3.三鷹駅(東京都三鷹市)
    〜多摩湖・狭山湖(東京都東大和市・埼玉県所沢市)
  多摩湖自転車道コース

コースマップ← 地図はこちらをクリック。

 このコースは、1.2のコースと違って走ることに重点が置かれています。コースとしてのバリエーションとしてはロードレーサーのような舗装道を走るのに適したコース、完全なオフロードコースが選べます。今回のコースガイドとしては、私自身がMTBに乗っているのもあるのでオフロードを含むコースで案内します。
 スポットガイドとして見に行くような場所はどうしても少ないですが、東京の東西を結ぶサイクリングロードの一つとしてこの道を利用することにより、行動範囲が非常に広がります。長距離を走る人にとっては幹線道路を利用して走るほうが距離を稼ぎやすいけれども、家族連れや初心者には車道を長距離走るのは勧められませんから。

三鷹駅北口 スタート地点。
 三鷹駅北口から西へ向かいます。左手には玉川上水のせせらぎがあります。この玉川上水脇を上流に進むコースもありますが、そちらはまとまり次第案内しようと思います。
けやき橋交差点  最初の交差点が写真のような場所になります。ここを右に曲がり400mほど進むと中央通りの交差点がありますのでここを左に曲がります。しばらく進むと左手に浄水場の敷地が見えますので、そのまま進みます。
関前5丁目交差点 スタート地点から約2.4km。
 しばらく進むと関前5丁目の交差点に出ます。五日市街道の向こう側から自転車道がスタートします。
自転車道  自転車道に入ると写真のような道が続きます。ここからは道に迷うようなことはほとんどないので、気軽に走りましょう。ただし、自転車道はところどころで車道が横切っていて、信号や車両進入防止の柵があり、歩行者もいるのでスピードを出しすぎないように。
 スタート地点から約6.7kmの地点右側に「小平ふるさと村」があります。
小平駅前 スタート地点から約7.9km。
 小平駅の手前で自転車道が写真のようにいったん切れてしまいます。が、コースはそのまままっすぐ進めば元の自転車道に戻ります。
 コースはそのまま自転車道を進み、自転車道中央に刻まれている距離が10kmになると「狭山自然公園」の下の交差点に着きます。
狭山自然公園下交差点 スタート地点から約12.5km。
 自転車道の直線部分が「狭山自然公園」の下の交差点で終わり、いよいよ湖回りの周回道のコースとなります。まずは公園脇の上り坂を上っていきます。
狭山自然公園入口 スタート地点から約12.7km。
 上り坂の中腹に「狭山自然公園」の入り口が写真のようにありますが、そのまま坂を上ります。公園内を「西武遊園地」側へ抜けてもいいですが、オフロードの登りになります。
狭山自然公園駐車場 スタート地点から約13.2km。
 坂を上りきった所に駐車場とトイレが右手にあります。ロードレーサーの人が練習で来るときはこの駐車場まで車で来て走りに来ている人が多いですね。
 ここから先が非常に長いので、ここで一休みしてから走り始めてもいいと思います。
多摩湖脇堤 スタート地点から約13.4km。
 左手に多摩湖をを眺めながら走ります。この道がきちんとした舗装ではないのでロードレーサーの人は「狭山自然公園」の東側の道路を通ってください。天気が良ければここからの湖の眺めは非常にきれいなので、じっくりと眺めるのもいいと思います。
10 狭山自然公園から自転車道へ スタート地点から約14km。
 先述の道をまっすぐ進み、公園内を抜けると写真のように自転車道が見えてきます。ここをまっすぐ進みます。
 自転車道に入ったところで右手に「西武遊園地」が見えます。
11 多摩湖周回自転車道  自転車道に入ると、信号もなくスピードも出しやすくなりますが、通行人もたまにいますのでそのあたりは注意して走ってください。
 最初は右手に西武山口線やゴルフ場、そして「西武ドーム」「狭山スキー場」が見えてきますとコースが左手に曲がりながら下り坂になり、その先が2つに分かれていて左手の上り坂の方を進みます。ちなみに右手を下ると多摩湖を南北に分ける車道にいきますので、距離を走りたくなければこちらを通って対岸の自転車道に戻って湖を小回りするコースもあります。
12 多摩湖周回自転車道橋 スタート地点から約16.6km。
 先ほどの分かれ道を左手に行くと写真のように橋が見えます。ここから先ほどの多摩湖を南北に分ける車道がよく見えます。コースはそのまま道なりに進んでいきます。
13 狭山湖への道 スタート地点から約17.2km。
 橋から約600mほど進みますと自転車道から右手に渡る横断歩道がありますので、こちらに向かいます。ただし、脚力にある程度自信がなければ自転車道をそのまま進む標準的なコースをとった方がいいと思います。これから先は結構アップダウンのあるオフロードが続きますので。
 車道の脇に未舗装の歩道があるのでこちらを通ってもいいですし、車道を走る場合は脇の側溝が口を開けたままなので十分注意して走ってください。
14 狭山自然公園への道 スタート地点から約17.7km。
 しばらく進むと正面に「狭山自然公園」(狭山湖側)の入り口があります。(入り口が2カ所ありますが右側です。左側は管理事務所の入り口なので。)
 入り口を入るとオフロードになります。そのまま進んでいくと山口貯水池を望む堤が見えてきます。
15 狭山湖堤迂回道 スタート地点から約18km。
 左手に山口貯水池うぃ見ながら堤上の道をまっすぐ進んでいき、堤がなくなってからも道なりにまっすぐ進んでいきます。
 また、湖と反対側の土手には遊歩道があるのでアップダウンが好きな人はこちらに迂回してみてはいかがでしょうか。
16 狭山湖周回道入口 スタート地点から約19km。
 迂回路を進んでいくと公園を抜けて写真のような場所で車道に出ます。車道を左手に進んですぐにコンビニとトイレがあります。ここで休憩と水分補給をすませたら、この先は結構きついので覚悟を決めて走りましょう。
 また、コースとは違ってウォーキングコースもあるみたいなので、そちらも自転車で通れたらこちらでレポートしてみたいと思います。
17 狭山湖周回道1  コースとしては左手に湖に入れないように柵があり、分かれ道があっても左手に曲がって進んでください。そうすれば道には迷いませんから。ただし、数カ所コース外で左手に入れるところがありますが、実際には車止めの柵があり進入禁止になっているので、そこには入らないようにしてください。
そして、コースは舗装道から砂利道へと変わっていきます。
 また先にお断りしておきますが、添付した地図もそうなのですが狭山湖の西から南側にかけてのコースの詳細ルートが正確ではないと思います。というのも地図に道が載っていない為です。また、コースの距離も地図から拾っているので多少の誤差はあると思います。
18 狭山湖周回道2  コースは写真のようにだんだんと道が狭くなり、アップダウンも繰り返し、木が生い茂って道が暗くなってきます。雨が降った後は水たまりがなかなか乾かないので、泥はねがひどいので服装には注意しましょう。本当にたまに車が道幅いっぱいに走ってくることがありますので、そのときは注意しましょう。
 また、走っているうちに道に迷っているような気分になるかもしれませんが先ほど言った通りに左に曲がるようにすれば問題ありませんからひたすら走ってください。
 また、狭山湖北側のルートの北側に「さいたま緑の森博物館」の案内図(博物館といっても建物があるわけでなく、緑地帯になっているだけです。)がありますので、自転車を降りて散策してもいいと思います。(自転車は進入禁止です。)
19 分岐路 スタート地点から約24.3km。
 急に舗装道になると、写真のような分かれ道が見えてきますので、ここを左手に曲がります。
20 六道山公園の塔  少し進むと写真のような「六道山公園」の塔が見えます。この塔の上が展望台になっていますので、お暇な人はどうぞ登って眺めてください。
 コースはこの塔を右手に見ながら道を進むと、再び砂利道になっています。
 少し進んでいくと、コース脇に2カ所(だと思った)トイレがあります。このあたりが「野山北公園」になります。つい最近まで工事していて3/26にオープンになったばかりです。
 (まだ、ここのスポットガイドがないのは、行ったときがオープン直前の為です。そのうちレポートを書きます。ちなみに正式名称は「都立野山北・六道山公園」で、都立最大の都市公園とパンフに書いてありました。)
21 給食センター脇 スタート地点から約25.2km。
 コースを進むと、下りがしばらく続いた後、右手に「給食センター」が見えたらオフロードのコースが終わり車道が見えます。(写真は車道側から見たところです。)
 で、通常の自転車道に戻りたい場合は、車道に出たところを左に曲がってしばらく進むと車道の反対側に自転車道が見えますので、そちらを走ってください。
 で、コースガイドとしてはあえて戻らずに、車道の出たところを右に曲がって下っていきます。
22 武蔵村山市立歴史民族資料館 スタート地点から約25.4km。
 少し進むと右手に「武蔵村山市立歴史民族資料館」があります。また、その手前に「かたくりの湯」と温泉スタンドがあります。このあたりの散策をしたいのなら、この資料館にこの付近の散策コースのパンフがあるのでそちらを利用してみてはいかがでしょう。
23 横田トンネル スタート地点から約25.8km。
 道路沿いにしばらく進むと、左手に「横田トンネル」と看板が掛かっている小さなトンネルがありますので、この中を進んでいきます。もともと「横田トンネル」は、昭和初期に山口貯水池建設のため(堰堤建設用の砂利運搬)に作られた軽便鉄道の路線後で、大きなトロッコを引っ張るドイツ製のディーゼル機関車が走っていたらしいです。
 
24 赤堀トンネル スタート地点から約26km。
 「横田トンネル」を抜けると「赤堀トンネル」が見えてきますのでそのまま進みます。
25 御岳トンネル スタート地点から約26.2km。
 「赤堀トンネル」を抜けると「御岳トンネル」が見えてきますのでそのまま進みます。
26 赤坂トンネル スタート地点から約26.5km。
 「御岳トンネル」を抜けてしばらくすると車道があり、左手に番太池という池があります。ここを左に曲がって行くと正面に「赤坂トンネル」があります。(写真のようになっています。)
 「赤坂トンネル」を通らず、その手前で左に曲がって番太池を回りこむように進みます。道はオフロードになり、少し坂を上るとT字路にぶつかります。
 ちなみに「赤坂トンネル」の向こうは先に進める道はないみたいなので行かない方がいいと思います。(自転車を担いで山越えという手はあるかもしれませんけど、けもの道すら見あたらなかったので・・・。)
27 かぶと橋手前 スタート地点から約26.9km。
 先ほどのT字路の右手を見ますと写真のように階段が見えますので、ここを登っていきます。
28 かぶと橋 スタート地点から約27.3km。
 道なりに進んでいきますと正面にかぶと橋がありますので、その橋を渡って進みます。橋の上には巨大なカブトムシのオブジェが向かい合わせに載っていますので、すぐ分かると思います。
29 かぶと橋先自転車道へ  かぶと橋を渡ってしばらく進むと、写真のように車道に出ます。その車道の向こう側に公園みたいな休憩所がありその隣が自転車道になっていますので、車道を渡って自転車道に戻り右に曲がります。
 (そういえば何でこの車道に横断歩道の塗装がないんでしょうかね?)
30 陸橋分岐点 スタート地点から約29.6km。
 自転車道に戻って快調(?)に進んでいくと、写真のように道が上下に分かれる分岐道がありますのでここは左手の上に上がる道を進みます。
 ちなみに下の道を行くと多摩湖を南北に分ける道に行きます。
31 陸橋  そのまま進むと多摩湖を南北に分ける道の上にかかる橋を渡りますので、そのまままっすぐ進みます。
32 東大和市立郷土博物館  さきほどの橋から約1.3kmほど自転車道を進むと狭山緑地が終わったところに右手に「東大和市立郷土博物館」への案内板があると思いますので博物館を見に行きたい方はこちらを下ってください。別に興味ない人や走り込みたい人はこの項目は読み飛ばしてください。
 で道を500mほど下っていくと右手に「東大和市立郷土博物館」が見えてきます。プラネタリウムの円形ドームがあるのですぐ分かると思います。
 見学し終わりましたら、元来た道を上っていき自転車道に戻ります。
33 狭山自然公園駐車場  自転車道を進んでいくと8の項目の駐車場に戻ってきます。
 以上全行程33.6km。
そして、帰りは西武線の武蔵大和駅や他の西武線の駅がコースのそばにありますのでそちらから帰るか、スタート地点の三鷹駅まで戻ってもいいでしょう。