南アメリカ
ボリビア共和国
レアル山群
ワイナポトシ山(6088m) <Huayna Potosi>
1999年8月11日


8/8 まずは、高度順化。
チャヤカルタヤスキー場(5300m)を目指す。

ワイナポトシ(6088m) 白く見えるのが、チャカルタヤスキー場(5300m)
今は、乾季なので、雪が少ない。
クレバスだらけ。

8/10 一日休んでから、ワイナポトシを目指す。
今日は、5200mのベースキャンプまで。
5500mのハイキャンプで泊まるパーティもあるそうだ。

登山口までの移動の途中で、ワイナポトシ 氷河の押し出し
モレーンの登り ベースキャンプ(5200m)は、
スノーラインぎりぎりにあった。
モレーンの石をテントが張れるように整地してある。

8/11 夜明け前に行動をはじめるので、写真がない。

2時30分、出発。
5500mのハイキャンプまでは、中程度の斜面が続く。
4時、ハイキャンプ通過。

ハイキャンプの後ろに、45度ぐらいの急斜面が2ピッチある。
ハイキャンプから出発した先行パーティを追い抜く。
いつしか、トップで行動している。

急斜面の上は、クレバスの多いゆるい斜面が続く。
頂上直下の雪原で、夜が明ける。
雪原が長くて、消耗する。

頂上直下は、急斜面。
直登するルートと、北側のナイフリッジに取り付くルートがある。
ナイフリッジルートを登る。
この日のトップで、7時に頂上につく。
4時間30分。

頂上から、山脈の北方を望む 頂上でのガイドのレオカルド

ハイキャンプ上の急斜面。
懸垂しているのは、別なグループのオランダ女性。
会社は同じだが、別なグループにしてもらった。
外人のパッカーは、体力・技術で信用できないから。
予想通り、このグループは登れなかった。
ハイキャンプの下から、奥の山頂を振り返る

もどる