1999年度 雁ノ巣ホークス


打撃成績(ウエスタン・リーグ)

*左打 +両打

  背番号   氏名   試合数 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 失策 打率
捕手 2   城島 健司 (ダ) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 30   内ノ倉 隆志 (ダ) 21 70 19 3 15 0 2 0.271
捕手 39   川越 透 (ダ) 79 208 62 7 34 2 9 0.298
捕手 46 坊西 浩嗣 (ダ) 32 85 26 0 10 0 7 0.306
捕手 61   本田 明浩 (ダ) 43 57 7 1 3 1 3 0.123
捕手 69   杉田 勇 (ダ) 61 94 20 1 8 2 1 0.213
内野手 4   柳田 聖人 (ダ) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 5   吉本 亮 (ダ) 90 296 57 2 26 0 16 0.193
内野手 6   湯上谷 ьu (ダ) 6 18 6 1 4 0 0 0.333
内野手 7   井口 忠仁 (ダ) 1 3 1 0 0 0 0 0.333
内野手 8 浜名 千広 (ダ) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 9   小久保 裕紀 (ダ) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 10 本間 満 (ダ) 65 234 59 1 25 13 9 0.252
内野手 25 若井 基安 (ダ) 52 131 38 0 17 1 4 0.290
内野手 26 松中 信彦 (ダ) 1 2 0 0 0 0 0 0.000
内野手 27 吉永 幸一郎 (ダ) 2 4 1 0 0 0 0 0.250
内野手 35   河野 亮 (ダ) 52 200 53 11 40 1 4 0.265
内野手 53 小川 浩一 (ダ) 59 133 35 2 24 0 8 0.263
内野手 57   林 孝哉 (ダ) 6 16 5 0 2 0 0 0.313
内野手 59   笹川 隆 (ダ) 23 17 0 0 0 1 0 0.000
内野手 65   新里 紹也 (ダ) 71 158 35 0 11 6 9 0.222
外野手 0   大越 基 (ダ) 18 56 16 0 5 5 2 0.286
外野手 1   秋山 幸二 (ダ) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 23 村松 有人 (ダ) 11 42 12 0 2 0 0 0.286
外野手 31 柴原 洋 (ダ) 2 6 1 0 0 0 0 0.167
外野手 40 脇坂 浩二 (ダ) 66 218 72 6 47 7 5 0.330
外野手 48 西島 貴之 (ダ) 72 229 66 1 21 11 3 0.288
外野手 51 吉本 一義 (ダ) 60 172 48 2 23 4 1 0.279
外野手 55   大道 典良 (ダ) 1 5 3 0 4 0 0 0.600
外野手 58   辻 武史 (ダ) 90 137 29 2 9 11 2 0.212
外野手 62 出口 雄大 (ダ) 47 145 45 4 14 11 3 0.310
外野手 63 森山 一人 (ダ) 38 63 16 0 7 5 1 0.254
外野手 68 高橋 和幸 (ダ) 87 237 60 1 10 10 3 0.253
外野手 42 ニエベス (ダ) 33 112 23 7 19 1 3 0.205
内野手 35   鳥越 祐介 (ダ) 6 18 3 1 2 0 1 0.167
      チーム試合数   100              

投手成績(ウエスタン・リーグ)

*左投

  背番号   氏名   試合数 勝利 敗戦 投球回数 被安打 被本塁打 自責点 防御率
投手 11 小椋 真介 (ダ) 29 5 2 82.33 60 5 25 2.84
投手 12   斉藤 貢 (ダ) 33 0 1 36.67 35 1 10 2.45
投手 13   ヒデカズ (ダ) 8 1 4 38.33 46 5 25 5.87
投手 14   若田部 健一 (ダ) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 15   藤井 将雄 (ダ) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 16 篠原 貴行 (ダ) 5 0 1 8.67 15 2 7 7.27
投手 18 松 修康 (ダ) 24 2 2 57.67 69 8 25 3.90
投手 19   永井 智浩 (ダ) 1 0 0 2.00 5 0 3 13.50
投手 21   山崎 慎太郎 (ダ) 4 0 0 10.67 11 2 6 5.06
投手 22   長富 浩志 (ダ) 22 1 1 25.00 26 2 7 2.52
投手 24 土井 雅弘 (ダ) 17 2 4 34.67 44 4 36 9.35
投手 28 渡辺 正和 (ダ) 33 2 5 51.67 56 4 23 4.01
投手 29 福山 龍太郎 (ダ) 18 0 2 30.33 38 6 37 10.98
投手 32   木村 茂 (ダ) 20 1 2 23.33 37 2 18 6.94
投手 33   星野 順治 (ダ) 3 2 0 19.00 7 0 1 0.47
投手 34   吉武 真太郎 (ダ) 12 2 4 56.67 67 6 26 4.13
投手 36 濱涯 泰司 (ダ) 18 3 7 95.67 111 7 40 3.76
投手 37 佐久本 昌広 (ダ) 6 2 1 25.67 24 3 8 2.81
投手 38   西村 龍次 (ダ) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 41   倉野 信次 (ダ) 22 6 3 81.00 75 3 30 3.33
投手 43   山田 勉 (ダ) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 44   水田 章雄 (ダ) 23 3 1 38.67 36 1 17 3.96
投手 45   岡本 克道 (ダ) 4 0 0 4.00 1 0 0 0.00
投手 47 工藤 公康 (ダ) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 49 吉田 修司 (ダ) 1 0 0 1.00 0 0 0 0.00
投手 54   村上 鉄也 (ダ) 1 0 0 0.00 1 0 3 ERR
投手 64   田之上 慶三郎 (ダ) 3 2 0 6.67 7 0 0 0.00
投手 66   カズミ (ダ) 11 1 0 17.00 11 1 4 2.12
投手 67   松本 輝 (ダ) 21 5 8 101.33 116 8 51 4.53
投手 50   ペドラザ (ダ) 2 1 0 11.00 11 1 2 1.64
投手 60   ランデル (ダ) 14 0 0 19.33 16 0 3 1.40
      チーム試合数   100 41 48 852.33 909 71 404 4.27

【1999年度雁ノ巣ホークスを振り返って・・・】

  今季一軍は悲願のリーグ優勝、そして日本一を果たしたがその裏にはファームからの戦力供給が確かに存在した。特に投手陣は、武田一浩FA流出というマイナスにも関わらず永井智浩星野順治若田部健一と昨年全く戦力にならなかった面子が投手陣の核になった(勿論精神的支柱である工藤公康の存在を語るに及ばず)。来期以降も楽しみな若手投手が工藤公康の存在をカバーできるか。
  しかし打者での成長株が見えなかった。近年一気に一軍に定着している若手選手も多くいるので一概には言えないが来期以降の広いドーム野球で跳ねる打者育成も欲張りながら求めたいところだ。

  打者陣では、一軍の規定打席到達者が8人とほぼ固定メンバーと強固なだけにじっくり育成に時間をかけられる環境ではある。
  今季地元九州学院卒の大物打ちルーキー吉本亮は、プロのスピードに当たって砕けてしまった格好だ。高校時代甲子園で一試合2本の本塁打をかっ飛ばして評価を上げた様に見えたが、ともに緩い変化球だった。心配な部分が露呈してしまい守備もサード一本で勝負したが拙守は否めなかった。今後の課題も多いが大物打ちに固執せずシャープに振り抜くバッティングを!#こういう骨太選手は見守り甲斐があると思う、もう暫く待ちたい。来季も『重点強化選手』として扱かれるだろう。
  3年連続でファーム規定打席に達した西島貴之は、本塁打を棄てた安打製造器ぶりも板に付いてきたが、そろそろ上に行くための何かが欲しい・・・。
  脇坂浩二はここ数年幾度と無くフォーム改造を繰り返していると聞いているが高橋ヨシヒコ似の打撃フォームは健在なのか!?体は小さいが近大付高時代からの打撃センスも・・・#もう10年が過ぎたか・・・
  本間満も持ち前の「足、両打」共にそこそこレベルで、今季は故障も相まって昨年並みの成績に終わってしまった。高橋和幸はファームながら初の規定打席到達、投手入団ということからも強肩、そして俊足・・・。足を活かしてチャンスを作り、外野守備で来季は一軍へ割り込めるか!?3割近い打率をキープしていた時期もあったが最終的に打率は2割5分3厘。#やはり淡泊な打撃が課題。
  昨年一軍のバイプレイヤーで光った新里紹也は故障もあって出場機会が一気に減ってしまった(98年68試合→99年7試合)。復調後もそのままファームに定着した格好だ、バイプレイヤー返り咲きなるか。その代わりに林孝哉が持ち前のチャンスに強いといわれる打撃で一軍定着を果たした。#8年目の一軍初本塁打。一軍77試合出場。
  吉本一義はここ数年持ち味のパワーから確実性ある打撃を追求している。重なるタイプが多いだけに何か特長が欲しい。辻武史は昨年に続き多くのチャンスをもらった形だが、足では相変わらずアピール出来ているが、粗い打撃が目に付いてしまう・・・。本人弁の「ファームのレギュラー」の過程目標に、数字も追い付きたいところだ。
  昨年テスト組の出口雄大森山一人は怪我の影響もあり一軍への出場はあまりなかったが、共に俊足強肩!まだまだチャンスに応えうる能力はある。<どちらかだけでも・・・。
  懸念の捕手陣は、「高い壁」城島健司の存在があるが、怪我もしくは将来的にコンバートがあるかもしれないので虎視眈々とホームベースに睨みをきかせたい。主な出場選手は内ノ倉隆志川越透坊西浩嗣杉田勇でベテラン川越透の出場機会が目立った。「将来的」には2軍のバッテリーコーチ適任か!?他捕手陣は「守」よりも「打」が売りの選手達なのでより一層の「守」のレベルアップを!

  シーズンに入っての投手陣一番の戦力供給は、星野順治。昨年フォームを改造、やや下げてシュート・シンカー系のボールが有効になったのはご存じの通りだ。4月の一軍投手陣の怪我人とファームでの好成績(1完投、1完封)もありそのまま定着、優勝の一端を担った。
  来季彼に続く一番手と目されるのは小椋真介だ。ルーキーながら29試合82回1/3回 防御率2.84と成績も残したが、投球内容に今後の大きさを感じる。制球はままならないところもあるが、150`近いストレート主体の大型左腕は来季短いイニングで先ずは結果を残しそうだ。将来的には先発を任せたいが来季篠原貴行先発転向があった場合今季の中継ぎ役にはまるかもしれない。今季もファームでそのような使われ方に対して剛速球で応える働きをみせた。#来季とは言わずホークスの看板を背負える器だ。#更に言うなら「面構え」がいい
  同じくルーキーの松修康は一軍での活躍を期待された部分は、小椋真介より高いはずであった。しかしプロの壁にぶつかった形となった。ストレートは噂通り速いそうだが多彩な変化球はガセ(カーブのみ)では?との報告もはいっている。制球は殊の外ノーコン、また被本塁打8本(一試合3被本塁打もあり)と課題は多い。同じく松本輝も同被本塁打だが投球回数(松本輝:101回1/3、松修康:57回2/3)が違う。来季このまま停滞すると先輩作山和英(東北福祉大卒、ドラ2位ながら僅か2年で引退。成績9試合1敗 防御率8.64 現Hスカウト)の憂き目に会うと予測する人もいるかもしれない。#来季期待!ストレートの速さは天性なのだから。
  水田章雄は、投球回数に近い奪三振数を誇る本格派、シーズン後半は一軍にも昇格し初勝利を飾る。昨年一軍で中継ぎをこなしていた倉野信次だが、後半右肩痛でリタイヤ・・・、今季ファームで先発起用された来期以降の起用方法も気になる。木村茂も今季ブレイクするか?と見てもいたのだが、昨年150`もマークするほどの速球派も制球矯正の中沈んでいくのか?
  ファームの抑え役、斉藤貢は小回りの利く中継ぎとして活路を見いだせるか。福山龍太郎もクセ球を持つ左腕も制球難に一軍に推薦されるまでは至らなかった。土井雅弘吉武真太郎の中堅所も期待はそう小さくはない。。。
  松本輝は、ファームながらプロに入って初めてローテーションを一年間守り通した。タイプ的にどのような投手かわからないが数字の上でなら来季も見守り甲斐がありそうだ。カズミも昨年の右肩手術のリハビリから復活の一部分を見せた、ファームでもストレートはかなりの球速も出ていたそうだが、終盤一軍、グリーンスタジアム神戸で150`をマーク!一躍楽しみな存在となった。ランデルは中継ぎを中心に結果を残した、もしもペドラザ不調の際には抑え抜擢もありうる!?
  今季に続き来季もホークスが飛び続けるためには、第2の「永井星野」の掘り起こしを!


ページの作成者: 健一