横浜スタジアム
アクセス
 JR京浜東北線・関内駅下車。大船よりの改札を出て徒歩1分、目の前。横浜市営地下鉄、 関内駅よりは徒歩3分。JR横浜より、地下鉄でYMCAビル近く、中華街方面それぞれコンビニがあります。
特徴
 ▽(三角)の照明灯がひときわ目立つ。さして広くはないけれど、高い外野フェンスが威厳 (?)を保つ。スタンドが行われるゲームによって動くが1回しか見たことない。
 横浜の花火が行われるときは、球場から見えます。人はすごいけどね。
 球場の特徴ではないけれど、モノの投げ込みは極めて少ない。’97年、雨のヤクルト戦で、投げ 込まれたごみ等を選手が拾って、試合再開にこぎつけた事に始まっていると記憶している。これからも「投げ込みのない球場」 であり続けなければならない。
観客席
  急な角度の後方座席はとても観やすい。しかし、前の方は、角度がない上に、ギュウギュウ 詰なので、ほとんど見れない状態。せっかっく高い指定料金を払ってもこれじゃあしょうがない。 指定でアルファベットの段は要注意。少々観にくいのを覚悟で!(トイレや買出しも試合前にすま せましょう)
 屋根はまったくないので、デーゲーム時は1塁側に直射日光があたります。暑い日や、肌の弱い人 は3塁側が良いでしょう。スタンド自らの影で日陰になります。
食べ物 (値段は作者の記憶なので必ずしも正確ではありません)
 やはり1塁側で売っている崎陽軒のシュウマイでしょう。あっためてくれるのでホカホカが食 べられます。駅前で売っている崎陽軒シュウマイ(510円)も手軽で良いですよ。(さすがはさめてもおいしい崎陽軒)
 特筆すべきは3塁側一番外野側の売店で売っている「缶みかんカキ氷」。これはウマイ!! 夏はこれを食べなけりゃイカン!!(昔は1塁側にあったんだけどなぁ)
 3塁側のケンタッキーでは街のケンタでは見かけなくなった「チキンチップス」(250円)が売 っています。コショウが利いててビールに最適。
 ビールは缶ビール(480円)。エビスだけ510円。名物の売り子の兄ちゃん(アサヒ)もいて、全体に元気が良い。 サッポロのバンダナ兄ちゃんもがんばっている。
周辺
関内や元町、中華街、横浜港、MM21などなど、徒歩圏内に良いのロケーションをもつ素敵な球 場。デートに最適!!
 球場の周りは公園なのだけど、白土なのでちょっと埃っぽい。5月にはチューリップも咲いてきれいなだけに、何とかして欲しいも のだ。
キャラクター
 ホッシ―(巨大)、ホッシーナ(女)、ホッシーゾ(男)のトリオ。ホッシーゾは名前は悪いが、試合前のとんぼ返りは人気のお約束。最近ホッシ―もでんぐり返し(?)をするようになった。ホッシ―パンチなる定番応援グッズもある。