1999年度 所沢ライオンズ


打撃成績(イースタン・リーグ)

*左打 +両打

  背番号   氏名   試合数 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 失策 打率
捕手 5   中嶋 聡 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 22   和田 一浩 (西) 59 225 67 12 35 9 7 0.298
捕手 27   伊東 勤 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 31   植田 幸弘 (西) 23 37 5 1 4 0 2 0.135
捕手 52   今久留主 成幸 (西) 23 12 1 0 0 1 1 0.083
捕手 62   渡辺 孝男 (西) 42 74 17 5 11 1 1 0.230
捕手 68 田原 晃司 (西) 66 158 41 1 20 1 4 0.259
内野手 2   黒田 哲史 (西) 69 193 42 2 16 5 6 0.218
内野手 3   玉野 宏昌 (西) 88 331 77 11 47 8 15 0.233
内野手 4   シアンフロッコ (西) 18 56 15 2 8 2 1 0.268
内野手 6   田辺 徳雄 (西) 31 102 39 4 24 0 3 0.382
内野手 7 松井 稼頭央 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 8 鈴木 健 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 9   赤田 将吾 (西) 74 262 62 10 36 12 8 0.237
内野手 10 高木 大成 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 24   金村 義明 (西) 18 38 5 0 3 0 0 0.132
内野手 30   原井 和也 (西) 16 50 13 0 2 3 3 0.260
内野手 32   犬伏 稔昌 (西) 59 115 39 6 22 2 0 0.339
内野手 40 高木 浩之 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 45   高山 健一 (西) 59 143 33 2 17 1 12 0.231
内野手 57 上田 浩明 (西) 1 3 0 0 0 0 0 0.000
内野手 59   前原 博之 (西) 71 188 66 8 46 3 4 0.351
内野手 61   古屋 剛 (西) 62 177 56 6 28 12 8 0.316
内野手 65   岸川 雄二 (西) 34 51 5 1 1 0 0 0.098
内野手 66 安藤 真児 (西) 51 71 15 1 10 1 0 0.211
外野手 0 河田 雄祐 (西) 34 97 22 2 8 6 0 0.227
外野手 1 ブロッサー (西) 15 42 12 2 6 1 2 0.286
外野手 12 柴田 博之 (西) 55 207 48 1 12 19 6 0.232
外野手 23 大塚 光二 (西) 28 86 26 0 9 5 0 0.302
外野手 25   青木 和義 (西) 73 157 34 3 18 1 3 0.217
外野手 37 大友 進 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 44   清水 雅治 (西) 16 27 7 0 4 3 1 0.259
外野手 51 小関 竜也 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 55   垣内 哲也 (西) 1 3 1 0 0 0 0 0.333
外野手 58 宮地 克彦 (西) 92 259 71 1 21 8 0 0.274
内野手 42 ジンター (西) 18 61 19 5 11 1 1 0.311
外野手 29    平塚 克洋 (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 63 ポール (西) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
      チーム試合数   100              

投手成績(イースタン・リーグ)

*左投

  背番号   氏名   試合数 勝利 敗戦 投球回数 被安打 被本塁打 自責点 防御率
投手 11   安藤 正則 (西) 4 1 0 13.67 11 1 7 4.61
投手 13   西口 文也 (西) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 14   石井 貴 (西) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 15   谷中 真二 (西) 18 11 2 81.67 69 0 21 2.31
投手 16   潮崎 哲也 (西) 7 2 0 33.00 19 2 8 2.18
投手 17   新谷 博 (西) 18 7 4 106.33 103 7 29 2.45
投手 18   松坂 大輔 (西) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 19   森 慎二 (西) 2 0 2 15.00 12 0 2 1.20
投手 20   豊田 清 (西) 5 2 3 37.33 36 3 10 2.41
投手 21   西崎 幸広 (西) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 26 星野 智樹 (西) 15 1 3 51.67 44 3 22 3.83
投手 28 竹下 潤 (西) 17 4 2 42.00 47 4 18 3.86
投手 29 杉山 賢人 (西) 8 0 0 9.67 6 1 4 3.72
投手 33   ブロス (西) 10 0 5 51.33 50 3 28 4.91
投手 34 橋本 武広 (西) 1 0 0 1.67 0 0 0 0.00
投手 35 土肥 義弘 (西) 13 3 1 26.33 24 2 9 3.08
投手 36   デニー友利 (西) 6 0 1 7.33 6 1 3 3.68
投手 38 佐藤 友紀 (西) 19 2 2 36.33 40 5 20 4.95
投手 39 富岡 久貴 (西) 12 0 2 19.67 24 3 11 5.03
投手 41   鳥谷部 健一 (西) 8 1 1 22.00 22 3 7 2.86
投手 43   横田 久則 (西) 9 2 2 41.33 39 0 12 2.61
投手 46   木村 恵二 (西) 6 0 1 7.00 8 0 2 2.57
投手 47   寺本 比呂文 (西) 24 6 3 94.00 81 10 43 4.12
投手 48   馬渕 隆雄 (西) 9 0 0 10.33 13 1 9 7.84
投手 49   佐藤 秀樹 (西) 23 2 3 32.33 22 1 6 1.67
投手 50   松田 和哉 (西) 3 0 0 3.00 4 1 4 12.00
投手 53 大島 寛 (西) 15 1 0 20.00 15 1 7 3.15
投手 54   芝崎 和広 (西) 28 4 2 43.67 40 5 16 3.30
投手 56 平良 幸一 (西) 39 1 2 40.67 28 2 15 3.32
投手 60   マニュエル (西) 20 0 5 30.00 38 2 19 5.70
投手 69   小石澤 浄孝 (西) 6 0 1 5.33 2 0 7 11.81
      チーム試合数   100 50 47 882.67 803 61 339 3.46

【1999年度所沢ライオンズを振り返って・・・】

  今季は開幕前から投打共に未知数の部分が多いと感じていたがまさかの記録的開幕連敗でスタートした(結果的にリーグワーストの11連敗)。スタートダッシュ失敗は打線の弱さにあったが、その後打線(ルーキー達の実力か!?)・投手が整備され開幕連敗の借金を徐々に返した。投手陣では若手で楽しみな選手も見えた。

  打線は赤田将吾がルーキーながら引っ張った。開幕3番セカンドも持ち味である打撃も、プロの変化球に戸惑い打率は1割前後をウロウロする程だった。しかし首脳陣は3番を固定し続け、その結果チャンスに強い打撃をみせ始めたた。前半戦はチーム一の打点を稼ぎ、本塁打も高卒新人の記録である11本にあと1本足りなかったが長打も残した。後半戦は一軍への抜擢もあり本塁打は増えなかったが、一軍でもキラリと光るものを十分見せた。来季も複数ポジション・スイッチヒッターと可能性にチャレンジだ。
  柴田博之は俊足巧打のリードオフマン、チーム一の「韋駄天」だ。俊足を活かした守備も上手く、何気なく見えるが、ボールの下に素早くはいる所は天性のものを感じる。全体的に打撃は当てようとしているように見え、速球に振り切れずレフト方向への力ない飛球を見せる場面もあった。「足」「守備」は一軍ものなのだから、 来季は打撃にも「力強さ」が欲しい。#塁に出れば足も活かせることだろう・・・。
  玉野宏昌もルーキーに刺激を受けて一軍に抜擢されもした。前半戦の絶不調(一割を下回る低打率)を考えるとよくここまで戻したかなと思う。タイプ的には大物打ちではないが6番、7番を張れる打者だ。将来的には松井稼との三遊間コンビ実現出来るか、また走攻守にスマートな新「3番」をもう少し待ちたい。
  古屋剛は持ち前の長打力こそ昨年の10本から6本と減ったが安定した打撃を残した。そして大柄な体格ながら盗塁数も柴田博之に次ぐものがあった。来期以降もこの長打力と内野守備は楽しみだ。和田一浩も昨年に引き続きファームでは格の違いを見せたが、リード面での信頼はまだなのか外野手や一塁手としての打撃を優先させる格好は相変わらずだ。本来なら捕手を張って欲しいのだが・・・。来期以降の起用方法に注目!。宮地克彦も昨年はイースタン首位打者からもわかるようにシャープなバッティング、同タイプの打者が多いチーム構成からチャンスは少ないが、上でも代打で使えると思う。昨年外野手の一角を手中に収めかけた青木和義もしぶとい打撃が見られず本人にとっても口惜しい一年だったのではないだろうか。#来季に何かを残さないと特長が少ないだけに辛いかもしれない。
  黒田哲史犬伏稔昌はここ数年ファームで燻っている状態だ。黒田哲史は持ち味の守備力と繋ぎの打撃、犬伏稔昌はポスト清原と言われ続けた打撃でのし上がってもらいたい。
  前原博之高山健一の両ベテランは流石の一面を見せるものの、今後の伸び幅がないだけにファームに甘んじる形となった。代打や怪我人のサポート的起用もありうるのでファームとはいえ己を磨き続けるしかない。田辺徳雄も数少ない森監督時代からのV戦士であったがファームで燻る日々を送った。来季からはジャイアンツとして最後の一花を咲かせて欲しい。
  捕手陣では田原晃司渡辺孝男の併用が目立った。スイッチヒッターとして打撃でも有利な田原晃司に対して渡辺孝男もなかなかの強肩だ。来季以降のファーム正捕手争いも見物だ。

  投手陣は、そこそこ整備されてきた。3年目の谷中真二は安定感に抜群のモノを見せた。リーグタイ記録の9連勝し勝率1位のタイトルも獲得した。終盤一軍で谷間の先発を任されもした。派手さはないが内・外の制球力で一軍投手陣に割って入れる存在だ。先発・中継ぎと汎用性もある!
  左腕投手の活躍もめざましかった。土肥義弘はファームでも中継ぎとして良い仕事をして、遂には一軍でも左のワンポインとしての役割を担った。星野智樹は社会人出身ながら即戦力としての期待はされていなかったと思っていたのだが、一軍でも先発・中継ぎの活躍。ファームでは力のある速球が印象に残る。緩急ある投球が出来れば一軍定着だ。佐藤友紀もストレートに力強さを感じた。腕が体に巻き付くように見えるときは、変化球もかなり鋭く曲がる、数年後楽しみな左腕だ。平良幸一も軟投派の変則左腕だ、左打者も手こずるであろうスライダーは使えると思う。#サポート的左腕は揃っている・・・この中から先発候補が出現するか!?
  寺本比呂文は、西口文也U世だ!顔付き・体格、投げ方までそっくりである。ノラリクラリとかわしつつズバッと直球!は緩急も効いておりおもしろいが、終盤に捕まる傾向がある。#課題はスタミナ!
  鳥谷部健一は大きな飛躍を期待していただけに肩すかしの格好の一年になってしまった。怪我もあったのか登板数も少ないが、制球が酷すぎた・・・投球回数に迫る勢いの四球は如何ともし難い。持ち味のストレートはファームのそれではない。この剛速球を殺してまでの制球重視は止めて欲しいので、フォームの固定しかない。そして適度のあれ具合を!
  昨年ドラフト1位安藤正則も昨年・今年と肘痛に悩まされ満足な投球を全く見せられない状態だったが、終盤には大学時代を彷彿させる跳ねるような投球をみせた。来季も引き続きフォームの固定と怪我のない体作りか。
  芝崎和広もショートリリーフからロングリリーフと使い縁しない器用な投手だ。今季はイースタンリーグの最優秀救援も獲得した。打たせて取る投球が一軍で見られるか。ベテラン勢もチームを支えた。新谷博は落ち目とはいえ、まだまだファームレベルに染まる投手ではない。来季は日本ハムファイターズでの活躍が望まれる。横田久則は肩を痛めて調整の日々であった。まだ万全ではなさそうだが、変化球主体のベテランらしい落ち着いた立ち上がりも見せた。谷間の先発を狙いたい。佐藤秀樹はかなりの球威を誇っていた。制球に課題もあるが中日ドラフト一位は伊達ではない。なんとかこの球威を活かす改造を密かに期待。#投手育成には定評があるだけになんとかなるか!?

活きの良い投手陣を擁すが、本格派の先発がなかなか見あたらない・・・。何処にでもいるものではないが、更なる投手王国に向けて盤石体制に入れるか!?


ページの作成者: 健一