■1998年〜2000年度公式戦出場全選手個人成績(2軍)


《2000年度2軍個人成績データベース》
イースタン・リーグ ウエスタン・リーグ
【チーム成績】
勝敗表/打撃成績/投手成績

【個人成績】
個人打撃成績 (規定打席以上)
個人投手成績 (規定投球回以上・SP上位)
リーグ・リーダーズ (打撃部門)
リーグ・リーダーズ (投手部門)

■個人成績 (全選手打撃/投手)
 □川崎ジャイアンツ
 □所沢ライオンズ
 戸田スワローズ
 □湘南シーレックス
 □浦和マリーンズ
 □鎌ヶ谷ファイターズ
【チーム成績】
勝敗表/打撃成績/投手成績

【個人成績】
個人打撃成績 (規定打席以上)
個人投手成績 (規定投球回以上・SP上位)
リーグ・リーダーズ (打撃部門)
リーグ・リーダーズ (投手部門)

■個人打撃成績 (全選手)
 □ナゴヤドラゴンズ
 □鳴尾浜タイガース
 □雁ノ巣ホークス
 □藤井寺バファローズ
 □由宇カープ
 □サーパス神戸
2000 フレッシュ・オールスター・ゲーム
7月21日 松山坊ちゃんスタジアム

ウエスタンリーグ 3 vs 0 イースタンリーグ

■大まかな試合内容
全ウは1回、山下勝己(近)の左前適時打で先制。4回に全イ野口祥順(ヤ)の失策で
加点すると、6回には森野将彦(中)がソロホームランを放って突き放した。全ウは6
人の継投で全イを3安打に封じ、3対0の完封勝ち。全ウの先発広島のルーキー河内貴
哉は、3回を投げて打者10人に対し、被安打1、2奪三振、1四球の好投でMVPを獲
得した。
※詳細は「みんなのファーム観てある記 2000年へ!

2000 ファーム日本選手権
10月7日 浦添市民球場
ナゴヤドラゴンズ 4 vs 2 川崎ジャイアンツ

■大まかな試合内容
巨人は2回、川中基嗣(巨)の2ランで先制したが、その後は中日の繰り出す6人のピ
ッチャーに抑えられ追加点を奪えない。中日は1点差に迫った4回、一死一二塁から筒
井壮(中)の二塁打で同点とすると続く森野将彦(中)の二ゴロの間に勝ち越し。さら
に清水清人(中)の左前で4点目を加え、巨人を下して10年ぶり2度目のファーム日本
一に輝いた。MVPにはソロ本塁打と同点二塁打を放った筒井壮(中)が選ばれた。
※詳細は「みんなのファーム観てある記 2000年へ!


1999年度公式戦出場全選手個人成績(2軍)
イースタン・リーグ
イースタン・リーグ勝敗表 
イースタン・リーグ表彰選手

打撃成績(※規定打席到達選手)
投手成績(※規定投球回数到達選手)/SP
ウエスタン・リーグ
ウエスタン・リーグ勝敗表 
ウエスタン・リーグ表彰選手
打撃成績(※規定打席到達選手)
投手成績(※規定投球回数到達選手)/SP
鎌ヶ谷
ファイターズ
川崎
ジャイアンツ
所沢
ライオンズ
鳴尾浜
タイガース
ナゴヤ
ドラゴンズ
藤井寺
バファローズ
浦和
マリーンズ
横須賀
ベイスターズ
戸田
スワローズ
雁ノ巣
ホークス
神戸
ブルーウェーブ
由宇
カープ
両リーグ打撃・投手「全」成績表
イ・打撃「全」成績〜打率順〜 ウ・打撃「全」成績〜打率順〜
イ・投手「全」成績〜防御率順〜 ウ・投手「全」成績〜防御率順〜
1999 フレッシュ・オールスター・ゲーム
7月23日 横浜スタジアム

イースタンリーグ
4 vs 2 ウエスタンリーグ

接戦が展開されたこの試合。4回全イ島田一輝(日)が全ウ小山伸一郎(中)から先制
適時打で1点を入れると、すかさず5回、全ウの濱中治(神)、新井貴浩(広)が全イ
五十嵐亮太(ヤ)から連続適時打で逆転した。6回には全イがすぐに1点を入れて同
点。
接戦に終止符を打ったのは全イの古木克明(横)、8回無死一塁の好機に左中間を破る
二塁打を放った。なおも二死一二塁から堀田一郎(巨)が左翼線二塁打でダメ押し。
投げては全イ6投手が好投し、4対2。引き分けを挟み7連敗中だった全イが、10年ぶ
りに勝利した。

1999 ファーム日本選手権
10月9日 浦添市民球場
鎌ヶ谷ファイターズ 3 vs 7 鳴尾浜タイガース

■大まかな試合内容
2年ぶり4度目のイースタン制覇のファイターズと2年連続9度目のウエスタン制覇の
タイガースととの一戦。試合はタイガースのワンサイドとなった。2回、日本ハム先発
厚沢和幸(日)は濱中治(神)、吉本亮(神)に2本塁打を打たれ2回2/3でKO。5
回にはまたも濱中治(神)が選手権史上初の満塁本塁打、7回には適時二塁打を放ち濱
中治1人で6打点と4番の重責を果たした。投手陣では、先発金澤健人(神)5回を2
安打無失点と好投した。一方、日本ハムは終盤8回に島田一輝(日)の2点適時打、9
回に中村豊(日)の犠飛で1点と、阪神の継投ミスをつき粘りみせるのがやっと。7対
3で阪神が球団初のファーム日本一となった。
※詳細は「みんなのファーム観てある記 1999年へ!

【1999年度各球団をそれぞれ振り返っています】


1998年度公式戦出場全選手個人成績(2軍)
イースタン・リーグ
打撃成績(※規定打席到達選手)
投手成績(※規定投球回数到達選手)
ウエスタン・リーグ
打撃成績(※規定打席到達選手)
投手成績(※規定投球回数到達選手)
戸田
スワローズ
川崎
ジャイアンツ
鎌ヶ谷
ファイターズ
鳴尾浜
タイガース
ナゴヤ
ドラゴンズ
雁ノ巣
ホークス
所沢
ライオンズ
浦和
マリーンズ
横須賀
ベイスターズ
神戸
ブルーウェーブ
藤井寺
バファローズ
由宇
カープ
1998 フレッシュ・オールスター・ゲーム
7月21日 富山

ウエスタンリーグ 7 vs 6 イースタンリーグ

■大まかな試合内容
雨の中、好ゲームが展開されたこの試合、7安打7得点と効率のいい攻めを見せた全
ウが制した。1点を追う全ウは3回裏井端弘和(中)、坪井智哉(神)の連続適時打
で勝ち越すと、続くケサダ(広)の2ランも飛び出し一挙4点。逆転された直後の7
回裏には、二死満塁から再びケサダ(広)が右前2点適時打し試合を決めた。全イは
全ウを上回る10安打を放ったが、8回表無死一二塁の好機で決定打を欠いた。MVP
は外国人選手として初めてケサダ(広)が選ばれた。これで全ウは1引き分けを挟み
7連勝、通算成績を22勝10敗5分けとした。

1998 ファーム日本選手権
10月9日 浦添市民球場
鳴尾浜タイガース 1 vs 4 戸田スワローズ

■大まかな試合内容
19年ぶりにイースタンを制したヤクルトと12年ぶりにウエスタンを制した阪神の戦
い。ヤクルトの先発は、リーグ優勝を決めた日(9月26日)にイースタンで完全試合
(参考記録)を達成した高卒ルーキー五十嵐亮太(ヤ)。この日も5回まで阪神打
線を1安打、無失点に抑える好投を見せた。見方打線も初回から1点を先取し、五
十嵐亮太(ヤ)を援護。三木肇が3安打の猛打賞をマークするなど、若い打線が爆
発し合計12安打を放った。一方阪神打線は濱中治(神)の2安打、岩田徹(神)の
1安打に抑え込まれ、結果4対1でヤクルトが初のファーム日本一に輝いた。

【1998年度各球団をそれぞれ振り返っています】


setstats1