FOXBORO
STADIUM
フォックスボロ
NFL ニューイングランド ペイトリオッツのホームスタジアム
アクセス
 ボストンの地下鉄、SouthStationより、試合当日に1本のみ、フットボールトレインが運行。 私が観戦した日は4:15PMの試合開始で1:10PM頃の運行。これを逃すと行けないので、 よくよく時間を確かめて行きましょう。
 帰りは試合終了後1時間後にやはり1本のみ。 行きの電車を降りる時に車掌が出発の時間を叫んで回るのでよく確認しないと大変。 乗り遅れると本当に帰れそうもない。
 2000年9月で往復$7.5  徐行、停止の繰り返しで、1時間30分ぐらいの道のりでした。  (時間は必ず自分で確認してください。)
特徴&気候

数少ない”古いロゴ”Tシャツ($19ぐらい)
 少々くたびれた感の哀愁のあるスタジアム(隣に建設中の新スタジアムの所為だろうか?)。 収容人数6万人とやや小さめ?だけど2階とか屋根はないので開放感があって気持ちがいい。
 ただっ広い駐車場ではうわさに聞く”バーベキューパーティー”がここかしこで開かれていた。
 ペイトリオッツは昔の”踏ん張りマーク”のロゴが好きなんだけど、あまり着ている人はいなかった。残念。
 9月半ばでも結構、寒い。トレーナーとか薄手のブルゾンが必要。グッズショップでトレーナー($40ぐらいだったかなぁ)あたりを買うのも一興。
応援


 特に特徴的な応援はないけど「オ〜へ〜(GO AHEAD)」と合唱します。
 声援やブーイングはすさまじく最初は少々ビビルけど、一緒に”ブゥ〜”ってやった方が楽しい。
 もちろん圧倒的にN.Eのファンが占めているけどアウェーだっていないわけじゃない。静かにしていれば危険はなさそうだけど、争い事の元なので注意(すぐ後ろで、本当に殴り合いになっていました。あー怖い) 
観客席 
 スタンドのほとんどは長イス席。背もたれ付クッションを持っている人も多い。日本人には十分な大きさだけど、アメリカンサイズには少々小さめ。人のところに平気で進入してくるのでいつのまにか狭くなってしまった。
 実際に観た席はかなり端の上段(一番隅っことも言う)だったが、ゲームを観るには支障なし。それほど遠くには感じなかった(303セクション25段)。ただしこのセクションはアウェーファンが多く雰囲気はピリピリしていました。
 スタンド入り口への通路は少し狭いので、ハーフタイムにトイレに行くのは大渋滞で時間がかかる。あらかじめ済ましておこう。

スタンド裏は意外と狭い
食べ物(値段は作者の記憶なので必ずしも正確ではありません

さく見えるけど巨大なバファローチキン塩辛いのでケチャップをいっぱいつけましょう。
 バックスタンド裏の中央にある売店の「バファローチキン」($5)なかなか美味。アメリカ人はいざ知れず、1人1個買っていたら食べきれません。2人で1つぐらいでちょうどいい。
 一番売れていそうだったのは「インディアンソースドック」($3.5)。肉がやたら詰まっていてすごそうだった。(おなか一杯で食べれませんでした。残念)。
 ビールは$5。妥当な線でしょう。
 ゲーム中は食べてる隙はあまりない。もっともカップホルダーとかないので置いておけないです・・・・。
周辺

  見渡す限り駐車場!
 広い駐車場にいったい何台停まっているのか。ゲームが終わってからが大変そう。
 グッズショップは入り口の前にかなり充実したものがあります。スタジアム内でも買えるけど、品揃え(サイズも重要!)やレジの速さでは断然グッズショップの方が上。
 帰りなんてとても寄れないので、入場する前をお勧め。
チケット

入場ゲートの前には”ボディチェック。”写真の”黄色服の人達”が行います。
チケット受け取り場所は、入場ゲートのすぐ前です。
 対戦カードや日程にもよるのでしょうが、当日券はまず無理と考えましょう。私の場合はインターネットでチケットマスターを利用。
 もっとも、このときの観戦(2000/9/17 vs.バイキングス)もチケットマスターで2人並びの席は売り切れ。そこで、ためしに1枚づつオーダーしたら予約出来ました相棒の席は私の斜め後ろの指定。”隣りじゃなきゃヤダ!”と言う人以外はトライしてみましょう。($58.9/1人 手数料込み)
 チケットの受け取りは、券売所でチケットマスターの約確認画面をプリントアウトしたものと、クレジットカードと身分証明書(パスポート)を見せればすぐ発行してくれます。(簡単です!)