1999年度 川崎ジャイアンツ

打撃成績(イースタン・リーグ)

*左打 +両打

  背番号   氏名   試合数 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 失策 打率
捕手 9   村田 真一 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 12   村田 善則 (巨) 7 26 8 0 4 0 1 0.308
捕手 22   杉山 直樹 (巨) 57 156 44 5 23 0 5 0.282
捕手 23   柳沢 裕一 (巨) 13 37 9 0 3 0 1 0.243
捕手 38   原 俊介 (巨) 75 147 33 3 14 0 2 0.224
捕手 39   吉原 孝介 (巨) 4 8 2 0 2 0 0 0.250
捕手 46   小田 幸平 (巨) 53 131 36 2 11 1 8 0.275
捕手 56   加藤 健 (巨) 23 46 11 1 2 0 3 0.239
捕手 91   田中 健太郎 (巨) 20 26 6 0 1 0 2 0.231
内野手 00 後藤 孝志 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 0   川相 昌弘 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 2   元木 大介 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 5   清原 和博 (巨) 2 6 1 0 0 0 1 0.167
内野手 6   石井 浩郎 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 7   二岡 智宏 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 8   仁志 敏久 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 27 福王 昭仁 (巨) 59 135 46 9 33 0 3 0.341
内野手 29 川中 基嗣 (巨) 36 120 30 1 6 6 4 0.250
内野手 32   永池 們多 (巨) 24 82 24 0 9 2 2 0.293
内野手 37   山田 真介 (巨) 62 123 24 0 5 3 4 0.195
内野手 53   福井 敬治 (巨) 88 273 58 8 30 4 13 0.212
内野手 54   佐々木 明義 (巨) 68 266 90 8 28 10 4 0.338
内野手 68   鈴木 尚広 (巨) 53 149 37 2 9 9 6 0.248
内野手 93   吉村 将生 (巨) 37 10 2 0 1 0 3 0.200
外野手 10   広沢 克 (巨) 4 9 1 1 1 0 0 0.111
外野手 24 高橋 由伸 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 35 清水 隆行 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 43   大野 倫 (巨) 60 218 63 3 29 1 1 0.289
外野手 55 松井 秀喜 (巨) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 58 斉藤 宜之 (巨) 48 202 55 2 18 7 3 0.272
外野手 60   大野 和哉 (巨) 64 54 8 0 6 1 0 0.148
外野手 61   堀田 一郎 (巨) 83 282 70 8 38 18 2 0.248
外野手 63   大場 豊千 (巨) 72 156 33 1 16 0 3 0.212
外野手 65   渡辺 政仁 (巨) 85 309 88 10 46 2 3 0.285
外野手 66   高野 忍 (巨) 84 224 53 6 21 1 2 0.237
捕手 39   光山 英和 (巨) 2 3 2 0 1 0 0 0.667
内野手 48   マルティネス (巨) 1 3 1 1 1 0 0 0.333
      チーム試合数   100              

投手成績(イースタン・リーグ)

*左投

  背番号   氏名   試合数 勝利 敗戦 投球回数 被安打 被本塁打 自責点 防御率
投手 11   斉藤 雅樹 (巨) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 13   岡田 展和 (巨) 16 1 3 15.67 19 3 7 4.02
投手 15   河原 純一 (巨) 9 0 1 26.00 20 2 7 2.42
投手 17   槙原 寛己 (巨) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 18   桑田 真澄 (巨) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 19   上原 浩治 (巨) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 20   入来 祐作 (巨) 5 1 1 19.00 12 0 6 2.84
投手 21   趙 成a (巨) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 25 平松 一宏 (巨) 6 0 1 15.00 14 0 5 3.00
投手 26   西山 一宇 (巨) 13 7 1 53.67 38 2 6 1.01
投手 28 岡島 秀樹 (巨) 11 1 3 55.00 43 3 22 3.60
投手 30   玉峰 伸典 (巨) 13 2 1 22.00 17 4 7 2.86
投手 31   三沢 興一 (巨) 3 0 1 19.00 13 1 3 1.42
投手 36   進藤 実 (巨) 12 0 0 19.67 16 2 9 4.12
投手 40 河野 博文 (巨) 15 4 1 23.67 14 1 5 1.90
投手 41   木村 龍治 (巨) 6 0 0 7.00 3 0 2 2.57
投手 42   ホセ (巨) 13 4 3 59.00 63 3 18 2.75
投手 44   入来 智 (巨) 11 1 0 19.00 16 0 2 0.95
投手 45 門奈 哲寛 (巨) 19 1 2 36.33 29 4 15 3.72
投手 47 小野 仁 (巨) 19 8 4 134.00 99 7 38 2.55
投手 48   三野 勝大 (巨) 1 0 0 2.00 2 0 0 0.00
投手 49 柏田 貴史 (巨) 4 0 0 3.67 7 0 2 4.91
投手 50   南 真一郎 (巨) 22 3 2 30.67 28 1 6 1.76
投手 51   榎 康弘 (巨) 18 8 2 90.33 81 5 25 2.49
投手 52   織田 淳哉 (巨) 26 4 3 41.67 38 2 17 3.67
投手 57   佐藤 充 (巨) 13 1 2 24.67 30 2 16 5.84
投手 59   ガルベス (巨) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 69   中村 喜之 (巨) 20 5 1 48.67 41 8 15 2.77
投手 86   背尾 伊洋 (巨) 2 0 0 1.33 2 0 4 27.00
投手 92   橋本 清 (巨) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 94   安原 政俊 (巨) 14 0 0 22.33 20 3 8 3.22
投手 95 野村 貴仁 (巨) 4 0 0 3.33 6 0 7 18.90
投手 96   小林 聡 (巨) 7 2 2 10.00 12 0 7 6.30
投手 97   酒井 純也 (巨) 1 0 1 1.00 5 1 5 45.00
投手 67   デセンス (巨) 15 4 3 94.67 56 4 22 2.09
投手 23    伊藤 隆偉 (巨) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
      チーム試合数   100 57 38 898.33 744 58 286 2.87

【1999年度川崎ジャイアンツを振り返って・・・】

川崎ジャイアンツ程一軍と二軍の格差があるチームも珍しいと感じる。ファーム自体は数年前の飼い殺しといわれる状態では無い。しかし一軍に割り込む余地はなかなかないのが現状だ。特に野手陣は、難しい。外野陣は松井秀喜高橋由伸清水隆行、助っ人等は数年先まで安泰のメンバーと言っても良い、内野も二岡智宏仁志敏久、助っ人、FA選手とこちらも厳しいものがある。1986年から1995年の間の『V10』の中から這い上がってきたメンバー(井上大森)はそういない。即戦力と言われても?の早い段階で結果が出れば2軍、そして翌年別の即戦力・・・そして2軍ずれ・・・上手く回っていなかったサイクルも近年は「育成面」を押し出している。悲観しているわけではない、数年先のサポートすべく選手の層は着々と手がけていると感じる(野手陣は明るい、しかし投手陣は「調整投手」への偏りがあった)。そう今季も育成重視に勤しむ一年だったのだ。#選手の適正も探る一年であった・・・。
  今季は開幕後結果が出ず置いていかれそうになったが夏前から9連勝、終盤15連勝と一時独走態勢の鎌ヶ谷ファイターズを抜いたこともあった(底力はある)。

打者陣では、佐々木明義がチームを引っ張った。シーズン途中にクローズスタンスとフォームを改造し安定感を増し、首位打者まであと一歩のところだった。一軍の内野陣も層が厚いが来季は代打としても起用されのではないか。ルーキー高野忍も大物の片鱗を見せた。打撃は粗いもののパワーは凄まじい、もともと打撃に柔らかさはあると感じるので一皮剥ければ楽しみな存在だ#個人的には一番の期待株。
  他にも気になる若手は何人かいる。先ず大場豊千は昨年まで貴重な左腕投手(1998年3勝4敗 防御率4.82)だったが、類い希な打撃センスを買われて打者転向した。成績は芳しくなかったが、変化球のタイミングの合わせ方(イチロー張りの振り子打法)も非凡だ、パワーはないがおもしろい選手になるかもしれない。福井敬治は開幕から4番サードorショートで起用された。打撃は、一本足打法でパンチ力もあるが、やはり変化球には弱く後半は尻すぼみになってしまったが、あのパンチ力は打撃フォームを改造しても活かしたいところだ。俊足所では、鈴木尚広吉村将生だろう。共に代走で起用されたが後半は鈴木尚広にしぶとい打撃が見られた。来季は競い合って課題の打撃を向上して欲しい。昨年ルーキーながらキラリと光るものを見せた山田真介もショートから、適正再確認かセンターを守る機会も多かった。昨年の我慢の起用も結果が出ず悪循環に陥った感は否めない。持ち味の俊足で来季出直しだ。
  あと一歩のレベルと思われるというか一軍でもおかしくない選手では、堀田一郎だろう。守備では即戦力だろうが、非常にガッツもありじっくり使ってみたい気もするが、外野陣の厚さは不運か!?数少ない右打ちも活かして一軍への隙間をこじ開けられるか。斉藤宜之も同じくあと少しの存在だ。打撃も右に左に非凡の所をみせるがまだ安定感がない。「足」をもっとアピールして好不調の持続を。川中基嗣も激しい内野争いに出遅れた感は拭えない・・・、ベースランニングの快足と強肩は目を見張るが打撃が寂しい。渡辺政仁もまずまずの結果を残したが、このような起用方法なら移籍も視野に入れてあげて欲しい。左の代打としても欲しい球団もあるはず#勿論無償<時既に遅しの気もするが・・・
  一番気になる捕手陣、数年先を担える存在としては小田幸平が抜けている。やはり守備を考えると彼しかいない。それでも杉山直樹と比較すると打撃・守備・信頼度に劣る。しかし強肩、今後の伸び幅を考えると小田幸平に期待か。彼も強肩だけの売りでは近い将来ドラフトで加入するであろう即戦力捕手に抜かれる恐れはある。原俊介は捕手の起用自体が減っている。ファーストDH起用も少なくない今後の彼には捕手からの転向もありうるかもしれない。加藤健田中健太郎は数年先を見据え大きく育って欲しい。共に強肩強打と本来の守備面が遅れを取っているところが課題だ。

  投手陣では、2軍で投げるべきでない2人の投手がチーム2位の躍進の勝因でもあった#全く不本意。小野仁(8勝4敗 防2.55)、西山一宇(7勝1敗 1.01)と無類の安定感を漂わせた。共に一軍では制球に不安なところをみせるが、二軍では格下相手に見下して投げているぐらいに感じられる。不利なカウントでも変化球でカウントを取りピンチを脱した「制球」も重視し方向転換した方が彼らのためでもあるのだろうか。共に来季は一軍で投げる姿をみせるのみ。岡島秀樹は前半二軍で燻っていたが、一軍の怪我人と中継ぎ不足のため慣れない中継ぎにチャレンジ、彼も制球重視で開眼した。彼の制球力は投球フォームに引きずられるものなのでより一層のフォーム固めを。南真一郎も球威ある直球と落差のあるフォークで這い上がってきた。榎康弘は、千葉ロッテにテスト生として合格して出戻りすることになった。変化球(チェンジアップとフォーク)を中心に打者に的を絞らせない結果を残す投球を期待したい。
  ホセデセンス共に上では活躍できなかったが、ファームでは単調な球種も球威で押して圧倒した。もう少し見てみたかったが、フロントは伸び幅を期待できず解雇にしたそうだが、現場では楽しみな存在と見解の不一致もあった。もし残留していたら彼らの2年目はどうなっていたのだろうか・・・。#しかし投手陣はこの助っ人二人小野仁西山一宇の年だった・・・
  玉峰伸典進藤実中村喜之も社会人経由組も来季は結果を少しでも残したいところだ。特に中村喜之はまだ細みながら振り下ろすダイナミックな投球は来季花開くと感じる(課題は制球並びにフィールディング!?)。安原政俊酒井純也のルーキー組はより一層の登板に耐えられる体作り他ピッチングの基礎の徹底を#ドラフトでも高校卒投手の獲得は急務だったが、球団は即戦力を優先する形となった。この選択がどういうものになるのか・・・不安だ。

来季2軍からスタメンに割り込めそうな選手はいないが今後楽しみな野手も多い。来季も育成重視の方針を見守りたい。しかし投手陣はかなり厳しいものになると思われる。


ページの作成者: 健一