埼玉スタジアム2002
アクセス
 渋谷から:地下鉄銀座線の一番後ろに乗って、溜池山王(タメイケサンノウ)下車(10分弱)、南北線(埼玉高速鉄道直通)に乗り換え1時間弱浦和美園(ウラワミソノ)駅下車(690円)。浦和美園駅はまさしく埼スタ専用駅(地元の方スミマセン!)なので、スタジアムへつづく道(スタジアムへ行くようにできています)をひたすら歩い15分。カックイイー!シルエットのスタジアムが見えてきます。

 南北線は埼玉高速鉄道のほか東急目黒線とも直通なので、武蔵小杉駅(等々力競技場があるところ)から目黒線に乗って始発〜終点で1時間20分コースもあります。
 東武春日部駅などから直通バスもあるのですが、混雑の激しい周辺道路事情なのでおまりおススメはできません。もちろん車もね。
 行きがけにコンビニ等は見当たらず(2002年3月時点)、露店は何件か出ています。中の売店は充実しているので、それほど困る事はないでしょう。
特徴
 Jリーグ 浦和レッドダイヤモンズのホームスタジアムサッカー専用で開発当初から6万人オーバーを前提に建設されたスゴイヤツ。芝の問題等(芝がはがれる!)は言われますが、それがいずれ解決したら「日本最高のスタジアムの一つ」といわれるのでは?(まだ1回しか行っていないので・・・・不安はありますが)。シートの大きさ、観やすさ、グランドとのダイレクト感、ボランティアの対応、サポーターの熱気、スタンド内の装飾、売店の多さなどなど、ほとんど不備を感じませんでした。半月型の屋根をもつ造詣もとてもカッコイイ。 ”埼玉でWカップ決勝”も悪くはなかったかも・・・。
応援
 言わずと知れた「レッズファン」。相変わらずのパワーを放ちスゴイ!ゲートフラッグを立てて応援するパターンが定着しています。
 紙ふぶきの代りに、ビニール紐をプラスティックリングに結んで、それを投げる応援を試みていましたが、投げるタイミングが分からないのと、投げた後がややみすぼらしいかったです。 
ゲートフラッグ:のぼりのような応援旗/ヨーロッパのサッカーシーンではメジャーな応援方法との事(kohさんより情報を頂きました。ありがとうございます)
観客席

 さすがにサッカー専用スタジアム。全席種ピッチに向かって弧を描いて観やすい。屋根はスタンド外にも突き出していて、後ろから吹き込まれるようなことはなさそう。ただし、1Fの前の方や自由席は屋根の適用外なので注意。
 椅子はやや大きめ。不自由は感じない程度。前席との間はゆったり目で通りやすいです。
 1Fのフロアは混雑しているので、トイレや移動は1F席上段の通路を使う事をおススメします。売店もこちらの方が空いています。
 
食べ物(値段は作者の記憶なので必ずしも正確ではありません)
売店の多さは他スタジアムを圧倒。特に1Fフロアは丸々1周売店が立っています。 目に付くのは「レッズイレベン弁当(写真中)」800円。その名の通り11種類のおかず入り。ちょっと安易か?
 写真下は「サラダランチBOX」600円。うなぎとチキンの2種類。このあたりうなぎも取れるようです?

 もう少しライトに食べたいならば、ホーム側自由席の裏のパン屋さん。種類は豊富。しかもおいしそう。カレーパン(写真上)150円、コロッケパン200円。 その他、おこわ弁当500円、コーラ200円、生ビール500円、売り子さんのビール400円(缶)
 スタジアム外の露店の焼き鳥や、お好み焼きは500円平均でした。
 このスタジアム、ペットボトルは持ちこみ禁止。外で慌てて買わないほうがよいかも。
周辺
 見事なまでになにもありません。ただ公園としての機能はあるので待ち合わせなどは、スタジアム前の広場がイイでしょう。ボール蹴っているグループもいました。
 注意:このスタジアムは2重ゲートになっていて、最初に荷物チェックゲートがあり、チケットゲートとなります。入場してから荷物ゲートの外の人にチケットを渡すのは大変困難です(多分できないのでは?)。待ち合わせは必ずスタジアム前の広場で行いましょう。
キャラクター
 精悍な顔つきの「レディア」。ガールフレンドは「フレンディア」というそうです。
*レッズでは「スタジアムの雰囲気はサポーターがつくるもの」とのスタンスより、マスコットによる応援は行ってないそうです。ナルホド!(こちらの情報もkohより寄せられました。ありがとうございます。)
 キャラクターではありませんが、スタンド各所に配置されているボランティアの方。かなり応対が良好。分からなかったら緑のベストのボランティアに聞いてみよう!