1998年度西武ライオンズ


規定打席数270 *左打 +両打 P投手

打撃成績(イースタン・リーグ)
    氏名   試合数 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 四球 死球 三振 失策 打率
  宮地 克彦 (西) 78 273 224 43 79 1 20 4 36 2 30 1 0.353
    青木 和義 (西) 93 278 248 36 67 6 38 1 18 4 40 7 0.270
    玉野 宏昌 (西) 78 335 288 52 76 3 34 5 30 2 45 17 0.264
    黒田 哲史 (西) 92 300 255 28 55 1 24 3 30 2 42 17 0.216
−規定打席数未満−
    中嶋 聡 (西) 4 5 5 2 2 2 2 0 0 0 0 0 0.400
    ペンバートン (西) 64 256 225 36 75 11 46 3 24 4 34 2 0.333
    ラービー (西) 51 204 183 31 60 3 26 0 17 3 4 3 0.328
    今久留主 成幸 (西) 32 55 43 11 14 1 5 3 10 1 6 1 0.326
    小関 竜也 (西) 4 18 16 2 5 0 3 3 1 0 0 0 0.313
    和田 一浩 (西) 49 205 183 32 57 11 33 12 18 2 16 3 0.311
    渡辺 孝男 (西) 63 130 118 11 35 4 22 1 8 2 20 2 0.297
    前原 博之 (西) 47 132 112 20 33 5 21 0 15 1 16 3 0.295
    岸川 雄二 (西) 27 56 49 5 14 2 6 2 6 0 21 2 0.286
    金村 義明 (西) 3 9 7 0 2 0 2 0 2 0 2 0 0.286
    垣内 哲也 (西) 59 219 173 27 48 12 36 4 41 2 43 2 0.277
    植田 幸弘 (西) 5 5 4 1 1 0 0 0 1 0 2 0 0.250
    山田 潤 (西) 58 150 137 18 34 7 22 3 7 3 34 6 0.248
    原井 和也 (西) 40 159 146 18 35 0 6 1 8 1 15 5 0.240
  田原 晃司 (西) 68 160 142 11 34 1 18 1 8 1 27 2 0.239
  佐々木 誠 (西) 18 61 57 4 13 0 3 0 3 0 5 2 0.228
  安藤 真児 (西) 71 173 150 15 34 0 15 0 21 0 31 4 0.227
    古屋 剛 (西) 71 241 204 29 46 10 27 4 23 4 47 4 0.225
    犬伏 稔昌 (西) 40 66 57 10 12 3 13 0 6 1 9 3 0.211
  大塚 光二 (西) 35 89 73 8 15 1 4 1 13 0 11 0 0.205
    佐伯 秀喜 (西) 37 60 46 3 8 2 4 0 9 0 9 4 0.174
  熊澤 当緒琉 (西) 45 66 64 5 11 0 4 0 2 0 20 0 0.172
  河田 雄祐 (西) 5 18 15 5 2 1 1 1 3 0 3 0 0.133
  上田 浩明 (西) 3 10 10 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0.100
  谷中 真二 (西) 23 9 9 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0.333
寺本 比呂文 (西) 18 10 5 1 0 0 0 0 2 0 1 1 0.000
鳥谷部 健一 (西) 10 7 7 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0.000
  小石澤 浄孝 (西) 14 6 3 2 0 0 1 0 2 0 2 1 0.000
土肥 義弘 (西) 31 6 4 1 0 0 0 0 2 0 2 0 0.000
  ブロス (西) 13 6 6 0 0 0 0 0 0 0 5 1 0.000
  豊田 清 (西) 5 5 4 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0.000
竹下 潤 (西) 16 4 4 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0.000
佐藤 友紀 (西) 20 4 3 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0.000
横田 久則 (西) 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.000
松田 和哉 (西) 36 2 1 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0.000
  カラーラ (西) 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
  平沼 定晴 (西) 22 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ERR
  西崎 幸広 (西) 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ERR
  新谷 博 (西) 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  芝崎 和広 (西) 13 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
平良 幸一 (西) 31 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ERR
渡辺 智男 (西) 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  馬渕 隆雄 (西) 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
大島 寛 (西) 16 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ERR
谷口 功一 (西) 22 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  石井 貴 (西) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
坂本 竜一 (西) 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  安藤 正則 (西) 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  潮崎 哲也 (西) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
    チーム合計   100 3795 3283 467 871 87 436 52 368 35 560 99 0.265

規定投球回数80 *左投

投手成績(イースタン・リーグ)
  氏名   試合 勝利 敗戦 セーブ 投球回数   被安打 被本塁打 与四球 与死球 奪三振 失点 自責点 防御率
  谷中 真二 (西) 23 5 5 3 82 +1/3 81 6 35 4 39 36 31 3.39
  松田 和哉 (西) 36 2 6 2 80 +1/3 70 7 45 7 24 41 31 3.47
−規定投球回数未満−
  石井 貴 (西) 2 0 0 0 3   2 0 1 0 2 0 0 0.00
  潮崎 哲也 (西) 1 0 0 1 3   2 0 0 1 3 2 0 0.00
  新谷 博 (西) 4 3 0 0 24   14 0 5 1 24 4 2 0.75
  横田 久則 (西) 3 2 0 0 16   8 0 9 0 13 3 2 1.13
平良 幸一 (西) 31 4 0 0 46 +2/3 42 3 13 2 35 18 14 2.70
  平沼 定晴 (西) 22 1 2 3 27 +1/3 25 1 14 0 17 12 9 2.96
竹下 潤 (西) 16 5 2 3 56 +2/3 58 2 15 2 34 25 21 3.34
  芝崎 和広 (西) 13 1 1 4 27 +2/3 22 3 10 3 13 12 11 3.58
土肥 義弘 (西) 31 3 5 4 64 +1/3 61 1 22 2 58 27 26 3.64
  安藤 正則 (西) 7 0 2 0 16   10 0 25 2 11 13 7 3.94
  豊田 清 (西) 5 2 1 0 24   26 3 13 0 19 11 11 4.13
  鳥谷部 健一 (西) 10 3 3 0 40   35 4 25 1 19 24 19 4.28
  ブロス (西) 13 4 4 0 57 +1/3 54 5 27 0 33 32 28 4.40
  馬渕 隆雄 (西) 11 0 0 0 16   18 2 11 2 8 15 8 4.50
  カラーラ (西) 4 2 0 0 8   8 0 1 2 8 4 4 4.50
  西崎 幸広 (西) 6 1 0 0 19   16 3 10 1 21 15 10 4.74
  寺本 比呂文 (西) 18 5 3 2 64   76 8 30 3 44 36 35 4.92
大島 寛 (西) 16 0 1 0 20   37 3 16 2 10 23 12 5.40
  小石澤 浄孝 (西) 14 2 5 0 56 +1/3 51 7 44 6 23 38 36 5.75
  谷口 功一 (西) 22 0 2 1 32 +2/3 35 4 14 4 27 24 23 6.34
佐藤 友紀 (西) 20 1 9 0 67 +1/3 71 4 62 6 34 57 52 6.95
  渡辺 智男 (西) 9 0 1 0 16 +1/3 25 1 19 4 10 25 21 11.57
坂本 竜一 (西) 4 0 0 0 4   4 1 11 1 1 8 8 18.00
  チーム合計   100 46 52 23 872 +1/3 851 68 477 56 530 505 421 4.34

【1998年度西武ライオンズを振り返って・・・】

打撃陣は小関竜也和田一博と戦力を一軍に送り出せた。それ以外でも首位打者を獲得した宮地克彦はそろそろ上で結果を出したいところだ。玉野宏昌は守備の課題はあるものの打撃の確実性は増してきた。同じく2年目の青木和義も外野の定位置を獲得し、古屋剛も持ち前の長打力が更に増し楽しみだ。垣内哲也(チーム最多の12HR)の復活も陰ながら願っている。1軍の躍進もここ数年の若手の成長あってのものだ。1999年のシーズンはこの中の何人が新風を巻き込めるか。

一方投手陣は不甲斐ない面が多かった。1997年に7勝を挙げ期待されていた小石澤浄孝はフォームを崩してしまい、2勝5敗と精彩を欠いた。D1位安藤正則(投球回数を上回る四死球)は春先から矯正の完成が待たれる。松田和哉も2軍ながら規定投球回数をクリアし一年間投げきったことは自信に繋がるだろう。その中でも楽しみな存在鳥谷部健一コントロールの甘さもあるが、150K近いストレートは来期ファームの主力になれるか。


 
ページの作成者: 健一@管理人