1998年度読売ジャイアンツ

規定打席数270 *左打 +両打 P投手

打撃成績(イースタン・リーグ)
    氏名   試合数 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 四球 死球 三振 失策 打率
    佐藤 裕幸 (巨) 84 293 261 31 83 5 42 2 16 5 38 15 0.318
    佐々木 明義 (巨) 96 431 363 72 108 11 44 37 48 1 36 10 0.298
  斉藤 宜之 (巨) 85 357 315 50 92 4 35 12 35 2 21 7 0.292
    大野 倫 (巨) 97 408 360 46 102 9 60 7 37 3 47 2 0.283
    井上 真二 (巨) 85 297 253 29 61 6 39 4 39 1 46 5 0.241
−規定打席数未満−
    吉原 孝介 (巨) 6 19 18 3 9 0 5 0 1 0 0 0 0.500
  大森 剛 (巨) 28 117 91 15 36 2 17 1 26 0 6 1 0.396
  福王 昭仁 (巨) 20 52 43 8 17 1 15 0 8 1 4 0 0.395
  出口 雄大 (巨) 56 119 99 24 37 2 22 13 16 2 20 0 0.374
  緒方 耕一 (巨) 17 27 25 4 9 1 5 0 2 0 1 1 0.360
    川相 昌弘 (巨) 3 4 3 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0.333
  川中 基嗣 (巨) 77 255 215 42 68 3 19 16 24 8 19 5 0.316
    鈴木 尚広 (巨) 39 42 39 6 12 0 1 0 3 0 5 1 0.308
    堀田 一郎 (巨) 66 216 183 38 56 5 30 13 20 6 33 2 0.306
    柳沢 裕一 (巨) 36 88 66 10 20 0 9 1 15 2 11 0 0.303
  渡辺 政仁 (巨) 71 213 192 22 56 6 34 2 13 4 18 4 0.292
    福井 敬二 (巨) 63 132 118 19 34 2 14 1 8 3 17 3 0.288
    仁志 敏久 (巨) 2 9 7 2 2 0 0 2 2 0 1 1 0.286
    村田 善則 (巨) 62 195 172 25 49 7 28 1 15 3 22 0 0.285
    原 俊介 (巨) 26 54 45 8 12 2 9 0 7 1 6 0 0.267
    山田 真介 (巨) 56 178 150 22 39 1 11 6 14 8 22 13 0.260
    大野 和哉 (巨) 53 76 65 10 13 0 8 1 9 0 12 0 0.200
    杉山 直輝 (巨) 10 22 20 2 3 1 4 0 2 0 5 0 0.150
    吉村 将生 (巨) 16 7 7 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0.143
    小田 幸平 (巨) 59 109 94 4 13 0 6 1 10 0 18 2 0.138
    永池 們多 (巨) 2 8 4 2 0 0 0 1 4 0 1 0 0.000
    元木 大介 (巨) 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  田中 健太郎 (巨) 3 3 3 1 2 0 2 0 0 0 1 0 0.667
  三野 勝大 (巨) 5 4 4 1 2 0 1 0 0 0 1 1 0.500
  木村 龍治 (巨) 34 4 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0.250
  佐藤 充 (巨) 28 18 14 1 3 0 1 0 3 0 2 0 0.214
  織田 淳哉 (巨) 17 6 5 1 1 0 1 0 1 0 1 0 0.200
  榎 康弘 (巨) 20 21 16 1 3 0 0 0 1 0 4 2 0.188
大場 豊千 (巨) 15 16 16 0 3 0 2 0 0 0 4 2 0.188
平松 一宏 (巨) 6 12 9 0 1 0 0 0 1 0 6 1 0.111
  小林 聡 (巨) 26 12 9 1 1 0 0 0 0 0 2 1 0.111
  小野 仁 (巨) 14 26 20 0 0 0 1 0 4 0 13 1 0.000
  中村 善之 (巨) 24 13 9 0 0 0 0 0 1 0 6 4 0.000
岡島 秀樹 (巨) 11 8 7 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0.000
  西山 一宇 (巨) 6 8 7 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0.000
柏田 貴史 (巨) 39 3 3 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0.000
野村 貴仁 (巨) 8 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
門奈 哲寛 (巨) 8 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  槙原 寛己 (巨) 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
河野 博文 (巨) 15 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  南 真一郎 (巨) 14 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
  宇野 雅美 (巨) 6 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  岡田 展和 (巨) 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
川口 和久 (巨) 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  背尾 伊洋 (巨) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ERR
  入来 祐作 (巨) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  金石 昭人 (巨) 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  趙 成民 (巨) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
    チーム合計   100 3890 3342 504 950 68 466 121 386 50 456 88 0.284

 


規定投球回数80 *左投

投手成績(イースタン・リーグ)
  氏名   試合 勝利 敗戦 セーブ 投球回数   被安打 被本塁打 与四球 与死球 奪三振 失点 自責点 防御率
小野 仁 (巨) 14 6 3 0 85   63 6 41 3 100 31 28 2.96
  榎 康弘 (巨) 20 10 3 1 95   102 7 26 4 58 46 39 3.69
  佐藤 充 (巨) 28 4 6 2 84 +2/3 84 1 35 2 63 46 39 4.15
−規定投球回数未満−
  槙原 寛己 (巨) 1 0 0 0 4   2 0 2 0 6 0 0 0.00
  岡田 展和 (巨) 4 1 0 2 5   1 0 0 1 3 0 0 0.00
  入来 祐作 (巨) 1 0 0 0 2   0 0 1 0 2 0 0 0.00
川口 和久 (巨) 6 0 0 1 9   8 0 3 0 7 1 1 1.00
野村 貴仁 (巨) 8 0 0 0 18 +1/3 10 3 3 0 20 3 3 1.47
平松 一宏 (巨) 6 3 2 0 38 +2/3 34 1 6 0 32 12 7 1.63
  織田 淳哉 (巨) 14 2 0 0 21   14 3 9 1 16 5 4 1.71
  三野 勝大 (巨) 5 3 1 0 27 +1/3 23 1 19 0 15 13 6 1.98
柏田 貴史 (巨) 39 4 1 1 67 +1/3 55 3 22 1 43 22 17 2.27
岡島 秀樹 (巨) 11 3 4 0 54 +2/3 49 4 18 1 30 20 15 2.47
  金石 昭人 (巨) 8 3 0 0 13 +1/3 13 2 2 0 6 4 4 2.70
  木村 龍治 (巨) 34 4 2 9 46 +1/3 41 4 15 1 28 21 18 3.50
  小林 聡 (巨) 26 2 1 0 65 +2/3 54 7 39 1 42 35 28 3.84
  西山 一宇 (巨) 6 1 3 0 31   39 1 9 1 31 21 14 4.06
門奈 哲寛 (巨) 8 0 0 1 8 +1/3 7 0 7 1 9 7 4 4.32
河野 博文 (巨) 15 3 3 0 23 +2/3 25 2 10 1 17 13 12 4.56
  南 真一郎 (巨) 14 1 0 1 23 +1/3 32 1 7 0 18 14 12 4.63
大場 豊千 (巨) 15 3 4 0 65 +1/3 59 2 51 3 30 38 35 4.82
  中村 善之 (巨) 24 3 6 0 65 +1/3 72 10 45 2 45 49 44 6.06
  宇野 雅美 (巨) 6 1 1 0 8 +1/3 10 2 4 0 2 6 6 6.48
  背尾 伊洋 (巨) 2 0 1 0 5 +2/3 8 1 4 0 6 7 6 9.53
  趙 成民 (巨) 1 0 0 0 1   3 0 0 0 0 2 2 18.00
  チーム合計   100 57 41 18 869 +1/3 808 61 378 23 629 416 344 3.56

【1998年度読売ジャイアンツを振り返って・・・】

ヤクルトと首位争いをした巨人だがそれを支えたのは打撃陣だ。打率もリーグトップの.284と高齢化の投手陣を佐藤裕幸佐々木明義斉藤宜之大野倫等が引っ張った。斉藤は初の規定打席に到達し来期こそは内外野守れる守備と足を活かして上でも頑張って欲しい。大野もチーム最多の60打点と勝負強さも目立った。右の外野手も手薄なだけにチャンスも少なくないはずだ。また佐藤は来期から近鉄に移籍するが、これをきっかけに一花咲かせて欲しい。川中 基嗣は1年目期待倒れだったが、’98年は.316と16盗塁は密かに遊撃手争いに加わるでは?。若手ではルーキーの山田真介。入団後投手から野手に転向したが、.260とまずまずの成績今後が楽しみな存在だ。選手層の厚さは他球団の追随を許さないほどだが、諦めることなく頑張って欲しい。

投手陣は、ケガ人(三野、門奈等々)も多く首脳陣も嘆くほどだ。その中で頑張ったのは、榎康弘木村龍治はそれぞれ最多勝利と最優秀救援のタイトルも獲得。また柏田貴史も2.27と安定した成績を残している。彼も上で必要な戦力だと思うのだが・・・。今後期待の選手としては佐藤充だろう。コントロールもよくシュートのキレも定評がある。小野仁もファームではノーヒットノーランや投球回数を優に越える奪三振数を見るとやはり大器だ。榎も木村もまだまだ若いのでもう少しチャンスを与えて欲しい。


 
ページの作成者: 健一@管理人