2000年度 鳴尾浜タイガース


打撃成績(ウエスタン・リーグ)

*左打 +両打 ■規定打席数270

  選 手













  濱中  治 66 280 217 56 71 13 44 13 56 4 31 1 0.327
* 吉田  浩 94 319 273 41 69 6 31 7 31 8 50 3 0.253
  曽我部直樹 85 303 254 41 63 13 44 6 40 8 63 4 0.248
〜 規定打席数未満 〜
  カツノリ 3 9 9 0 4 0 0 0 0 0 2 0 0.444
  北川 博敏 52 187 160 25 59 8 34 1 23 1 13 3 0.369
* 佐々木 誠 30 69 67 6 24 0 6 0 2 0 9 0 0.358
  定詰 雅彦 24 38 29 5 10 3 11 1 3 0 3 0 0.345
  寺田 祐也 30 25 18 3 6 0 1 0 5 0 1 3 0.333
* 桧山進次郎 1 4 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0.333
  山田 勝彦 30 80 69 11 22 4 12 0 4 1 12 2 0.319
* 星野  修 47 157 133 30 39 8 19 5 15 2 22 2 0.293
  上坂太一郎 78 240 195 37 57 4 23 10 31 0 22 1 0.292
  広澤 克実 11 16 14 2 4 2 5 0 2 0 4 0 0.286
  関本健太郎 58 207 174 30 48 9 31 2 19 3 27 10 0.276
* 松田 匡司 66 236 207 27 57 6 25 12 25 2 36 1 0.275
  今岡  誠 50 214 190 30 52 5 28 4 19 2 25 9 0.274
  吉本  亮 31 86 75 13 20 7 15 0 11 0 19 3 0.267
  塩谷 和彦 58 202 184 26 49 6 35 4 16 1 25 11 0.266
  的場 寛壱 51 205 178 20 47 4 18 8 15 3 30 13 0.264
  片山 大樹 35 71 58 11 15 2 6 0 10 0 9 1 0.259
+ 高波 文一 21 77 71 11 18 0 4 9 6 0 7 0 0.254
* 田中 秀太 3 10 8 1 2 0 0 2 2 0 0 1 0.250
  風岡 尚幸 68 154 133 19 32 1 12 4 14 0 22 4 0.241
  選 手













+ ハートキー 8 32 25 3 6 1 2 1 7 0 7 1 0.240
  バ ト ル 37 129 121 14 29 7 18 0 7 1 13 3 0.240
  高山 智行 38 26 21 8 5 0 2 2 3 0 4 1 0.238
  八木  裕 24 43 35 3 8 1 5 1 7 1 8 0 0.229
* タラスコ 6 24 20 4 4 1 3 0 4 0 2 0 0.200
  平尾 博司 5 17 15 1 3 0 1 2 0 1 2 0 0.200
  中谷  仁 39 97 79 6 15 2 12 0 11 0 18 1 0.190
  新井 亮司 42 82 77 5 13 2 6 2 4 0 33 9 0.169
* 大豊 泰昭 6 19 17 1 2 0 2 0 2 0 3 0 0.118
+ フランクリン 3 13 11 1 1 0 2 0 1 0 5 0 0.091
  橋上 秀樹 25 41 38 2 3 0 1 0 3 0 3 0 0.079
  投手陣 156 132 6 16 0 5 0 8 0 65 5 0.121
  チーム合計 100 3868 3310 499 874 115 463 96 407 38 595 92 0.264

投手成績(ウエスタン・リーグ)

*左投 ■既定投球回数80

  投 手




投球回











  山岡 洋之 12 6 3 0 80   66 2 6 2 43 18 17 1.91
  井上 貴朗 17 5 7 1 90 +2/3 79 6 21 8 69 45 36 3.57
〜 既定投球回数未満 〜
  川尻 哲郎 1 0 0 0 3   2 0 0 0 4 0 0 0.00
  葛西  稔 2 0 0 0 3   3 0 1 0 4 0 0 0.00
* 杉山 賢人 5 1 0 0 5 +1/3 3 0 1 1 6 0 0 0.00
* 西川 慎一 3 0 0 2 1 +2/3 1 0 2 0 4 0 0 0.00
* ラミレズ 7 4 1 0 37   31 2 5 2 17 4 4 0.97
* 吉田 豊彦 7 0 0 0 14 +1/3 13 0 6 0 9 4 2 1.26
  中込  伸 11 1 0 1 27 +1/3 23 1 4 0 23 9 4 1.32
  藤川 球児 10 6 1 0 59   44 2 19 4 34 17 11 1.68
  窪田  淳 25 1 0 2 36 +1/3 25 3 11 5 33 11 7 1.73
* 吉野  誠 10 4 1 0 56   56 3 25 0 43 21 13 2.09
  ハンセル 7 2 0 0 22   23 1 8 2 16 9 6 2.45
  竹内 昌也 11 2 2 1 19   21 1 2 3 9 9 6 2.84
  与田 剛士 2 0 0 0 3   4 0 3 0 3 4 1 3.00
  ミ ラ ー 9 1 2 1 23 +2/3 24 0 11 2 16 8 8 3.04
* 弓長 起浩 20 3 0 1 23 +1/3 28 1 7 0 18 10 8 3.09
* 井川  慶 12 4 2 0 70   69 8 34 1 50 35 25 3.21
  部坂 俊之 32 4 2 6 44 +2/3 39 3 7 2 38 17 16 3.22
* 湯舟 敏郎 2 0 1 0 9   8 0 4 0 4 4 4 4.00
  山崎 一玄 14 8 0 0 57 +1/3 60 5 15 1 32 27 26 4.08
  舩木 聖士 26 4 2 1 53 +2/3 52 13 12 1 42 27 26 4.36
  投 手




投球回











* 田村  勤 27 0 2 4 22 +1/3 16 4 7 0 28 11 11 4.43
  岡本 浩二 10 2 5 0 61 +1/3 71 8 23 2 51 43 40 5.87
  奥村 武博 14 1 2 0 36   36 4 23 1 18 28 25 6.25
  金澤 健人 8 0 1 0 8 +1/3 12 1 5 0 11 7 7 7.56
  橋本 大祐 8 0 1 0 18 +1/3 26 3 13 0 8 20 16 7.85
  チーム合計 100 59 35 20 885 +2/3 835 71 275 37 633 388 318 3.23

【2000年度鳴尾浜タイガースを振り返って・・・】

ファームの空洞化を以前より私が予見していた3年でだいたい精算できたと感じている(これはテスト生大量入団&若手の伸び悩みによるポッカリと空いてしまった空洞を指し、ドラフトによる若手選手獲得それと同じく戦力外も行い新陳代謝!)。しかしまだこれも過程である。その過程にやや完成したチームが出来上がってしまった。今年本来一軍で活躍するのでは?と目論んでいた選手の伸び悩みが痛い(特に打撃陣)。この働きを目された選手達を一挙に一軍へ送り出したい昨今だ!
#成績自体はウエスタンを制覇してもおかしくない戦力を擁していたが終盤意外な大差で2位となった。

■濱中おさむ(神)
 いつまでファーム一押しと言わせるのか・・・濱中治。「東の岩村明憲(ヤ)、西の濱中治(神)」と見ていたが今のところ大ハズレ!?ファームでは今季もチャンスに強いスラッガーを演じているのだが、一軍ではその片鱗を見せない、また守備に不安があり昨年のサード転向も自然消滅(と言っても脇腹痛の影響もアリなのだが)していった。ただ外野でもその守備力は左翼でもおぼつかないところもある。個人的にはどうせダメなら三塁手復帰でチャンスを与えたいと思っていたが、秋季キャンプで再度三塁手転向の指示が野村克也監督からあった。このチャンスをなんとかものにして来季こそ一軍の足掛かり、そしてスタメンにも名を連ねるような活躍を祈る。春季キャンプ&オープン戦での過度の活躍が必須#二軍はもう卒業!

■関本健太郎(神)
 濱中治と同期の関本健太郎はシーズンオフの怪我もあり出だしが遅れたが、58試合出場(207打席)ながら9本塁打とパンチ力もある。右腓骨筋腱(みぎひこつきんけん)脱臼手術(右足首付近)の影響から守備の不安もあり復帰直後も守備の負担も鑑み三塁手として起用、その後二塁手・遊撃手と順調に戻った(リハビリ中に痛めた場所の強化により以前より強くなるので見通しは悪くないと新聞誌上に載っていた)。タイガースの激しい内野手争いもあるが、彼には長打力という他の選手にはない武器があるのでこの荒々しさを唯一の売りとしたい(野村克也監督好みではないような気もするが・・・)。またシーズン終盤には一軍でも2試合5打席のチャンスも初めてもらえた、来季は一気にケンタローの株を上げたい!

■上坂太一郎(神)
 ルーキーで韋駄天ぶりを見せてくれたのが上坂太一郎だ。小柄ながら波留敏夫(横)二世と称されるように俊足強打のハッスルはなかなかの買いである、走塁も果敢でオーバーラン!?も間々目にしてしまった。しかし盗塁センスは非常に高く盗塁企画数に対する成功率の高さから伺える。シーズン中にはスイッチ挑戦、また内野手挑戦と忙しい一年目でもあった。そして一軍でも21試合出場。チームに足りない俊足内野手、出だしがはまればリードオフマンとしての起用も十分有り得る。#何事もチャレンジ

■松田匡司(神)
 下位指名ながら実戦派の松田匡司も見逃せない。安芸の春季キャンプで初めて見て個人的に「ビビッ」と来た好選手と見ている。自然体の構えから振り抜きの速いスイングはシャープ且つ的確、バットコントロールやボールを見送る姿でも十分にセンスを感じる(彼は走者を返すタイプですよ)。<この選手は汎用性あり!
 守備では新庄剛志、曽我部直樹に次ぐ相当な強肩、一軍では守備で失敗もあってかまだ粗いのイメージがあるようだが、私は新庄剛志がFAでチームを去ったケースを考えるならば彼を外野スタメンに起用したい。来季は一軍ベンチに置くべき逸材。

■的場寛壱(神)
 怪我に泣かされてしまった的場寛壱は痛かった・・・キャンプ中の脇腹痛に始まり、左膝痛で夏場一ヶ月戦線離脱、仕舞いには右手親指骨折で今季絶望と紙上で的場寛壱を見るときは怪我の事ばかり・・・。守備では強肩と堅実な守備を誇る、やや打撃で弱いところもあるが、「0.250〜0.300」の間は残せるようなキャパシティーを持つと考えている。2000年ドラフトでは数人の即戦力遊撃手も補強、2年目のシーズンは相当な覚悟で臨まねば鳴尾浜に長期滞在も有り得る。

■新井亮司(神)
 入団後は、内野手として再出発を目指す新井亮司。打撃では当たれば凄い・・・も当たる確率は相当低い、、、ここら辺りは振り込んで振り込んで精進して貰いたい。今季は代打を中心とした出場だったが、来季は守備(三塁守備)に立てるぐらいの守備力を持ち合わせていて欲しい。今季は鳴尾浜で岡田彰布2軍監督と新井亮司の「特守」風景はお馴染みだったそうだ。アマチュア時代を通しても本格的な三塁手をしたことがないのだから地獄の特守であったことだろう。「打撃」「守備」ともに現時点ではまだまだだが新井亮司の底に眠っているはずのナニかが開花して欲しいものだ。#2001年重点強化選手!

■今岡誠(神)
 内野のキーマン、勿論一軍でその姿を見せて欲しいのだが、鳴尾浜で50試合も出場してしまった今岡誠。一軍では細かいプレーや巧いプレーが見られず、しかも野村克也監督にはやり玉に挙げられるなど、か細い神経?の今岡誠には今年も辛い一年だった。ファームでは意外にノビノビとやっているように見られ、結果もまずまず(2軍だしな)。
 がに股ちっくな構えは右の片岡篤史(日)を彷彿させる(・・・いや、彷彿したい)。二打席連続スリーランホームランも放ったり、思いきりの良い打撃が目立った。外野への転向も囁かれるがやはり強肩大型二塁手として再度チャレンジして欲しい、そして打撃も二年目の曲者ぶり(+ノビノビ野球!)を期待。

■曽我部直樹(神)
 昨年岡田彰布監督にファームで一番伸びたと言われた曽我部直樹だが、完全に自分の持っている全てをさらけ出した格好だ。成績的にもこれ以上の伸びしろを感じない・・・。しかし彼の生きるべき道が閉ざされたわけではない。新庄剛志無き後「チーム一の強肩(球界でも屈指)」は曽我部直樹だろう。守備的且つ代打で活路を見いだせればまだまだ捨てたモノではない。課題の打撃だが一昨年の一本足打法のパワーと昨年からのすり足の安定感というこれだという方向性は決まったので後は首脳陣も巧いことパートで起用するだけだろう。#代打ではコンパクトなスイングを!

■星野修(神)
 年々徐々に野球が上手くなるように感じる星野修。しかし久慈放出までが彼の期待のピークだったのか、正遊撃手取りに失敗してから精彩がない。個人的にはかなり好きな選手、守備では粗いが相反する打撃センスの高さ活かして密かに正三塁手もありかと思っている(近年非常にフォークに弱いので打撃センスに疑問を感じてもいる!?)。

■吉田浩(神)
 新庄剛志と同期の吉田浩はガッツが売りだが、ファームで安売りする日々・・・。ファームでは選手不足もあり一塁も兼任、打撃も本塁打こそそうは期待できないがパンチ力はある、しかし雑に見えてしまうのが「セカンドゴロ」の妙に多いところか?(印象的なモノなのでこれについては言及しない)。#一軍での左の代打に割って入れるか星野修と争う。

■バトル(神)
 ・・・バトル、ファーム連勝記録から続く一軍の連勝神話が一時期騒がれたが、それがストップすればタダの「でくの坊」であった。既に春季キャンプの時から腰高守備&外角に付いていけない腰砕け打撃・・・そのままのシーズン途中解雇も肯ける。だが彼に罪はない、、、何故彼をスカウティングする?木瓜編成が。

■北川博敏(神)・中谷仁(神)他
 捕手では、北川博敏・中谷仁・山田勝彦・吉本亮・片山大樹・定詰雅彦と帯に短く襷に長い面子が勢揃い。開幕後は山田勝彦を中心に回ったが、その後まさかの一軍にて代打で起用されるという信じられない山田勝彦を見せてくれた、しかしこれは彼の本来のモノではない!?捕手として矢野輝弘にプレッシャーを与え隙を突いて再度正捕手を目指すぐらいのものを見せて欲しい。
 左目の故障も痛々しい中谷仁ではあるが、ファンの期待は小さくない。今季捕手難のファームでありながら出場機会が思いの外少なかったのはそれだけ怪我の後遺症があるとしか考えられない。現に番記者から裏情報では、未だに左右の視力の差異から来る偏頭痛も少なからずあるようだ。打撃でも右打者の彼は左目で投手と相対すわけだが、その辺のハンデを補うために身体を開いて投手と対するオープンスタンスを取り入れている。しかし結果は出なかった、、、こればかりは馴れるしかないので来期以降の定着を願うのみ。守りではチーム一の強肩!また投手をリードする掛け声も一際大きく捕手としての才覚の大きさを感じる。守備型捕手を目指し、頑張って欲しい!!
 下での打撃は群を抜く北川博敏、背中をピンと張るフォームからやや猫背気味になりボールに食らい付くように変えたりと打撃に賭ける姿勢をアピール。捕手難のファームでもあり打撃を武器にマスクを被る機会も多く与えられた。また一塁・指名打者としても欠かせないポイントゲッターとして猛威を奮った(今季も2軍だが・・・)。打撃ではなかなか面白いところだが、その反面守備では正捕手を睨む上でおぼつかないところが多々ある。特に弱肩は如何にフットワークを良くしたところで山なり送球は辛い、、、シーズン終了後近鉄への移籍が決まったが、藤井寺での打棒爆発が目に浮かぶ・・・完全コンバートを奨めるのみ。#打撃はまだまだ伸びしろを見せる!
 上では暫く矢野輝弘、2番手として山田勝彦で乗り切れるが、ファームでの捕手難は深刻な状態だ。北川博敏の移籍で、中谷仁に重点起用さるのか?はたまた高卒ルーキー狩野恵輔で行くのか、それはないだろ!?吉本亮を起用なのか、本田明浩の現役復帰か!?兎に角起用に四苦八苦の2001年だろう。


■井川慶(神)
 投手陣では、来季ローテに割って入って欲しいし計算まで考えたい井川慶。そっくり返るようなフォームから140q前後のストレート(好調時は145q強も大凡140q前後でしょう)、魔球チェンジアップ、そしてフォークやカーブ!と変化球も多彩な次世代を担う大型左腕(でも軟投派)。上でも下でもいつ急に崩れるかが不安(何気ない四球や走者を背負うと別人になるきらいがある!?)で堪らない、、、逆にノリに乗っているときは平気で凡打の山を築く。少なくとも鳴尾浜ではなく甲子園で経験を積みまくれ!#高卒投手の活躍が編成の方向性にも響くので活躍を大いに望みたい。

■岡本浩二(神)
 高卒ルーキーながらウエスタン開幕投手を任されるあたり期待の大きさが伺われる。今までを踏まえるとタイガースの高卒ルーキーは体力強化がメインであったが、久しぶりにガッチリとした体格の投手のお出ましだ。フォーム的には右足の突っ張りが多少気になるところ(つっかえ棒のような形になるので力が分散するのでは?ということ、ただ変化球はそのつっかえ棒が支点となりフォークは良く落ちるはず)、ストレートは140qを越えるも平均すると140q弱、フォークは130q位、少しスライダーも投げておりこれは128q位か。本気で投げれば150q近いはずだがシーズンに入って140q、今後急速ダウンの可能性もあるのが心配・・・。 制球もそんなに悪くなくストレートは抑え気味ながらもキレを感じ、何といってもフォークの落ち!が鋭い!!ストライクゾーンからストンと良いところに落ちる。このフォークに頼りすぎるきらいがあり握力低下のためか中盤以降のKOも少なくない。秋季キャンプでは高校時代の投球フォーム(下半身主導から上半身主導のフォーム)に戻し球速・球威そして自信も復活したのは大きい。来季は先発、抑えの方向性を決めて飛躍の年にしたいところ。

■藤川球児(神)
 高卒ドラ1も編成の弱気補強の象徴として風当たりの強かった藤川球児も2年目に頭角を表してきた。身体はまだまだ細いながらも全ての面でワンランクアップしたと個人的に高い評価を与えたい。ストレートは140q前後、カーブは115q前後、スライダーというかスラーブが122q前後、追い込んでからのフォークは相変わらず良いところに落ちています。ストレートの「キレ」(球速よりもこのキレを追求して欲しい)を今後も増して欲しい。#やや甘い制球とスラーブの抜けが課題!
 後おまけだが、藤川球児の打撃はバントを試みるときは右打席、通常のヒッティングは左打席と変則スイッチーヒッターの一面も見せてくれた。左打席での打撃は甲子園で魅せた柔らかさでライト前へ弾き返しもするなど虎投手陣には珍しく打撃も多少期待できる(己の登板時には役に立つだろう、上記の岡本浩二もかなり良い)。

■山岡洋之(神)
 今季も二軍では無類の安定感を誇る(唯一の防御率1点台で最優秀防御率)山岡洋之。サイド(今季はスリークォーターからやや腕を下げ昨年までのギクシャクしたフォームが滑らかに感じる)から内外角にスライダー、シュートそしてサークルチェンジを投げ分け内野ゴロの山を築いた。近年二軍ではずば抜けた安定感も一軍では追い込んでからの決め球にキレを欠き力を発揮できなかった。また右打者を仰け反らすシュートにも勢いを感じなかった(オドオドしているのか?)。来季は一軍でも打者を「攻める気持ち」が欲しい!!#ノムさん好みの中継ぎになるはず(中継陣にも世代交代を!)。

■窪田淳(神)
 タイガースでは数少ないストレートで押せる窪田淳。投球フォームは下半身主導で深く沈み込み球離れも遅そうでハードストレート!見た目からスピード感を漂わせてる(木村龍治(巨)似)。課題はそのストレートを活かすための変化球か、スライダーは金澤健人のスラーブよりは速いが、曲がりが大きいのが気にななる。高めに抜けると長打喰らう可能性大!?シーズンでは、抑えよりかは中継ぎが多かくセーブ数はそうは多くはないが適正はやはり「抑え」または「中抑え」でビュンビュン飛ばして欲しい。#秋季キャンプでスリークォーター気味サイドフォーム改造が吉と出るか凶と出るのか気になるところ。
またおまけとしてインタビューの中で彼の強気な言動に逞しさを感た。他のルーキーが謙遜している中の一歩前に出る姿勢は、やはり抑え向き!!

■舩木聖士(神)
 フォームに悩む昨今の舩木聖士。2年前に威力半減のストレートをカバーするために腕を下げシュート・シンカー等々横の変化を売りにしたリニューアル舩木聖士(意外と真っ直ぐも速い)にある意味期待(サイドの揺さぶりと140`中盤のストレートで谷間の先発と目していた)していたのだが、なんと春先から再度オーバースローに戻っていた、、TV中継では140q弱のストレートとドロンとしたスライダーと中途半端にも見えた。あのルーキー時のボールのキレがあればとは言うまいが・・・。

■吉野誠(神)
 一見して後ろの小さい投球フォーム。弓長や以前在籍したイノマティーこと猪俣隆の左手をダラリと下げるテークバックに似ている。カーブ・スライダーと制球力は「○」も一軍では可もなく不可もなくのちょっと物足りない内容(中継ぎ起用)。夏頃からファームにて再調整、そして起用法は「先発」、先発の方がゆったりと投げられるのか緩い球もうまく使っていた。本質的には先発向き?なのかもしれない。ただ上でやっていくには後、1,2球球種を覚えないと苦しい。スクリューあたりが欲しい・・・と感じていたら黒潮リーグでは新球(シンカー気味に落ちるシュート、本人曰く「上(1軍)で投げていて、右打者に対して逃げる球が必要だと痛感しましたから」)をマスターし本人も来季に掛ける。使い縁しないタイプの左腕・・・有効に使うべし。

■部坂俊之(神)
 入団以来2軍では安定した成績を残す(外角のストレート&スライダーもビシッと決まるし、内角へはシンカー&シュートと横の揺さぶりといつもながら好投を披露)スリークォーター(部坂俊之も伊藤敦規並にワインドアップから潜るのですが、球の出どこはスリークオーターでしょう)。サイドからクセのあるフォームでこれまたクセ球「シュート」をどれだけ使えるか、そして昨年は曲がりなりにも一軍での登板もあったが、まだ敗戦処理レベル、、、今後は真っ直ぐのキレを磨いて欲しい、クセ球を活かすのはやはりストレート!いつまでも伊藤敦規や葛西稔がいるはずがないのだから。

■金澤健人(神)

まだ途中だったので・・・アップするの忘れてました(^^;)この続きもあるのですが2001年度始まってますのでまた次回にでも。


ページの作成者: 健一