1998年度千葉ロッテマリーンズ

規定打席数270 *左打 +両打 P投手

打撃成績(イースタン・リーグ)
    氏名   試合数 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 四球 死球 三振 失策 打率
  鮎川 義文 (ロ) 92 362 288 47 89 3 43 4 62 4 51 2 0.309
    澤井 良輔 (ロ) 72 272 231 22 62 5 37 1 36 2 54 16 0.268
    大塚 明 (ロ) 93 396 344 60 91 12 46 31 49 2 72 5 0.265
    サブロー (ロ) 89 362 293 52 63 5 15 20 59 0 76 3 0.215
    渡辺 正人 (ロ) 92 304 261 22 48 1 16 4 29 5 97 12 0.184
−規定打席数未満−
  諸積 兼司 (ロ) 6 18 15 3 8 0 2 2 3 0 0 0 0.533
    大村 巌 (ロ) 9 27 25 5 13 1 4 0 2 0 1 0 0.520
  小坂 誠 (ロ) 2 5 4 1 2 0 1 2 0 0 0 0 0.500
    山本 保司 (ロ) 28 108 93 18 36 2 19 0 13 1 8 2 0.387
  山下 徳人 (ロ) 45 169 134 30 48 9 26 0 34 1 22 0 0.358
  松本 尚樹 (ロ) 10 41 34 8 12 1 9 0 5 1 3 0 0.353
    吉鶴 憲治 (ロ) 10 23 20 3 7 1 6 0 3 0 5 1 0.350
    早川 健一郎 (ロ) 75 245 226 27 68 5 34 5 10 1 37 6 0.301
    清水 将海 (ロ) 34 92 82 6 23 1 11 1 5 0 9 4 0.280
    末廣 五大 (ロ) 59 129 115 18 32 2 14 3 12 1 34 5 0.278
  信原 拓人 (ロ) 41 102 91 9 24 2 12 1 9 0 12 1 0.264
    高橋 眞裕 (ロ) 59 134 100 14 25 0 7 5 26 0 13 2 0.250
    立川 隆史 (ロ) 10 42 37 4 9 2 10 0 3 1 8 0 0.243
  林 博康 (ロ) 59 128 104 12 24 2 13 0 22 1 18 1 0.231
    天野 勇剛 (ロ) 65 212 190 16 42 4 29 0 14 2 59 8 0.221
  橋本 将 (ロ) 25 73 65 5 14 4 7 1 5 1 19 0 0.215
    池野 昌之 (ロ) 68 136 119 12 25 1 8 0 9 2 14 5 0.210
    飯田 雅司 (ロ) 31 44 40 1 8 0 7 0 2 0 3 0 0.200
    福沢 洋一 (ロ) 3 5 5 0 1 0 1 1 0 0 1 0 0.200
  樋口 一紀 (ロ) 41 115 95 11 17 1 10 0 14 1 11 1 0.179
  於保 浩己 (ロ) 67 151 131 14 18 1 8 3 16 1 39 1 0.137
    柳沼 強 (ロ) 30 53 48 3 6 1 1 0 4 0 13 2 0.125
  吉田 篤史 (ロ) 15 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1.000
  小野 晋吾 (ロ) 26 17 15 0 2 0 1 0 1 0 4 3 0.133
  小林 宏之 (ロ) 24 22 17 1 2 0 1 0 4 0 8 3 0.118
  竹清 剛治 (ロ) 7 6 6 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.000
  デニス (ロ) 31 6 5 0 0 0 1 0 1 0 2 1 0.000
  亮寛 (ロ) 11 5 4 0 0 0 0 0 0 0 3 1 0.000
  藪田 安彦 (ロ) 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0.000
  寺村 友和 (ロ) 21 3 3 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0.000
クロフォード (ロ) 10 3 3 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.000
  礒 恒之 (ロ) 11 2 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.000
  川俣 浩明 (ロ) 15 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  和田 孝志 (ロ) 25 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  後藤 利幸 (ロ) 17 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
羽根川 竜 (ロ) 43 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0.000
渡部 高史 (ロ) 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
干場 崇永 (ロ) 25 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  小原沢 重頼 (ロ) 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  小島 弘樹 (ロ) 15 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  近藤 芳久 (ロ) 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
河本 育之 (ロ) 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
    チーム合計   100 3822 3254 424 820 66 399 84 452 27 707 87 0.252

 


規定投球回数80 *左投

投手成績(イースタン・リーグ)
  氏名   試合 勝利 敗戦 セーブ 投球回数   被安打 被本塁打 与四球 与死球 奪三振 失点 自責点 防御率
  小野 晋吾 (ロ) 26 6 7 0 116 +1/3 120 5 34 7 63 66 56 4.33
  小林 宏之 (ロ) 24 7 7 0 124 +2/3 132 11 41 4 72 67 62 4.48
デニス (ロ) 31 3 6 2 82 +2/3 87 11 41 6 65 56 45 4.90
−規定投球回数未満−
  近藤 芳久 (ロ) 5 0 0 4 5   3 0 1 0 4 2 0 0.00
  藪田 安彦 (ロ) 5 2 0 0 34 +2/3 26 2 7 0 17 5 4 1.04
  竹清 剛治 (ロ) 7 3 2 0 34   25 3 13 2 16 10 8 2.12
  小島 弘務 (ロ) 15 1 1 3 19 +2/3 16 2 5 3 9 7 7 3.20
クロフォード (ロ) 10 4 2 0 52   49 5 21 3 46 23 20 3.46
  亮寛 (ロ) 11 3 2 0 35   37 3 14 2 16 16 15 3.86
羽根川 竜 (ロ) 43 0 4 5 49 +1/3 58 5 21 3 33 27 24 4.38
河本 育之 (ロ) 3 1 1 0 8   9 2 1 0 8 4 4 4.50
  寺村 友和 (ロ) 21 4 5 0 76 +2/3 88 8 49 4 34 45 39 4.58
  礒 恒之 (ロ) 11 4 5 0 56 +1/3 58 8 16 0 41 34 29 4.63
  後藤 利幸 (ロ) 17 2 4 3 34   37 3 11 2 22 21 18 4.76
  干場 崇永 (ロ) 25 0 1 1 30   33 4 10 0 17 17 16 4.80
  小原沢 重頼 (ロ) 11 1 0 2 16 +1/3 20 2 5 1 10 10 10 5.51
  和田 孝志 (ロ) 25 3 1 2 46 +2/3 65 4 21 1 25 32 30 5.79
  川俣 浩明 (ロ) 15 1 1 0 20 +1/3 25 3 9 1 16 15 14 6.20
渡部 高史 (ロ) 9 0 0 0 10 +2/3 12 1 12 0 6 9 8 6.75
  吉田 篤志 (ロ) 15 0 2 1 26 +2/3 35 4 5 0 11 20 20 6.75
  チーム合計   100 45 51 23 879   935 86 337 39 531 486 429 4.39

【1998年度千葉ロッテマリーンズを振り返って・・・】

1997年ファーム本来の育成に重点を置き、今年も昨年に続き若手にチャンスを与えた。その中でルーキーの渡辺正人は守備で非凡なところを見せたが、打撃はまだまだ課題も多い。しかし2軍首脳陣は頑なに彼を起用し続けた。苦しんだ一年だったが将来の糧になるはずだ。大塚明は走・攻・守で抜きんでたものをみせた。是非来期は彼のトータル力を披露できるか。サブローも昨年はチーム一の.303を残したが、今期は両打ちにチャレンジしたところバランスを崩し.215と不振を極めた。来期は右一本に戻すのか。橋本将は前半戦を右肩の手術で棒に振ってしまい満足なシーズンは遅れなかった。しかし打撃は目を見張るものがあるだけにコンバートも視野に入れてはどうだろうか。澤井良輔は高校時のライバル福留が同じプロの土俵に立つことも発憤材料になるだろう。

後藤利幸は96年7勝、97年5勝、今期も前半戦だけで4勝そして後半からは遂に一軍でも4勝とじっくり下で実績を残し上で結果を残す良い流れで成長できた。それに続くのは小林宏で一年目は3勝12敗とローテーションを守り今期は7勝と成長の跡を残した。小野晋吾もここ2年続けて安定した成績を残しており次世代の若手が着実に成長している。ルーキーの亮寛は高校時代に痛めた肩とヒジの影響でドラフト時他球団は回避したがロッテ球団は潜在能力と復帰を見込み獲得した。後半戦に3勝と今後の期待感を抱かせた。これは「吉」と出るかもしれない。このように長い目で選手を獲得する球団はいつか結果も伴うことだろう。投打共に高校卒の素材重視型の選手が揃っていて全体的に楽しみなチームだ。


 
ページの作成者: 健一@管理人