1999年度 鳴尾浜タイガース


打撃成績(ウエスタン・リーグ)

*左打 +両打

  背番号   氏名   試合数 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 失策 打率
捕手 9   北川 博敏 (神) 59 185 54 4 25 3 1 0.292
捕手 22   中谷 仁 (神) 23 25 5 0 0 0 2 0.200
捕手 27   山田 勝彦 (神) 31 71 20 2 12 0 1 0.282
捕手 39   矢野 輝弘 (神) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
捕手 44   吉本 亮 (神) 62 160 39 6 27 1 3 0.244
捕手 45   定詰 雅彦 (神) 42 78 17 0 6 1 3 0.218
捕手 63   片山 大樹 (神) 63 124 32 6 16 1 1 0.258
内野手 2   平尾 博司 (神) 44 142 34 3 13 5 5 0.239
内野手 3   八木 裕 (神) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 6   和田 豊 (神) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 7   今岡 誠 (神) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 12 星野 修 (神) 12 40 14 0 13 0 1 0.350
内野手 25   濱中 治 (神) 25 79 26 2 10 0 0 0.329
内野手 37   風岡 尚幸 (神) 76 219 67 2 24 10 5 0.306
内野手 38 樋口 一紀 (神) 48 99 23 1 3 2 2 0.232
内野手 40   塩谷 和彦 (神) 55 213 68 14 59 4 6 0.319
内野手 55 大豊 泰昭 (神) 5 18 7 2 9 0 1 0.389
内野手 60 田中 秀太 (神) 2 7 2 0 0 0 0 0.286
内野手 61   ブロワーズ (神) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
内野手 64   関本 健太郎 (神) 96 321 83 5 33 3 15 0.259
内野手 66   寺田 祐也 (神) 45 70 13 0 2 4 6 0.186
内野手 67   中里 鉄也 (神) 82 152 29 2 11 3 4 0.191
外野手 00   城 友博 (神) 85 250 64 1 19 9 4 0.256
外野手 0 吉田 浩 (神) 62 200 68 5 32 5 4 0.340
外野手 4   高波 文一 (神) 12 46 12 2 8 5 2 0.261
外野手 5   新庄 剛志 (神) 3 10 2 0 1 1 0 0.200
外野手 8 佐々木 誠 (神) 37 120 49 3 14 0 1 0.408
外野手 24 桧山 進次郎 (神) 4 15 5 1 4 0 0 0.333
外野手 32 坪井 智哉 (神) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 33   曽我部 直樹 (神) 88 302 81 11 40 4 1 0.268
外野手 42 ジョンソン (神) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
外野手 43 松井 達徳 (神) 68 176 49 6 22 3 3 0.278
外野手 54   平塚 克洋 (神) 0 0 0 0 0 0 0 ERR
      チーム試合数   100              

投手成績(ウエスタン・リーグ)

*左投

  背番号   氏名   試合数 勝利 敗戦 投球回数 被安打 被本塁打 自責点 防御率
投手 1   中込 伸 (神) 6 5 1 47.00 31 1 8 1.53
投手 5   新庄 剛志 (神) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 13   葛西 稔 (神) 12 1 0 21.67 16 1 9 3.74
投手 14 弓長 起浩 (神) 10 0 0 8.00 8 0 1 1.13
投手 15 湯舟 俊郎 (神) 6 1 2 35.00 30 0 9 2.31
投手 16   山崎 一玄 (神) 10 4 0 34.00 23 3 7 1.85
投手 18   藪 恵壱 (神) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 19   川尻 哲郎 (神) 5 2 2 30.33 28 2 12 3.56
投手 20   金澤 健人 (神) 15 3 1 46.33 53 4 18 3.50
投手 21   山村 宏樹 (神) 8 0 0 21.67 17 0 5 2.08
投手 26   竹内 昌也 (神) 7 4 2 45.67 35 1 9 1.77
投手 28   福原 忍 (神) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 29 井川 慶 (神) 7 3 2 39.33 42 3 19 4.35
投手 30   藤川 球児 (神) 3 0 0 12.00 8 2 6 4.50
投手 34   中ノ瀬 幸泰 (神) 32 6 3 54.67 38 4 16 2.63
投手 35   舩木 聖士 (神) 8 3 2 45.00 39 4 16 3.20
投手 36 田村 勤 (神) 4 1 0 4.67 4 0 2 3.86
投手 41   部坂 俊之 (神) 9 2 0 32.67 28 1 11 3.03
投手 46   村上 誠一 (神) 21 1 3 25.00 38 4 13 4.68
投手 47   伊藤 敦規 (神) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 48   片瀬 清利 (神) 18 1 0 18.33 13 1 3 1.47
投手 49   リベラ (神) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 50 清原 雄一 (神) 37 3 1 35.67 32 3 6 1.51
投手 51   井上 貴朗 (神) 20 6 2 80.67 65 2 21 2.34
投手 52 遠山 昭治 (神) 0 0 0 0.00 0 0 0 ERR
投手 56   橋本 大祐 (神) 24 3 6 86.00 97 4 33 3.45
投手 57   山岡 洋之 (神) 17 4 3 71.00 75 7 31 3.93
投手 58   寺前 正雄 (神) 11 1 1 23.00 26 1 8 3.13
投手 59   奥村 武博 (神) 1 0 0 1.00 1 0 0 0.00
投手 65   星山 忠弘 (神) 13 1 0 12.00 7 2 3 2.25
投手 69 メイ (神) 2 1 0 10.00 4 0 0 0.00
投手 91 吉田 豊彦 (神) 4 3 1 23.33 14 1 5 1.93
投手 99 安達 智次郎 (神) 16 0 1 14.33 12 1 7 4.40
投手 17 杉山 賢人 (神) 2 0 0 7 9 1 8 10.29
投手 53   ミラー (神) 1 0 0 4 5 0 0 0.00
      チーム試合数   100 59 33 878.33 784 52 278 2.85

【1999年度鳴尾浜タイガースを振り返って・・・】

 結果だけ見れば、2年連続ウエスタン優勝、今年はファーム日本一と結果を残してはいるが「将来性」に関しては「閉塞感」を感じずにはいられないほど切羽詰まっている(特に野手陣がそれに陥っている)。ファーム開幕も一軍候補選手の怪我人もありファーム選手不足で本来の守備位置からかけ離れたポジションを守らざるを得なかった。そしてそのメンバーも他球団からの移籍選手が占めベテランが溢れ返っていた。彼らも結果を残すという点ではチームを支えたが、ファーム本来の主旨からは大きく外れる。岡田監督も「選手調整の仕事もあり、若手を存分に起用できなかった」と悩みもあったようだが、ファームに希望の若手選手の絶対数が足りなかった。これも数年来のドラフト戦略のつけだ。即戦力に拘り「骨太選手(大器の高校生)」獲得を蔑ろにした報いだ。この現状は簡単には払拭できない。チームの補強方針を改めて考え直す必要がある。#勿論有能なコーチや専任のコンディショニングコーチでのサポートは言うに及ばず。

 さて話が脱線(贔屓球団故に心配なんです ^^;)したが、そんな打撃陣の中でも光る選手はいる。塩谷和彦は中盤までチームを引っ張り、ブロワーズ解雇もあり後半戦はサード・外野・セカンドと野村監督に抜擢されもした。打撃に守備がどれだけ追いつけるか注目。
 濱中治は春季キャンプからサードコンバートや大きな打撃には一軍の期待もあったが、脇腹痛で出遅れ復帰後打撃フォームを崩しファームでの再出発となった。春先の方針も棚上げとなりほぼ外野での起用だが打撃面はやはり大きな魅力だ。今季は一軍では結果こそ出なかったが将来彼がタイガースの軸になるであろう。
 一年間を通してファームに出場した選手としては、関本健太郎曽我部直樹のみである。関本健太郎は、昨年からの成長を期待したが大きく越えるものではなかったことは少し残念、しかし数少ない長打力もある内野手なので今後も注目だ。曽我部直樹は大味な打撃が、変化球の対応もある程度「可」になり昨年の打率「155」から「268」と打撃ベスト10にも入ることが出来た。守備では強肩が持ち味で秋季キャンプでは、野村監督に捕手としての可能性も探られるほど「強肩」なのだ。吉田浩も十分一軍で活躍できるそれをみせてくれた。同期新庄剛志には派手さでは敵わないものの泥臭いプレーを期待。
  片山大樹平尾博司等の伸び悩み選手も、良い意味で田中秀太を模範に諦めず上を向いて欲しい。#田中秀太野村監督に「足」から着目され今年の活躍に繋がったのだから#持っている物が急に伸びたわけではないということ。
  昨年のVメンバー北川博敏もファームレベルでは抜けているが、まだまだ攻守共に足りない。一軍で捕手道に勤しんで貰いたい。ルーキー寺田祐也は力不足を痛感したことだろう。高校時代には28本塁打も売りは守備、しかし非力な打撃でサードのみでは辛い。来季はセカンド・ショートコンバートも視野に入れてはどうだろう。
  吉本亮風岡尚幸城友博佐々木誠松井達徳他のベテランがシーズンを通してチームを支えた。来季も残留の選手は一軍でのサポートを求める以外のなにものでもない#といいつつも選手構成からみても大きくは変わらないだろう#時間が必要なのだから・・・。

  明るさの少ない打撃陣に対して、投手陣はまだ明るいのではないだろうか。期待が一番大きいのは、井川慶。今季秘密兵器と目されたがまだまだ実力は将来性を越えるものではなかった。一軍で初勝利を飾ったが、フォームの安定感を保てず、そこからくる制球力の無さに泣いた格好だ。来季こそ体力アップとフォームの固定を押し進めて欲しい。同じく藤川球児も体力不足が目立つ、見た目からも心配なほどの細さ。まあ見た目で野球をするわけではないが気になる点でもある。共に期待の若手、ファームでじっくり実績を残して一軍昇進を目指して欲しい。
  来季一軍を目指す可能性が高いのは近年入団した即戦力組、金澤健人部坂俊之橋本大祐山岡洋之だ。金澤健人は、NTT関東のチーム解散もあり高卒2年目での入団からも育成の感が強いが、まとまっているという点ではチームでも抜けている。非常に藪恵壱と似ている投球スタイル、物足りないのは「球速」で、140`以上は欲しい。緩急はスラーブが有効。部坂俊之橋本大祐山岡洋之はそれぞれシュート、スライダー、サークルチェンジの「クセ球」をどれだけ活かせるか注目だ。
  井上貴朗は最優秀防御率&最高勝率を獲得したが、本人も納得しておらず来季に向けてフォーム改造中。星山忠弘は終盤抑えに起用され結果も残していたが、黒潮リーグでは投球中の骨折と来季出遅れは必至。リハビリに勤しんで欲しい。

  今季非常に残念だったことは中谷仁の不慮の?左目事故、山村宏樹の自律神経失調症の原因となった件といい、グラウンド上の出来事でない残念なこともあった。このような形で無駄な挫折を味わす事のないような「環境作り」を御願いしたい。


ページの作成者: 健一