1998年度近鉄バファローズ


規定打席数270 *左打 +両打 P投手

打撃成績(ウエスタン・リーグ)
    氏名   試合数 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 四球 死球 三振 失策 打率
  衣川 幸夫 (近) 78 271 233 32 82 10 39 2 30 4 31 4 0.352
  川口 憲史 (近) 88 299 258 46 78 6 38 6 25 8 33 8 0.302
    代田 建紀 (近) 77 304 238 40 67 0 19 27 42 2 51 1 0.282
    御船 英之 (近) 81 321 284 39 79 2 31 5 33 3 34 11 0.278
  善村 一仁 (近) 100 393 334 50 92 17 65 3 41 4 66 13 0.275
−規定打席数未満−
    藤立 次郎 (近) 1 2 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.500
    高嶋 龍 (近) 19 56 47 12 20 3 7 2 9 0 6 0 0.426
  大久保 秀昭 (近) 46 154 134 17 44 3 26 1 15 2 8 0 0.328
    高須 洋介 (近) 23 94 79 12 24 1 9 9 6 0 8 5 0.304
    吉岡 雄二 (近) 26 108 94 14 28 6 24 2 11 2 21 7 0.298
    (近) 60 210 178 34 50 8 36 3 29 2 38 2 0.281
  内匠 政博 (近) 63 192 157 26 42 0 13 9 24 4 15 0 0.268
    堀江 賢治 (近) 51 157 132 18 35 1 11 9 12 0 29 12 0.265
  下平 晃司 (近) 69 240 212 28 54 3 20 11 22 1 64 2 0.255
  大森 剛 (近) 1 4 4 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.250
    中嶋 輝士 (近) 53 80 73 8 17 4 18 0 5 2 12 0 0.233
    岩村 敬士 (近) 49 131 121 10 27 2 11 1 6 1 24 0 0.223
    市原 圭 (近) 23 70 63 5 14 0 4 2 5 0 6 0 0.222
    渕脇 芳行 (近) 72 213 178 27 38 7 28 1 25 6 45 10 0.213
    中濱 裕之 (近) 44 123 103 12 20 1 7 1 14 2 33 1 0.194
    森谷 昭仁 (近) 51 92 81 15 15 1 5 6 6 1 16 0 0.185
  森山 一人 (近) 44 93 77 7 14 3 8 1 8 3 20 0 0.182
    倉本 慎也 (近) 65 204 182 16 30 1 9 3 13 4 40 6 0.165
  山本 和範 (近) 2 8 5 2 0 0 1 0 2 1 0 0 0.000
香田 勲 (近) 4 3 2 2 1 0 1 0 1 0 1 0 0.500
  池上 誠一 (近) 16 2 2 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0.500
小池 秀郎 (近) 7 6 6 1 2 0 0 0 0 0 2 0 0.333
マットソン (近) 8 3 3 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0.333
  品田 操士 (近) 34 7 7 0 1 0 0 0 0 0 3 1 0.143
前川 克彦 (近) 19 12 8 0 0 0 0 0 2 0 6 0 0.000
  中川 隆治 (近) 17 6 5 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.000
  石毛 博史 (近) 12 6 6 0 0 0 0 0 0 0 3 1 0.000
  背尾 伊洋 (近) 8 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0.000
  レフトウィッチ (近) 11 4 4 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.000
谷内 聖樹 (近) 19 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0.000
  寺前 正雄 (近) 15 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0.000
  吉川 元浩 (近) 12 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ERR
真木 将樹 (近) 9 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 ERR
  ユウキ (近) 14 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0.000
  入来 智 (近) 17 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
西岡 洋 (近) 36 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  南 真一郎 (近) 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ERR
  浅野 伴治 (近) 29 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  田中 宏和 (近) 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 ERR
西川 慎一 (近) 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  酒井 弘樹 (近) 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  赤堀 元之 (近) 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
シャウス (近) 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  盛田 幸妃 (近) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
    チーム合計   100 3881 3320 474 878 79 430 104 387 52 622 96 0.264

 


規定投球回数80 *左投

投手成績(ウエスタン・リーグ)
  氏名   試合 勝利 敗戦 セーブ 投球回数   被安打 被本塁打 与四球 与死球 奪三振 失点 自責点 防御率
−規定投球回数未満−
  入来 智 (近) 17 0 0 6 28 +1/3 20 1 14 0 28 3 3 0.95
小池 秀郎 (近) 7 4 0 0 33   23 2 14 0 29 10 4 1.09
シャウス (近) 5 1 0 0 13   9 0 7 0 9 2 2 1.38
谷内 聖樹 (近) 19 1 2 0 34 +2/3 26 1 10 0 25 9 6 1.56
  南 真一郎 (近) 9 2 0 0 16 +2/3 14 2 5 0 14 6 4 2.16
西岡 洋 (近) 36 0 1 2 44 +1/3 38 2 13 3 33 18 11 2.23
  マットソン (近) 8 3 1 0 49   53 0 11 4 24 16 14 2.57
  レフトウィッチ (近) 11 7 1 0 72 +2/3 57 3 20 1 63 21 21 2.60
  石毛 博史 (近) 12 4 4 0 58   50 5 30 2 46 21 18 2.79
真木 将樹 (近) 9 3 2 0 47 +1/3 37 1 20 2 39 15 15 2.85
  ユウキ (近) 14 5 0 0 48 +1/3 47 1 23 0 29 19 16 2.98
  品田 操士 (近) 34 4 3 4 68   70 5 26 2 53 34 27 3.57
  香田 勲男 (近) 4 1 0 0 22   24 0 1 0 12 11 9 3.68
  中川 隆治 (近) 17 3 4 0 68 +2/3 73 4 22 3 14 36 29 3.80
  浅野 伴治 (近) 29 3 2 4 41 +2/3 34 5 27 1 24 23 20 4.32
  盛田 幸妃 (近) 1 0 0 0 2   3 0 2 0 2 1 1 4.50
  背尾 伊洋 (近) 8 0 0 0 20   21 3 11 0 12 14 11 4.95
  寺前 正雄 (近) 15 0 7 0 41 +1/3 44 5 19 7 21 33 26 5.66
  池上 誠一 (近) 16 1 3 0 24 +1/3 33 4 23 2 13 20 16 5.92
  吉川 元浩 (近) 12 0 5 0 24 +2/3 29 1 16 4 13 21 17 6.20
前川 克彦 (近) 19 1 7 0 65 +2/3 68 5 50 4 47 52 49 6.72
西川 慎一 (近) 3 0 2 0 7 +1/3 9 0 6 0 6 7 6 7.36
  赤堀 元之 (近) 11 0 2 0 18   23 2 7 1 13 17 17 8.50
  酒井 弘樹 (近) 3 0 1 0 10   14 1 4 0 12 10 10 9.00
  田中 宏和 (近) 10 0 1 0 18 +1/3 30 5 9 3 5 25 21 10.31
  チーム合計   100 43 48 16 877 +1/3 849 58 390 39 586 444 373 3.83

【1998年度近鉄バファローズを振り返って・・・】

シーズンを通して本来一軍で投げているであろう投手の調整と若手の伸び悩みと相まって投手陣は不本意であった。昨年ルーキーながら投球回数129回、6勝と2年目に期待された前川克彦は1勝7敗、コントロールも一イニングに約一個の四球と期待を大きく下回った。品田操士は1996年の序盤はローテーションを任され期待された時期もあったがここ2年は殻を破れない。特に停滞しているわけではないので秋季キャンプのフォーム改造をきっかけにできるか。その中で真木将樹はオープン戦でコントロールを乱し一軍を逃したが、2軍で自分を取り戻しオールスター前から一軍に定着し新人王に手がかかる成績を残した。ユウキは高卒ルーキーながら夏場から5勝負け無し、ストレートも140Kを越えカーブと併せて緩急の差を付けている。1999年から一軍の小林繁投手コーチが、二軍バッテリー総合コーチになったのは育成重視の方針なのだろう。

一方打撃陣は、6年目で首位打者を獲得した衣川幸夫。今までは2割5分前後だったが今期は変化球打ちに改善があったのだろう。川口憲史は1995年のルーキーの時から3割を打ち4年連続中心選手として確実にレベルアップした。来期は一軍に定着できるか。善村一仁は全試合出場し65打点でタイトルを獲得。長打力も持ち味だが5年目にして一桁HRも17本と倍増、あとは課題の守備力アップだ。代田建紀は即戦力を期待されただけに不本意かもしれないが、27盗塁と守備力は一軍でも戦力になるだろう。


 
ページの作成者: 健一@管理人