足取り軽く!心はネガティブ近々暗黒時代に戻りそうな気がして心配で仕方が無い

気弱な阪神ファンのページ

↓先日カウンターがぶっ壊れたためリスタート(涙)
Counter

SINCE Jan.1 2002

「なんでオマリーがまだおるんや!」(前・岡田監督名言集より)
クズ外人しか連れてこないため、シーズン終了後フロントに「切ってくれ」と言っておいた米国担当スカウト・オマリー氏を翌年春の安芸キャンプで発見したときの一言

 

最新
ネタ
気弱な掲示板
2015年 2015年の気弱なトピックス

2014年

2014年の気弱なトピックス
2014年気弱な選手名鑑(野手編
2014年気弱な選手名鑑(投手編)  

 

2013年のネタ


2013年の気弱なトピックス
2013年気弱な選手名鑑(野手編
2013年気弱な選手名鑑(投手編

2012年のネタ

2012年の気弱なトピックス
2012年気弱な選手名鑑(野手編
2012年気弱な選手名鑑(投手編

2011年のネタ

2011年の気弱なトピックス
2011年気弱な選手名鑑(野手編)
2011年気弱な選手名鑑(投手編)

2010年のネタ

2010年の気弱なトピックス(後半戦)
2010年の気弱なトピックス(前半戦)
2010年気弱な選手名鑑(野手編)
2010年気弱な選手名鑑(投手編)

2009年のネタ

2009年気弱な選手名鑑(投手編)
2009年気弱な選手名鑑(野手編)
過去の気弱なトピックス

2008年のネタ

2008年気弱な選手名鑑(投手編)
2008年気弱な選手名鑑(野手編
過去の気弱なトピックス
気弱な2008キャンプレポート

2007年のネタ

過去の気弱なトピックス
気弱な選手名鑑(野手編)
気弱な選手名鑑(投手編)

2006年のネタ

気弱な選手名鑑(野手編)
気弱な選手名鑑(投手編)
気弱なキャンプレポート
過去の気弱なトピックス
アンソニーさんの気弱な名曲集

2005年のネタ

★気弱な選手名鑑
★気弱な日本シリーズ
★交流戦観戦記H−T(6月)
★「気弱なゲームレビュー
 
・RPG岡田監督育成計画」他

2004年のネタ

★気弱な選手名鑑
★気弱なストーブリーグ
★気弱なオープン戦
★気弱なペナントレース
 (神宮・千葉マリン観戦記他)★気弱なストーブリーグ 他

2003年のネタ

★気弱な選手名鑑
★気弱なキャンプ便り
★気弱なオープン戦便り
★気弱なペナントレース
★気弱な日本シリーズ
★優勝記念企画「日本一早い、各界著名人からのお祝いコメント」
★気弱なストーブリーグ 他

2002年のネタ

★気弱なペナントレース
★気弱なストーブリーグ
★気弱な選手名鑑
★気弱なプロ野球人生相談室
★阪神ファンを辞める108つの方法
 他

コラム系

気弱なコラム 02.7/14
ミスタールーキー 02.4/6

その他

気弱なリンク集 04.1/10

ここは「気弱な阪神ファンのための」サイトです。「ワタシも気弱ファンだっ!」と共感を覚える方はぜひご覧ください(他球団の「気弱ファン」の方も大歓迎です)

「気弱な阪神ファンとは?」


【主な登場人物

  bou.jpg

ボークレア
当HPの管理人。暗黒時代がいつ来るか心配でたまらなかったが、赤星引退、JFK崩壊、求心力の全く無い真弓政権でついにBクラス転落、和田政権樹立もマートン逆ギレ、DeNAと最下位争い、金本・城島引退、球児海外流出、中村勝広GM就任・・・と心配が本当のものとなってきてしまい更に最近塞ぎ込みがちな気弱な阪神ファン。

  torakky4.jpg

○ラッキー
正体不明の強気な阪神ファン。当HP管理人ボークレアが封印したフォースの暗黒面との噂もある。

 

<気弱なトピックス>4月19日

またビシエドにやられた…虎・福原、サヨナラ被弾で配置転換へ

 (セ・リーグ、中日4x−2阪神=延長十回、6回戦、中日4勝2敗、17日、ナゴヤD)

 

竜の主砲・ビシエドの打球が右翼ポールを直撃した瞬間、福原はマウンドでうなだれるしかなかった。

開幕から20試合。中継ぎ陣に“綻び”が目立ち始めた。前日16日は3点リードを守りきれず、逆転サヨナラ負け。福原は八回から登板し、四球を与えた直後に代打・藤井に適時三塁打を浴び、一死もとれないまま降板となった。

 

 torakky4.jpg

 

またビシエドてあいつ一人にどんだけやられとんねん!!。

 

 bou.jpg

 

継投やら配球やら確かにツッコミどころは満載ですが、結局は「福原が衰えオ・スンファンがい

ない」「ダメ押し点が取れない、勝ち越せない」という話に尽きるわけで仮に和田が監督続けていても結果はほぼ同じでしょう。

あと、ここまでの戦いでも

「メッセンジャーに盗塁って怪我したらどうするん」

とか

「4月にストッパーを3イニング投げさせるなんてアンタ」

とか確かにトンデモ采配が満載ではありますが、

「盗塁を増やす・・・とは口先だけでシーズンに入ると判で押したような送りバントのサイン連発。殆どの選手が走る気なし。」

「ゴメスだろうが投手だろうが走塁はきっちりやらせる。選手にもそれは徹底されている。送りバントもやるべき場面のみ。」

「チーム内の競争は実質なし」

「若手を思い切って起用。シーズンが終わるまで競争させ続けることを公言。」

「外人選手や高額年俸選手は獲得に金が掛かっているのでフロントに配慮して使い続ける。」

⇒「ヘイグだろうが藤川球児だろうが結果が出なけりゃ二軍に落とす、一軍登録を抹消する。」

 

「二軍で結果を出しても上げない。上げても使わない。使ってもすぐ替える。そのまま下に落とす。」(昨年の中谷の起用などその典型(ウエスタン首位打者で一軍にようやく上げてもらいスタメン出場するも2打席で伊藤隼ごときに交代。以降は塩漬けのうえ鳴尾浜送りに。))

⇒「二軍で結果を出した選手は上げる、使う」

といった具合でトンデモ采配のマイナス分を差し引いても大幅なプラス。ワタシは全面的に支持しますね。なによりベンチの雰囲気が昨年までと全く違うのが素人目にもよく判る。まあ、見方を変えるとこれまでの監督がいかに酷かったかという話でもあるんですが(涙)。

ただ、ひとつだけ・・・これだけはお願いしたい。

右肘違和感のため前日16日は欠場した高山を起用も5打数無安打。金本監督は「(痛みも)百も承知で送り出しているし、痛みがある時はこうやってやるとか、工夫の仕方を学んで欲しい」と苦言を呈した。

お願いですから高山だけは潰さないでください(号泣)

 

 

 

      

<気弱なトピックス>3月15日

 bou.jpg

 

随分更新がご無沙汰になってしまいましたが、気弱な阪神ファンの皆さんお元気でしたでしょうか。

 

あまりに更新が無いので巷では

「管理人のボークレアは、薬物逮捕された清原和博氏の覚醒剤入手ルートを捜査する警視庁組織対策5課の目を逃れるため身を隠している」

「野球賭博で追放になった元読売の某投手が福岡に開店した飲食店を手伝っており忙しい」

といった噂が・・・。

 

 torakky4.jpg

無いわ、そんなもん!!。しかしアレやな、金本阪神は中々面白そうやないか。

 bou.jpg

 

イヤ、本当にそうなんです。久々に「開幕が楽しみ」な毎日を過ごしています。原因を挙げれば枚挙に暇がないんですが

メッセンジャーは激太りでキャンプインしシーズン中はサイン無視、ゴメスは練習中にドローンで遊びマートンは審判に悪態つきまくったうえ殺人タックルで相手チーム捕手を粉砕、と外国人選手にナメられっ放しで、日本人選手は全く覇気がなく自らは不倫騒動・・・といった具合でチームの体を全くなしてなかった和田政権にほとほと嫌気が差していたんですが、金本政権誕生でチームの雰囲気が一新!。

毎年キャンプ中継の模様は見ているんですが素人目にもそれは明らかで、良い例が鳥谷。昨年も「阪神残留を決め、今年の鳥谷は変わった」とアナウンサーや阪神お抱えの解説者陣がさかんに言ってたものの「そうかなあ・・・」って感じだったのが、今年はまあ声は出るわミスした他の野手をヤジり倒すわで「やればできるやん」と言いたくなるくらいな元気ぶり。

和田政権時代は「ベテラン優遇、中堅はちょっと成績を上げたらすぐにレギュラー扱い、若手はちょっとミスすると見切りをつける」ことがある意味徹底されていたんですが、

今年は過去の成績や年齢に関係なく選手が登用されています。良い例が岡崎で「気弱な選手名鑑」でも度々触れたように「どうしてここまで冷遇するの?」というほどの扱いだったところが、いまやスタメンの筆頭候補に。決して若手とはいえない岡崎がチャンスを与えられそれをモノにしていくことで他の選手たちも「今度の監督は頑張って結果を残せばチャンスをくれるんだ」と思って真剣にやろうとするのは当然のこと。開幕まで二週間を切ってるんですが、いまだに金本監督は「競争」を明らかに意識した選手起用を続けており、本当に良いことだと思います。「チーム内で競争させる」という当たり前のことを当たり前にやってるだけなのにそれが新鮮に映るという点がこのチームの抱えていた病巣の深刻さを物語るわけでなんとも情けなくもありますが(涙笑)。

あと、二度とタイガースのユニフォーム姿を見ることはできないと思っていた掛布が二軍とはいえ監督に就任。これはワタシらのような「掛布世代」にとっては本当に感涙モノですわ(涙)。

 

torakky4.jpg

なんや明るい話題ばっかりで気持ち悪いわ(苦笑)。気になることはないんかい。

bou.jpg

 

かなりあります。

「結局、今年も打線は外国人頼みなのにゴメスは昨年と技術的に大して変わってるように見えないし、ヘイグはとんだ一杯食わせ者かもしれないし、気がついたら昨年と同じ福留頼み打線になってたりするのでは?」

「球児は今のところ順調だけど本当にフルシーズン先発ローテで働けるの?」

とか

「能見・安藤・福原の衰えは?」

とか

「どうせ西岡はそのうち故障するのでは?」

とか挙げ出せばキリが無い(笑)。

ただ、最大の懸念事項だったストッパー問題もマテオ・ドリスでなんとかなりそうだし楽しみな若手が出てきていることもあって勝ち負け関係なく楽しめそうな気がします。

そのためにも高山と横田はある程度辛抱して使って欲しい。ドラフト1位の高山は素人の私にも判るほどモノが違う選手ですし、横田は技術的にはまだまだですがオープン戦が始まった頃に比べ明らかに一軍の投手に慣れてきている。まだまだ危なっかしいですが身体能力は抜群に高く何かやってくれそうな、昔の新庄的な雰囲気のある選手です。この二人の成長ぶりを見ることが今シーズンの一番の楽しみになりそうなので、是非お願いしたいもんです。

 
 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村