ORIOLE PARK
at CAMDEN YARDS
オリオールパーク 
アット カムデンヤード
MLB ボルチモア オリオールズのホームスタジアム
アクセス

ゲート前では”ベーブルース像”がお出迎え。ただ喜んで写真を撮っているのは僕らだけであった。(現地の人は回りに座ってしまって、待ち合わせ場所のようになっていた)
ワシントンD.Cのユニオン駅よりアムトラック/メトロライナー(多分、特急)で30分ぐらいのボルチモア駅下車、隣接する路面電車(LightRail)のPennStaition(ペンステーション)より15分ぐらい。CamdenYard駅下車、目の前。LightRailはかなり頻繁に走っているように感じますが、なにぶん”路面”なので時刻表どおりにはいかないようです。
 私はボルチモア泊だったので、こんな風に行ったのですが、ワシントンで宿泊する人はスタジアム前まで直通の”特別列車”があるとの事なので調べてみるといいかもしれません。
(時間、行き方等は必ず自分で確認してください。)
特徴&気候
 「’90年代に建設された、流行のOLD/NEWのスタジアム」とのうわさ通り、新しいながらも「これぞアメリカ!」を感じるスタジアムでした。黄昏にそまるバックスクリーンなんてちょっと感動物です(これでチームが強ければ・・・・)。
 もちろんスタンドも大きめなイスでとても観やすかった。また案内係の”オヤジ”たちも終始にこやか。対応もバッチリ。
  トイレやレストランなどの付帯設備も十分。特にグッズショップは”レンガ造りのビル”の1Fにかなり充実したものがあります。
 MLBをよく知らない人でも(”安心して?”)楽しめるのスタジアムではないでしょうか。

 9月初旬でけっこう寒い。特に日が落ちてからは半袖ではきつい。準備していきましょう。
案内係の”オヤジ”達。対応も素晴らしく、ユニフォームもばっちりキマッテいる。また快く写真を撮らせてくれました。ありがとうございます。
応援

「TAKE ME〜」は”応援”ではありません。念のため・・・
 MLB定番の応援(?)といえば「TAKE ME OUT TO THE BALLGAME」を思い浮かべる人も多いかと思います。7回表が終わると、間髪入れず観客が立ちあがり”TAKE ME〜”が始まってしまいます。 あらかじめ歌詞カードなど用意して一緒に歌いたいものです。
 「メジャーリーグ ベースボール スーパーガイド」(2000年版 実業之日本社 刊)の巻末に掲載されている歌詞カードは秀逸。 
観客席 

本当に”近い”スタンドとグラウンド。
 なるほど、テレビで見たとおり、内野にはネットがない。すぐそこで、話しかけられるような位置でメジャーリーガーがプレーする。
 ”芝のにおい”,”プレーの躍動”を無粋なネットでさえぎられる事なく感じられるのはすばらしいことでしょう。
 実際に観た席は2階席だけれどもゲーム前までは最前列にも入っていける。練習とはいえプレーヤーとは間近に接することが出来ます。

 席は広く、一見きれいに見えますが、アメリカの方々はピーナッツの殻は下に落とすものとなっているらしく、足元は”殻”だらけ。歩くとサクサク音がします。(誤解があったらゴメンナサイ)まぁそれほどまでにピーナッツは観戦には欠かせない”スナック”のようです。
スタンド裏では”マスコット”の””君も 大活躍だ!
食べ物(値段は作者の記憶なので必ずしも正確ではありません

肉がはみ出ようが関係ナシ。量が勝負ダ!
 レストランもありますが、なんといってもバーベキュー(BBQ)。ライトスタンド奥の”レンガ造りのビル”の下では”これでもか!”といわんばかりにBBQの”におい”と”煙”がたちこめます。これがたまらなくおいしそう。写真はハンバーガーのようだが、まるで別物。とにかく肉を重ねて"のせるだけのせる"といった感じでした。(たしかビーフで$7.5だったような・・・他にポークとチキンあり。ビールは$6.75) 
ちなみに味は・・・かなり大味でした。
周辺

オリオールズ博物館(ベーブルースの生家
 観光名所の”インナーハーバー”は徒歩圏内(15分くらい)。真後ろに”PSIネットスタジアム”(NFL レイバンズのホーム)。
 またインナーハーバーとは逆方向にベーブルース博物館(オリオールズ博物館)があります(徒歩5分)。鉄人”リプケン”コーナーには東洋の鉄人”衣笠”の記事もあり爆笑!
チケット

クラブボックスからの観戦。日本だと”内野自由席”にあたる位置だけど、市販の券の中では一番高いチケットなのだ。(クラブボックスにもいろいろありそうだけど・・・・)
 インターネットより”チケットマスター”で予約。当日は入場ゲート横の”券売所”で「チケットマスターの予約画面のプリントアウトしたもの」と、「クレジットカード」「身分証明書(パスポート)」を提示すればすぐに発券してくれます。

 予約したのは2階の「クラブボックスシート」。少し遠めだけど、「クラブボックス専用トイレ」や「カウンターバー」、「食べ物のデリバリオーダ」もできる贅沢席。海外旅行が初めての人にはいいかもしれません(スタンドの”ノリ”や”雰囲気”は一般席と変わりません)。$80/2枚(手数料込み 2000年シーズン)

 シーズン終盤で”オリオールズ”はプレーオフの可能性もなかったので、比較的楽に手配できました。でも当日は満員だったので早めの予約を勧めます。(もっとも、対戦相手は優勝争いをしている”マリナーズ”[大魔人,佐々木付き!]なので混んでいたのかもしれない?)