1998年度広島東洋カープ


規定打席数270 *左打 +両打 P投手

打撃成績(ウエスタン・リーグ)
    氏名   試合数 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 四球 死球 三振 失策 打率
    高山 健一 (広) 68 287 258 40 86 8 38 3 23 1 27 3 0.333
    福地 和人 (広) 88 391 348 57 92 5 30 52 28 11 44 1 0.264
    玉木 朋孝 (広) 97 361 303 17 61 1 27 1 29 4 48 9 0.201
    兵動 秀治 (広) 100 334 296 25 59 2 19 4 23 4 55 10 0.199
−規定打席数未満−
  高 信二 (広) 37 142 121 17 39 0 15 3 14 1 6 7 0.322
    野々垣 武志 (広) 38 139 121 14 39 3 21 8 16 1 15 7 0.322
  木村 拓也 (広) 3 10 7 1 2 0 0 3 2 0 2 0 0.286
  ペレス (広) 2 7 7 0 2 0 0 0 0 0 0 1 0.286
  岩崎 智史 (広) 84 255 213 17 51 1 24 1 33 3 44 2 0.239
    ケサダ (広) 52 204 185 21 41 3 24 7 17 2 36 1 0.222
    倉 義和 (広) 42 108 91 7 19 0 6 3 12 2 20 2 0.209
    伊与田 一範 (広) 92 242 212 20 44 3 22 1 19 6 58 9 0.208
    福良 徹 (広) 69 224 198 19 39 2 11 8 14 4 45 0 0.197
    田村 恵 (広) 65 207 166 19 32 2 12 0 26 2 18 6 0.193
    小畑 幸司 (広) 9 18 16 0 3 0 0 0 1 1 4 0 0.188
    井上 煌千 (広) 97 261 224 14 39 1 21 0 21 4 43 5 0.174
    鈴衛 佑規 (広) 83 179 142 15 23 0 7 1 8 16 31 3 0.162
    青木 智史 (広) 72 135 122 12 18 0 3 2 10 2 27 2 0.148
    町田 康嗣郎 (広) 1 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 ERR
    西山 秀二 (広) 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  澤崎 俊和 (広) 8 8 7 0 4 0 5 0 1 0 0 1 0.571
池田 郁夫 (広) 17 5 4 0 2 0 0 0 1 0 1 0 0.500
若林 隆信 (広) 35 15 15 3 5 1 2 0 0 0 3 1 0.333
小早川 幸二 (広) 17 3 3 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0.333
  山根 雅仁 (広) 14 3 3 1 1 0 0 0 0 0 1 1 0.333
  グスマン (広) 18 3 3 0 1 0 0 0 0 0 2 2 0.333
  山崎 健 (広) 22 15 12 0 2 0 0 0 1 0 3 1 0.167
  黒田 博樹 (広) 9 10 8 0 1 0 1 0 2 0 2 0 0.125
  河野 昌人 (広) 27 9 8 1 1 0 1 0 0 0 5 2 0.125
嶋 重宣 (広) 30 13 11 1 1 0 0 0 1 1 3 0 0.091
田中 由基 (広) 23 13 12 1 1 0 0 0 0 0 6 1 0.083
菊地原 毅 (広) 32 16 15 1 1 0 0 0 0 0 4 0 0.067
  長谷川 昌幸 (広) 30 17 16 2 1 0 0 0 1 0 2 1 0.063
ペルドモ (広) 18 8 8 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  遠藤 竜志 (広) 32 6 6 0 0 0 0 0 0 0 5 0 0.000
富岡 久貴 (広) 23 5 5 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0.000
  紀藤 真琴 (広) 4 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
高橋 建 (広) 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
東瀬 耕太郎 (広) 11 3 3 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0.000
  高橋 英樹 (広) 10 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
吉年 滝徳 (広) 16 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  小林 敦司 (広) 38 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
清川 栄治 (広) 21 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0.000
  山田 勉 (広) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  玉木 重雄 (広) 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  山内 泰幸 (広) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  林 昌樹 (広) 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  橋本 啓 (広) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
    チーム合計   100 3673 3184 327 711 32 289 97 303 67 566 81 0.223

 


規定投球回数80 *左投

投手成績(ウエスタン・リーグ)
  氏名   試合 勝利 敗戦 セーブ 投球回数   被安打 被本塁打 与四球 与死球 奪三振 失点 自責点 防御率
菊地原 毅 (広) 32 3 4 3 82 +1/3 64 2 44 3 59 25 22 2.40
  長谷川 昌幸 (広) 30 6 8 0 102 +1/3 81 6 77 0 80 46 40 3.52
−規定投球回数未満−
  山田 勉 (広) 2 0 0 0 2 +2/3 1 0 0 0 1 0 0 0.00
  山内 泰幸 (広) 1 1 0 0 5 0 1 0 2 0 4 0 0 0.00
  橋本 啓 (広) 2 0 0 0 2 0 3 1 3 0 0 4 0 0.00
清川 栄治 (広) 21 0 0 1 18 0 9 0 2 1 17 3 2 1.00
高橋 建 (広) 2 1 0 0 8 +2/3 3 1 3 0 6 1 1 1.04
  ペルドモ (広) 16 1 1 0 24 +2/3 20 1 15 0 13 5 4 1.46
  山崎 健 (広) 19 3 2 2 69 +2/3 52 1 15 4 53 23 17 2.20
  紀藤 真琴 (広) 4 1 1 0 16 0 9 1 1 0 8 6 4 2.25
  玉木 重雄 (広) 3 0 0 0 3 +1/3 4 0 2 0 3 1 1 2.70
  河野 昌人 (広) 27 5 2 0 43 +2/3 37 0 23 2 29 17 14 2.89
田中 由基 (広) 23 3 1 5 68 0 48 4 38 2 60 25 22 2.91
  若林 隆信 (広) 33 4 4 5 78 +2/3 69 5 20 6 66 30 26 2.97
富岡 久貴 (広) 23 2 4 1 36 +2/3 19 3 22 1 38 16 14 3.44
  遠藤 竜志 (広) 31 1 5 1 55 +2/3 40 3 52 4 57 30 27 4.37
東瀬 耕太郎 (広) 11 2 2 0 14 +1/3 14 0 7 4 8 7 7 4.40
吉年 滝徳 (広) 14 0 0 0 17 +1/3 19 0 16 1 11 9 9 4.67
  グスマン (広) 18 0 4 0 32 +2/3 32 1 28 2 14 19 17 4.68
  黒田 博樹 (広) 9 3 3 0 43 0 38 4 23 0 34 25 23 4.81
  高橋 英樹 (広) 10 0 1 0 18 0 19 2 6 0 13 11 10 5.00
嶋 重宣 (広) 25 0 4 0 34 +1/3 47 2 29 2 22 24 23 6.03
  澤崎 俊和 (広) 6 2 3 0 26 +1/3 38 5 15 0 20 21 18 6.15
小早川 幸二 (広) 17 0 3 1 15 +2/3 16 0 27 2 12 12 11 6.32
  山根 雅仁 (広) 13 0 3 0 22 +2/3 23 2 21 1 13 17 17 6.75
  小林 敦司 (広) 37 0 2 0 29 0 38 1 20 6 20 30 25 7.76
  林 昌樹 (広) 4 0 0 0 4 +1/3 7 2 3 1 3 5 5 10.38
池田 郁夫 (広) 14 0 0 0 10 0 15 2 14 1 8 12 12 10.80
  チーム合計   100 38 57 19 885   766 49 528 43 672 424 371 3.77

【1998年度広島東洋カープを振り返って・・・】

二年連続の最下位に沈んだ。特に野手の選手数が足りず本来の守備位置以外に就くこともあった。育成の一部なのかも知れないが苦肉の策ともとれる。目立ったところでは福地和広が4年連続盗塁王しかも新記録の52盗塁とお馴染みの足を見せつけた。打撃に定評(今期も3割それ以前の年も2軍では3割は打っている)はあるが今一つ特徴のなかった高山健一は来期西武に移籍、チームは変われど活躍を願いたい。兵動秀治岩崎智史青木智史はルーキーとはいえチーム事情もあり兵動は100試合出場、岩崎、青木も規定打席には達しなかったが、それぞれ経験を積めたことだろう。その他にも若い選手が多々おり、どれだけの選手が練習の厳しさには定評のある広島二軍から巣立つことが出来るだろうか。

今年こそはと一軍定着を期待された長谷川昌幸は、一軍でわずか一試合一回を不甲斐ない投球を見せ相変わらずの制球の悪さを露呈した。大器だけに大きく成長して貰いたい。遠藤竜志も同じく制球に苦しんだ。フォームを固めてから一軍を目指したい。若林隆信はコンスタントな成績(4勝4敗5S、防2.97)を残したが野手に来期は再転向。高校時代から非凡な打撃を見せていた。そのための転向であるがこれを最後に出来るか。嶋重宣も同じく打者に転向。彼の長打力も見逃せない。山崎健田中由基は来期こそ一軍の戦力となれるか。そう時間は与えられない。


 
ページの作成者: 健一@管理人