1998年度阪神タイガース


規定打席数270 *左打 +両打 P投手

打撃成績(ウエスタン・リーグ)
    氏名   試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 四球 死球 三振 失策 打率
    北川 博敏 (神) 84 314 254 45 83 9 63 1 51 2 23 0 0.327
    関本 健太郎 (神) 81 272 224 25 60 0 18 3 31 2 50 13 0.268
  田中 秀太 (神) 92 294 246 28 63 1 18 7 38 0 47 9 0.256
    濱中 治 (神) 96 391 353 55 83 10 47 2 35 3 73 2 0.235
−規定打席数未満−
    吉田 浩 (神) 44 157 138 16 46 0 10 2 19 0 17 1 0.333
  大豊 泰昭 (神) 7 24 24 1 8 1 5 0 0 0 5 0 0.333
    定詰 雅彦 (神) 18 28 25 1 8 0 4 1 2 0 2 0 0.320
    川名 慎一 (神) 63 134 104 24 32 1 13 12 26 1 13 0 0.308
    塩谷 和彦 (神) 62 217 198 26 56 10 34 0 16 2 30 4 0.283
    本西 厚博 (神) 18 46 39 4 11 2 5 0 7 0 7 3 0.282
    吉本 亮 (神) 47 123 99 18 27 6 16 2 20 4 33 1 0.273
  松井 達徳 (神) 80 218 197 22 51 7 32 1 15 1 37 1 0.259
    平尾 博司 (神) 51 188 154 23 39 4 18 7 26 1 29 8 0.253
  ウィルソン (神) 71 265 243 24 61 5 35 6 15 1 35 2 0.251
    山田 勝彦 (神) 4 13 12 4 3 1 2 0 1 0 0 0 0.250
    高波 文一 (神) 66 207 174 28 43 3 14 18 24 1 26 3 0.247
  安達 智次郎 (神) 47 62 55 8 13 0 3 0 7 0 15 4 0.236
  星野 修 (神) 14 50 47 4 10 0 5 4 3 0 5 3 0.213
    岩田 徹 (神) 45 80 69 5 13 1 8 0 10 1 12 2 0.188
    米崎 薫臣 (神) 39 84 64 10 12 0 3 3 19 1 10 5 0.188
    中里 鉄也 (神) 70 144 123 18 23 1 10 0 18 1 51 5 0.187
    平塚 克洋 (神) 7 19 17 2 3 1 1 0 2 0 2 0 0.176
    曽我部 直樹 (神) 91 246 213 19 33 5 27 4 28 4 65 1 0.155
    中谷 仁 (神) 23 38 32 6 4 1 3 0 5 0 10 0 0.125
    片山 大樹 (神) 14 17 16 0 1 0 0 0 1 0 4 0 0.063
  村上 誠一 (神) 21 5 4 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0.500
古溝 克之 (神) 9 3 2 1 1 0 1 0 1 0 0 0 0.500
  川尻 哲郎 (神) 3 3 3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.333
遠山 昭治 (神) 27 3 3 1 1 0 0 0 0 0 2 0 0.333
  井上 貴朗 (神) 7 15 11 0 3 0 0 0 0 1 3 0 0.273
  山岡 洋之 (神) 4 6 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0.250
クリーク (神) 18 29 26 1 5 0 0 0 3 0 1 4 0.192
高橋 顕法 (神) 14 10 7 2 1 0 1 0 2 0 4 0 0.143
  山村 宏樹 (神) 13 28 22 2 1 0 1 0 4 0 6 1 0.045
  橋本 大佑 (神) 19 28 20 3 0 0 1 0 3 0 10 0 0.000
  中ノ瀬 幸泰 (神) 18 12 9 0 0 0 0 0 2 0 6 1 0.000
  山崎 一玄 (神) 11 10 6 0 0 0 1 0 1 0 3 0 0.000
  矢野 正之 (神) 7 6 5 0 0 0 0 0 1 0 3 1 0.000
  嶋田 哲也 (神) 13 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
  片瀬 清利 (神) 34 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
  有倉 雅史 (神) 34 2 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.000
メイ (神) 5 2 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0.000
  奥村 武博 (神) 5 2 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0.000
  竹内 昌也 (神) 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0.000
  郭李 建夫 (神) 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0.000
江坂 正明 (神) 19 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  上田 好剛 (神) 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
  舩木 聖士 (神) 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
弓長 起浩 (神) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
井川 慶 (神) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ERR
    チーム合計   100 3803 3254 427 802 69 399 73 438 26 645 75 0.246

 


規定投球回数80 *左投

投手成績(ウエスタン・リーグ)
  氏名   試合 勝利 敗戦 セーブ 投球回数   被安打 被本塁打 与四球 与死球 奪三振 失点 自責点 防御率
  中ノ瀬 幸泰 (神) 17 7 3 0 80 +1/3 54 3 30 1 48 16 12 1.34
クリーク (神) 17 9 1 0 100   77 4 52 2 101 28 24 2.16
  橋本 大祐 (神) 18 6 4 0 102   83 5 45 4 40 29 26 2.29
  山村 宏樹 (神) 13 6 4 0 82 +2/3 80 3 22 5 57 31 26 2.83
−規定投球回数未満−
  弓長 起浩 (神) 1 0 0 0   +2/3 1 0 1 0 0 0 0 0.00
  川尻 哲郎 (神) 3 2 0 0 22   11 0 3 2 14 1 1 0.41
  竹内 昌也 (神) 1 1 0 0 7   4 0 0 0 2 1 1 1.29
  井上 貴朗 (神) 7 4 1 0 55   31 3 10 3 47 9 8 1.31
  嶋田 哲也 (神) 13 2 2 2 23 +2/3 17 2 3 1 14 5 5 1.90
  山岡 洋之 (神) 4 2 0 0 17 +1/3 14 2 4 1 5 5 5 2.60
遠山 昭治 (神) 27 2 0 2 30   29 1 6 0 23 9 9 2.70
  山崎 一玄 (神) 10 2 2 1 39 +2/3 44 2 15 1 19 13 12 2.72
  有倉 雅史 (神) 34 2 1 3 64   57 6 22 4 68 26 21 2.95
  片瀬 清利 (神) 34 2 1 15 47   40 2 13 1 40 20 16 3.06
  村上 誠一 (神) 21 3 2 0 49   54 4 14 2 34 28 20 3.67
江坂 政明 (神) 19 1 1 0 23 +1/3 26 2 13 2 18 15 12 4.63
古溝 克之 (神) 9 1 0 0 15 +1/3 20 2 10 0 6 9 9 5.28
高橋 顕法 (神) 14 2 3 0 37 +2/3 45 4 24 2 20 28 23 5.50
メイ (神) 5 1 2 0 17   19 2 2 1 11 11 11 5.82
  矢野 正之 (神) 7 2 2 0 23 +2/3 22 2 17 3 14 17 16 6.08
  郭李 建夫 (神) 5 0 1 0 10 +1/3 9 1 15 0 10 9 7 6.10
  舩木 聖士 (神) 5 0 3 1 19   20 2 8 0 13 13 13 6.16
  奥村 武博 (神) 5 0 2 0 10 +2/3 16 2 9 0 15 9 9 7.59
井川 慶 (神) 1 1 0 0 5   4 1 6 1 4 6 6 10.80
  上田 好剛 (神) 3 0 0 0 2 +1/3 3 0 7 0 0 5 5 19.29
  チーム合計   100 58 35 24 884 +2/3 780 55 351 36 623 343 297 3.02

【1998年度阪神タイガースを振り返って・・・】

12年前中村勝弘監二軍督以来の優勝である。この優勝もクリーク(9勝1敗、防2.16)、片瀬清利(17Sポイント)と本来一軍で活躍すべき選手の存在もあり諸手を挙げて喜べないが、ファームでの優勝はベテラン無くしては語れないであろう。そして勝つことによって得られる選手達の一体感、勝つために必要な執着心を再認識できたのではないだろうか。そして彼ら以外の若手の活躍も忘れてはいけない。井上貴朗山村宏樹は前半戦の活躍と一軍の投手不足も相まって後半戦からは上でも負けも含めて結果を残すことが出来た。来期は一軍で定着できるか。ルーキーの橋本大祐は安定した投球で防2.29とリーグ3位の成績を残した。中ノ瀬幸泰は一軍ではメンタル面でも弱い部分を見せたが、二軍では見下ろして投げて最優秀防御率1.34と抜群だ。上でも同じように投げられるかが来期も課題であろう。

打線では、北川博敏が打線を引っ張った。例年パワーはあるが確実性に乏しい打撃だったが、首位打者争いするまでに確実性を増した。守備でも昨年までは一塁と捕手の掛け持ちだったが、捕手に専念し投手陣からも信頼を得るまでになった。来期は野村監督の下でどれだけ花開くか期待だ。濱中治関本健太郎の同期2年目組は、確実に成長している。特に濱中は後半戦一軍でも打数は少ないが結果も残した。来期はチーム事情もあり外野手から三塁手に転向するが、まだまだ長い目で見たい選手だ。関本は2番から8番代打に至るまでいろんな打順で試された。首脳陣の意向らしいが本人も臨機応変に対応しようと勉強になったことだろう。来期は自分の進むべきスタイルを確立してほしい。打撃陣に関しては岡田彰布コーチの影響が大きい。アドバイスも難しいことは特に言わず、要点を述べるだけだ。結果も付いてきたこともあり選手との距離も短く、来期以降の監督としての指導も興味がある。やはり二軍は「育成」が重要なのだから。


 
ページの作成者: 健一@管理人