1999年度 藤井寺バファローズ


打撃成績(ウエスタン・リーグ)

*左打 +両打

  背番号   氏名   試合数 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 失策 打率
捕手 22 磯部 公一 (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 27   古久保 健二 (近) 20 49 9 1 8 0 1 0.184
捕手 31   藤井 彰人 (近) 53 151 36 1 13 1 6 0.238
捕手 36 大久保 秀昭 (近) 13 38 13 0 4 0 0 0.342
捕手 46 衣川 幸夫 (近) 97 355 118 13 77 7 5 0.332
捕手 55   高嶋 龍 (近) 55 147 52 5 27 1 2 0.354
捕手 57   的山 哲也 (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 58   倉本 慎也 (近) 37 40 10 0 7 1 1 0.250
捕手 69   松比良 平太 (近) 9 10 1 0 0 0 0 0.100
内野手 0   勝呂 壽統 (近) 24 67 19 1 10 0 1 0.284
内野手 3   中村 紀洋 (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 4   高須 洋介 (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 8   吉田 剛 (近) 5 17 4 0 1 0 0 0.235
内野手 10   水口 栄二 (近) 25 88 25 0 8 0 0 0.284
内野手 25   クラーク (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 37 大森 剛 (近) 24 50 9 0 4 0 1 0.180
内野手 41   吉岡 雄二 (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 43   山崎 浩司 (近) 28 38 4 0 2 0 5 0.105
内野手 44   佐藤 裕幸 (近) 8 29 6 1 4 0 1 0.207
内野手 45   市原 圭 (近) 54 55 7 0 2 0 3 0.127
内野手 48 武藤 孝司 (近) 8 36 13 1 6 2 2 0.361
内野手 49 善村 一仁 (近) 73 237 63 3 30 4 9 0.266
内野手 53   渕脇 芳行 (近) 19 29 7 0 3 0 2 0.241
内野手 91   好太 (近) 48 68 15 1 11 0 4 0.221
外野手 00   森谷 昭仁 (近) 70 109 20 1 8 6 2 0.183
外野手 2   鈴木 貴久 (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 5   村上 嵩幸 (近) 60 222 57 4 38 1 11 0.257
外野手 7 大村 直之 (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 9 内匠 政博 (近) 76 236 69 3 32 8 1 0.292
外野手 20 ローズ (近) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 33   代田 建紀 (近) 93 203 47 1 13 40 1 0.232
外野手 35   (近) 74 204 58 5 29 2 14 0.284
外野手 38 安部 理 (近) 31 66 20 1 10 1 0 0.303
外野手 39   藤立 次郎 (近) 33 87 24 0 14 0 0 0.276
外野手 56   中浜 裕之 (近) 61 128 29 2 14 3 3 0.227
外野手 61 川口 憲史 (近) 57 205 70 3 25 1 0 0.341
外野手 63 平下 晃司 (近) 80 242 72 5 42 11 0 0.298
外野手 92 山本 和範 (近) 5 4 2 0 1 0 0 0.500
      チーム試合数   100              

投手成績(ウエスタン・リーグ)

*左投

  背番号   氏名   試合数 勝利 敗戦 投球回数 被安打 被本塁打 自責点 防御率
投手 11   大塚 晶紀 (近) 3 0 0 4.00 0 0 0 0.00
投手 12   香田 勲男 (近) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 13 柴田 佳主也 (近) 1 0 0 1.00 1 0 0 0.00
投手 14   佐野 重樹 (近) 11 1 2 32.33 44 1 16 4.45
投手 15 真木 将樹 (近) 5 1 3 24.33 26 2 16 5.92
投手 16   岡本 晃 (近) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 17   石毛 博史 (近) 2 1 0 13.33 11 0 2 1.35
投手 18   酒井 弘樹 (近) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 19   赤堀 元之 (近) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 21   盛田 幸妃 (近) 6 0 1 9.67 7 2 4 3.72
投手 23 小池 秀郎 (近) 1 0 0 5.00 5 0 3 5.40
投手 24   高村 祐 (近) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 26 西川 慎一 (近) 12 0 0 14.00 12 1 1 0.64
投手 28 前川 克彦 (近) 11 4 3 61.33 50 2 24 3.52
投手 29   宇高 伸次 (近) 6 2 1 35.67 29 2 16 4.04
投手 30   バルデス (近) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 32   レフトウィッチ (近) 6 2 1 32.00 30 0 5 1.41
投手 34 面出 哲志 (近) 7 0 2 10.67 16 2 6 5.06
投手 40   品田 操士 (近) 12 2 2 21.67 6 0 1 0.42
投手 42   デラクルーズ (近) 39 5 6 73.00 66 3 26 3.21
投手 47   マットソン (近) 6 1 2 34.00 27 3 13 3.44
投手 50   吉川 元浩 (近) 8 0 1 10.67 8 2 6 5.06
投手 51   中川 隆治 (近) 17 5 2 80.33 85 4 30 3.36
投手 52   谷口 功一 (近) 25 5 1 41.33 33 1 11 2.40
投手 54 西岡 洋 (近) 31 2 3 41.00 43 3 16 3.51
投手 59   松本 拓也 (近) 7 0 1 12.00 12 0 7 5.25
投手 60   藤崎 紘範 (近) 14 5 4 80.33 73 11 32 3.59
投手 62   平田 洋 (近) 16 2 2 32.00 34 2 13 3.66
投手 64   ユウキ (近) 12 1 2 40.67 42 3 15 3.32
投手 65 谷内 聖樹 (近) 30 2 2 51.67 50 4 22 3.83
投手 66   高塚 伸幸 (近) 23 5 2 80.00 80 5 34 3.83
投手 67   田中 宏和 (近) 14 1 1 35.67 28 1 15 3.79
      チーム試合数   100 47 44 877.67 818 54 334 3.42

【1999年度藤井寺バファローズを振り返って・・・】

  一軍は最下位もファームでは、その一軍を底辺から支えるであろう叩き上げの選手が育ちつつある。今季2軍監督であった梨田監督の一軍昇格と一軍の最下位という現実は、これからの選手達にとって大きなチャンスになるだろう。こういう転換期を逃す手はない!

  打撃陣では、衣川幸夫の安定した打撃はファームで群を抜く存在であった。昨年はファームで首位打者(打率 0.352 10HR 39打点)を獲得し、今季も打率2位&打点王と安定感を見せた。今までは2割5分前後だったが近年変化球打ちに改善があったのだろう。本来の守備位置は捕手だが、ここ数年一塁・DHもこなしている。それも売りの「打撃」を活かすためだ。来季は、ファーム卒業でどんな形であれ一軍枠に入って欲しい、もしかしたら吉岡雄二のファーストに割り込むかもしれない。#なんとか「打撃」を使ってみたい。
  代田建紀は、C福地和広の5年連続のファーム盗塁王を阻止。シーズン後半、出塁したら即盗塁と盗塁王争いも抜け出し独走でった(足への自信は相当なもの)。来季ドーム野球に欠かせぬ存在となるためには非力な打撃をなんとかしなくては。
  川口憲史は、1995年のルーキーの時から3割を打ち4年連続中心選手(2軍とはいえ全て規定打席到達)として確実にレベルアップしている。そして今季は遂に一軍で初HRを含む6HRを放ち、11月にはシドニーで行われたインタコンチ杯にも若手有望株ということで選出され勝利に貢献した。来季は右翼を確保して新猛牛打線を形成できるか!?
  平下晃司もゆっくりと確実に成長している(安打数:0→39→54→72)。盗塁数も11個と足もそんなに酷くはない3拍子揃った打者だ。善村一仁は1998年打点王、ウエスタン本塁打王H松中信彦に次いで2位(17HR)。今季は一軍の出場機会もあると見られたが、左中指亀裂骨折で約2ヶ月の出遅れは残念であった。シーズン後は中日との3対3のトレードで移籍も決まった。二塁手として長打も放てる打撃は、武器になるはず#トレードが転機となることを望む。
  森谷昭仁も「足」が武器だ。スイッチヒッターを視野に入れながらも先ずは本来の右打ちに腰を据える。精悍な顔付きからも気の強さを感じる。来季はファームで切り込み隊長候補。山崎浩司は体力と打撃力のアップが課題、守備はルーキーながら光るモノがあるらしい。
  ベテランの村上嵩幸も一軍では10年ぶりのショートを守ったと騒がれたが、ファームでは老体に鞭打ち!?ショートを守る機会(ファームではどのチームも慢性的な選手不足)も多かった。今後も猛牛一筋を表明、ファームの良い兄貴分としても慕われているようだ。しかしガッツある打撃は捨てがたい。同様に内匠政博も構想を外れ、ファームで燻った。いぶし銀のプレーはまだまだ他のチームでも必要とされるはず。来季もこのような起用法なら快くチームを出してあげて欲しい・・・と思う。(旧姓:萩原、現:服部家へ婿養子)も代打家業で割り込めないものか・・・#虎キチの私も気になっている(^^;)
  藤井彰人は即戦力の入団も、この捕手という守備位置は難しい。有田修三バッテリーコーチとの二人三脚を見守りたい。その為には一軍のベンチ入りを!#宇高伸次との近大バッテリーを見たいものだ。

  投手陣は、若い次世代の投手達が目立った。2年目の高塚伸幸は、右肩痛からの復活は見事であった(まだまだ過程!)。1年目はファームですら登板なしながらも地道なリハビリで2年目はファームのローテを張る!の明言通り見事ローテーションを守った。#これも梨田二軍監督をはじめとしたファーム首脳陣のサポートと本人の努力の賜だ。球威あるストレートは140`を越え、変化球のブレーキも良い。まだまだ制球不足、ランナーを背負った時に課題はあるものの期待の右腕だ。来期中には上で投げる彼の姿を見られるかもしれない。
  ルーキー藤崎紘範もいきなり投球回数に到達するなど順調過ぎる内容だ。主に先発を任され責任投球回数まで投げ、あまり短いイニングでのノックアウトも記憶にない。今後も球速アップ、体力面のアップと基幹部分の底上げだ!
  宇高伸次は即戦力の期待も大きかったが、思いの外フォーム固定に手間取った。来季は一軍の先発・中継ぎで頑張って貰いたい。サイドからの球威あるストレートとキレのある変化球はバリエーションある投手陣形成には欠かせない。
  ユウキは、近年の叩き上げ投手陣の旗印的存在だ。ドラフト下位指名もファームで夏場から5勝負け無し、ストレートも140`を越えカーブと併せて緩急の使い方は非凡。フォームも体全体を使ったダイナミックで投法は個人的にかなり気に入っている#気の強い顔付きもよろしい!。今シーズンは一軍で5勝、そしてローテーションを守った。来季は名実共に、投手陣のニューリーダーとなれるか。#ファーム投手陣も彼に追いつけ追い越せ!
  前川克彦もシーズン終盤一軍で完封勝利、来季に向けて気勢をあげた。課題は超ノーコンと言われる制球と一本調子になる単調な投球・・・、しかし一級品のストレート、変化球はそう持てるものではない。来季も期待に添えない投球をするかもしれないが、我慢しても使いたい投手だ。#「契約更改すっぽかし」のネタだけではあんまりだ(@@)
  松本拓也も一年目ながら140`強のストレートと切れ込むスライダーで来季はファームの抑え候補にどうだろうか?
  来季6年目の田中宏和もこのままでは瀬戸際だ、何かを変えられるか!?。デラクルーズの剛速球抑え候補も、緊迫した場面で「あの酷い制球」は相応しくないとのことでチームから去らざるをえなかった。中川隆治も青山学院大学から鳴り物入りで入団したものの結局花開かず#あのケツのでかさは成功するものかと感じていたが・・・。知り合いから私の名前入りサインをもらったが日の目は見なかった!?。谷口功一もシーズン途中にオーバーハンドからサイドに投球フォームを変え、一転安定感を見せたが、秋季練習前に解雇、、、球団は伸び幅を感じなかったのだろう・・・。

  全体的に大阪ドームに適した俊足巧打のスマートな野手陣を擁し、投手陣はドラフト下位で指名した高校生の叩き上げ投手が目につく#戦力補強も考えると健闘しているファームと思う。


ページの作成者: 健一