蚕室球場(チャムシル)
(JAMSHIL BASEBALL STADIUM)

アクセスチケット特徴応援観客席食べ物周辺キャラクター/イベント


 ソウルの街は地下鉄で結ばれています。色分けがはっきりしていて、駅にNoが付いている、わかりやすいと思います。
 蚕室(JAMSHIL/チャムシル)球場へは地下鉄2号線(グリーン)に乗っていきます。
 明洞(ミョンドン)にあるロッテデパートの近く【乙支路入口】駅(No202)より、No203へ向かう側のホームへ(一度改札を通ると違うホームへは往けません)。目的地は【総合運動場SportsComplex】駅(No218)、およそ30分ぐらいです。途中地上に出たりしますが、駅ごとにNoを見ていれば安心。意外と混んでいるので座れないかも・・・。
 料金は700W(ウォン 2003年時点)で日本円で約70円です。地下鉄はどこまでいっても700Wのようです。安い!
 切符を買うときは小銭でちょうどか1,000W札を用意しましょう。窓口で1,000W札をだすと、何も言わずとも700Wの切符とおつりをくれます。自販機も1,000W専用がほとんど。
 駅についたら5番BaseballStadiumの出口。駅には比較的英語もあるのでわかりやすいです。
 地下鉄を出たらもう迷いようがありません。本当に目の前が蚕室球場です!
 スタジアムの周りにコンビ(LG)がいっぱい?あるので、食べ物等の用意はあまりいらないかも。
チケット
   
 「外国から来ました。本日の試合の指定席券をください」(上)と書いてある・・・・ハズです。一応通じました。
もちろんそのあとに「枚数」と「1塁側か3塁側か」(下)を聞かれます。筆談でガンバロー!
   

 2003年時点では野球人気はピンチ。よって当日券でも十分でした。かっては満員の事もあったようです。がんばれ韓国プロ野球!
 チケットブースは地下鉄出てスタジアム沿いに左右どちらでもあります。写真は右側のブース。
 さて、実際に買うのは大変。日本語はもちろん英語もほとんど通じないし、表記もされていない事を前提に活動しましょう。あらかじめ添乗員さんかホテルの人に「チケットがほしい!」旨をハングルで書いてもらって見せるとOK。(むさしさんのHP「球場風土記」を参考にさせていただきました。)
 チケットの価格は内野1塁側指定10,000W(2003年現在)日本円で約1,000円。おそらく自由で6,000W、外野で3,000W。もしかしたら3塁側とで値段が違うかもしれませんが、とにかく安いです。
特徴



 情報満載のスコアボード。何を表示しているか考えてみよう?
その他の施設
 斗山(トゥザン)ベア-ズとLGツインズのホームスタジアム。両チームともになかなかの強豪。2003年には入来智投手もベーアズに在籍。
 観戦したのはベア-ズvs現代(ヒュンダイ)ユニコーンズ。展開的に長いゲームだったけど、進行は比較的スピーディー。普通であれば、2時間半程度で終わるのでは?
 両翼100m、内野も天然芝の本格的球場。2階席には小ぶりながらも屋根がついています。
 スタンドとグラウンドは日本風にネットがあります。
 スコアボードにはかなりの情報量。今日の成績から、通算成績まで細かく表示。表示は全てハングル(あたりまえか!)なので選手名など、ある程度調べていったほうが無難。ちなみに選手の背中のネームもハングル。選手名は背番号で判断するしかありません。
 売店ではお弁当より、お菓子系が充実。ハンバーガー(バーガーキング)やケンタッキーなどが入っています。
 トイレはかなりキレイ。安心して使えます。その他、託児施設などなかなかの設備がりました。
   
応援

 応援グッズのメインは本格的?チアスティック。空気も入れてくれます。
   どんな応援をするかというと・・・・
 応援グッズのメインはチアスティック。日本の使い捨てタイプとは違い、ビーチボールタイプの本格派。
 でも、応援の主役はなんといってもチアガール。結構ハデな演出で応援をリードします。チアガールと応援したいときは外野席で・・・。
 トランペットなどはあまり聞かれませんが、太鼓は常時鳴らしています。攻撃/守備はあまり関係なくやっているようなので、ちょっと騒々しいかも・・・・
 その他グッズは Tシャツ:10,000W タオルマフラー:10,000W
バンダナ4,500W程度でした。(2003年時点)
観客席

 せり上がったスタンドはとても観やすかったです。座席も大きめで、前後左右の幅もちょうどよい感じ(2階席はやや狭かったような)。
 指定席のスタンドに入るにはチケットをみせます。内野から外野の行き来は自由。内野から外野に行くときに手にスタンプを押してもらいます。内野でゆっくりプレーを観て、外野でひとしきり応援なんてのもいいかも。 
食べ物
(値段は作者の記憶なので必ずしも正確ではありません)

 お菓子と軽食がメインですが、一塁側内野席裏には立ち食いうどん屋さんがあります。メニューは2種類。暖かいかけうどんと八丁味噌をかけたうどん(いわゆるジャージャー麺?)ともに3,000W(約300円)。沢庵もおいてあるのでセルフサービスでつけあわせに食べられます。ごく普通の味なので、韓国っぽい事を期待しないように。
 その他軽食はバーガーキングとケンタッキー。バーガーキングのセット:3,700W(約370円) チキン4P:6,400W(約640円)
 ビールはもちろんOB(ベア-ズは昔OBベア-ズといいました)。カップいっぱいに入れて(泡がない!)3,000W。 おつまみ系ではつくねみたいな棒:1,500W、チーカマ:1,000Wでした。チーカマには何故か相撲取りのイラストが(笑)。

 販売はお店メインで、売り子さんはほとんど来ません。たまに思い出したようにおばさまが、お菓子をカゴに入れて歩いてきます。飲んだり食べたりするなら、自分で買いに行ったほうが早いです。
 
周辺


 オリンピックスタジアムはすぐ裏。
チームグッズを買いたいなら・・・
総合運動場というだけあって、すぐ後ろにはオリンピックスタジアム。横には体育館らしきものもありました。
 スタジアムの周りには、ケンタッキー、バーガーキング、コンビニ(LG)があります。
 地下鉄を出てすぐにスタジアムショップがあって、韓国プロ野球グッズが品数豊富に売っています。
 ベアーズやツインズのオフィシャルショップは地下鉄を出て、スタジアム沿いに左側へ周りましょう。2件並んであります。 
キャラクター/イベント

 5回裏終了時のグラウンド整備のときは
仲良く?軽い練習。買出しに行くチャンス!
 ベアーズのキャラクターはそのまま「熊」だけど着ぐるみなどはいませんでした。チアガールに気が行ってそれどころではないか?
 大人は(男の人は?)チアガールは楽しいけど、子供にとってはくまさんが手を振ってくれる方のがいいのでは。
 家族連れ向けの抽選会もあるようでしたが・・・。

 イベントと呼ぶには失礼ですが、ゲーム前には国家吹奏。敬意を表し脱帽起立はするようにしましょう(写真とっている場合ではない!)。
 5回裏終了時にはグラウンド整備。両チーム控えの選手も出てきて軽く練習。結構時間がかかるので、買出しにはもってこい。