KOREA / JAPAN 2002
数字マニアのためのデータセンター

お暇な人だけご覧ください  ホームへ戻る

数字はいずれもOfficial Player Lists Ver.1をベースとしています。間違いや空欄があったりして、あまりアテにならない名簿です(笑)。


超若造&超オヤジBEST3(個人編)
4年前は・・・

【超若造】
サミュエル・エトオ(カメルーン)17歳3ヵ月
マイケル・オーウェン(イングランド)18歳5ヵ月27日
ジェロ(ナイジェリア)18歳6ヵ月6日

【超オヤジ】
ジム・レイトン(スコットランド)39歳10ヵ月17日
ローター・マテウス(ドイツ)37歳2ヵ月21日
フランキー・ファンデルエルスト(ベルギー)37歳1ヵ月9日

超若造で注目はプレミアリーグ得点王でMVPの看板を背負うオーウェン。日本の小野は4番目の若さ、10代の選手は15人。一方の超オヤジ、最年長は40歳間近。フィールドプレイヤーではマテウスが最年長。最年長ナンバー10はバルデラマ。筆者より先に生まれた選手は57人。うち22人がGK。

【2002年の超若造選手】
オパブンミ(ナイジェリア)17歳2ヵ月28日
オグベチェ(ナイジェリア)17歳7ヵ月30日
エジデ(ナイジェリア)18歳1ヵ月23日
【全選手平均】
27歳5ヵ月13日
【2002年の超オヤジ選手】
ハインツェ(デンマーク)38歳9ヵ月14日
チェルチェソフ(ロシア)38歳8ヵ月29日
シーマン(イングランド)38歳8ヵ月12日

■ナイジェリアって、いつの間にこんなに若い選手だらけになったのでしょうか?
オパブンミ(←と読むのか?)って、国内のクラブの選手のFWで、代表2キャップ1ゴール。彼は唯一の1985年生まれの選手です。何が言いたいかというと、つまり大会最年少選手が生まれたのは昭和60年代!って事です。次回のドイツ大会では平成生まれ選手が登場するに違いありません(鬱)。

■オヤジの方は、デンマーク最多キャップを誇るハインツェが、フィールドプレイヤーながら最高齢(っていう書き方をするとヨボヨボのようだが)の座に君臨。口の悪い人面魚が堂々の3位にランクインした(違)。

■で、4番目のオヤジがカメルーンのソンゴォで、俺より先に生まれた選手は以上で終了(爆泣)。4人のうちの3人はGKなので、フィールドプレイヤーはハインツェただ一人。もはや、俺より年上のフィールドプレイヤーが登場する事は今大会が最後だろう。というわけで、俺は無条件にナイスミドル(←俺が決めた)・ハインツェと元レッズのニールセン(笑)が率いるデンマークを応援する!

あ、同級生はボフィン(ベルギー)、チラ兵衛、ロニス(コスタリカ)、トラオレ(セネガル)、ケア(デンマーク)の5人。こりゃますますデンマークを応援せねば!


超若造&超オヤジBEST3(チーム編)
4年前は・・・

【超若造】
カメルーン・24歳1ヵ月13日
サウジアラビア・25歳7ヵ月6日
日本・25歳11ヵ月7日

【超オヤジ】
ドイツ・30歳2ヵ月21日
ベルギー・29歳10ヵ月2日
スコットランド・29歳9ヵ月11日

カメルーンは『早熟なアフリカン』を地で行く結果。日本は3番目の若さだが、若い方が世界を相手に戦った経験は多い。オヤジの宝庫ドイツは唯一の平均年齢30代。

【2002年の超若造チーム】
ナイジェリア・23歳11ヵ月1日
セネガル・25歳5ヵ月26日
カメルーン・25歳5ヵ月29日
【全選手平均】
27歳5ヵ月13日
【2002年の超オヤジチーム】
ベルギー・29歳4ヵ月12日
メキシコ・28歳11ヵ月17日
フランス・28歳10ヵ月3日

■いやぁ、ナイジェリア、トップを独走です(笑)。10代が4人もいるんだもの。若い方はアフリカ勢が上位独占だぁ!
日本は平均25歳9ヶ月19日で4番目の若さですが、土壇場で選出された秋田・中山を除くと25歳1ヶ月2日で、4年前より1歳近く若いんですな。

■一番のオッサン集団は、日本の初戦の相手であるベルギー。23人中11人が30代ですが、梅雨のある日本ではキツいでしょうなー、こりゃ。
メキシコはガルシアアスペとカンポス(もう35歳かよ!)、フランスはルブフとジョルカエフが34歳ですけど、そんなに年齢層が高いっていう感じはしないですねぇ。


チーム別・代表選手輩出数一覧
4年前は・・・

[13人]バルセロナ
[11人]インテル
[10人]ACミラン/グラスゴー
[9人]PSV/レアルマドリー
[8人]チェルシー/エトワール/ユーベ/マンU/パルマ/ピルズィ/トットナム
[7人]アヤックス/アメリカ/アーセナル/バイエルン/ドルトムント/リバープレート
[6人]アルアリ/ローマ/ブルージュ/クロアチア・サグレブ/リバプール/ユニベルシダ・デ・チリ/バレンシア

日本では横浜・磐田・平塚の4人が最高。所属チームが『Unknown』というのがカメルーンとイランで計8名。

13人インテル(イタリア)
サネッティ(アルゼンチン)/ロナウド(ブラジル)/シミッチ(クロアチア)/ザネッティ(イタリア)/ディ・ビアッジオ(イタリア)/ヴィエリ(イタリア)/トルド(イタリア)/マテラッツィ(イタリア)/セルジオ・コンセイソン(ポルトガル)/オカン(トルコ)/エムレ(トルコ)/ソロンド(ウルグアイ)/レコバ(ウルグアイ)
11人レバークーゼン(ドイツ)/ローマ(イタリア)/アーセナル(イングランド)
10人レアルマドリー(スペイン)/マンチェスターU(イングランド)/バイエルン(ドイツ)/ACミラン(イタリア)
8人シャルケ04(ドイツ)/リーズ(イングランド)/ユベントス(イタリア)/ポルト(ポーランド)/バルセロナ(スペイン)/アラジュランス(コスタリカ)
7人バレンシア(スペイン)/リスボン(ポルトガル)/パルマ(イタリア)/アルヒラル(サウジアラビア)
6人サンダーランド(イングランド)/サプリサ(コスタリカ)/パナシナイコス(ギリシャ)/モナコ(フランス)/ロコモティブ・モスクワ(ロシア)/リバプール(イングランド)/ラツィオ(イタリア)/鹿島アントラーズ(日本)/エスペランセ(チュニジア)/ブルージュ(ベルギー)/バルセロナ(エクアドル)/アルアリ(サウジアラビア)

■自分で調べておいてこんな事を書くのもアレですが、ま、自国開催だってのに一人の代表も送り出す事ができなかったクラブのサポーターからすると、妬ましい以外の何物でもありませんな、この表は(毒)。
何が腹立つって、まるで鹿島が「ラツィオ並み。パルマやユーべと肩も並ばんばかり」って感じがさ、どうよ?(どうよ?って言われても困るよな)


国(リーグ)別・代表選手輩出数一覧
4年前は・・・

[75人]イングランド
[70人]イタリア
[70人]スペイン
[54人]ドイツ
[30人]日本

イングランドには『サッカーの母国』の懐の深さを、イタリア・スペイン・ドイツには資金力を感じる。
いきなり5位にランクされたJリーグは日本22人+韓国3人+ブラジル2人+ユーゴ2人+カメルーン1人。選手の海外進出が進んでいないからこそ?

101人イングランド
[11人]アーセナル
[10人]マンチェスター・ユナイテッド
[8人]リーズ
[6人]リバプール/サンダーランド
[5人]アストン・ヴィラ/ブラックバーン/チェルシー/エバートン
[4人]マンチェスター・シティ
[3人]チャールトン/ニューキャッスル/ポーツマス/サウザンプトン/トテナム
[2人]ボルトン/コベントリー/クリスタル・パレス/フルハム/ミドルズブラ/ウエストハム/ウインブルドン
[1人]アレクサンドラ/ダービー/イプスウィッチ/レスター/ミルウォール/シェフィールド/ワトフォード
76人イタリア
59人ドイツ
58人スペイン
56人フランス

■フランスが増えましたねぇ。やっぱり前回優勝でハクがついて、各国の代表クラスが終結したって言う事なんでしょうかねぇ。フランスリーグはヨーロッパでは二番手グループだと言われていますが、そこでプレーする選手の質は、スペインやドイツと比べてもまったく遜色がないわけですね。

■Jリーグ組は30人から25人に減りました。日本代表19人+韓国代表5人+カメルーン1人。「もとJ」は、ホンミョンボ(柏→韓国)・エムボマ(G大阪→カメルーン)・エジウソン(柏→ブラジル)・そしてニールセン(浦和→デンマーク)の3人でしょうかね?


デカい奴・デカくない奴BEST3(縦方向)
4年前は・・・

未調査

個人チーム
198cm江津(中国GK)ドイツ185cm
197cmカヌ(ナイジェリアFW)/モラレス(ウルグアイFW)スロベニア/クロアチア/ポーランド184cm
196cmダバノビッチ(スロベニアGK)/ファン・バイテン(ベルギーDF)/トルド(イタリアGK)/フォンク(南アフリカGK)/イサクション(スウェーデンGK)ベルギー/中国/フランス/スウェーデン183cm
181cm【全選手平均】181cm
166cmオリベラ(ウルグアイMF)/イケディア(ナイジェリアFW)このへんはよくわからない。
165cmジュニーニョ・パウリスタ(ブラジルMF)
163cmアル・シャルフーブ(サウジアラビアMF)

■なぜわからないかというと、ヨーロッパ勢より身長が低いと思われるアフリカ勢およびサウジアラビアの一部の選手のデータが欠落しているからだ。その数、13名。

■しかし、こうして数字にしてみると、ジュニーニョ・パウリスタってのはスゲェんだな。

■日本の平均身長は179cm。それなりにデカくなってきた…のか? 森島は惜しくもランクインならず(笑)


デカい奴・デカくない奴BEST3(横方向)
4年前は・・・

未調査

個人チーム
100kgクイン(アイルランドFW・195cm)ドイツ81kg
94kgダバノビッチ(スロベニアGK・196cm)/ジェームス(イングランドGK・193cm)スロベニア/スウェーデン79kg
93kgメオラ(アメリカGK・185cm)/シーマン(イングランドGK・191cm)/ヘドマン(スウェーデンGK・193cm)/ヤンカー(ドイツFW・193cm)ウルグアイ/ポーランド/フランス/クロアチア78kg
75.9kg【全選手平均】75.9kg
59kgアルシャルハブ(サウジアラビアMF・163cm)/モラレス(メキシコMF・169cm)/アル・ハッサン(サウジアラビアFW・173cm)このへんはよくわからない。
58kgジュニーニョ・パウリスタ(ブラジルMF・165cm)
57kgベアズリー(アメリカMF・170cm)

■いましたよ、0.1トンの選手が(笑)。縦横ともヤンカーよりでかいんだから、こりゃ想像を絶するデカさですな。山のように動かないFWを想像するんですけど、どうなんでしょうか。
それから、身長のでかいGKが体重で上位に顔を出す傾向があるようですけど、彼らは飛べるんでしょうか?
イングランドは、もう一人のGKも90kgオーバーですけど、いいんでしょうか?
それに、メオラって、こんなに太かったでしょうか? ちなみに、身長1cmあたりの重さでいうと彼は503gで、これでも2番目。クインの513gよりはスリム?なのです。

■軽量級は60kg未満。身長が小さい選手だから当然なのですが、最軽量のベアズリーは、身長1cmあたり335gで、こちらの方でもトップなのです。

■日本の平均体重は72kgで、データが出揃っているチームの中では最軽量。1対1で吹っ飛ばされるのは、物理的に必然なのだ。


キャップ数オーバー100
4年前は・・・

未調査

160〜[168]アルデアイエ(サウジアラビアGK)
150〜[155]ジョーンズ(アメリカMF)
140〜[148]アルジャバー(サウジアラビアFW)
130〜[130]アグーズ(アメリカDF)
120〜[124]ホン・ミョンボ(韓国DF)/[123]カンポス(メキシコGK)/[122]マルディーニ(イタリアDF)
110〜[115]スレイマニ(サウジアラビアDF)
100〜[108]ガルシア・アスペ(メキシコMF)/[105]范志毅(中国DF)/[104]シメオネ(アルゼンチンMF)/[103]カフー(ブラジルDF)

■選手をコロコロと変えない守備的ポジションの選手が多いんですが、なんだか妙にサウジアラビア代表が幅を利かせているキャップ数ランキングです。個人的にはコビ・ジョーンズがこんなに代表歴が多いとは思わなかったですね。
出場全選手の平均キャップ数は30。0キャップの選手も14人います。

■日本の最多キャップはご存知井原正巳ですが、今大会の出場選手では森島の57キャップが最高。でも、この名簿のキャップ数っていつ時点のなんだろう? アレックスや小笠原のキャップ数が0になってますけど・・・。
そんなわけで、日本の平均キャップは21。これは、ナイジェリア・セネガル・スペインに次ぐ少なさです。