木枯らしの大江山
 北から鍋塚、鳩ヶ峰、千丈ヶ嶽、赤石岳の4座が並ぶ大江山連峰には、周囲からたくさんの登山道が延びている。
 14時過ぎに家を出て、パラグライダー舞う大江山へ。木々は葉を落とし冬はすぐそこ。
 山頂から夕日と競争で下山。下り乗車率は8割、30分弱で登山口。秋の日と同じく、釣瓶落としの快速下山。
 そして、夜のとばりの降りた里へ。
***********************************************************************
【期 日】2004年11月28日
【山 名】大江山千丈ヶ嶽[833m]
【行 程】[  ]はGPSレシーバーからの標高データ
 京都府加悦町双峰「大江山憩いの広場」[483]15:00 - 山河峠(千丈と赤石の鞍部)
 16:13千丈ヶ嶽山頂[830]16:20 - 16:47「大江山憩いの広場」
【車 種】MTB(TREKTREK6500)ブロックタイヤのオフロード仕様
【メンバー】はいかい(単独)
【距 離】5.3km
【速 度】平均:4.6km/h 最高:25.5km/h
【タ イ ム】1時間47分(実走時間:1時間09分)
【地 図】国土地理院5万分の1「大江山」
【天 候】雲が多くて寒いけど晴(^^)
***********************************************************************
山河峠から加悦谷 パラグライダーが舞う 山河峠から千丈
落葉のブナ林 千丈ヶ嶽山頂 千丈から三岳山
赤石と憩いの広場 赤石林道 秋の日は釣瓶落とし
→1996年の「福知山市天座-大江町二俣-千丈ヶ原-鬼嶽稲荷神社-千丈ヶ嶽-「憩いの広場」-赤石林道-与謝峠-天座」の周回コースのレポートはこちら
ただし、台風23号の被害で各所で通行止めがあり、現在走行できません。
→丹野遊びMAPへ
→電脳徘徊トップへ