信州白馬乗鞍と鍋倉山スキー登山
※これは、コースガイドではありません。勝手な個人の主観です。行く人の体力、技術、その他天候や雪の条件などによってタイムなどは左右されます。また、地図やGPSレシーバーの軌跡は掲載しませんので、自分で地図を見て判断できる人、あるいはそういう案内人がいる人のみ訪れて下さい。何が起こっても、私にはいっさい責任がありません。

 2005年大型連休は信州スキー登山遠征。趣の違う2つの山を滑った。
北アルプス「白馬乗鞍」
スキー場から天狗が原
ゴンドラリフトで登る ヘリが飛んできた 天狗原への登り
 白馬連峰を間近に眺めることができる日本アルプスの山ながら、スキー場のゴンドラと、自然園のロープウェイで一気に高度を稼いで楽々登山。
***********************************************************************
【山 名】白馬乗鞍岳[2469m](北アルプス北部;長野県小谷村)
【日 時】2005年5月3日
【行 程】[ ]内はGPSレシーバによる標高データ(単位:m)
 栂池高原スキー場駐車場[810]8:55 -(ゴンドラリフト、ロープウェイ)-
 栂大門駅[1820]9:30 - 9:38栂池自然園 - 11:15天狗原[2210]11:40 -
 12:40白馬乗鞍岳山頂[2445]13:05 - 15:20天狗原 -
 14:24栂池高原スキー場 -(ゴンドラリフト)- 10:35駐車場
【距 離】約3.8km
【用 具】テレマークスキー(198cm),プラブーツ(SCARPA「T3」)
     ケーブル式ビンディング(Rottefella 412)
【天 候】快晴\(^O^)/
【地 図】2万5千分の1 「野沢温泉」
【参考文献】改訂 山スキールート図集2(白山書房)
      パウダーガイドNo.1
      POWDER GUIDE BOOKS「バックカントリー120ルート[1]」
【メンバー】はいかい(単独)
***********************************************************************
白馬連峰を眺めながら乗鞍へ
白馬連峰 白馬乗鞍の幅広斜面 天狗原
山頂にて
山頂はもうすぐ 白馬乗鞍山頂 滑降開始
滑降
天狗原に滑り降りた 栂池高原パラグライダー 麓は春爛漫
信州山並みドライブ
白馬→(嶺方峠)→鬼無里→(大望峠)→戸隠→みゆき野
嶺方峠 大望峠 菜の花のみゆき野
北信みゆき野の里山「鍋倉山」
 信濃と越後の国境をなす関田山脈。その麓、千曲川が流れ菜の花が咲き乱れるみゆき野(深雪野)は、作詞家高野辰之のふるさと。
 「春の小川」「おぼろ月夜」の歌詞そのままの景色に抱かれた里から、ブナに覆われた山へ。
***********************************************************************
【山 名】鍋倉山[1288m](関田山脈;長野県飯山市、新潟県新井市)
【日 時】2005年5月4日
【行 程】[ ]内はGPSレシーバによる標高データ(単位:m)
 飯山市温井田茂木池上ドウマン平[880]7:18 -
 9:26鍋倉山山頂[1290]9:48 -(西の沢)- 10:35ドウマン平
【距 離】約3.8km
【用 具】テレマークスキー(198cm),プラブーツ(SCARPA「T3」)
     ケーブル式ビンディング(Rottefella 412)
【天 候】快晴\(^O^)/
【地 図】2万5千分の1 「野沢温泉」
【参考文献】「ネイチャースキーに行こう」橋谷晃著(スキージャーナル)
【メンバー】はいかい(単独)
***********************************************************************
ブナ林を登る
森太郎 山頂はもうすぐ 山頂から関田山脈
山頂から西の沢へ
妙高連山 黒倉山との鞍部 西の沢のブナ林
みゆき野の春
カモシカ!? 鍋倉山 帰りの高速から立山連峰
→「日本の山を歩く」のページへ
→電脳徘徊トップへ