1999年度 鎌ヶ谷ファイターズ

打撃成績(イースタン・リーグ)

*左打 +両打

  背番号   氏名   試合数 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 失策 打率
捕手 9 荒井 修光 (日) 32 69 16 1 7 0 2 0.232
捕手 31   田口 昌徳 (日) 1 3 2 0 1 0 0 0.667
捕手 40   實松 一成 (日) 36 56 17 2 4 0 2 0.304
捕手 41   小牧 優一 (日) 97 330 94 12 53 3 13 0.285
捕手 54   野口 寿浩 (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 62   高橋 信二 (日) 32 35 7 0 2 1 1 0.200
捕手 63   中山 光久 (日) 1 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 0 古城 茂幸 (日) 74 253 66 5 33 13 14 0.261
内野手 1 阿久根 鋼吉 (日) 73 223 64 3 26 7 6 0.287
内野手 2 小笠原 道大 (日) 1 2 0 0 0 0 0 0.000
内野手 4   奈良原 浩 (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 6   田中 幸雄 (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 8 片岡 篤史 (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 30   金子 誠 (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 43   西 俊児 (日) 67 255 76 5 40 1 6 0.298
内野手 51 小田 智之 (日) 96 314 87 4 35 4 9 0.277
内野手 53   森本 稀哲 (日) 24 10 1 0 0 1 0 0.100
内野手 55 根本 隆輝 (日) 38 154 53 7 31 1 2 0.344
内野手 57   飯山 裕志 (日) 19 16 1 0 0 0 1 0.063
内野手 58   荒井 昭吾 (日) 2 1 1 0 0 0 0 1.000
外野手 3 秦 真司 (日) 57 136 37 6 23 0 0 0.272
外野手 5   井出 竜也 (日) 7 10 3 0 0 0 0 0.300
外野手 7   中村 豊 (日) 74 201 56 3 29 6 3 0.279
外野手 10 フランクリン (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 15 ウィルソン (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 28   橋上 秀樹 (日) 22 67 13 0 6 2 1 0.194
外野手 36   藤島 誠剛 (日) 38 133 41 12 35 4 12 0.308
外野手 37 石本 努 (日) 18 57 21 0 3 8 0 0.368
外野手 39   島田 一輝 (日) 61 240 79 16 55 2 1 0.329
外野手 44 上田 佳範 (日) 4 7 1 0 0 0 0 0.143
外野手 48   本西 厚博 (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 50   徳田 吉成 (日) 79 198 42 1 26 3 1 0.212
外野手 52 大貝 康輔 (日) 93 317 85 3 29 18 0 0.268
外野手 65   日里 正義 (日) 58 118 27 2 23 3 2 0.229
外野手 66   西浦 克拓 (日) 29 96 28 2 9 1 0 0.292
外野手 64   オバンドー (日) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
      チーム試合数   100              

投手成績(イースタン・リーグ)

*左投

  背番号   氏名   試合数 勝利 敗戦 投球回数 被安打 被本塁打 自責点 防御率
投手 11   山原 和敏 (日) 1 0 0 1.00 1 1 1 9.00
投手 12   沼田 浩 (日) 31 4 4 67.00 67 5 29 3.90
投手 13   生駒 雅紀 (日) 7 4 0 13.00 6 1 2 1.38
投手 14 高橋 憲幸 (日) 23 2 0 17.00 18 1 6 3.18
投手 16   金村 暁 (日) 6 0 2 16.00 14 4 6 3.38
投手 17   今井 圭吾 (日) 32 4 4 61.00 54 9 28 4.13
投手 18   岩本 ツトム (日) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 19 厚沢 和幸 (日) 27 12 7 148.67 121 14 47 2.85
投手 20   矢野 諭 (日) 22 2 3 36.33 36 3 15 3.72
投手 21 清水 章夫 (日) 16 1 3 50.00 61 5 25 4.50
投手 22   建山 義紀 (日) 4 4 0 19.00 14 1 3 1.42
投手 23   シュームストロム (日) 2 0 0 1.33 4 0 2 13.50
投手 24 下柳 剛 (日) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 25   立石 尚行 (日) 7 3 0 15.00 7 1 3 1.80
投手 26   黒木 潤司 (日) 8 1 0 10.67 5 0 0 0.00
投手 27   石井 丈裕 (日) 12 2 1 18.00 12 0 1 0.50
投手 29   芝草 宇宙 (日) 10 3 1 42.33 37 1 16 3.40
投手 32   平松 省二 (日) 32 1 3 58.33 57 13 29 4.47
投手 33 原田 健二 (日) 23 5 0 26.33 17 0 3 1.03
投手 34   与田 剛 (日) 21 1 2 19.67 21 2 19 8.69
投手 35   今関 勝一 (日) 22 3 3 75.00 76 9 48 5.76
投手 38   櫻井 幸博 (日) 19 2 2 77.33 71 5 31 3.61
投手 42   ウィッテム (日) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 45 古溝 克之 (日) 18 0 1 19.33 24 0 7 3.26
投手 46   伊藤 剛 (日) 21 2 0 35.67 30 2 10 2.52
投手 47   関根 裕之 (日) 1 1 0 8.00 4 1 3 3.38
投手 49 オレラーノ (日) 10 3 1 46.33 39 3 14 2.72
投手 56   中西 有希人 (日) 2 0 0 4.00 8 0 4 9.00
投手 67   田吹 昭博 (日) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
      チーム試合数   100 60 37 886.33 804 81 352 3.57

【1999年度鎌ヶ谷ファイターズを振り返って・・・】

  鎌ヶ谷元年優勝から2年ぶり4度目のイースタン制覇を果たした、ファーム開幕からその強さは際だっていた。DH石本努、8大貝康輔、7根本隆輝、5西俊児、2小牧優一、6藤島誠剛、3徳田吉成、9島田一輝、4小田智之・・・(諳んじられる程「固定化・・・」)の打線が大爆発。いきなりファーム新記録の「開幕12連勝」、その後も負けを挟むものの勝ちのペースは落ちなかった。しかし打線を連ねるメンバーも中堅所又は数年来のファーム組・・・の現状もあった。そんなチームに転機が訪れた。一軍の怪我人続出の為石本努根本隆輝藤島誠剛他が昇格そしてチームを支える活躍もあり、ファーム本来の目的である「戦力供給」の役割を果たせた。
  彼らの抜けた穴を各選手が埋めた。島田一輝小田智之小牧優一他が引っ張り6月にはなんとマジック43を点灯(この時期のマジック点灯はファーム100試合制になってからの記録)。投手陣も打線に引っ張られる形で大崩は許さなかった。
  しかし夏場に投打共落ち始め、連敗も続き、気が付けば2位川崎ジャイアンツが直ぐ後ろに・・・。優勝争いは9月になっても混沌と・・・そんな中、ひたちなかでのトーナメントにて勢いに乗る川崎ジャイアンツの連勝を止めてから息を吹き返し、奪われた首位の座を取り戻しなんとか優勝を勝ち取った。沖縄での鳴尾浜タイガースとのファーム日本一決定戦には敗れたものの年間を通して、「戦力供給」「選手育成」と貢献したと思われる。

  その優勝を支えたのは、上記でも述べた打線だ。石本努根本隆輝藤島誠剛は春先チームを引っ張り、ついには一軍にも昇格し戦力になった。守備に不安があるものの、持ち味の打撃力で割り込んでいった。石本努は右肩痛(そのご復活)でDH出場ながらも足はチームでもトップクラス。根本隆輝も遂に打撃センスを認められたかという感じ、彼の右手のさばき方は非凡、藤島誠剛のパワー、今後定着できるか注目される。
  伸び幅という点で小田智之、96試合とほぼフル出場し、4月、5月は4割近い打率で昨年の非力さを跳ね返し、夏場からのスタミナ切れにも粘って(オフのウエートトレが結果に結びついた)安定した成績を残せた。来期以降も楽しみな存在だ。古城茂幸も足・肩・打撃の力強さは見るものがある、完成している選手だと感じる、守備もエラーは多いが前に突っ込む姿勢は好感が持てる@守備範囲も広く日々上達中。近い将来小田智之古城茂幸のリードオフマン&二遊間の守備を見ることができるかもしれない。小田智之(98年D2位)、古城茂幸(98年D5位)と同期の飯山裕志(98年D4位)は置いていかれた格好だが来季は少しでもその差を縮めたい。同タイプの大貝康輔も2番センターを守り通した。強肩ではないが、守備のポジショニングは秀でている。
  島田一輝の躍進も忘れられない。持ち味の長打力を発揮する前に毎年怪我に泣かされたが、今季始めて年間を通して試合に出られたことが大きいと思う。本塁打王は一本差で逃したが、あわや規定打席不足でのタイトル獲得するほどだった。まだまだ打撃の脆さはあるがあの長打力はなんとかしたい。西俊児もチャンスに強い打撃はファームでは抜けたものをみせる。春先一軍では怪我人の穴を埋める活躍をした。ファームでも若いチームをまとめる存在だ。後半のチームを陰から支えた秦真司もしぶとい打撃で何度もチームを救った。来季は千葉ロッテで最後の一花を!
  小牧優一はほぼ一年間捕手を守り続けた。ベテランがファームで捕手を張っているのはなんとも頂けないが、彼の力に及ばないのが現実だ。来シーズンは、實松一成に期待したい。守備的にはまだまだ足りないが急激に伸びる可能性はあるので注目していきたい。同期の森本稀哲(ひちょり)も右肩痛、腰痛と怪我に悩まされた。鎌ヶ谷でも人気者の彼だがボール&バットボーイだけでは不満だ。来季に向けて体力アップが課題。
  気になる点では、期待の大きかった即戦力組阿久根鋼吉と昨年は一軍で4番も張った西浦克拓の不調は痛かった。阿久根はバントや守備でたまにポカをやる(しかも大事なところで)、来季は攻守に持ち味のセンスあるところを安定して見せて欲しい。西浦克拓は一本足からすり足にして打撃を安定しようとしたのが、完全な裏目に・・・捲土重来でしょう!

  投手陣では2年ぶりの最多勝を獲得した厚沢和幸がチームを引っ張り、投球回数をクリアしたのも彼のみだった。変幻自在な投球は二軍のそれではない。来季は一軍に定着して欲しい。櫻井幸博は防御率では安定したものをみせるが中盤でつかまるスタミナの無さ・・・トータルなものはあるだけに決め球を磨いて欲しい(今季も春先だけ・・)。沼田浩はサイドから切れの良いそして威力ある球を放っていたが安定感に欠ける場面も少なくなかった。課題の対左打者には緩い球が有効か!?それ以外には新人が目立った。建山義紀立石尚行伊藤剛はファームの活躍を見込まれ一軍に昇格した
  2年目の原田健二は左のサイドスローにフォームを変え活路を見出した。生駒雅紀はラッキーボーイの春先だった。彼が登板しサヨナラ勝ちをというパターンを何度か見た。抑え投手なのに勝ち星が付いてくのは「?」だったが、球にも威力がありその勢いで一軍でも起用される機会も増え初勝利もあげた。与田剛は2年ぶりの投球もみせてくれたがまだまだ何かが足りない、連投もシーズン終盤ながら可能になったのは大きかったが・・・(阪神にテスト合格)。前述の櫻井幸博今関勝一今井圭吾他の若手から中堅クラスにより一層奮起して貰いたい。芝草宇宙もそんな一人だ。前半調整での3試合先発は格の違いを見せたが、優勝争いの中も中継ぎ・抑えと便利屋に甘んじてしまった。 清水章夫は米国でのキャンプでチェンジアップとシュート系の新球をマスターし来季へ手応えを掴んでいる様子。矢野諭はシーズンを通して何回か投球フォームを変えた。ストレートは一年目(150`弱)に及ばないまでも復活してきた。来季は変化球にも磨きをかけ一軍への足かけになるものを見せられるか、注目したい。

  来季の鎌ヶ谷は、底辺からの底上げをどこまで押し進められるか・・・、有望株の若手選手がその期待に応えられるか見物だ。


ページの作成者: 健一