スズノコ速駆け氷ノ山2006
※ここに載せている記録は、コースガイドではありません。勝手な個人の主観です。行く人の体力、技術、その他天候の条件などによってタイムなどは左右されます。また、地図やGPSレシーバーの軌跡は掲載しませんので、自分で地図を見て判断できる人、あるいはそういう案内人がいる人のみ訪れて下さい。何が起こっても、私にはいっさい責任がありません。
**********************************************************************
【山 名】氷ノ山(1510m)鳥取県若桜町・兵庫県波賀町・大屋町
【日 時】2006年6月7日
【行 程】[ ]内はGPSによる標高データ(単位:m)
 14:36坂の谷コース登山口[1032] - 16:02三の丸[1464]16:10 -
 16:57氷ノ山山頂[1511]17:13 - 18:03三の丸18:09 - 18:37坂の谷登山口
【距 離】11.6km
【用 具】MTB(TREKTREK6500)ブロックタイヤのオフロード仕様
【天 候】晴(^^)日が長い
【タイム】4時間01分(実走時間:3時間59分)
【速 度】平均:6.9km/h 最高:35.6km/h
【地 図】昭文社 山と高原地図59 氷ノ山 鉢伏・神鍋 (5万分の1)
【メンバー】はいかい(単独)
***********************************************************************
三ノ丸から山頂を望む 山頂で一休み 山頂からハチ高原
 6月7日、午後お休み。昼に職場をこっそり抜け出して、氷ノ山へ。日の長い時期だからこそできる技。
 坂ノ谷林道は、私のMTBテクニックには丁度おもしろい。山頂小屋には「しばらくここに泊まっている」って言う男性が一人。しきりにMTBを感心された。「このコースMTBを使うのが一番楽だから」と言ったが、「MTBを持って登れるんだったら、10日分の食料を持って登る方が楽だろう」と最後まで取り合ってもらえなかった。
 顔を出したばかりのスズコは、その場で皮をむいてかじったらとてもみずみずしくておいしかった。もちろん、お持ち帰りもたっぷり。
さあ三ノ丸へ下山開始 スズコも採ったし 下山中に山頂を振り返る
→電脳徘徊へ