1.都立水元公園

 水元公園は小合溜に沿ってつくられた都内で唯一の水郷の景観をもった公園です。小合溜から引かれた大小の水路が園内を走り、ポプラ並木やメタセコイヤの森、ハンノキなど水辺に強い植物が水郷景観をつくり出しています。それと同時に、約10万m2の広さを持つ芝生広場では、大きな空が広がり、ポプラ並木とともに北海道のような景観を楽しませてくれます。

<私個人的な公園の感想>
 公園は植物と鳥の観察が好きな人には見所があるだけでなく、公園としての広場という意味でも中央広場が非常に広し、近くには釣り堀もあり、日曜日には露店が数店出ていたりもしていますので、人が集まりやすい公園というイメージがあります。個人的には、春になると公園脇のさくら堤の桜が満開の後、桜吹雪のトンネルとなる様が非常に好きです。
 あと、バードサンクチュアリーの中にニワトリやウサギがいたのを覚えていますが、今もいるんでしょうか?


所在地   :葛飾区水元公園2〜8番
面積    :68.2ha(1996.6.1現在)
交通    :JR常磐線(千代田線直通)または京成線金町駅下車 
        南口バスターミナルから京成バス戸ヶ崎操車場行き水元公園下車徒歩7分
駐車台数 :1,133台
園内施設 :駐車場       03−3608−5194
        青年の家     03−3600−0245
        釣りの家(貸船) 03−3600−2757
問い合わせ先 水元公園管理事務所 03−3607−8321

 樹木現況一覧(1995.1現在)
  針葉樹     33種   3,800本
  落葉広葉樹 152種   8,100本
  常緑広葉樹  51種   7,000本
  株物      106種  61,800m2
  芝生地          149,300m2
  花菖蒲          111,200m2
  ポプラ              226本
  ハンノキ           1,380本
  ラクウショウ           380本
  メタセコイヤ         1,910本

1 はなしょうぶ園 はなしょうぶ園

園内に16カ所に100品種20万本のはなしょうぶが咲き競います。規模は都内最大。6月上旬から下旬にかけて、次々と花が開きます。
2 伝五郎の松 伝五郎の松

幹回りは3.3mあり、水元公園で一番大きな木です。
また、樹齢は200年以上といわれています。
3 ポプラ並木 ポプラ並木

高さ20mに達するポプラが約220本。大きな空を背景に、北海道に似た雄大な景観をつくっています。昭和48年から主要な園路を整備するごとに植えられてきました。水元公園の象徴として親しまれています。
4 メタセコイヤの森 メタセコイヤの森

生きている化石として知られるメタセコイヤが約2000本。都立公園としては最大規模の森です。
5 バードサンクチュアリーの観察舎 バードサンクチュアリー

自然の景観に近い水辺を鳥たちの聖域にしました。園内に3つの観察舎を設けています。
6 水生植物園 水生植物園

9つの池にスイレン、マコモ、ヒシ、ガマ、アシ、クワイなど9科、22種の水生植物が植えられています。
7 キャンプ場 キャンプ場

灌木に囲まれたキャンプエリアです。申込は少年を主体とした団体・グループで、大人の付き添いが必要です。
8 せせらぎ広場 せせらぎ広場

広々とした芝生広場を背景につくられた人造のせせらぎです。くるぶしくらいまでの浅瀬なので、安心して水遊びを楽しむことができます。
9 冒険広場 冒険広場

子供向けのフィールドアスレチックのセクションを設置。子供たちの冒険心を満たすスポーティーな広場です。
10 涼亭 涼亭

小合溜を望む景勝の地に建つ有料の集会施設です。休憩所も併設されており軽飲食を楽しむこともできます。
TEL 03−3600−2757
11 バーベキュー広場 バーベキュー広場

広大な中央広場を見渡せる6400m2の区域を時期・時間を限定して開放しております。
12 緑の相談所 緑の相談所

水元公園の自然を、わかりやすく展示したコーナーと、植物のことや、家庭園芸についての相談コーナーがあります。
相談時間 9:00〜12:00 13:00〜16:00
休館日 毎月曜日(月曜日が祝日のときは翌日)
TEL 03−3600−6417

13 かわせみの里 かわせみの里(水元小合溜水質浄化センター)

汚れてしまった河川水を浄化し、美しい水辺にするための施設のほかにセンター内のレクチャールームでは、水生植物、魚の観察ができる。
開館時間 9:00〜17:00
休館日 毎月曜日、第4日曜日、年末年始
TEL 03−3627−5201

14 水元大橋 水元大橋