PLAY BACK WORLDCUP KOREA/JAPAN

相次ぐ優勝候補の予選敗退
フランス、アルゼンチン、ポルトガルと今大会屈指のチームが予選敗退。
奇しくもこの3チームに共通するのは「攻撃型」のチームであること。
個人的にポルトガルあたりは、前評判が高すぎるかな〜と思っていたので
ある程度は予想していたことなのだが、まさかフランス、アルヘンが・・・。

あと、この3チームには運がなかった。フランスはジダンの故障。
(もっとも、ピレスが怪我をしたのが不運の始まりかもしれないが・・・)
アルヘン、ポルトガルは主力選手のコンディション不良に尽きると思う。
ベロンやルイ・コスタ、ジダンといった攻撃陣の核となる選手達
いわゆる「司令塔」と呼ばれる選手達の不調や故障は
代えの効かない選手達だけに、攻撃パターンの減少に繋がったと思う。

この3チームのFW陣についても同様な事が言える。
ポルトガルのパウレタこそハットを達成(ポーランド戦)したものの
アンリ、トレゼゲ、バティ、クレスポの新旧得点王軍団(笑)は
コンディションが良くないうえに、運にも見放され精細を欠いていた。

しかし、最大の敗因は研究され丸裸にされていた事だと思う。
ジャッケ時代の流れを汲むフランス、完成されていたアルヘンとポルトガル。
W杯予選から(フランスは親善試合)一貫して変わらない姿勢が
結果的に裏目に出たように思う。オプションを備えておくべきだった・・・。

日本、韓国の決勝トーナメント進出
ホームアドバンテージというものは、やはり存在した。
僕は日本戦(予選ラウンド)を大人数で大きなモニターで観戦していたのだが
試合会場から離れた片田舎ですら異常な盛り上がりだった事を考えると・・・。
スタジアムの雰囲気も容易に想像出来るというものである(本当か)。

ただ、それは悪い事ではない。むしろいい事。
日本の課題として、アウェイでのゲームが少ない事と言われていたのだが
今大会に限って言えばそんな事は関係ないのである。

2006年に向け日本の課題は「内弁慶」の克服に尽きる。
・・・って世の評論家と同じ結論じゃん(笑)

韓国についてもサポーターの後押しが大きかったように思う。
あの雰囲気(テレビ見た感じだけど)は凄いなぁと感心しきりだった。

アズーリについて
なぜ、トラパットーニは4バックにしたのだろう・・・。
ただでさえビエリとトッティに依存する攻撃なのに中盤(前線)の選手を削ってまで
4バックにする必要性はあったのだろうか。いや、したんだからあったのか(笑)
結局二人に依存する攻撃は慢性的なネタ不足に繋がったような気がする。

あと手前ミソ(僕がラツィアーレなので)になるが、ネスタについて。
クロアチア戦で負傷退場した後のイタリアDF陣の混乱振りを見ている限り
ネスタの存在というのは、改めて大きいものなんだなと思った。
(僕的ベストイレブンにネスタが入っているのもその辺を考慮してなんです。)

ブラジル5度目の優勝
まずアルヘン好きの僕が書いてるという事を前提に読んでください(笑)

ブラジル優勝の最大の要因は、変な話メンバーを固定出来ずに大会を向かえた事。
っていうのは、アルヘンとは違って相手が研究出来なかったのではないか。
予選ラウンドの対戦相手に恵まれていた事もあるのだろうけど。

もちろんロナウドの復活には敬意を払っているし嬉しかった。
リバウド、ロベカルといった選手達も前回フランス大会とは雲泥の差だった。

「組織としては発展途上」だったチームが試合をこなしていくうちに
「選手同士で意図のわかる集団」になったっていうのが僕の印象である。

つまり、チームとしては未完成だったけど、選手達のイマジネーションが
高いレベルで合致して、最良の結果を生んだのではないだろうか。

もちろん南米予選で苦労した分、団結力があったのが一番だと思う。
研究しきれなくて、選手の技術も高い。そして明確な意図。
優勝は当然だったのかな・・・ブラジルファンの方見てたらすいません。

審判の問題
言い訳とも取れる問題なのでサクサクと(笑)
ただ、モレーノ氏だけはどうにも怪しい。容姿も含めて(爆)
っていうのは冗談だとしてイタリア、スペインあたりはやっぱり不運だったと思う。
特にスペインは完勝していた筈だろうし・・・(試合は見ていないのですが)。

ただ、世界一の誉れ高いコッリーナ氏さえも批判されたように
審判といえど人の子、誤審もあるだろうし結局は言い訳なのかなとも思う。

ベッカムフィーバー
これは起こるべくして起こったって感じです(笑)
アルヘン贔屓の僕から見た目線ですのでその辺宜しくお願いします。
アルゼンチン対イングランドは今大会注目のカードだったのだが
僕にはどうにも納得出来なかった事がある。

それはアルヘンが悪役になっている事@世論。
フランス大会で退場になったのはベッカムなのに・・・である。
シメオネを筆頭に「ベッカムは嵌められた」が統一見解になっていた様な。
実際、面白くないっすよ。アルヘンを応援している人間からしたら。
まぁ負けたのは事実ですから、負け犬の遠吠えっすけど(苦笑)

ベッカムフィーバーの頃、先輩の結婚式に出席したんです。
その時、モヒカン気味にして出席したのですが(なんでやねん)
「ベッカムヘアー??」と聞かれたので「いえ、戸田です」と答えたのが
「アルヘン好き」最大のプライドでした(爆)余談ですいませんm(_ _)m

>> BACK