新潟スタジアム
ビッグスワン
アクセスチケット特徴応援観客席食べ物周辺キャラクター

 (2004年新潟中越地震前のデータです)

 新潟駅南口のバスターミナルの方へ行くとシャトルバスの乗り口があります。一律250円で10分くらい。ゲーム前は写真のようにパイロンで仕切られて人がかなり並びます。少々混むので早目をお勧め。バスで10分だと歩けそうな気もしますが、かなり遠かったように感じるので素直にバスに乗ることをお勧めします。

 バスは殺風景な工事中の降車場に降ろされます(2004年8月時点)。何となく不安を感じますが、スタジアムに近づくにつれ道は広くなり、広い敷地に、きれいな水をたたえた公園,適度な売店,やる気満々で並んでいるサポーター。郊外型スタジアムとして雰囲気は最高。
 降車場から行くとホームは右へ、ビジターは左へ。

 一般的には自家用車での来場が多いようで、周りは渋滞しています。特にゲーム終了後は迎えの車が路上駐車をしまくり大渋滞。今後何らかの対策が必要ではないでしょうか


 ペットボトルは”フタ”(?)を持ち込んではダメ。ペットボトル本体はよいという不思議な規制。

 スタンド内にそれほど売店があるわけでもないので、買い物は外でしておくのをお勧め。コンビにはWゲートの方に歩いていくとあります。(バス降車場のほうにはありませんでした。)
 

ホームは”N”の方へ進みます。
チケット

 チケットはなるべく早めに手に入れたほうがいいでしょう。ローソンチケットで発売当日に買ったのですが、ほとんど売り切れ。当日券は販売していなかったと思います。(ページ上のチケット半券は、帰り際に隣の人にもらいました)
 サポーター席(Nゲート)に入るには、それ専用の列に並ばなければなりません。整列入場なので、きちんと並びましょう。ちなみに2時間半前にすでに長蛇の列です。
 写真を撮りに列を横切ったら「ちゃんと並んでっ!!」と怒られてしまいました。 
特徴
 スワンの名が示すとおり、美しいというより”優美”な印象のスタジアム。夕日の頃は最高でした。

 Jリーグ、アルビレックス新潟のホーム。陸上競技トラックも併設の総合スタジアム。2002年ワールドカップでも使用。 寒い地方のスタジアムですがドーム施設ではありません。

 ビッグスワンの名の通りとても優美な佇まいのスタジアムです。やわらかい曲線を使ったスタジアムはとってもステキです。
 周辺には水を意識した公園と野潟が広がりなんとも気持ちがいいです。

 ただし、意外に席とフィールドは離れているので、それほど観やすいという感じは受けませんでした。また屋根も”キレイ”だけど雨風がどの程度避けられるかはちょっと疑問。金網で仕切られたスタンドや行き来のできないスタンドは閉塞感も感じます。
 ソフト(サポーターやサービス)の良さにくらべて、ハード(施設)はもうちょっとかも・・・。

 スタンド内の移動はかなり制限されています。バックスタンドとゴール裏自由席は行き来できませんので注意。またバックスタンド自由席に入るのも【チケット拝見】なので、離席離籍のときは注意。
応援

 うわさに違わず、熱くてすてきな応援をするサポータがスタンドを埋めます。 ただ熱いだけでなく、ファミリー、若者、熟年夫婦までみんな楽しそうなのが印象的です。オレンジの服をきて行こう!
 総合スポーツクラブのモデル例として紹介される事が多い、アルビレックス。チアガールの存在もその一つ。バスケットにもよくチアが応援に来ます。
観客席

 イスそのものはやや小さめ。横との席は十分な間隔ですが、前との席は狭めです。最大の特徴は「カップホルダーが付いていない」事です。カップは下に置くしかないのですが、やはりちょっと不安。ペットボトルでもいいなら助かるけど・・・。ペットボトルのフタは入場の際に取り上げられてしまいます。
 
 
食べ物
(値段は作者の記憶なので必ずしも正確ではありません)

 以外にアルビ、オリジナルの食べ物も多い。「勝ち点3ロール」(500円:たぶん?巻き寿司)、「勝ちカレー」(500円:たぶん?カツカレー)などなど。写真は「アルビレックス応援丼」(500円)、カツ丼です。東京で一般的な卵とじのカツ丼ではなく、甘辛のたれにカツをつけてご飯にのせる感じでした(ソースカツ丼とはまた一味違う!?)。もう一工夫欲しいかな。
 ビールは売店によって微妙に違って、バックスタンド2階中央の売店では500mlで500円、他は350mlで400円が多いようです。(2004年時点)
 その他、新潟の優良企業?「亀田製菓」の柿の種アルビ版【勝ちの種】などもおつまみにどうぞ。
  
周辺

  基本的にはスタジアムしかありません。が、郊外型の典型で広くてきれいな公園を併設。すぐ裏に野潟があるのでそこからの豊富な水を引き入れた涼しげな公園です。初夏〜夏にかけては最高の場所ではないでしょうか(冬はどうなんでしょう?)。
 とはいえ、夏の日差しはとても暑いのでスタジアムには「新潟スポーツ展示室」と「休憩室」が併設されています。それほど混んではいないので赤ちゃんを連れて行くときなどは積極的に利用しましょう。・・・もしかしたら夏よりも冬の寒さ対策であるのかな。
キャラクター/イベント

白鳥のアルビ君。冠をかぶっているところをみると、王子様なのかな?。お姫様も御随伴。
 結構細かい設定もあって、
 生年月日 1996.4.5
 身長/体重202cm / 85kg のような情報も。

 イベントってわけじゃないでしょうが、スタジアム内にフェイスペイントのお店がでています。結構はやっているようです。