそうな顔、レオジーニョの華麗な動き、中井さんのタップ
目に焼きついて離れません、プロ柔術興行は成功で凄くうれしい反面、
メイン3試合の衝撃は驚きを通り越して、言葉すら出ませんでした。
はっきり言って、柔術をやっている人で今日の試合を見なかった人は、
一生後悔するぐらいのレベルです。

明日は試合ですが、凄くモチベーションを上げていただきました!
本当、柔術やっててよかったと思いました!
浜島さんありがとうございます!最高の2日間でした!
また9月の「ギ ドイス」楽しみにしています!


4月28日「明日から」
いよいよ明日から名古屋に出発です!
明日はアライブ小牧で「バルボーザセミナー」を受けて、
脇をさせれば誰でもパスできると言う技を見につけてきます。
その次の日は、アライブ本部で色々教えてもらってきます。
1日はいよいよ東京に出発です。
アライブの鈴木社長の車「アライブ号」に乗せていただき、
いざ東京です!
楽しみです!!!


4月25日 「練習」
試合も近づき、練習も少し変化をつけました。
相手の攻めに合わせてカウンターを取るやり方から、
自分が攻めていくやり方です。

自分なりには紫に近いかなと思うのですが、
ジム内だけの練習が多いので
「井の中の蛙、大海を知らず」にならないようにしたいです。

5月4日は一年ぶりの試合ですし、そこが一番ネックではないでしょうか?
28日29日と名古屋の「アライブ」さんにお邪魔して最終段階の調節をしてきたいと思います。
で、1日2日は「プロ柔術」を見て、モチベーションをあげたいと思います。
でも、自分が紫になったらプロの柔術の試合に出たいですね!

帯の色は、成るべくしてなるのではなく、なってから成るのではないのかと思います。
青帯に成ったときは、そんなレベルは無いかなと思いましたが、青をしめているんだから、負けられないと言うプライドが出てきました。

あ〜、でも、紫か!プロ柔術家ですからね!
憧れてしまいます。


4月23日 「キャラプロ」
みなさんは「キャラプロ」を知ってますか?
プロレスラーや格闘家のフィギュアを作っているところです。
今日、ふらふら〜と行きつけのおもちゃ屋さんに、ふと「キャラプロ」のコーナーに目をやると、「エンセン」のフィギュアや「馳 ひろし」のロン毛バージョンや短い毛バージョンなど、通をうならせるこだわりのよさ!
で、そこを見てみると!!!!!

「がっぺ・むかつく」
江頭2:50が!!!!!!!!!!!!!!!!!
そうです!エガちゃんフィギュアがあったのです!
すぐにそれを手に取りレジに向かいました!
以前「春 一番」フィギュアはあったものの、江頭とは、
恐るべし「キャラプロ」恐るべしチョイス!
これからも期待してるぞ!


4月22日 「プロ柔術」
5月1日2日は待ちに待ったプロ柔術興行です。
1999年5月4日に初めての柔術の大会に出ましたが、まさかこんな日が来るとは!って感じです。
それもこれも、中井さんのおかげだと思っております。
中井さんの失ったものはかけがえの無いものですが、それ以上のものを、みんなに与えてくれました。
ありがとうございます。
当日は直接応援に行きます!!

今、僕は自分の尊敬できる人物が3人います。
もちろん一人目は「エンセン井上」です。
一生ついていこうと思っています!

二人目はパレストラ代表「中井 祐樹」さん。
上記で述べていますが、今柔術ができるのは中井さんのおかげだと思っています。
でも、皆さん知っている方も少ないと思いますが、
柔術をはじめて日本で教えていたのはエンセンなんですよ。
中井さんは初めのうちは、柔術反対主義者だったんです(笑)

もう一人は「(有)アライブ」社長「鈴木 陽一」さんです。
上記の二人に比べて知名度は少ないかも知れませんが、人望の厚さは他の2人と同じぐらいあるかもしれません。
詳しくはSHOOTO NEWS第3号をお読み下さい。

それ以外にも、書ききれないぐらい感謝している方もいらっしゃいます。僕一人ではここまでできませんでしたから。
中野社長、専務、田島さん、野中さん、石川さん、書ききれなかった人すいません、みなさまに感謝しております。
これからもよろしくお願いします。


4月20日  「ノーマネーでフィ二ッシュです」
皆さんはこの言葉を聴いた事がありますか?
「マネーの虎」という番組で、以前から関東では放送されていたみたいですね。
やっと全国放送になり、関西でも放送され始めました。
驚いたのが、吉田栄作を久しぶりにTVで見ました。
と言うのは冗談ですが、

あんな、一癖も二癖もある人たちをどうやって説き伏せるのか?どうやって、心を動かせるのかが凄く興味があります。あと、経営者側から見て、チャレンジャーである参加者の提案に対してどういう考えで、そういう意見を言うのか凄く勉強になります。
でも、あのおっさん達は言葉だけの薄っぺらい人間じゃなくて、自分自身が積み重ねてきた経験から物を喋るだけあって、凄く濃いことを喋ります。
あと、こんなことは当たり前や!と言われるかもしれませんが、物事はなんでも主観的に見るより、客観的に見て物事を判断しなければ、経営者には立てないんだなというのが最近少しわかってきました。
でも、そう言ってもどうやって客観的に見ればいいのかはまだまだ勉強しなければなりませんけどね。


4月18日
試合まであと2週間,1年ぶりの試合になります。
あんまり緊張しないんですが、やばいでしょうか?
去年もほぼ1年ぶりの試合で「コパ・セントラル」に出場して優勝できました。
しかも青帯で出て優勝できたので、それから1年自分がどれくらい成長しているのか楽しみです。でも、コパ・ウエストの試合に青メイオぺサードの相手がいるか不安です。

話は変わりますが、最近のマイブームはゲームです。
PS2の「キングダムハーツ」です。
ディズニーキャラ総出演です。
ゲーム内容は省きます。

僕はあんまりディズニーキャラは好きじゃなかったのですが、あのゲームは楽しいですよ。
次は誰が出てくるのがドキドキして楽しみながらゲームしてます。
「ナイトメア・ビフォアー・クリスマス」のステージが一番好きでした。あのおどろどろしい雰囲気、最高です!
PS2を持っている人なら必ずやってみてください!
面白いですから!!!!!!!