1998年度オリックスブルーウェーブ


規定打席数270 *左打 +両打 P投手

打撃成績(ウエスタン・リーグ)
    氏名   試合数 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 四球 死球 三振 失策 打率
  田中 雅興 (オ) 84 327 288 40 85 2 27 15 23 5 41 1 0.295
  嘉勢 敏弘 (オ) 74 285 229 43 67 2 15 7 43 6 56 2 0.293
  五島 裕二 (オ) 89 286 240 20 55 1 37 0 40 1 45 3 0.229
    萩原 淳 (オ) 90 300 247 31 49 0 19 4 41 2 80 14 0.198
−規定打席数未満−
  C・D (オ) 8 27 20 4 10 1 4 0 7 0 2 1 0.500
    プリアム (オ) 6 24 21 3 8 0 3 0 2 0 1 0 0.381
    小川 博文 (オ) 7 26 22 3 8 1 4 1 4 0 6 0 0.364
    三輪 隆 (オ) 21 79 70 6 24 0 9 1 5 0 8 0 0.343
  四条 稔 (オ) 66 199 175 18 55 2 22 1 23 0 35 2 0.314
  高田 誠 (オ) 28 66 59 8 18 0 8 0 4 0 10 2 0.305
  広永 益隆 (オ) 37 133 112 12 34 2 20 1 19 0 24 0 0.304
    松山 秀明 (オ) 39 122 100 14 29 1 12 3 14 1 19 2 0.290
    佐竹 学 (オ) 45 167 151 19 39 4 22 3 11 2 24 8 0.258
    福留 宏紀 (オ) 36 142 132 15 34 4 17 2 7 0 31 4 0.258
    高橋 智 (オ) 57 193 168 27 43 11 32 0 21 2 39 3 0.256
    山本 栄二 (オ) 75 225 204 19 52 3 16 2 11 1 42 3 0.255
    東 政敏 (オ) 25 37 29 4 7 0 5 0 4 1 10 2 0.241
    ボニチ (オ) 43 156 133 16 29 8 22 0 21 2 40 0 0.218
  日高 剛 (オ) 9 29 28 1 6 0 2 0 0 0 4 1 0.214
    杉本 尚文 (オ) 49 98 87 4 18 0 3 0 5 1 10 3 0.207
    今村 文昭 (オ) 56 83 72 10 14 0 2 0 5 3 13 7 0.194
    藤本 博史 (オ) 23 69 55 2 10 0 4 0 14 0 19 1 0.182
    塩崎 真 (オ) 34 112 89 7 16 0 9 2 13 1 15 3 0.180
  高橋 信夫 (オ) 40 93 80 11 14 0 2 3 10 2 20 0 0.175
    斎藤 秀光 (オ) 84 232 186 23 32 2 23 2 32 1 52 12 0.172
    西 芳弘 (オ) 67 93 80 16 13 3 9 10 9 0 29 2 0.163
    久保 充広 (オ) 23 35 34 3 5 1 4 0 1 0 12 0 0.147
    徳本 政敬 (オ) 40 50 45 2 2 0 2 0 4 1 13 0 0.044
  高橋 功一 (オ) 6 3 3 0 3 0 2 0 0 0 0 0 1.000
  平井 正史 (オ) 13 2 1 2 1 0 1 0 1 0 0 0 1.000
  小倉 恒 (オ) 23 2 2 1 1 0 0 0 0 0 1 1 0.500
  戎 信行 (オ) 19 11 11 3 5 0 0 0 0 0 2 0 0.455
  太田 敦士 (オ) 18 4 3 1 1 0 0 0 0 0 2 3 0.333
  木田 優夫 (オ) 3 4 4 1 1 0 0 0 0 0 1 0 0.250
  佐藤 義則 (オ) 10 11 8 0 0 0 0 0 1 0 4 0 0.000
  丸尾 英司 (オ) 24 8 8 0 0 0 1 0 0 0 6 0 0.000
  野田 浩司 (オ) 16 8 8 0 0 0 0 0 0 0 4 3 0.000
  牧野 塁 (オ) 17 7 5 0 0 0 0 0 0 0 4 1 0.000
  杉本 友 (オ) 8 6 5 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0.000
  栗山 聡 (オ) 17 5 3 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.000
キヨ (オ) 12 4 4 0 0 0 0 0 0 0 4 2 0.000
  フレーザー (オ) 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0.000
  豊田 次郎 (オ) 12 3 2 0 0 0 0 0 1 0 2 0 0.000
清原 雄一 (オ) 22 2 2 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0.000
  川崎 泰央 (オ) 7 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 ERR
ヒロ (オ) 19 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
金田 政彦 (オ) 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ERR
永田 能隆 (オ) 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  カズ (オ) 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
川口 知哉 (オ) 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
マーク (オ) 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  伊藤 隆偉 (オ) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  鈴木 平   1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
    チーム合計   100 3772 3228 389 788 48 358 57 397 32 739 89 0.244

規定投球回数80 *左投

投手成績(ウエスタン・リーグ)
  氏名   試合 勝利 敗戦 セーブ 投球回数   被安打 被本塁打 与死球 与死球 奪三振 失点 自責点 防御率
  丸尾 英司 (オ) 24 5 5 3 81 +1/3 71 3 30 9 54 31 22 2.43
  野田 浩司 (オ) 16 7 6 0 87 0 99 8 29 4 61 50 35 3.62
−規定投球回数未満−
  豊田 次郎 (オ) 12 1 1 4 22 +2/3 12 0 2 0 17 2 0 0.00
  カズ (オ) 9 1 0 1 11 0 5 0 4 0 11 0 0 0.00
  鈴木 平 (オ) 1 0 0 0 1 0 1 0 1 0 1 0 0 0.00
永田 能隆 (オ) 9 1 0 0 11 +1/3 4 0 8 0 15 2 1 0.79
  平井 正史 (オ) 13 0 1 5 21 0 19 0 1 1 16 2 2 0.86
清原 雄一 (オ) 22 2 0 2 20 0 13 1 10 0 16 4 4 1.80
  小倉 恒 (オ) 23 2 4 3 38 0 30 2 8 2 26 13 10 2.37
  戎 信行 (オ) 19 4 2 1 73 +1/3 66 3 26 3 34 25 24 2.95
  杉本 友 (オ) 7 1 2 0 45 +2/3 42 2 26 0 50 25 15 2.96
  高橋 功一 (オ) 6 2 1 0 35 0 29 6 16 2 27 15 14 3.60
  栗山 聡 (オ) 17 3 2 0 63 +2/3 51 3 34 5 44 29 26 3.68
キヨ (オ) 11 0 1 0 32 0 23 2 29 1 23 16 14 3.94
  フレーザー (オ) 4 1 2 1 22 0 25 3 2 2 11 10 10 4.09
  佐藤 義則 (オ) 10 3 5 0 55 +2/3 69 3 21 2 43 30 26 4.20
金田 政彦 (オ) 12 2 3 1 47 0 44 6 19 3 44 24 22 4.21
  木田 優夫 (オ) 3 2 0 1 16 0 16 1 5 0 15 8 8 4.50
  太田 敦士 (オ) 17 2 2 0 45 0 39 6 25 1 29 30 25 5.00
  伊藤 隆偉 (オ) 2 0 1 0 13 0 12 0 6 0 10 9 8 5.54
  牧野 塁 (オ) 17 3 5 0 71 +2/3 74 4 39 10 61 50 45 5.65
ヒロ (オ) 19 1 0 0 27 0 34 2 20 0 23 21 17 5.67
  川崎 泰央 (オ) 7 0 1 0 11 0 11 3 20 0 5 10 7 5.73
マーク (オ) 6 0 3 1 22 0 29 2 9 0 16 22 20 8.18
川口 知哉 (オ) 8 0 1 0 10 +1/3 14 2 12 1 7 13 10 8.71
  チーム合計   100 43 48 23 883 +2/3 832 62 402 46 659 441 365 3.72

【1998年度オリックスブルーウェーブを振り返って・・・】

一軍では前半不振が響いたのか投球回数を満たす投手がいなかった。それだけチャンスはあったのだが一軍に送り出す戦力がいなかったのは不本意だ。昨年最優秀防御率(防1.52)と最多勝(11勝)を獲得した丸尾英司は今年も殻を破れなかった。二軍では防2.43と見下して投げている。一軍で長年一線を張ってきた投手達もベテランの域に達しているだけに来期こそ一軍で戦力になりたい。金田政彦も昨年最高勝率をのこしたものの一軍の左腕不足を解消できなかった。同じく例年期待されている戎信行牧野塁といったところも期待に反した。話題のルーキー川口知哉は後半戦いつデビューするのかと春先言われていたが、フタを開ければ投球回数10回と1/3、防8.71とやはり計算通りにはいかなかった。しかも7月からは左手首を痛めピッチングすらできなかった。しかしこの間にフィジカル面での強化が出来た。体つきも一回り大きくなり顔付きも変わったように見え来期こそ後半戦に上でデビュー出来るか。

野手で目立ったのは田中雅興。3年目で初の規定打席にも到達し.295、チームトップの15盗塁と着実に成長している。五島裕二は一昨年からの打者転向も板に付きチーム一の37打点。打撃センスに定評はあるが、今後は確実性も兼ね備えるべきだ。嘉勢敏弘はルーキー時以来の規定打席到達。成績は常に3割に近い成績を残しており、一軍に一番近い存在である。


 
ページの作成者: 健一@管理人