1999年度 ナゴヤドラゴンズ


打撃成績(ウエスタン・リーグ)

*左打 +両打

  背番号   氏名   試合数 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 失策 打率
捕手 27   中野 栄一 (中) 15 33 6 0 3 0 0 0.182
捕手 36   藤井 優志 (中) 63 161 37 6 25 1 6 0.230
捕手 38   鈴木 郁洋 (中) 4 10 4 0 0 0 0 0.400
捕手 39   中村 武志 (中) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 44   光山 英和 (中) 9 25 6 1 5 0 0 0.240
捕手 65   清水 清人 (中) 19 32 7 0 1 1 1 0.219
捕手 67   三輪 敬司 (中) 15 15 2 0 0 0 1 0.133
内野手 1 福留 孝介 (中) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 2 荒木 雅博 (中) 68 184 45 0 13 14 4 0.245
内野手 3 立浪 和義 (中) 2 5 3 0 1 0 0 0.600
内野手 4   ゴメス (中) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 5   渡辺 博幸 (中) 5 15 2 0 1 0 0 0.133
内野手 6 久慈 照嘉 (中) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 8 森野 将彦 (中) 88 199 54 3 24 2 11 0.271
内野手 9 愛甲 猛 (中) 15 23 7 1 4 0 0 0.304
内野手 22   山崎 武司 (中) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 31   南渕 時高 (中) 45 91 29 1 13 1 2 0.319
内野手 41   鳥越 祐介 (中) 45 143 26 0 15 9 9 0.182
内野手 48   井端 弘和 (中) 72 224 60 3 17 14 3 0.268
内野手 49   種田 仁 (中) 26 66 19 0 7 3 2 0.288
内野手 54   神野 純一 (中) 23 42 10 1 6 0 1 0.238
内野手 55   安田 秀之 (中) 90 248 68 7 36 4 5 0.274
内野手 66   高橋 光信 (中) 72 201 56 5 35 1 0 0.279
外野手 00   山口 幸司 (中) 46 74 24 2 10 4 0 0.324
外野手 0 ショーゴー (中) 89 279 71 8 30 3 3 0.254
外野手 7   李 鍾範 (中) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 23 関川 浩一 (中) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 35   幕田 賢治 (中) 78 124 34 2 10 5 2 0.274
外野手 37   筒井 壮 (中) 77 238 80 7 46 5 3 0.336
外野手 40 益田 大介 (中) 73 200 54 5 27 1 1 0.270
外野手 50 音 重鎮 (中) 1 2 1 0 2 0 0 0.500
外野手 56   原田 政彦 (中) 75 179 60 3 21 7 2 0.335
外野手 57   蔵本 英智 (中) 75 30 8 0 3 5 0 0.267
外野手 58   大西 崇之 (中) 16 32 9 0 2 7 0 0.281
外野手 59   仁平 馨 (中) 68 112 25 0 9 13 3 0.223
外野手 60   峰秀 (中) 22 12 4 0 0 1 0 0.333
外野手 99 井上 一樹 (中) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手     吉原 孝介 (中) 35 89 26 3 9 2 2 0.292
内野手 41   河野 亮 (中) 37 111 31 7 21 0 3 0.279
内野手 64 リリアーノ (中) 13 27 7 1 5 0 0 0.259
      チーム試合数   100              

投手成績(ウエスタン・リーグ)

*左投

  背番号   氏名   試合数 勝利 敗戦 投球回数 被安打 被本塁打 自責点 防御率
投手 11   川上 憲伸 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 12 日笠 雅人 (中) 27 1 0 25.33 35 3 20 7.11
投手 13 岩瀬 仁紀 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 14 今中 慎二 (中) 16 4 2 50.00 69 3 20 3.60
投手 16   山田 洋 (中) 4 1 1 12.00 7 0 4 3.00
投手 17 サムソン・リー (中) 1 0 0 5.00 5 0 3 5.40
投手 18   武田 一浩 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 19   中山 裕章 (中) 2 0 0 3.00 0 0 0 0.00
投手 20   宣 銅烈 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 21   正津 英志 (中) 3 0 0 2.67 1 0 0 0.00
投手 24   遠藤 政隆 (中) 11 0 0 14.67 9 0 2 1.23
投手 25   門倉 健 (中) 9 4 1 53.00 45 2 8 1.36
投手 26   落合 英二 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 28   大塔 正明 (中) 25 5 5 63.67 54 4 21 2.97
投手 29 前田 幸長 (中) 6 5 0 38.67 24 1 4 0.93
投手 30   鶴田 泰 (中) 12 4 2 64.00 70 3 25 3.52
投手 32   島崎 毅 (中) 44 3 2 59.33 40 3 9 1.37
投手 33   小山 伸一郎 (中) 33 3 3 63.67 48 2 26 3.68
投手 34 山本 昌広 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 42   有働 克也 (中) 19 5 5 89.67 89 10 40 4.01
投手 43 小笠原 孝 (中) 13 6 1 60.33 40 3 14 2.09
投手 45 岸川 登俊 (中) 13 3 3 46.00 35 3 10 1.96
投手 46   古池 拓一 (中) 20 3 3 74.00 62 1 22 2.68
投手 47 野口 茂樹 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 51 井手元 健一郎 (中) 20 1 1 26.33 21 1 8 2.73
投手 52 東瀬 耕太郎 (中) 25 1 1 23.33 25 1 13 5.01
投手 53 佐藤 康幸 (中) 9 2 1 25.33 27 1 9 3.20
投手 61   矢口 哲郎 (中) 8 1 0 12.67 16 0 8 5.68
投手 62   宮越 徹 (中) 13 3 2 48.33 45 5 31 5.77
投手 63   金森 隆浩 (中) 16 0 0 29.00 25 2 18 5.59
投手 64 白坂 勝史 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 68   川添 将大 (中) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 69   呂 建剛 (中) 1 0 0 1.00 3 0 2 18.00
      チーム試合数   100 55 33 891.00 795 48 317 3.20

【1999年度ナゴヤドラゴンズを振り返って・・・】

  昨年に引き続き今年もリーグ優勝を逃したが、底辺の底上げ・一軍をサポートするべく選手の調整もまずまず出来たと思う#あくまでまずまず。特に野手に楽しみな選手もおり、投手も一軍エレベーター選手の調整の場になりもしたが来季楽しみな若手投手の台頭ありと・・・今年も育成重視の一年だったろう。

  野手陣は、ショーゴーが春先からチームの牽引車となった。3割を越える打撃はルーキー時に比べかなり逞しくなり低い弾道で右中間を破る当たりとパンチ力もある。後半疲れからか徐々に打率が下がってきたというスタミナ面が来季の課題か。強肩の守備も併せて今後ナゴヤドームで外野の一角を担うことだろう。首位打者を獲得したものの筒井壮は常に一軍を目指す中でのおまけの賞と位置づけていることだろう。彼の良い面での勝ち気な打撃は一軍でも足りない部分なので手薄な代打から左投手キラーとしても働き場は少なくない。
  3年目の二人の打者も来季に向けて良い面を見せた。幕田賢治はファーム開幕から出遅れたものの代打・代走・守備と出場機会を増やし数少ないチャンスで結果を残した。打席数も昨年に比べて半分(257 → 124)だったが「ヘッドスピードが速くなり、球の見極めも付いてきた」とコーチ陣の評価もある。来季こそファーム開幕から飛ばして一軍に呼ばれるよう頑張ってもらいたい。入団から非凡な打撃を期待される森野将彦も二塁手・三塁手・一塁と不安な守備もあるが、彼の売りである打撃を是非見せて欲しい、その為にも内野のポジションもコロコロ変えず、サード一本で勝負させたい。
  シーズン半ばにホークスから移籍した河野亮のパンチ力(雁ノ巣時代に5試合連続HR)はまだ捨てたモノではないはず(後日オリックスとののトレード決定)。同様に高橋光信も代打として来季は結果を出したいところだ。荒木雅博のスイッチもかなり力強く様になっているらしい(左打席は以外と素直でおもしろい)。
  益田大介は要所で一軍をサポートしたがバントやランナーを進めるべき場面で撫でるようなレフトフライ等々もの足りないところもあった。しかし全体的な打撃センスはチームでも有数だ。他球団もこういう選手をトレードで狙いたいと感じるだろう。井端弘和久慈照嘉の安定力、福留孝介の爆発力に押され今季は出る幕なしだった。
  蔵本英智は投手も兼任も可と思われるほどの強肩と俊足が武器だ。来季は打撃もみてみたい。峰秀の打棒はいかほどなのだろうか気になるところだ。

投手陣では、小山伸一郎が光った。140`後半のストレート、100`台のスローカーブと緩急もあるし腕が体を巻き付くようなフォームも力強さを増してきて抑えとしての素質を一軍でも少しながらみせた #体も一回り大きくなりゴッツイ感じも逞しい。サムソンの抑えの韓国勢が抜ける場合も考えられ彼への期待感はますばかりだ。宮越徹は来季どれだけファームで結果を残せるか、2年目の今季は投球イニングも増え、3勝を上げることが出来た。先発としても5回〜7回は投げまとめる安定感もありそれが3勝に繋がった。しかしシーズン中番からはフォームを崩し6回で15被安打を浴びたこともあった。その後は勝ち星は転がって来なかった。スタミナも課題だ#球速もガクンと落ちたそうだ。
  一軍では強固な投手陣を堅持するが次世代を担う投手は?というと上記以外そう人数は多くない。今季のファーム登板投手陣を見ても
有働克也(89回)、古池拓一(74回)、鶴田泰(64回)、大塔正明(63回2/3)小笠原孝(60回1/3)、他門倉健島崎毅今中慎二と軒並み将来を担うという投手よりかは一軍で結果を残して欲しい面子である選手の登板が殆どだった。事実一軍のレベルの高い投手陣を維持するために不調になった投手の調整場にもなったが、再度一軍に帰せたことは一軍の優勝をサポートできた過程を称えたい。しかし「育成面」のことからも活きの良い高校生投手もドラフトで補強したいところだ。
 
今中慎二は手術の影響もありこの類には該当しないとも思うが、投球スタイルや過去の今中をある意味リニューアルすべきなのか解らないが、復活を切望する。
  そんな中先日近鉄バファローズとの3対3のトレードがあった、その中には
古池拓一も含まれたが、彼のような他球団に行けば・・・と思うようなトレードは非常に喜ばしい。彼もドラゴンズの厚い選手層に阻まれ、制球に不安が伴うが、球のキレは目を見張る。これを転機に新天地で頑張ってもらいたい。


ページの作成者: 健一