1998年度横浜ベイスターズ

規定打席数270 *左打 +両打 P投手

打撃成績(イースタン・リーグ)
    氏名   試合数 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 四球 死球 三振 失策 打率
  ジョー古河 (横) 85 322 263 37 71 2 30 9 43 3 26 9 0.270
    長見 賢司 (横) 76 309 284 32 67 8 25 3 21 1 64 3 0.236
  宮内 洋 (横) 93 274 247 26 57 3 26 1 15 5 28 3 0.231
  宮川 一彦 (横) 80 279 216 36 49 7 25 2 44 6 32 10 0.227
  石井 義人 (横) 84 291 244 36 54 5 22 5 38 1 36 6 0.221
−規定打席数未満−
    万永 貴司 (横) 15 61 55 11 22 2 6 4 4 0 5 1 0.400
  荒井 幸雄 (横) 3 12 10 2 4 1 4 0 2 0 0 0 0.400
    畠山 準 (横) 9 37 31 5 12 1 10 0 6 0 4 0 0.387
    マラベ (横) 46 193 173 25 58 10 35 3 16 1 22 2 0.335
    中根 仁 (横) 5 15 9 3 3 0 1 0 5 0 3 0 0.333
    金村 康平 (横) 23 27 25 2 8 0 1 0 2 0 2 0 0.320
  新井 潔 (横) 64 162 134 19 38 4 17 0 13 2 22 6 0.284
    新沼 慎二 (横) 35 67 61 7 17 2 7 0 6 0 9 0 0.279
  松久保 新吾 (横) 81 247 195 35 52 8 41 2 39 9 47 1 0.267
    相川 亮二 (横) 83 265 242 17 60 1 20 2 15 1 22 8 0.248
    鶴岡 一成 (横) 49 60 57 5 13 0 3 0 2 0 15 2 0.228
    岸川 勝也 (横) 53 154 139 7 31 3 20 0 14 0 27 1 0.223
    山根 善伸 (横) 25 28 23 0 5 0 6 0 4 0 7 1 0.217
    川端 一彰 (横) 6 25 23 3 5 0 0 0 2 0 5 1 0.217
    川崎 義文 (横) 70 199 151 17 30 3 14 0 33 7 28 1 0.199
  加藤 謙如 (横) 57 145 116 7 23 1 14 0 18 1 27 1 0.198
  大野 貴洋 (横) 72 194 156 17 29 3 12 0 19 6 29 8 0.186
  田中 充 (横) 57 112 98 7 17 0 2 0 12 0 39 0 0.173
    杉山 俊介 (横) 30 44 38 3 6 2 3 0 5 1 16 1 0.158
    紀田 彰一 (横) 62 112 104 4 10 0 1 0 6 1 36 4 0.096
  井上 純 (横) 2 7 6 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0.000
  渡辺 伸彦 (横) 45 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1.000
  足利 豊 (横) 11 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1.000
  マホームズ (横) 20 9 8 1 4 0 1 0 1 0 2 0 0.500
  西澤 洋介 (横) 15 3 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0.500
  田中 敏昭 (横) 31 13 11 2 3 0 0 0 1 0 2 0 0.273
  細見 和史 (横) 36 13 12 2 3 1 2 0 1 0 4 0 0.250
斉藤 肇 (横) 26 5 5 1 1 0 1 1 0 0 1 0 0.200
  大家 友和 (横) 25 21 21 0 4 0 0 0 0 0 9 0 0.190
森中 聖雄 (横) 31 26 22 2 4 0 1 0 1 0 6 1 0.182
神田 大介 (横) 23 30 29 4 5 0 2 1 0 0 9 1 0.172
加藤 将斗 (横) 30 10 7 1 0 0 0 0 1 0 2 0 0.000
  米 正秀 (横) 13 6 4 0 0 0 0 0 1 0 3 1 0.000
  福盛 和男 (横) 5 6 6 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
  鈴木 健 (横) 15 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
  西 清孝 (横) 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
河原 隆一 (横) 11 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
  三浦 大輔 (横) 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
  五十嵐 英樹 (横) 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
関屋 智義 (横) 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  小桧山 雅仁 (横) 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  谷口 邦幸 (横) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
    チーム合計   100 3790 3233 376 768 67 352 33 392 45 594 73 0.238

 


規定投球回数80 *左投

投手成績(イースタン・リーグ)
  氏名   試合 勝利 敗戦 セーブ 投球回数   被安打 被本塁打 与四球 与死球 奪三振 失点 自責点 防御率
  大家 友和 (横) 25 7 8 2 126 +2/3 113 8 30 1 98 41 38 2.70
森中 聖雄 (横) 29 7 7 2 103   84 4 46 3 86 43 35 3.06
  田中 敏昭 (横) 31 3 3 2 84   88 4 34 4 43 40 35 3.75
  神田 大介 (横) 23 5 8 0 115 +2/3 135 7 40 3 59 69 54 4.20
  細見 和史 (横) 36 3 9 1 93 +1/3 98 9 44 2 69 58 52 5.01
−規定投球回数未満−
  五十嵐 英樹 (横) 5 0 0 2 6 +1/3 2 0 0 0 3 0 0 0.00
  西 清孝 (横) 5 1 1 2 7   7 0 1 0 6 2 0 0.00
  谷口 邦幸 (横) 1 0 0 0 1   1 0 0 0 1 0 0 0.00
  三浦 大輔 (横) 2 0 0 0 6   6 0 0 1 4 1 1 1.50
  渡辺 信彦 (横) 45 2 1 3 49 +2/3 42 2 22 4 31 16 11 1.99
  足利 豊 (横) 10 0 1 0 20 +1/3 14 1 5 2 17 5 5 2.21
  福盛 和男 (横) 5 0 1 0 16   15 0 5 1 6 7 6 3.38
河原 隆一 (横) 11 1 3 1 14 +2/3 9 1 3 2 11 6 6 3.68
  西澤 洋介 (横) 15 0 1 0 26 +1/3 24 4 5 0 12 11 11 3.76
  マホーズム (横) 19 2 5 5 50   38 2 36 0 50 30 26 4.68
加藤 将斗 (横) 30 4 1 3 51 +2/3 62 2 29 6 30 31 28 4.88
  斉藤 肇 (横) 22 1 5 0 49 +1/3 50 5 24 1 30 32 29 5.29
  鈴木 健 (横) 15 1 1 0 21   30 2 15 1 11 19 15 6.43
  関屋 智義 (横) 9 0 0 0 12   15 1 12 1 3 14 10 7.50
  米 正秀 (横) 13 0 4 0 26 +2/3 50 5 19 6 12 41 31 10.46
  小桧山 雅仁 (横) 5 0 0 0 4 +2/3 9 1 8 0 3 12 12 23.14
  チーム合計   100 37 59 23 885 +1/3 892 58 378 38 585 478 405 4.12

【1998年度横浜ベイスターズを振り返って・・・】

今期で7年連続Bクラスそれよりも深刻なのは、一軍を脅かす若手野手が育っていないこと。今年のチーム打率は.238とダントツの最下位と繋がりに欠ける打線であった。石井義人は規定打席に達したとはいえシーズン序盤のスランプが響き打率も.274から.221と期待が大きかっただけに残念だ。しかし守備の方は12失策が半分になるなど改善は見られた。同期の大野貴洋は同じく低打率に喘いだ。来期は持ち前の打撃で石井と共にファーム活性化に一肌脱いで貰いたい。加藤謙如の一本足打法は身に付かないのか。谷繁に続く捕手としては相川亮二がマスクを被る試合も多かった。来期以降の新沼慎二の成長も楽しみだ。紀田影一は今期もまた1割台の打率と低迷してしまった。ルーキーの年の黒潮リーグで連日の猛打賞からこれでプロのスイングに馴れたかと思わせたが、ここ何年かは横浜ファンも期待はずれであろう。奮起を期待。ベテランもオーダーに連ねることも多いが来期は若手中心のオーダーを組めるか。そしてどれだけ次世代の選手を作り上げられるか見物だ。

投手陣は森中聖雄神田大介と一軍にあと少しの選手もいる。1軍の抑え候補の横山道哉に追い付きたいところだ。6年目にして規定投球回数に達した田中敏昭も持ち球のシュートをどれだけ活かせるか。来期2年目となる谷口邦幸の登板も増えていくことだろう。


 
ページの作成者: 健一@管理人