不定期コラム録2003


- C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 2 8 -

┏━━━━━━┓
 俺 の   磐田が決勝進出だね。国立で
ナ ナ ン  ←ってゲート旗を掲げて、磐田ギャルから顰蹙を買ってこようと思っていたんだが、
┣━━━━━━┫  契約更改しちゃったらしいんで、やめた。
┃  ||||||  ┃  ナナンの馬鹿ぁ〜。
  \ (´∀` ) /
    ===
    |   |


1ついにゲート旗作成!
2駒場に酔う 清水戦
3エイプリルフールネタ暴発
4参戦機会激減
5自転車部ポシャる
6UB脇でヤる
7初のアウェイツアー参加
ダララララララララ・・・・・・・第1位!
分身現る! ついにゲート旗作成!

これはハマるだろうなぁ〜・・・と予想はしていたんだが、予想以上に楽しかったのがゲート旗の作成。
この1年の・・・というか、駒場の東側に来てから数年間、自分の中で燻っていたものを形にする作業っていうのは、なんつーか、愛情の再確認というか、改めて契りを結ぶ儀式というか、とにかく印象深い時間を過ごす事ができて、自分的にはこれが今年のナンバー1の出来事でした。

愛情表現の手段という意味では、こういうサイトの運営もそのひとつなんだけど・・・ダメだよね。
自分のように文才のない人間にとっては、言葉には限界があるというか、逆にいくらでも饒舌に語る事ができるだけに、薄まった愛情表現にしかならないんだよね。自分は(自分でいうのも何だけど)それなりに口が立つ、筆が立つっていうタイプです。プレゼンテーションとかも得意な方だと思いますが、一歩間違うと、もうグダグダで自己嫌悪(笑)。
断幕とかゲート旗ってのは、限られたスペース・限られた字数に思いの丈を綴らなくてはならないわけで。それは文才と全く異質なもので、文章をソリッドにする、100の想いを1に切り取るっていう行為は、ホント難しいです。
でも、それだけに、「I」じゃなくて「WE」、「LIKE」じゃなくて「LOVE」、本当に言いたい、自分の本当の気持ちをシンプルに表現できた時には、なんかこう、普段は仕事でギスギスしてるけど、そんな自分の心の中を濾過していくと実はピュアな魂がまだあったんだぁ〜、みたいな、そんな自分の分身が現れたようで、出来上がった旗がなんとも可愛くてねぇ。

・・・40近いオッサンがキモイ事を言ってるという自覚はあるんだけどね(笑)。

旗を掲げている自分に酔える、負けた時に頭からかぶって涙を隠せる、待ち合わせに便利、TVやゴール裏のサポート写真に写ってご満悦気分を味わう事ができる・・・等々、作って楽しく掲げて楽しいゲート旗。一家に一本、ゲート旗。
もっとデカくてもよかったとか、矢印はもっと太くないと見えないとか、棒の材質とか色々あるんだけど、とりあえず今は・・・

初めて作ったゲート旗と、末永く付き合っていきたいです。
(旗にコクってどうするよ・・・)


本年1年間のご愛読ありがとうございました。よいお年をお迎え下さい。


- C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 2 6 -

今日は恵比寿から電車に乗って、大宮で下りるはずが、目が覚めたら川越だった。要は酔っ払ってたわけだが。
乗った電車が埼京線でよかった。もしあれが湘南新宿ラインだったら・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

つーわけで、行ってみよう!


1 
2駒場に酔う 清水戦
3エイプリルフールネタ暴発
4参戦機会激減
5自転車部ポシャる
6UB脇でヤる
7初のアウェイツアー参加
ダララララララララ・・・・・・・第2位!
久々に駒場に酔う ナビスコ清水戦@駒場

ま、第4位と思いっきりかぶるんですが・・・。

今年、最も印象に残った試合を挙げろと言われれば、私は文句なくナビスコ準決勝の清水戦@駒場を推します。煌びやかな決勝じゃなくて、世間的にはたいした注目も集めてはいなかったはずの、平日の夜の試合。
なにしろこの頃の私は2日続けて家のベッドで眠ることすら稀でしたから、とにかくもうスタジアムに行きたくて行きたくて、でも行けなくて、試合のある日は出張先でネットで速報を見るだけですよ。もう蛇の生殺し状態。
準決勝第1戦の日本平なんて、システム立ち上げの直前だったから、出張先の名古屋から目と鼻の先(という感覚)なのに参戦叶わず。なんだかミスで失点しちゃったらしいし、1人多いのに攻め切れなかったらしいし・・・「らしい」ってのが一番イラつくんですよね。同じ時間帯、仕事の方ではシステム本番移行の準備が滞りまくりで頭の中は8割がたブチ切れてて・・・もう周囲のモノとかヒトとかに当たりまくり。同僚に都築っていうのがいて、彼には災難だったんだろうなぁ(笑)。

それでまぁ、久し振りに新宿の仕事場に戻った日があって、それがたまたま準決勝第2戦の日で、こらえ切れずに近くのローソンでチケットを買って、さっさと職場を後にして、ワクワクドキドキしながら新宿から電車に乗り、赤羽で京浜東北線に乗り換えたら南浦和止まりで地団太を踏み、ようやくたどり着いた浦和の東口からバスに乗り・・・もう、文字通り「チケットを握り締めて」ですわ、ハイ。
スタジアムへの道中でこんなに高揚感を感じたことって、いつ以来なんだろう?
それで、チケットをもぎってもらい、走り出したいのを押さえてマッチデーカードとかを一通りもらい、コンコースからゲートをくぐり抜けたその瞬間に感じた駒場の雰囲気っていったら、もう・・・

「レッズ好きだけが発生させる空気」
「レッズ好きだけが感じ取ることのできる空気」

わかる? わかります? わかってくれますよね?
なんかこう、愛情と不安と緊迫感と殺気が混じった匂いっていうんですかね。それがね、もう、たまらんかったのですよ。

ま、ここはレッズ系サイトだからこう書いてるわけですが、たぶん、「味スタの匂い」とか「厚別の雰囲気」とか「ビッグスワンのかほり」(笑)とか、まぁ表現は何でもいいけど、そういうものを感じてる人ってのは多いんだろうな、と。
で、そういう感覚を持ってる人(あるいは持つ事ができるスタジアム)っていうのは、ちょっと幸せだよね。


- C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 2 5 -

今回は、リアルのサポートの話ではなく、サイト運営上の話。


1 
2 
3エイプリルフールネタ暴発
4参戦機会激減
5自転車部ポシャる
6UB脇でヤる
7初のアウェイツアー参加
ダララララララララ・・・・・・・第3位!
エイプリルフールネタで過去最高アクセス!

つーわけで、いきなり数字を持ち出そう。97年末のサイトオープン以来の1日平均アクセス数は、
・98年=188/99年=344/00年=586/01年=454/02年=392/03年=446
なんだよ、J2だった年が一番かよ(笑)。
まぁ、これはあくまでも平均値。日別のアクセス数を追ってみると、昔と今で決定的に傾向の異なる部分があります。それは、曜日が無関係になったっていう事と、他サイトでの晒しリンクによる影響。かな?

以下、分析。

繁盛していた(過去形だよオイ)00年のアクセス記録をイベントと対比して紐解いてみると、「レッズにヤバイ事態が発生した直後の月曜日」ってパターンが多かったんですよね。具体的に言うと、日曜日にショッキングな負け方をして、月曜日にアクセスがドーン、と。ま、土曜日に新潟にタコ殴りされた時には日曜日・月曜日と続けて1日1,000アクセスを超えたりもしてますが、これは別格のショックだったわけで(笑)。ところが、昨年あたりからは休日でも関係なし。つまり、ネット環境が一般的になって、接続人口が会社ネッターから自宅ネッターに移ってきたって事なんでしょうね。
その一方で、曜日に関係なく、試合結果とも関係がなく、強力なサイトに直リンされるとカウンターがダーーーーっと回る。まぁ、ハイパーリンクってのは、そういうもんですわね。だから、ウチみたいに「それなりに注目はされてるようだが、自前で世論を作るほどの影響力もない」中途半端なサイトの栄枯盛衰は、実は2chや浦議やサポティスタが握っているのかもしれませんな。そこで晒されると、このサイトの存在を知らない人が大量に訪れ、そのうちの何割かが固定客になっていくという・・・。
まぁ、カウンターが回れば栄えてる、って考え方自体が無意味っちゃぁ無意味なんだろうけど、サイト運営なんて所詮は自己満足で、カウンターはそのためのオカズみたいなもんだから。オカズのない食事は、やっぱ侘しいし。
でも、「浦議ユーザーに喜んでもらえるようなネタ」とか「2chで晒してもらえそうなネタ」とかを考え出したら終わりだろうね、きっと。それだったら直接書き込んだ方が早いし反応もダイレクトだし。それに、アイディアは多い方が絶対に面白い事ができるはずなんで、そういう意味で個人サイトはあんまり未来ないなっていうか、そういうコミュニティに属しちゃったほうが楽かな〜と思う事は、多々あるわけで・・・。

強力なリンク元といえば、レッズ系サイトでは「ウラツウアンテナ」もその一つ。ここで上に来ると、アクセスがダーーーーーっと来ます。これはもう、ほとんどポータルサイト化してるんじゃないでしょうか。私も重宝してます。
ここは毎定時に更新で、巡回先の更新時刻が新しいほど上に来るから、例えば夜10時以降の客を誘引しようとすると、その直前に更新するのが一つの手になります。当サイトはHTML内の「最終更新:YYYY/MM/DD HH:MM」という記述をそのまま拾われるように(たぶん)なっているので、実際には夜9時1分のファイル保存だろうがアップロードだろうが、その記述次第では10時更新として扱われ、10時のアンテナ更新では一番上に来るという仕掛けで・・・まぁそこまで露骨な事はしないけど(←実験した事はある)、いったんテキストを打ち込み始めたら、定時巡回の時間までにはアップを終わらせようと努力はしてみたりします、ハイ。生活の知恵というか。
アクセスする側にとっても、更新頻度とか鮮度ってのは、「はてなアンテナ」みたいなものが一般化してきてるっていう事実と照らし合わせても、絶対に求められてるはずのものですから。
(だから、1週間に1回程度の更新もできないほど忙しくなってくると、自分的にはサイトを閉めたくなっちゃうのよね)

そんなわけで、今年の4月1日に、恐らくは2chに直リンクされた事によって叩き出された3,030アクセスというのが、1日のアクセス数の最高値。
この時は浦議で叩かれましたねぇ。「がっかりだ」みたいな事を書かれて。まぁ、禁じ手というか、タチの悪い手法を使ったからねぇ。自分の悪さ加減を振り返ってみると、他人様に文章をパクられたぐらいでスネちゃイカンのかね、やっぱり。
ちなみにパクり騒動の時のアクセス数が歴代2番目の多さだったりするのが鬱なんですが・・・。


- C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 2 3 -

都内のスタジアムにはロードで通うという世田谷のシラカワさんからメールを頂きました。
うん、「一人レッズチャリ部」が、あちこちにあるっていうのも、いいですな。そう、サポートもロードバイクも、結局は一人一人のパワーが大事なのだ。
男なら群れるな! 大人なら馴れ合うな! なんちゃって!


1 
2 
3 
4参戦機会激減
5自転車部ポシャる
6UB脇でヤる
7初のアウェイツアー参加
ダララララララララ・・・・・・・第4位! つーか、マイナスな話題なんですが・・・
参戦機会、激減!

今年はスタジアムに行けなかったねぇ・・・。
俺が「レッズサポーター」と胸を張って言えるようになったのは'99年のファイナルファイブ皆勤から。駒場の東側に住み着いたのもその頃。以来、参戦数は19⇒15⇒13ときて、今年はとうとう11試合まで減ってしまいました。まあ、俺の今年の忙しさっぷりは、コラムを読んでくれている方にはお分かりだと思うのですが・・・。
俺に輪を掛けて、カミさんはスタジアムから遠ざかってしまっています。今年は横浜・福田の引退試合・ナビ決勝・最終戦・・・と、たったの4試合で終わってしまいました。「看板に偽りあり」だよな。どこが「めおとサポ」なんだか。

共働きで、しかもカミさんは夜勤だから、「寝ないでスタジアム」か「寝ないで仕事」のいずれかになってしまう。
おまけに小学校の役員なんかやっちゃってるもんだから、それで土日が潰れることもある。
1年生の息子のサッカーチームの試合や練習は基本的に土日なので、その送迎や応援で週末が潰れる。
あー、ダンナは何をやってるんだって言われそうだな。

その意味じゃ、息子もスタジアムでJを観る機会ってのが減ってきてるんだよな。「やるサッカー」と「観るサッカー」ってのが、なかなか両立が難しい。そのまま大人になると、やっぱり「サポーター」っていう人種にはなりにくくて、よくて「観戦者」、あるいは「TV評論者」みたいな感じになりそう。あ、いいとか悪いとかは私の主観なんで、別にTV観て薀蓄ばっかりタレていたって、それはその人の勝手なんだけどね。私の周り(大人)にも子供の頃からのプレー経験者は結構いるけど、今でもボールを蹴ってる人はスタジアムには行かない(行けない)し、現場から離れて久しい人でも、せめてスタジアムに行くっていう話はあんまり聞かない。
まぁ、プレーしてる人はしょうがない。でも、プレーをやめちゃった人は、どうしてJを観ないのかね。プライドみたいのがあるのかね。私の知人で、

  • Jはクソミソにけなすけど、トヨタカップはヤフオクだろうが何だろうが絶対に行く(まぁわからんでもない)
  • アジアチャンピオンズリーグは鼻で笑いヨーロッパチャンピオンズリーグは最大の祭り(これもわからんでもないが・・・)
  • トルシエはクソでジーコは神(・・・これは絶対違うよな)

    な人がいるけど、なんか「日本のサッカーは惨めだ」みたいな感じで、サッカーにトラウマがあるんかい?とか思ってしまう。

    話がそれたな。
    協会は、登録者数を増やす事に躍起でしょう? 協会の収入源だからとか、そういう下世話な話は抜きにしても、プレーヤーが増えれば増えるほど観戦者が減るんじゃないかという意味で、サッカーの底辺が広がる事と、プロサッカーリーグが与える娯楽とかの商業ベースの話ってのは、全然リンクしない(というか反比例的にリンクしてしまう)んじゃないのかなぁ、と。大人のサッカーなら自己完結だろうけど、子供のサッカーってのは(いい悪いは別にして)親を巻き込みますから。「親がサポーター」⇒「子供をプレーヤーにする」⇒「親がサポーターでいられなくなる」っていうのは、きっと構造的なもんですよね。
    あ、親が関わりたくないとか、ガキのサッカーをやめさせようとか、そういう話じゃないんで。それはそれで、「サラリーマンのコミュニティー」「近所の奥さん方のコミュニティー」に続く第三の人間の輪ですから、そういうのは大事だと思うのよ。それこそ「地域のスポーツクラブが取り持つ縁」みたいなやつでね。そう考えると、別に100年構想とか大げさな事を言わなくてもいいんだよね。
    それより何より、息子はこの間の日曜日もカミさんの運転する車に乗って栃木まで出かけていって、(枯れた冬芝とはいえ)芝生の上で都合40分間プレーしてきたっていうから、そういう事の方が親としては嬉しいんだよね。

    まあ、カミさんの方は、仕事はシフトが変わりそうな事を言っていたし、役員だってそのうちお役ゴメンだろうけど・・・どうかな? 息子の学年が上がれば試合数も増えていきそうなので、来年以降もカミさんのスタジアム離れの傾向は続くのかな?

    もしかして、俺の甲斐性がない、の一言で終わってしまうのか???

        |                   \
        |  ('A`)           イエノコトモ
       / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄        ヤレー!/


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 2 1 -

    「寒い」で思い出した。
    サッカー以外のネタで今年一番笑ったのは、なんつっても「日本ブレイク工業社歌」だな。CDまで出ちまった。
    「浦和レッドダイヤモンズ社歌」を始めとして、そこからの派生ネタも多々出回ったけど、俺的にオリジナルを上回ったのは逆再生バージョン
    いやホント、あれは冷えるよ(笑)。

    でも、今日は思ったほど風も強くなくて、長袖インナー+半袖バイクジャージ+アームカバー+フリース+ポリエステルのキャップで自転車に乗って、無問題。相変わらず日曜日は疲れた感じはあるんだけど、心理的に「乗りたいモード」に入りつつあるので、このままいけば正月休みには久し振りにロングランがいけそうだな。

    自転車といえば・・・。


    1 
    2 
    3 
    4 
    5自転車部ポシャる
    6UB脇でヤる
    7初のアウェイツアー参加
    ダララララララララ・・・・・・・第5位!
    浦和レッズ自転車部ポシャる!

    いやいやいやいや、ポシャるも何も、そんなサークルを立ち上げたわけじゃないのよ。自転車部とかってのは洒落ですってば。そういう事にリーダーシップを発揮するタイプじゃないのよ、俺は(笑)。

    えーっと、自転車をスポーツとしてやってない人には変態にしか聞こえない話なんでしょうが、慣れちゃうと50キロとか100キロとかって距離は全然無理な話じゃなくて、例えば俺んちからだと
    ・埼スタ/駒場=10キロ前後=ウォーミングアップ
    ・国立/横浜=40キロ〜60キロ=ひと汗かいて気持ちイイ
    ぐらいの感覚なんですな。たぶん、密かに計画倒れで終わったけど柏も楽勝。等々力・味スタもイイ感じの距離。平塚・水戸(100キロちょいか?)・鹿島(都内経由で140キロ、直線距離ならもっと近い)だって行けちゃうと思います。ただ、帰り(夜は怖い)の事を考えなければ、っていう前提は付くし、そんだけ走って満足なサポートができるんか? 跳ねれるんか? と問い詰められると、私程度のレベルではごめんなさいするしかないんで、まぁ、最短距離で60キロ程度の横浜が現実的な最長距離なんだろうけど。

    でもね、自転車乗り的にはヘタレでも、普通の人から見ると充分変態なんだよね。
    自転車を集団で楽しむのって難しいんですよね。同じレベルの人じゃないと、早い方も遅い方も、どっちも気を使う。それどころか危険ですらある。それに、「助け合い」ってのが直接的には非常に難しいし、ある程度の距離を乗るにはある程度の経験は必要になってくるし。
    だからさぁ、「あれからあんまり乗ってません」みたいな状況を知っちゃうと、安易に一緒に行きましょうってのは、やっぱマズかったなー、悪い事しちゃったなーって、今でも若干後悔してるんですよね。ま、変態って思われるのは全然構わないんだけど。本当の事だから(笑)。

    あー、来年は、やるんだったら埼スタのデーゲームとか大原の練習見学とかで「ヘルシーロードを走って行こう!」とか、そういうのかね。見沼代用水のそばに住んでる人って、どのくらいいるのかね。今日もロード、クロス、MTB合わせて10人ぐらいとすれ違ったけど、その中にはレッズサポの一人や二人はいたはずだ。そういう人と一緒に・・・(←懲りてないじゃんか)
    しかし、自転車乗りかつレッズサポってのは、ある意味二重の変態だよな・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 1 9 -

    寒いね、どうも。鳥取は雪らしいね。間違って行っちゃった人は、どうするんだろうね(笑)。
    私は年末も休日出勤さね。だからさっさとアップして、明日に備えて寝よっと。


    1 
    2 
    3 
    4 
    5 
    6UB脇でヤる
    7初のアウェイツアー参加
    ダララララララララ・・・・・・・第6位!
    初体験 UB脇でヤる!

    あー、こういうネタは、ウルトラ系ではない当サイト的には不適切ですかねぇ。つーか、ウルトラな方から「俺たちはお前なんかと一緒にやった覚えはねーよ」って言われそう。ま、ウルトラな方の知り合いは俺にはいないし、そういう方面の方がここを見てるとは思えないので、いいか。
    いやいや、別に卑屈になる必要はないんだよな。顛末自体は参戦記録にも書いたとおり、俺はいつもの場所でヤっただけなのだが、向こうがこっちに押し寄せてきた(笑)。それにしても、まさかリーダーの2メートル横でヤる機会が訪れるとは思わなかった。
    色々と発見がありました。国立や埼スタみたいな屋根なしスタジアムだと随分とミュートを効かせている様にも聞こえる太鼓も、実は結構ドコドコ叩いてるのね、とか、ああいう試合の後の断幕の撤収はレッズの選手のフリーランニングよりよっぽど迅速だとか、リーダーのお腹【自粛】

    そういえば、97年だっけ? 太鼓なしにトライしたのは。
    この日の駒場は、本体の移動というか分散に伴って、あちこちからコールが出ては広がり出ては潰されという混沌とした状況の中、いったん波長が合ってしまうともの凄い勢いでゴール裏が燃え上がってしまうという、あの頃をちょっと思い出しましたがね。

    んーと、初めて駒場の東側に侵入したのが99年の終盤の市原戦。その時は、一番バック寄りの階段で、それでも並びの頃から「怖そう・・・」なんて緊張してねぇ。それが今じゃ隣にUBがいても全然不感症ですから、ま、歳とってずぅずぅしくなったんだろうねぇ・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 1 7 -

    サポーターとしての今年の活動は終わっちゃったんで、サイト運営的に年末進行というか、お約束の十大ニュース!でもやろうかと思ったんですが、スタジアム参戦わずか11試合の立場で「十大」もクソもないので、とりあえず中途半端を極めて
    七大ニュース
    って事で。あ、ネタは、あくまでも「俺たち」ね。「ナビスコカップ優勝!」とか、そういうのはナシ。(どーせ誰かが書く)


    1 
    2 
    3 
    4 
    5 
    6 
    7初のアウェイツアー参加
    ダララララララララ・・・・・・・第7位!
    初のバスツアー&弾丸自動車ツアー参加!

    ・・・うーん、話題が10個見つからないとあって、さすがにショボイな。こんなのはニュースって言うより、単に今まではアウェーに行かなかったってだけの話でね、基本的にはサポーターとしては恥ずかしい話なんですよ。過去の関東圏外アウェイと言えば、山形とか、神戸とか、そんなもんですから。まったくもって情けない。

    んじゃ、なんで今年はツアーに参加してまでアウェイに出かけたかと言うと・・・ま、「優勝が賭かってるから」ってのはあるんだけど、それより何より禁断症状が出たって事だと思います。このコラムの過去ログを読み返してみると、仕事が辛いっていう話ばっかりだもん。あれじゃ読んでる方も気が滅入るよね(笑)。それで、やたらと

      _| ̄|○  

    が出てくる(笑)。
    このサイト、同じマンションの人も見てるようなんだけど、カミさんが他所の奥さんから「旦那さん、大変みたいですね〜」と言われた事も一度や二度じゃないらしいっす。それでまぁ、なんとか時間をやりくりしてナビスコの準決勝・決勝と参戦できて、一気にアドレナリンが出たというか、「俺が行かなきゃ勝てない」という思い込みで脳内物質がドバドバ出ちゃったというか・・・。
    まぁ、あれだけ仕事で名古屋に通っていて、試合にはかすりもしなかったってのが非常にアレなんですけど。

    そう言えば、日本平と瑞穂はエメルソン・ニキフォロフが出場できないという非常事態。以前に神戸に行った時は降格危機の真っ最中、山形もJ2という事で、基本的に俺は「ヤバイ時」にスタジアムに駆けつけたくなる性癖をもっているという事を再認識。
    そう、そうなのよ。浦和が強くて強くて、放っておいても勝ち続けるクラブだったら、たぶん俺はレッズサポーターをやってないのよね。全然自慢になんないんだけどね(笑)。応援しようがしまいが関係ないんだったら、応援する意味なんてないのよ、俺的には。

    ところで、日本平はバスで、瑞穂は車で行きました。
    車の運転は人様にお任せだったんですが、やっぱ俺も人様に貢献しなきゃな・・・ってのがあって、もし天皇杯の準々決勝で仙台あたりに弾丸って事になったら今度は俺が車を出そうかな・・・なんて考えてましてね。仕事で車を使っているカミさんに「23日、車使っていい?」って聞いて、一応了解も貰っていて、そしたら緒戦であの結果ですから・・・_| ̄|○(笑)。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 1 2 -

    毎年同じ事を書いてるような気もするんだけど、それは毎年同じような事を感じているからなわけで。

    契約更改と同時進行の天皇杯。
    人知れず戦力外通知を受けている選手。トライアウトやテストに大忙しで天皇杯どころじゃない選手。来年はいない事がサポーターにもわかっている選手。引退の花道を飾ろうとする選手・・・。
    共通しているのは、「時間がない」「負けたら終わり」という事実。それが、天皇杯の一種独特の寂しさや、サポーターの物悲しいモチベーションにもなったりする。

    去っていく仲間を気持ちよく送り出したく、でもやっぱり別れる事は辛く、できる事ならば元日まで一緒に戦いたいと思い・・・。
    何よりもクラブを愛しつつも、その中の個人を、戦力のアップ・ダウンというパラメーターとしてのみ扱うような気持ちには到底なれず・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 0 7 -

    高校時代に一緒にバンドやってたヤツ(ちなみにそいつはギター、俺はドラム)が転勤で新宿勤務になって、すぐそばじゃんって事で木曜の夜に15年ぶりくらいに会って飲んだんだけど、高校時代は体重70キロ台だったはずのヤツが、今ではオーバー0.1トン・・・。それを言うと、俺も当時と比べると20キロ近く成長してしまったのだが、まぁ、このトシになると健康って大事よね、みたいな話をして。
    そんなわけで、ガーっと晴れて陽だまりは暖かく、北西の風が強くて日陰は寒く、とうの昔に刈り入れの終わった田んぼの上をラジコンの飛行機が飛び回る典型的な「埼玉北部の冬の休日」。すっげー久しぶりに、まとまった距離を走りました、ロードバイクで。

    しかし、ちかれた。なにしろ行きは向かい風すげーしよ・・・。追い風に乗って快走する奴らとすれ違うこと20台ほど。どいつもこいつも高級バイクで気持ちよさそうに、音もなくシャーっと(←矛盾した表現だけど、わかってもらえます?)走り去っていく。一方の俺、2年前(だっけ?)に乗り始めた頃よりも体重が増加してるもんだから、んもー、体が重いのなんのって。30分も走ったら尻は痛いし、上体を支える背筋・肩・腕・手とも満遍なく痛いし、あっという間に腹は減るし。朝飯は食って出たんだけど。散々だわ。ま、汗かいて、美味い蕎麦食って、それはそれでいいんだけどね。
    帰りは追い風で、快適なことこの上なし。でも、なぜかヒィヒィ言って風上に向かって来るヤツがいないんだよな。いたら余裕こいて手でも振ってやろうかと思ってたんだけどな。つまらん。

    で、それなりに充実感を得つつ帰ってきたんだが・・・
    サドルバッグに裸で携帯を入れておいたら(ディスプレイ剥き出しでブ厚いSO505、バイクに乗る際にポケットに手軽に入れられるデカさではない)、バッグの中の何物かとこすれたらしく、ディスプレイが細かな傷キズで曇りガラスのように・・・。そういえば、買った時に「保護フィルム貼ってねーな」とは思ったが・・・。買って半月なのに。

        _| ̄|○
      _| ̄|○_| ̄|○
    _| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 2 / 0 3 -

    遂に師走になってしまいました。11月はナビスコにリーグ戦の遠征にと羽を伸ばしましたが、今月からはまた仕事第一・余暇第二の毎日になりそうです。あと2週間はレッズ漬けのつもりだったんだがな〜。

    ところで、先月のアクセス数は、約2万7千。1日平均で900アクセス強ってところで、この数字は過去最高。1日で千アクセスを超えた日が10日間もあったのも初めてです。ま、リロードで加算されるカウンターだからアテにならないんだけどね。レッズの躍進と、鬱憤を晴らすかのような(実際そうだけど)こまめな更新と、パクられ騒動で2ちゃんに晒されたのが主な要因か?
    個人的に良かったというか笑ったのが、ナビスコ決勝前の2日間での『ゲート旗作成実況中継』にアクセスが集中した事ですかね。並びがなくなって、みんな家で悶々としてるんだろうな〜・・・なんて事が、ネットの向こう側から垣間見えたりするんですよね。で、写真を撮ってアップしようとすると応援メールが来てたりするのが、ウェブマスター的にもレッズサポーター的にも、幸せだよね。

    というわけで、ギドとエンゲルスの話を期待して来た方、残念でした(笑)。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 3 0 -

    今日はいきなり起床と同時に立ち眩み(つーか起き眩み?)。
    いやー、朝8時半にスタジアムに到着してから、夕方6時頃に車に乗り込むまでの約10時間で、腰を掛けたのがメシとハーフタイムのそれぞれ10分ほど。残りの大半の時間を雨に打たれて立ちっぱなしで過ごしたわけで、そりゃ疲れますって。風邪を引いてないのが奇跡みたいなもんだわ。
    カミさんも前夜が夜勤だったから、相当お疲れの模様。今日は昨日の試合のビデオや天皇杯を見ながらグダグダですな。いや、ちょっと仕事もこなさなきゃだ。まぁ、議事録をまとめてメールするぐらいですけど。

    それにしても昨日の今日で、我が家のように乾燥機を持たない家は、今日は物干しに苦心してるんじゃないですかね。服の類は当然として、私は財布までびしょびしょ。

    上着とゲート旗は風呂場でTES乾燥

    ずぶ濡れの靴はベランダで・・・乾かない(泣)
    子供達のポンチョは親のお下がり

    財布の色落ちでお札はこのとおり


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 2 7 -

    寒いなぁ〜。もう上着がないと行き帰りが厳しくなってきた。
    土曜日も雨らしいんだけど、サポートのモチベーションとは別の次元で、かな〜り嫌かもしれない。国立・日本平・瑞穂と雨や冷たい風が続いたからな〜。土曜日は最終戦だから家族全員で埼スタに行くんだけど、俺はともかく子供たちが風邪を引かないように屋根のある場所を確保しないとだな。

    「最終戦だから」
    こう書くとあっさりしたもんだけど、ほら、「鹿島優勝絶対阻止」とか、そういう大義名分がないとしても、今年は「一年間ご苦労さん」って言ってあげたい気分なんだよね。ここ2試合を見てると、最終戦の後でも同じ気持ちでいるかどうかというのは疑問なところもあるんだけど(笑)、まぁ、そういうこった(どういうこった?)。勿論満足ではないし、まだまだ上を目指したいけど、それでも、ね。今年はあまり現場でサポートできなかったから、行ける試合は1試合でも見逃したくないし。大事だし。優勝の望みがなくなっても、わざわざ休暇をとってでも駆けつけたい試合の一つ。
    わかってもらえるだろうか。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 2 5 -

    『釈明 事情や立場を説明して了解を得ること』
    別に悪い事をして弁解するという意味ではないんだが、どうも釈明という言葉はイメージが良くないな。俺が悪い事をしたわけじゃないのにな。

    さて、23日にアップした参戦記録も檄文も、どちらも非常に辛い気持ちで書いたのだが、あちこちのサイトを巡ってみると、みな同じような気持ちで「Pride of URAWA」を歌い、落ち込み、そして立ち直っているようだ。少なくとも、瑞穂でメソメソしていたのは俺だけではないという事が判明して、ちょっと救われたぞ(笑)。
    しかし、今になって振り返ってみると、人前でメソメソするのは情けないアーンド自分の世界に浸りきれないので落ち込みきれない(?)という難しさがある事が判明。しかしその分、勝った時の喜びは増幅されるに違いなく、これからはもう少し人様と仲良く、というか交流の幅を広げた方がいいかな・・・などという気も。
    もっとも、瑞穂では、いつ以来なのか思い出せないほど久しぶりな方から電話を頂いて、実に久々の再開。いいなぁ、俺は白髪がどんどん増えてオッサン太りになってるのに、貴女ときたら相変わらずで・・・(本心)。そういえば、ここの管理人の方も瑞穂に来ていたとの事で、ほとんど遠征なんか縁のない俺だから、この機会に遭いたかったなぁ〜〜〜〜!


    - クソサイトにパクられた檄文 o f 2 0 0 3 / 1 1 / 2 3 -

    涙しながらも"Pride of URAWA"を歌い通した貴方。
    帰りの車中で激しく_| ̄|○ だった貴方。
    「恥ずかしながら帰ってきてしまいました」と呟いた貴方。

    初のリーグ戦を獲る可能性は消えましたが、
    「過去最高のステージ順位」とか、「賞金」とか、「年間トップ5」とか、
    今でも目の前には沢山の餌がぶら下がっています。

    こんな餌に、興味はありませんか? 余り物のように感じますか?
    私も、さっきまではそうでした。

    じゃあ、こんな餌はどうですか?

    ___最終戦に敗れ、首位の磐田が負けると___
    俺たちのホームで鹿島が優勝する

    そんな事は絶対にあってはならない、今季リーグ戦最終戦


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 2 0 -

    なーんかダルいんだよな。

    つーか、昨日は熱出して(という理由で)会社を休んじまったんだが、仕事が一息ついて・・・まぁ、これから別のところでシステムを立ちあげなきゃなんないから全て終わりってわけじゃ全然ないんだけど、少なくとも給料泥棒の謗りを受ける状況からは脱出したという安堵感もあって、気持ちが入らない。 気持ちが入らないのとシンクロするように、体がダルい。体がダルいので気持ちが(以下延々とループ)。新たな目標を見つけて日々の仕事をバリバリこなしていく仕事仲間を見ると、すげぇなぁ・・・ってのと、お前ら人間じゃねぇ・・・っていう気持ちが半々なのが正直なところ。
    これで浦和がタイトルも降格も全く関係ない状態だったとしたら、俺、ホントに全開で腑抜けまくってると思うよ。全くもって変な表現だけどさ。

    じゃあ、タイトルに絡んでるから忌野清志郎ばりにギンギンにテンション高いかというと、実はそうでもない。元来の数字オタク、記録オタク的な性格がひょっこり顔を覗かせて、今のところはまだ第三者的に状況を眺めている、といった感じかな。
    かといって、誤解のないように書いておくけど、日本が初めてワールドカップ出場を決めた後の空白期間のような虚無感ではない。断じて。

    自分の中を観察してみると・・・。

    レッズが確実に強くなっている事に対する自信(というか確信)、しかし未だリーグ内で強豪としての確固たる地位を築いたわけではないという冷静な判断(要はセカンドステージはドングリの背比べ・・・俺って結構ノリが悪い?)、そんなものが自分の中にはあるんだけど、少なくとも「結果を残している」という事実、その結果が自信をより強固にしているという事は確実にあるんだと思う。
    そんなわけで、今、一番言いたいのは、「普通にやってれば結果が付いてくる」っていう事。だから、煽ったり、不安がったり、励ましあったりみたいな事は、今のところ俺的には必要としてはいない。たぶんここを訪れる方の多数を占めるであろうレッズサポーター全体を見渡しても、同じ傾向じゃないのかな?
    つまり、これって、ある意味「経験」の賜物だと思うんだよね。去年のナビスコ決勝、今年のナビスコ決勝、その流れの延長線上にあると言うか・・・。過去にさんざん経験してきた「テンション上げ⇒空回り⇒失敗⇒空気悪⇒伝染」というマイナスの流れを、自分たち自身が、ようやく断ち切りつつあるんだろうね。
    「地に足をつけて」って名言だと思うけど、ここで状況を楽しむぐらいじゃなきゃ、現場でパワーを出せないよね。

    だから、「俺ってテンション高すぎ?」という自覚症状がある人は、こんな場末のレッズ系サイトなんて眺めていないで、イカした旗の一つでも作ってテンションを小出しに放流するか、さもなくば早よ寝れ(笑)。

    試合開始直前になったら、テンションなんて勝手に上がるさ。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 1 8 -

    今日もまた恒例の名古屋参りだったんだけど、なんつーか、なんでこの出張が金曜日じゃないの? ってカンジ。

    瑞穂には4桁の数のサポーターが集結するんだろうけど、ウチのマンションからは何人行くんだろう・・・。
    しかしまぁ、結構心安らかというか、テンションはまだまだ上がってきませんねぇ。それで仕事に差し支えちゃイカンから、いいんだけど。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 1 7 -

    さて今週もまた仕事の日々だ。何しろ週末がアレだったもんで、ちょっとばかり鬱な週明けだな。しかしまぁ、ホテルに缶詰ではないので、今週もサカリの付いた獣の如く更新に精を出そう。(なんか変か?)

    名古屋への段取りは固まりつつある(厳密には、固めて頂きつつある)が、どうも、早朝っつーか真夜中っつーか、そのへんの時間帯に自転車で家を出る事になりそうな悪寒・・・じゃなくって予感。
    いや、名古屋までじゃなくて、出発地までって事よ?(笑)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 1 6 -

    最近のレッズ一色の流れとは無関係に、唐突だが、書いておきたい事がある。来年の日程についてだ。
    ことが決まってから反対されたと思われたくないからなぁ。

    来年は五輪最終予選/本大会・W杯一次予選・アジアカップがあり(こんなに集中するのは来年が最初で最後らしいが)、国内の日程との調整が図られているのはスポーツ新聞系サイト等で報道されているとおり。
    個人的には、フル代表のW杯予選が優先されるのはやむをえないと思うが、国際Aマッチデーを使うわけだから、そのたびに合宿だ合宿だ・・・では、話にならない。敢えて言うが、ワールドカップベスト16の国にとっては、「たかが」シードされた一次予選なんだから。
    いわんや五輪代表の方は、予選も本大会も集中開催だから合宿も集中になるのは必然だが、いくらなんでも2ヶ月も拘束というのは馬鹿げている。しかも開幕前の時期に。

    いや、言葉を飾ってはいけないな。「馬鹿げている」ではなく、「馬鹿」だ。
    最近は代表関係のサイトや掲示板は全く見ないから世論がどっちなのかは知らないけどさぁ〜。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 1 4 -

    ゲート旗のケースがねぇよ・・・持ち運びがめんどいよ。

    お? これとこれとこれを使えば、オフィシャルのフラッグケースみたいに肩に掛けられるじゃねーか?
    ・・・サムソナイト製に見えないこともないぞ?(謎)

    まあ、写真を載せるような代物ではないな(笑)。さっさと寝よ。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 1 3 -

    日本平遠征翌日の名古屋出張は、なし。よって往復ツアーで確定。料金振込完了。
    翌週の名古屋出張と瑞穂遠征もバッティングせず。名古屋に何十泊もしながら、なんでやねん(怒)。
    ゲート旗の支持棒代替品、ドイトで110円。OK。

    そう言えば、土曜日は打合せとかって言ってたな。ま、今日の会議で俺に暴言を吐いたヤツの召集だから、頼まれたって出ないけどな。
    えーと、あとは何だ? 目覚まし時計の電池か?


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 1 1 -

    日本平のチケット瑞穂のチケットは押さえた(手元にある)。
    日本平のツアーも申し込んだ(明日振り込む)。あとは名古屋への足だ(悩)。

    ほとんど「決意表明日記」みたいになってきたな。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 1 0 -

    もう決めた。今決めた。

    日本平のチケットは仮押さえ・・・「仮」は外そう。土曜日に別件の出張が入りそうな気配はプンプン漂っているが、そんなもん、知るか。
    プロジェクトのボスには、先週の土曜日の時点で「次の土曜日は所用で休む」とアリバイ的なメールをしてある。つーか、休日なので「休む」って断る必要はないはずなのだが。
    さて、仮にそのまま日曜日に名古屋出張となったら、ゲート旗の支持棒はどうする? ロッカーに入るような代物ではないな。まさか出張先に持って行くわけにはいかんだろうが(笑)

    で、瑞穂のチケットも買っちまおう。
    横浜のチケット? それはまだまだ・・・・・・・・・ホントか?


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 0 9 (part 2) -

    遂に首位に立ってしまった。

    居ても立ってもいられなくなり、ページデザインを変えてみた。とりあえず、仕事の都合はさておき日本平のチケットは仮押さえした。最終戦のチケットは持っている。あとは瑞穂のチケットか。つーか仕事はどうするんだオイ。

    カップ戦決勝の経験はあるが、リーグ戦残り3試合でこんな位置なんていう経験はない。うーん、地に足が着かないぞ(笑)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 0 9 -

    浦和の次の試合は15日。長期に渡る名古屋出張の締めの報告会が15日か16日。これが16日になれば、15日の日本平は参戦可能。しかも、そのまま名古屋に足を伸ばして泊まってしまえば、(5千円ほどの宿泊代はかかるが)足代を出張旅費で落とせるという特典付き(笑)。
    仕事の根回しは嫌いだが、こういう事なら根回し頑張っちゃうぞ?

    さぁどうする!?


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 0 6 -

    (From名古屋)
    なんか、時間の経過とともにだんだん腹が立ってきた。今日は昼飯抜いて腹が減ってる(ちなみに朝の定番はバナナヨーグルトとコーヒー)から、余計に怒りっぽくなってるのかも知らんが。

    だいたいだね、初タイトルをゲットして喜びに浸りたい時に、なんでこうも色々な事が起きるのか。
    まぁ、選手やサポーターへの配慮に欠けるオフトの復讐心?はどうでもいい。フロントがアホなタイミングでアホな事を言い出すのもいつもの事だ。

    しかし、勝者の証を取り上げるような事は絶対に許されてはイカンのだ。苦労して一緒に(と自負している人も多いはずだ)勝ち取ったメダルではあるが、誰がなんと言おうと、勝者の証はピッチで戦った選手こそが保有すべきものなのだ。選手じゃない人間の手元にあっても輝かないのだ。
    傍から見ればバカみたいな事でも、サポーターは選手たちの心の支えになろうと頑張るのだ。一緒に頑張って、一緒に「よかったね」と喜び合いたいのだ。選手がメダルを抱いて眠るのなら、俺たちは「メダルを抱いて眠る選手の夢」でも見ようとニヤニヤしながら眠るのだ。それが幸せなのだ。それだけでいいのだ。実に他愛もないのだ。自分が一等を取ることより、子供が一等を取ることの方が嬉しいのだ。
    サポーターが選手の勝利の輝きを奪い取るような事をしてはイカンのだ。絶対に絶対にイカンのだ。

    メダルを奪い取った奴(いや、誰かが奪ったのかどうかはまだ確定ではない。バスのシートの背もたれの隙間とかピッチ脇の排水溝とかポケットに入れたままクリーニングに出しちゃったとか、そんな笑い話であって欲しいのだ、本当に)は、もしかしたら、尊敬されているヤツかもしれない。最高の奴かもしれない。神様のようなヤツかもしれない。
    しかし、敢えて俺的なサポーターの定義に照らし合わせると、こいつは「サポーターとしては」(あくまでも限定条件だ。なぜなら俺はヤツの人格を知らないからだ)唾棄すべき大馬鹿野郎だ。最低のクズ野郎だ。糞野郎だ。いや、サポーターという言葉を使う事すらおぞましい。俺定義ではサポーターでもなんでもない。

    あぁ、いくら言葉を弄したところで、怒りは収まらない。
    しかし、世間から見れば、俺もまたこいつと同じような存在だったりするんだろうか。嫌だ。報道で「レッズサポーター」という言葉を使われる事が、身震いするほど嫌で嫌でたまらない。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 1 / 0 5 -

    ゴール時の狂乱であちこちぶつけて青アザできてませんか?(俺はできてる)
    雨の中のサポートで風邪など引いていませんか?(Tシャツ1枚で通したが、これは大丈夫)
    ・・・初めてのタイトルから一晩、ニ晩と経って、恐らくここを訪れているレッズサポーターの皆さんも落ち着いてきたと言うか、逆に落ち着かない状況っつーか、とにかく「We Love You」と「We Hate You」が入り混じった変な気持ちじゃないかな〜と想像してるんですが、如何なもんでしょうか。
    しかしまぁ、サポーターが「燃えよ一億火の玉だ」的な雰囲気になった時のウチはロクなもんじゃないから、まぁこれはこれで・・・(涙)。

    しかしねぇ、選手から優勝メダルを奪うなんてのはのぇ・・・。俺はホントがっかりだよ。あの場にいた者の中に、そんな輩がいたなんて。
    不謹慎な例えかもしんないけど、結婚11年目でやっと恵まれた子宝を親から奪い取るようなもんじゃない?、これって。

    ピッチ乱入とか発炎筒とかバスに卵を投げるとか、そういうのとは次元が違う、「最低の行為」だよ・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 3 1 -

    北海道でオーロラだってね。なんでも14年ぶりだそうな。
    ニュースに登場した「陸別町」ってのは、俺の実家から車で1時間ぐらいかなぁ・・・。14年前の俺は既に埼玉の人(いや、横浜の人だったか? とにかく関東在住だね)。つまり、俺は「北海道では」オーロラなんぞ見た事がないのだ。アラスカでバカでかいっつーか派手派手なオーロラを見たという事に優越感を持っている・・・というか、あれを見た時の感動は墓まで持って行けると確信している俺としては、お膝元でアレが見られたというのは、実に面白くない!

    似たような、いや、似ても似つかないのではあるが、「すっげーーーーーっ!」って意味で同じように感動的なのは、満員のサッカースタジアム。

    ・ウズベキスタン戦の「紙吹雪」。(ただただ凄かった)
    ・駒場の市原戦での「発炎筒」。(残留争い、初クルヴァの記憶とセットで)
    ・去年のナビスコ決勝の「旗の海」。(高揚して、涙が出た)

    俺的には、これがベスト3かなぁ。
    いや、その時の喜怒哀楽という意味では、感動よりは「落胆したスタジアム」の方が記憶に残ってるんだよな。クラブの歴史的に、無理もないんだけど。バインのPK失敗、柳沢のVゴール、そして去年。思い返すと、全部国立で体験してるんだよなぁ。本当に、ポジティブに考えるのが難しい。

    という気持ちを振り切るために、ゲート旗つくるぞ!


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 2 9 -

    (From名古屋)
    こないだ、ホテルのテレビで見ていて思ったんだけど。
    ダイエーの王監督が優勝を決めた後のインタビューで「阪神は強かった」みたいなニュアンスの事を言って、それを聞いた阪神ファンが拍手する・・・みたいな図式がね、俺には信じられないのよ。
    例えばね、ナビスコ決勝で万が一(億が一)負けたとしてですよ? で、試合直後に鹿島の髭痔監督が敗者を称えるコメントなんかを吐いたとしてさ、それがまた国立のオーロラビジョンに音声付で流れたなんて事を想像するとですよ、どうですか? はらわた煮え繰り返りませんか?
    基本的に俺って負け犬根性が染み付いてるからさぁ、そういう場面をいとも簡単に想像できちゃうんだよね。

    それに引き換え、うちのカミさんはポジティブシンキング大王っぷりを遺憾なく発揮していて、羨ましい事この上ないのよ。
    「勝ったら新宿で飲むしかないね」みたいな話をしたら、それが早速、その夜の夢になったらしいんだよね。優勝したぞ、と。新宿に繰り出したぞ、と。なのにお酒は飲んでないぞ、と。なんでだ、と。そんな夢を見たんだそうな。

    そんな風に「普通に」期待できるっていう意味では、「手垢のついていないレッズサポ」なんかね、うちのカミさんは。いいねぇ。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 2 6 -

    昼間晴れると夜寒い。
    北海道生まれの俺には体に染み付いてるんだけど、それにしても日が陰ってから(いいトシして)膝小僧丸出しスタイルは寒い。その分、家に帰り着いてからの風呂は格別だったんだが。

    今日、試合の後にナビスコ決勝についての話し合いがあったんだけど、そこに一貫して流れていたのは、浮き足立たない、特別なことをしない、いつもどおりに・・・・・・一言で言えば「地に足をつけて」って事で、まぁそのへんは1年前に「毅然としたオヤジサポであれ」と書きながら、慣れない進行(と周囲の無言、あるいはピンチでの悲鳴・・・こんなの、駒場の東側じゃ考えられないから)に戸惑いを禁じえなかった俺的には、我が意を得たりと言うか、やっぱ考える事はみんな同じなのねと言うか、何を言いたいかっつーと、「だからお前は試合前日までキッチリ仕事しれ」って駄目押しされたみたいで、なんかな〜。(笑)

    つーわけで、名古屋出張シリーズの締めくくり(本当の締めくくりはナビスコ後になるんだけど)で、月曜日の夜から名古屋入り。最悪、試合当日にスーツ姿で国立に入る悪寒つーか予感・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 2 3 -

    木枯らし1号だってね。
    こんな日に野球観戦は寒いだろうね。試合がいつ終わるかわかんないのにね。俺はTVだからいいんだけど。
    連日いい試合をやってるようなんで(俺も今見てるけど)、好きな人には堪らんのだろうね。まあ、タイガースだろうがホークスだろうが、ファン気質ってのは、興味のない人から見ると別世界の住人ですから、俺が何を書いても野暮なんだよな。

    と、書いたところでタイガースがサヨナラ勝ち。

    いいなぁ〜、タイガースファン・・・(しみじみ)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 2 0 -

    前から「?」と思っていた事。読者の方から質問のメールを頂いたりもしたんだけど(この方はこのページを見てくれているんでしょうな)、U-17のアジア予選って、どうなったんだろう・・・?
    つーわけで、AFCサイトをExcite翻訳で覗いてみました。

    7月18日のビジョン・アジアは、AFC青年出来事修飾語のためのフォーマットを励起しました。では、こうです。
    >> AFC U-20ホスト・マレーシアおよびU-17ホスト日本は決勝ラウンドの中で引き寄せられました。
    >> また、それらがグループの頂部を覆う場合、第2置かれたチームは資格を得るでしょう。
    これって、日本が予選でグループ首位の場合は、同グループの2位が日本での本大会に進出できるって事だよな。つまり、予選を戦う前提。

    同じページを読み進んでいくと、こうも書かれている。
    >> グループ14:日本、DPR朝鮮(モンゴル)
    モンゴルがなんで括弧表示になるのかわからんが、この3カ国でグループ14を戦うという事だね。

    ところが、今月になると、表現が変わっている。例えば10月17日のAFC U-17選手権、日本の2004へのカタール・クレーム切符だと、
    >> ホスト日本を加えた9つの他の国々に加わって(以下略)
    >> 決勝ラウンド中の15のグループからの合計15のチームが、次のyear?s AFC U-17選手権の中でホスト日本に加わるでしょう。
    「ホスト日本に加わるでしょう」って、なんだか日本は予選シードのような表現にも取れる。
    だいたい、原文が "joining nine other countries plus hosts Japan" っていうんだから、どうなんでしょ?

    で、このコラムを書いている時点でのCompetitionだと、グループ14にはDPR朝鮮とモンゴルしかいない(ちなみにグループ9の東ティモールも消えている)のだが、結局何が言いたいのかと言うと、恐らく日本はシードされて予選免除なんではなかろうかとは想像するものの、確信がもてない、という事だ。俺って使えねー(笑)。

    まぁ、アジアってのは当事国同士の話し合いでどうにでもなっちゃう地域だからねー。JFAのニュースリリースにも疎俺らしい情報はないし、真相はわからん・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 1 9 -

    は〜あ、日曜日の新幹線は空いてていいね・・・っとくらぁ。

    出張の間にすっかりナビスコ前日抽選の話題に乗り遅れたぞ。
    土曜日の夜は、この件で携帯に3通(帰ってきてメールチェックしたら自宅にも3通)のメールが届いていたが、その頃の自分はと言えば、それに構っている状況じゃなかったし、断片的な伝聞情報なんでよくわからんし、そもそも試合前日は(それどころか当日の朝まで?)こっちにいるかもわからん状況だし。 わからん事だらけだが、まぁ、次のホームゲームは日曜日なので、なんとか埼スタに行くべ。そしたらわかるべ。

    つか、お前が前日抽選に行け。お前が点呼に行け>カミさん(と小声で言ってみるテスト)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 1 4 -

    なんかさ、レッズ系サイトのあちこちで

    _| ̄|○

    ってのを見かけるよね。ま、一番でかいサイズだったのはこのサイトだという自信はあるんだけど(笑)。

    それだけ今回のチケット争奪戦は凄かったって事なんだろうけど、概ねどのレッズ系サイトもカウンターの回りがいいみたいですね。ここも例外ではない。まぁ最近は頻繁に更新しているんでアンテナ経由でお客さんが戻ってきているのかもしれないんだけど・・・。
    サイト運営なんかしていたって、サポーター的には偉いわけでも何でもないし、そもそもリアルの駒場では2万人の中の一人に過ぎないわけで、そんな俺(や○○サイトのAさんや□□サイトのBさんや・・・XXサイトのXさん)を野次馬根性みたいな目で見ていても楽しいのかしらん?
    (・・・インターネットと言う媒体自体が野次馬根性増幅器なのかもしれんが)

    ところで。
    トップにも告知させて頂きましたが、容量オーバーの危機に見舞われていましたので、一発限りの画像や、もはや公開していてもなんら意味を成さないページは大胆にネット上から葬り去りました(勿論、PC内には貯蔵されてますけど)。15MBが5MBですから、まあスッキリしたものです。ごみデータって、やーね。これであと10年は持つぞ?
    何らかの不具合とかデッドリンクとかがあったら、ご連絡をお願いします〜。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 1 2 -

    疲労は溜まっているものの、精神的にはいくらか開放され、そうするとレッズのリーグ戦・カップ戦での躍進が何にもまして心を沸き立たせる。
    そんなわけでここ数日の当サイトは頻繁に更新しております。いやぁ、束の間の余裕って、心を贅沢にさせるなぁ(笑)。

    今日は何ヶ月ぶりかの2連休の1日目という事もあり、子供たちと公園で大汗をかいて遊びまわり、久しぶりにロードバイクにまたがってまとまった距離を走り、生まれて初めてフットサルなるものにも触れてまいりました。
    最初に「束の間の余裕」って書いたけど、そう、これから暇な毎日が続くというわけでは全っ然ないので、時間のあるうちに、これまでやりたくてもできなかった事をまとめてやっちまおうって算段です。そういう意味じゃ、全然贅沢でも何でもない、むしろ「貧乏暇なし」を地で行っているのかと。

    フットサルは顔を出すだけのつもりだったんですが、ご参加の皆さんのご好意でプレーさせて頂きました。初体験の感想としてはですね・・・
    「人は7分では死なない、しかし人は8分で死ぬかもしれない」 ってところでしょうか(謎)。
    一応、乳酸を溜めないような運動方法やクールダウンとか、アフターのストレッチとか、それなりのノウハウはあるんだけど、久しぶりに体を動かしたから、今回は・・・尻の裏、ふくらはぎあたりに早くも筋肉痛が。でもまぁ、早めに筋肉痛が出たら喜ぶべき歳なんだけどな。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 1 1 -

    去年は昼過ぎまで残っていたチケットが30分ぐらい?で完売。ある意味、予想通りだよね。
    11日21時の時点でヤフオクを「ナビ」で検索かけると515件。「ナビ 予約」でも151件。予約開始前から出品されてるんだから、何をか言わんや・・・ですな。しかしね、ゲッター業者が新兵器を投入したってわけじゃないだろうから、こりゃやっぱり実売枚数が少なかったと考えるのが妥当なわけで。実売されないチケットの行き先なんて詮索するだけ野暮。
    まぁ、夢を売る商売だろうがなんだろうが、ビジネスってのは「大人って、きたない!」ってな世界なわけで、このトシになると、そんな事にいちいち憤りを覚える事もないんだが。

    もうひとつ予想通りなのは、やっぱり出た! 「真のサポーターが行けないのはおかしい」というヤツだよな。ワールドカップの時にも散々書いた覚えがあるんだけど、もう、俺、こういう論調って大っ嫌い。まぁ、やっぱりそれは、俺には負け犬の遠吠えだと思うけどな。今回は俺も負け犬なんだけど。つーか、「負け俺」?(笑)
    スタジアムでの調達は今の俺には難しいので(次の味スタは仕事だし、埼スタまで余ってるとは思えないからね)負け俺のまま当日を迎えてしまいそうな趨勢だが、まぁ、今年の俺はほとんどスタジアムに参戦できていないので、「真のサポーター」どころか「決勝だけ観に行くヤツ」っていう方の定義にストライクだかんね〜・・・。
    (と、サポーターとしての自分の価値に自信が持てない俺だったりする)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 1 0 -

    「『マルクス闘莉王ユウジ・ムルザニ田中』って誰だ?」 と面食らっている皆様、如何お過ごし?
    私はレッズ系サイトを巡回して喜びを反芻している最中ですが、その中で、選手のコメントなんかもあちこちにあって・・・、こう、俺的にうなずいたものを無断転載(しかも勝手に編集)してしまおう。

    浦和側
    >>「決勝の舞台でなければ、あの悔しさを晴らす事はできない。ずっと決勝の舞台にもう一度立つ事を想ってここまで戦ってきた」(坪井)
    >>「戦う前からスタンドの様子がいつもと違った」(坪井)
    >>「生きるか死ぬかの戦い。勝ちたくて仕方ない気持ちがそう言わせたんです。きょうの闘争心はマックスを超えてました」(平川)

    清水側
    >>「まあ恥ずかしかったかな。ああいうドカチンのシュートを決められたときっていうのは、どうすりゃ良かったんだろうって本気で思うし」(森岡)
    >>「何か駒場にやられたなってのもちょっと思うし。相手の選手に与えてた力は、やっぱりすごいでかいものがあるのかなっていうか」(森岡)
    >>「6点取られてから急に、向こうへの笛の吹き方が変わったんですよ」(森岡)

    試合前の感情、それをぶつけたサポート、試合展開から審判様の印象に至るまで、実に我々の感覚と一致してるというか、
    ・選手と自分たちが同じ気持ちでいたこと
    ・それが「ホーム感」を生み出して味方に勇気を、敵に恐れを与える事ができたこと
    っていうのは、本当にサポーター冥利に尽きる試合だったんじゃないですかね。6点取ったとかそういう事は抜きにしてね。スタジアムにロクに通っていない自分が言うのはアレなんですけどね。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 0 7 (part 2) -

    このへんを柱の影からコソーリ眺めてると、みんな公私に渡って充実している様子が伺えて実に何とも羨ましいのだが(この場合の「公」はスタジアム内、「私」はスタジアム外でのサッカーライフを指す)、くっそー、俺も何とか時間作れねぇかなー。時間と、あと下がりまくった体力の増強ね。自転車なんか全然乗ってねぇもん。調べてみたら6月29日に荒川まで行って帰ってきて以来、汗かくほどの距離も乗ってない。お小遣いをはたいてホイールを新調してからたったの68kmしか走ってましぇん。通勤のお父さん以下。ペダルをビンディングに変えて以降はと言えば、近所の公園でのペダル脱着練習と、子供のサッカー練習場までの数キロ・・・記録するのもあほらしくて記録してませんが、ダメだこりゃ・・・。
    こんな状態で「スーツでクルヴァの階段」じゃあ・・・やっぱだめか?(笑)

    こんな駄文を書いてる暇があったら外に出ろって? おっしゃるとおり。でもさ、1日たっぷり休みってのがないと心身が持たないのよ、マジでさ。
    今日は休みを取ってるんだけど、カミさんとランチしに行って、そのままアテもなく新車でプラプラして、メシ代とガソリン代を消費するだけの、何の目的もない、何も生み出さない1日・・・これが今の俺には最高の贅沢。

    でもさ、仮にも「サポーター」を名乗るのなら、今のままでいいはずがないよな。むー。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 1 0 / 0 7 -

      1
    自宅
    2
    ホテル
    3
    ホテル
    4
    ホテル
    5
    ホテル
    6
    自宅
    7
    自宅
    8
    自宅
    9
    ホテル
    10
    ホテル
    11
    ホテル
    12
    ホテル
    13
    自宅
    14
    自宅
    15
    ホテル
    16
    ホテル
    17
    ホテル
    18
    ホテル
    19
    ホテル
    20
    ホテル
    21
    自宅
    22
    自宅
    23
    ホテル
    24
    ホテル
    25
    ホテル
    26
    自宅
    27
    自宅
    28
    自宅
    29
    ホテル
    30
    ホテル
    1
    ホテル
    2
    ホテル
    3
    ホテル
    4
    ホテル
    5
    ホテル
    6
    自宅
             
    10月3日に本番稼動のシステムを立ち上げて、7泊8日名古屋ツアーから帰ってまいりました。ホントは日曜日のうちに帰ってくる予定だったんだけど、まぁそれなりにトラブルもあり、一応(原因責任はないけど)結果については責任ある立場なんで、この1週間で眉間の皺が深くなった気が・・・(笑)
    右のカレンダーでいうと、35日間で名古屋に25泊。実際には、名古屋から戻ってくる当日はいつも夜8時台の新幹線に乗って深夜帰宅だったわけで、そうすると実質的には「35日間で25泊30日の出張、家にいたのは5日間」ですか。凄いね、こりゃ。

    そりゃ体がボロボロにもなりますよ。肩凝りはピップエレキバン(情けない)で治ったんだが、背中の中心、背骨の中(に感じられる)が痛くて辛くて・・・
    注意力も散漫になるのか、日曜日の朝はホテルの冷蔵庫にエクレア(いやほら、疲れてると甘いものを食べたくなるでしょーが)を忘れてチェックアウトしてしまい、月曜日の朝はヨーグルトとタバコとライターを忘れ、タクシーで料金を多く払い(運転手が良心的で、走って追いかけてきて届けてくれたんだけど)・・・。

    体力は確実に落ちてるし、だいぶ肌寒くなってきたんで、体調に気をつけないとね。
    だからさっさと寝ないとイカンとは思うのだが、チャンネルを回してたらセレッソ戦をやってるじゃありませんか。
    これを見ずして寝られるか?


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 9 / 2 8 -

    必死の(というか決死の)思いで土曜日は休みを取って、子供たちの運動会に無事駆けつける事ができました。グラウンドのあちこちに「さすがに今日ばかりはねぇ・・・」といった風情の赤い人たちがちらほら・・・。結果を知って、「なんでこんな日に運動会をやるんだバカー!」と思った親御さんも多い事でしょう(笑)。
    私ですか? 私はPTA対抗の玉入れなんかに参加したりして、それなりに楽しんできましたよ。幼稚園の時みたいに子供と一緒の競技がないのが寂しいって言えば寂しいんですが、ま、子供はいつまでも子供じゃないですからね・・・。

    そう言えば、去年の運動会の日って、確かナビスコ決勝のチケット発売日だったような。今年はこれから準決勝。新幹線の時刻表を調べるところまではいったんだけど、日本平の参戦叶わず、残念!
    んで、あんまり悔しいので改めて名古屋アウェイを調べたら、これが11月22日の14節。バリバリ優勝争いの佳境じゃん!?
    が、残念ながら、この頃には名古屋に行く必要は殆どないんだなこれが。なんか理由がつかないかな。それとも事前に回数券を多めに確保しておくか。何しろ回数券には上司の許(以下略)

    などと妄想(暴走にあらず、あくまでも妄想)しながら、月曜日からまたまた名古屋。帰ってくるのは日曜日の深夜になる事でしょう。
    翌週からは「1週間出張しっぱなし」なんて事はない見通しだが、土日休み=フットボールを観に行ける生活に戻れるかどうかはまた別の話。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 9 / 2 6 -

    人肌の温もりが恋しくなってきましたな。夜の栄、ホテルに向かう道すがら、
    「しゃっちょぉ〜〜〜、まっさぁ〜〜じ、しよ、はふ〜っ(←耳に息を吹きかける音)」
    みたいな誘いが辛抱たまらんぞ。
    そんな俺様の脈打つエナジー(笑)を敏感に感じ取ったのか、タクシーの運転手にまで
    「金津園出身で26歳でCカップで60分で2万円で特技は■×○▲@☆*。これが写真」
    などと違法営業をかまされる始末。色んな営業形態があるもんだねぇ・・・。

    ところで、「サッカー」「ロードバイク」「レガシィ」3点セットの揃ったオタク・・・ってのが、前回の話だったよな。
    そのうえ「脂ぎった中年オヤジ風」に見えるのか。_| ̄|○


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 9 / 2 2 -

      1
    自宅
    2
    ホテル
    3
    ホテル
    4
    ホテル
    5
    ホテル
    6
    自宅
    7
    自宅
    8
    自宅
    9
    ホテル
    10
    ホテル
    11
    ホテル
    12
    ホテル
    13
    自宅
    14
    自宅
    15
    ホテル
    16
    ホテル
    17
    ホテル
    18
    ホテル
    19
    ホテル
    20
    ホテル
    21
    自宅
    22
    自宅
    23
     
    24
     
    25
     
    26
     
    27
     
    28
     
    29
     
    30
     
           
    新車キターーーーーー(゚∀゚)ーーーーーー!!

    と言い残して仕事に旅立った私でしたが、この1週間は名古屋も涼しかったです。このサイトをご覧の方は埼玉在住の方が多いと思うんですけど、そんな皆さんに「涼しくなりましたね」と語りかける事ができないのは、埼玉にいないからなのよね。
    21日だって、右のカレンダーでは「自宅」ってなってるけど、これは「自宅のベッドで寝た」っていう意味であって、夜7時過ぎまでは名古屋にいたわけで。

    レッズの結果は栄(名古屋の繁華街)のラーメン屋で知りました。まぁ、浸透度でいったら圧倒的にグランパス<ドラゴンズなわけで、そんな土地ではテレビのスポーツニュースから流れてくるJリーグの結果なんて気にしている人すらいない・・・のかどうかは知りませんが、少なくとも店内にいた数人の客は無反応。そんな店内で私は大声で「ぅおっっっし」と口走ってしまったわけだが・・・。

    んー・・・たぶん10月上旬まではこんな生活が続きそうなんだけど、仕事にも一つの区切りが見えてきたんで、なんかこう、筆も軽いっつーか、キーボードが踊るっつーか。21日の帰りの新幹線の中にいた輪行(←一発で変換できないなんてショック!)客の話とか、新車の感触がどーとか、久し振りに書きたい事が増えてきてるんだよね。
    ところがさ、その書きたい事ってのが「サッカー」に「ロードバイク」に「レガシィ」ときたもんだ。この事実に気が付いた時、俺はつくづく思ったね。
    俺はオタクだ!


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 9 / 1 4 -

      1
    自宅
    2
    ホテル
    3
    ホテル
    4
    ホテル
    5
    ホテル
    6
    自宅
    7
    自宅
    8
    自宅
    9
    ホテル
    10
    ホテル
    11
    ホテル
    12
    ホテル
    13
    自宅
    14
     
    15
     
    16
     
    17
     
    18
     
    19
     
    20
     
    21
     
    22
     
    23
     
    24
     
    25
     
    26
     
    27
     
    28
     
    29
     
    30
     
           
    昨日は、名古屋駅も新幹線も阪神ファンでいっぱいだった。みんな落ち込んでた。どこかのサポーターを思い出した(笑)。ま、落ち込んでるといっても優勝が目の前ですからね・・・。

    あーホテル飽きた飽きた。今週は月曜の夜に名古屋に入って日曜の夜に帰ってくる予定。労働基準法とか休暇とかいう言葉が遠い遠い国の異国語のよう。既に曜日の感覚はなくなっております。

    サッカーを観る時間も自転車に乗る体力もないわけですが、頑張ってる自分へのご褒美。

    新車キターーーーーー(゚∀゚)ーーーーーー!!


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 9 / 0 7 -

      1
    自宅
    2
    ホテル
    3
    ホテル
    4
    ホテル
    5
    ホテル
    6
    自宅
    7
    自宅
    8
    自宅
    9
     
    10
     
    11
     
    12
     
    13
     
    14
     
    15
     
    16
     
    17
     
    18
     
    19
     
    20
     
    21
     
    22
     
    23
     
    24
     
    25
     
    26
     
    27
     
    28
     
    29
     
    30
     
           
    前回のコラムで「今月は果たして何日、自分のベッドで眠れるでしょうか」と書きましたが、結果は右の表のとおり。5日、9日と子供の誕生日が続く時期に家を空けるっつーのは、一応申し訳なく思ったりなんかして。ま、子供がどう思ってるかは知りませんが。
    で、昨日(7日)は合同誕生パーティーとばかりに家族でメシを食いに行ったんですが、やっぱり仕事以外で飲むとダメね。もうジョッキ一杯で酔っちゃって。

    んで明日からはまた名古屋でホテル暮らしなわけですが、その定宿ホテルの前に「Pixy Street」なる銘版がありましてね。名古屋でPixyと言えば、そう、ストイコヴィッチね。ま、「Pixy Street」と実際に呼ぶ人は殆ど皆無なんでしょうが(普通は「広小路通」ですな)、その通り沿いにグランパスのオフィシャルショップがあったりするのも関係してるんでしょうな。
    その銘版に足型があるので靴を脱いで足を乗せて(つーか嵌めて)みたら、おいらの足より小さかった・・・。
    ちなみに私は身長178センチで靴のサイズは24.5センチ。いわゆる「マヌケの小足」ですが、ストイコヴィッチを「マヌケの小足」呼ばわりする人は絶対にいないわけで、かたや妖精から会長、かたやしがないサラリーマン。
    1965年生まれの彼我の差を改めて実感したりして・・・わびすぃ・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 9 / 0 1 -

    などとバカな事を逝って言っているうちに、9月。今月は果たして何日、自分のベッドで眠れるでしょうか。いやいや、たぶん今年・・・きっと今年度いっぱいはこんな毎日が続くんでしょうが。(来年度も続くようなら、その前にたぶん、体、壊します)
    拙サイトにお越しの皆様におかれましては、是非ぜひ、更新頻度の高い他のサイトでお楽しみ頂きますよう・・・


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 3 0 -

    病み上がりだろうが何だろうが、やっぱり今週も土曜日の休日出勤。日曜日は5時起きで出張。ふへぇ。だから早く寝なきゃならんのよ。それでなくても、昨夜(カレンダー的には今日)寝たのは朝の4時過ぎだったのに。
    なんでそんなに夜更かししたかっつーと、別に朝まで仕事をしていたっつーわけではなくて、この忙しいのにカミさんが「生徒諸君!」を買ってきて隣で読み耽りやがって、我慢できずに俺も貪るように読んでしまったんだが、そしたらなんとマールが死んだだけでも充分に悲しいっつーのに、
    なんで沖田が死んじまうんだゴラァ!(目から鼻から号泣!)

    このネタわかるひとオジサーン、オバサーン


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 2 7 -

    無理がたたって2日間寝込みますた。家でナビスコの準々決勝見てますた。参加できなくてショボーンしてますた。ショボーン。
    なんつーか、現場に行けないモンで、ちとイジけ気味だす。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 2 4 -

    休み中は雨ばっかで、休みが終わった途端に猛烈な残暑。(出張に行っていた名古屋はさらに暑かった)
    が、残念な天気ですねなどと言うつもりはなく、むしろ「雨で遊びに行けなかったか? うえーっはっはっは! そうかそうか、俺も行けなかったぞ、ざまーみろ!!」と心の底から思う心の狭い俺ですが。
    しかしまぁ、お盆期間中の雨はともかく、この暑さでサッカーやったりサポートしたりってのは、大変だよな。プレーしなくったって、水分補給とか失敗するとヤバイ。マジでヤバイ。だからダントツ最下位の京都にスコアレスドローという結果で「やる気が見えない!」とかって怒るのもどうかと。いや、そういう論調なのかどうか知らないんだが。

    ・・・とか試合に参加しないで(それどころか見もしないで)書いてると、ホント現場感覚とズレてるのかもしらんなー・・・って、不安になる。

    でもでも、参加してなくても、この暑さの中、100キロ走らせるテレビ企画っちゅーのはクソだな、と断言してみようかな。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 1 7 -

    私の勤務先の夏期休暇は、10日から19日までの10日間ある(←メーカーですから)んですが、私の場合は・・・

    10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

    休み
    (´-`).。oO

    出勤
    _| ̄|○

    出勤
    _| ̄|○

    休み
    (´-`).。oO

    出勤
    _| ̄|○

    出勤
    _| ̄|○

    出勤
    _| ̄|○

    休み
    (´-`).。oO
    出張
    _| ̄|○
    出張
    _| ̄|○

    つーわけで夏休み終了記念カキコ。(泣)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 1 6 -

    いやもう本当に「とりあえず首位」なわけで、24時間持つかどうかわからん(笑)。
    でもまぁ、今日も仕事でスタジアムには行けなかったけど、試合終了後に入ってきた電話が2本、メールが3通。雨の中スタジアムでサポートした仲間からの喜びの勝利報告を聞けば、そりゃ私のテンションも上がるってモンですわ、はい。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 1 4 -

    お盆も仕事とは言え、さすがに早く帰ってくるので、こまめにコラムを書いたりして。

    今日、ちょっとイイな、と思ったのが、浦和のオフィシャルサイト。
    大原の工事の写真が(たった1枚だけど)トップページに掲載されてましたな。
    また、インフォメーションに土曜日の埼スタでの試合の暑さ対策、喫煙マナーの徹底のための方策等がさりげなく公示されてました。
    大原の工事は結構気にしてる人も多いと思うし、「日陰がない」「せめて売店を早く開けて」という声は前々から・・・。現場に通う人にとっては「古くて新しい」問題なんですが、クラブも重い腰をやっと上げたのか、かねてからの懸案が解決して実行段階に入ったということなのか、それともそんな問題は全然気にも留めてなくて、先日開催されたディスカッションで「ヤバッ」って思って急遽手を打ったのか・・・。
    仮に後者だとしても、「気が付いたらすぐ実行」ってのは、いいですね。すぐやる課みたいな発想、私ゃ好きですねぇ。
    (レッズもマツモトキヨシ並みに発展するか?)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 1 3 -

    今日は休みで、自転車&駒場という計画も立ててはいたのだけれど、もーダメダメっぷり全開。
    朝起きたら雨が降っていたので、再び寝る。昼前に起きたら雨がやんでいたが、飯を食いに行って石焼ビビンバを死ぬほど食って昼間からビール飲んで動けなくなり、帰ってきたらそのまま昼寝。で、起きたら夜。つまり1日中寝ていたわけでして(笑)。
    まー、自分で言うのもなんですけど、疲れ溜まってますから、休むが吉なのかもしれませんがねー。つーか激しく下痢だし。(ぉぃ)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 1 1 -

    サッカーサイト改め「1週間に1度の日記サイト」(謎)にようこそ。

    台風が去って、関東にも本格的な夏到来!って感じです。(台風の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます)
    しかしまぁ、こんだけ暑いと出歩く気にもなれませんわなぁ。「涼しい時間のうちに起きられたら行こう」と思っていた利根川までのサイクリングはボツ。だって、起きたら10時だもん。先月からの13連続出勤で久し振りのフル休日だったんですけど、疲労で体中がギシギシいってるような状態で早起きするのなんて、土台無理なわけで。ましてや真昼の暑い時間帯に・・・。というわけで、今日はお昼は床屋に行ってサッパリ。挨拶程度に顔を出そうかな〜と思っていた夕方のフットサルも、急遽同期会が入ったために、その時間帯は(まだ明るいうちから)大宮で飲んだくれてました。
    あー、仕事に疲れたサラリーマンには、同期会ってのは、心の洗濯ですな。私だけ極端に頭の色が変わっていましたが・・・_| ̄|○

    今年はいわゆる「お盆休み」は返上の私です。実際は何日か休みが取れそうだったのですが、休み中のシフトを決める際に慌ててカミさんに携帯で相談したら、せっかくガキどもがいない(私の北海道の実家にステイ中)っつーのに、私の休みに合わせる気がないようなので、頭に来て「あー私は全部出ますよ、家族サービスとかそんなの全然ないっス」と宣言してしまった。だから今日も明日も、お盆の当日も、仕事。はぁ。
    んで、休み中のシフトが決まってから「実家(←これはカミさんの)帰るのやめたけど、どうする?」とか言われても、何を今さら、勝手にしろよ・・・てな感じですわ。

    と、本人に言わずここで書く俺って最低?(笑)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 8 / 0 2 -

    >出張確率90%なんで

    土曜日出張は避けられましたが、予想通り休日出勤でした。
    7時半ぐらいに会社を出ましたが、そこから国立に向かう気力・体力なし(断言)。戸田公園だか武蔵浦和だかどこだかでホームに飛び降りだか転落だかで(うろ覚えナリ)、乗った電車が北赤羽で長いこと止まっていたので、家に帰り着いたのは9時半ごろ。そう言えば、花火がドカドカ打ち上がっていたのは、戸田橋かな・・・で、ルパン三世を見ていた子供たちに「夏休みだからって、いつまでも起きてていいわけじゃないぞ!」とかなんとか言いながらチャンネルをJリーグ速報に変えたら「ジェフの反撃ならず」とか何とか聞こえてきて・・・
    なんだかやたらと記憶が不確かなのは、酔っているからです(笑)。「今日は蒸し暑かったですね、現地サポートの皆様お疲れ様でした」とか書こうと思ったけど、家で「うぃー」となってるヤツに言われたくないだろうから、書かん!

    「目標のトップ5」にあとひとつ? 冗談でしょ。「トップ5」ってのは、リーグ有数の実力を、って事だろ? まだまだ・・・とか偉そうな事、書かん!
    マリノスが優勝? そのマリノスに全く危なげなく勝った俺たちのが強いじゃん・・・とかも書かん!

    と、ここまで書いて妙に支離滅裂なのは、土曜日出張はなくなったけど日曜日出張になったからかも。
    28日からずーっと休みナシで9日まで一気に13連戦を駆け抜ける予定ですが、果たして途中でけつまづいて転ぶんじゃないでしょうか、ワシ。

    _| ̄|○ ヤスミタイ...


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 7 / 2 7 -

    おはようございます。つーか、これを書いてる今、時計は12時30分を指してますが(笑)。
    仕事疲れとツール・ド・フランスTV観戦疲れですな、はい。おまけに今日は家族がいないんで、昼まで静かに眠れたというわけです。ま、今年のツールは昨日で実質終わったわけだが・・・(早寝できるけどちょっと寂しい)

    窓の外には日差し。会社では窓のない会議室に缶詰になっているので、ほとんど1週間ぶりに見る太陽って感じです。梅雨は明けたのか、明けてないのか・・・まだみたいね。晴れ間は見えても、雲がどんよりしてる。今年の梅雨は寒さの方が印象的。まあ、暑くなったらなったで文句も言うんだけど、やっぱりパッとしないよな。み〜んみんみんみ〜〜〜〜〜ん・・・・・・・・てのが、そろそろ聞きたくなってきました。

    パッとしないと言えば、「パッとしないクラブ」の代名詞のようなチーム(どことは言いませんが、はい)がなんだか優勝争いをしていて、今度の土曜日のゲームは一応優勝がかかるような状況になりましたな。私は出張確率90%なんで(東京にいても、休日出勤は確実)そういう緊張感のあるゲームに参戦する事は絶望的なんですが、できれば「絶対に負けられないシチュエーション」で戦って欲しかったな、という気持ちも若干あり。客観的にみて、横浜と磐田が同時に負ける確率は低そうなんで・・・。

    とか言ってるとやらかしちまうのが浦和なんだが。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 7 / 2 1 -

    相変わらずなんで、書く事ないんだよなぁ(笑)。
    先週のコラムと違うのは、テレビ埼玉で柏戦をやってるのを知っててツール・ド・フランスを見てた事ぐらいですか。ちゃんと後半30分からはザッピングをやめてサッカーの方を見てました。同点ゴールも見ました。おっしゃぁぁぁぁ!って、家の中でガッツポーズもしました。わたしゃ以前から「現場のサポーターでありたい、でもサッカー以外の生活も大切」「サポータに貴賎なし」ってスタンスなんで、○議あたりでよく見られる「テレビ見て文句言ってるアンタなんてサポーターじゃないYO!」みたいな論調なんて全然気になんないし。つーか別にレッズに文句ないし。
    IT屋的には、昨日のレッズの対戦相手のスポンサー企業には1日でも2日でも文句言えるけどな。2ちゃんねるに「○立製作所ってどうよ!?」ってスレを立てたいぐらいだけどな。

    ま、仮に仕事が暇になっても(なんねーけどよ)、あと1週間は年に1度の〜しかもここ数年で最高の展開となっている〜ツール・ド・フランスに噛り付いてるから、サッカーの話は疎かになるんだけどね。んで、気が付いたら最終節の市原戦が「引立て役の予感!」だったりして・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 7 / 1 3 -

    2週間もほったらかしになってました、このサイト。
    休日出勤の道中や貴重な休みの合い間には、子供の自転車を買いがてらバイクをショップにメンテに出したり、御徒町でビンディングペダルとシューズを買ってきたり、そいつを装着して試走したりとリアルライフの方で時間は消費されるわけで・・・。んで夜はビールを飲みながらツール・ド・フランス三昧だったりするので、道楽サイトは二の次、三の次ですわ、はい。

    で、ここ1週間は
    「何気なくチャンネルを変えていると大分戦後半。すぐさま逆転したので結果を見ずにシャワー」
    「帰宅途中の電車の中で東京V戦をやっていた事を知り、引き分けでポカーン」
    「仕事から帰ってきてTVを付けたらFC東京戦。直後にセットプレーで失点。さっさとチャンネルをツール・ド・フランスに」
    って、これでレッズサポーターと言えるのか? 言えませんか? そうですか。 てな状態です。
    カミさんも、埼スタのチケットが1枚あるのをすっかり忘れていて・・・まぁ、今週は風邪で寝込んだり、そもそも休みの日は息子のサッカーの試合や練習があるしで、事前にチケットの存在を思い出していたとしても、行く事はなかったんでしょうが・・・。

    まあ、サッカーに対する興味とかレッズサポーターであること自体をやめる事など考えられないのだけど、せめて限られた自分の時間は、パソコンの前で過ごすのは嫌な訳で・・・。自転車だけじゃなくて、フットサル誘われてるから、これもやってみたいんだよねぇ。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 6 / 2 9 -

    巷では「コンフェデレーションズカップ」「ジーコジャパン」「フォエ」「ワールドカップ出場国枠」と色々なニュースで騒然としている(いた)のかもしれませんが、Jリーグのない休日の私はと言えば、家族との時間を過ごすか、趣味に没頭するか、休むか・・・。
    というわけで、「これからビール飲んで昼寝する」で終わった先週のコラムですが、今日は「ビールも飲んだので、これから昼寝する」てな生活の私だったりするわけで、俗世間の事なんか正直知っちゃいません。

    ・・・一応、誤解のないように書き加えると、一日中飲んだくれてるわけではありません。(笑)
    今日は、荒川サイクリングロードと川越線が交差するあたりにあるグラウンドで息子が練習試合。カミさんは機材を積んで車で、寝坊させてもらった私は遅れて自転車で応援に行ってきた訳ですが、日が差し風が止むと、いやもう暑いのなんの。梅雨の合間の晴れ間なので、干からびつつあるオヤジの皮膚を惜しげもなく炎天下に晒してきましたが、小さなピッチでたった20分の試合を2試合こなしただけでも、小学1年生にとっては相当量の体力を消耗したでしょうし(2試合目の終盤にはあくび連発の子が)、暑さで集中力だって欠けるし(コーチの声も聞こえないのかポカー・・・ンとした子が続出)、つくづくサッカーは夏のスポーツではないと実感した次第。勿論、試合の合間には水分を補給し、濡れタオルで頭と首筋を冷やしたりするわけですけどね・・・。

    フォエ選手の死因との因果関係云々はともかく、だから疲労困憊の選手を集めて中1日で3試合の大会なんてのはバカげてると思うし、そのスケジュールでスタメンを変えない監督なんてのは、バカげてるの二乗。
    傍からみれば取るに足らない小学生のミニゲームを見て、FIFA様主催の国際試合に向かって「そんな大会やめちまえ」、代表様の監督様に向かって「そんな監督やめちまえ」と思うのは、暴論?

    あぁ、ちょっと酔いが回ってきちゃったかな? とりあえず昼寝だ。んで起きたら焼肉屋でもうひと飲みだ。ウホッ!
    (いちおう管理人の38回目の誕生日前夜祭だったりする)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 6 / 2 2 -

    ほとんどのレッズ系サイトが、福田の引退試合の事はさらっと流しましたね。まぁ、私の場合は、いくら文章化したところで、10年の時間を濃縮した「あの空気」を伝えきる事はできないっていうのがあるからなんですけど。

    で、私はコンフェデレーションズカップには目もくれず(このクソ忙しいのに、夜中にサッカーなんて観てられまっしぇん・・・と言いつつJSkySportsのジロ・デ・イタリアの録画はしっかり観ているのだが)日々を過ごしているわけですが、ストレスと時間のなさを物欲で紛らわせる傾向がこのところ顕著になってきまして、お小遣いアップ(予定)を待たずに先月末に新しいホイールセットを注文してしまった。んで、今日の時点で財布には小銭しかないんですが、これでどうやって、給料日前日の火曜日から出張に行けというのだ!(笑)

    かように悲惨な経済状況ではありますが、そのホイールが金曜の夜に来ましてねぇ。ほくほくほくほく・・・。昨日の夜、休日出勤から帰ってきて早速タイヤを組みつけたんですが、タイヤをはめる際に両手の親指はボロボロ、背中の筋肉はバリバリ状態に・・・。
    今日はその新しいホイールで、なじみの見沼代用水沿いを川口の先まで往復40キロほど走ってきましたが、「進むけど硬い」ってカンジで、足やら肩やらに来ました〜。シートポジションも変えたので、それで腿とか尻とかにキタのかもしれないんだけど・・・って、だから失敗したってわけじゃなくて、この乗り味に慣れてしまえば、「進む」部分だけが残るからオッケーって話なんですけどね。

    まぁ、能書きはともかく、これからビール飲んで昼寝するって事ですわ(笑)。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 6 / 1 4 -

    今日、出張で名古屋に行ってきました。「縁起物」だと思って、買ってきました。

    引退試合縁起物

    俺の隣りになった人は、おすそ分けの可能性アリ(笑)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 6 / 0 8 -

    忙しさにかまけて、開設2,000日もスルーしてしまいますた。(6月4日がメモリアルデーだったんだが・・・)

    ここ数日はイベントの報告資料を作るために窓のない会議室にこもりっきりだったもんで、晴れてるのか雨降ってるのかよ〜わからん、つー日々でしたが、今日はピッカーッと晴れていましたね、埼玉は。
    天気予報を見ると、たぶん火曜日あたりには梅雨入りっぽいので、この貴重な晴天を逃すまじとばかりに、カミさんと自転車でマタ〜リと出かけてまいりました。我が家から浦和の通船堀まで往復27キロ。まぁ、お散歩みたいなもんですが。

    梅雨入り直前の晴れの日なのでもっとたくさんの自転車乗りと出会うかと思いましたが、レーパンで決めたロードが2人、年季の入ったツーリング風のおじさんが1人、夫婦っぽいカップルが2組・・・って感じで意外と寂しいヘルシーロードって感じでしたが、カップル2組はいずれも仲睦まじく、寄り添うように走っておりました。それに引き換えウチは、道案内をする必要もないのでお互いにマイペース。私はと言えば、カミさんのペースに合わせる時はインナーローで高ケイデンスで回す練習をしたり、それに飽きると車の後ろについて引いてもらって時速40キロぐらいの巡航を楽しんだり、カミさんの命令で自販機でジュースを買って、はるか先に行ってしまったカミさんに全速でボトルを届けてアシスト気分を味わったりして遊んできました。
    つーか、サイクリングロードでイチャつくの、カコワルイ(笑)。

    そんなわけで太陽を浴びた休日でしたが、福田の引退試合も天気に恵まれますように・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 5 / 2 5 -

    ↓予告どおり行きますた。自転車で横浜へ。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 5 / 2 3 -

    ↑「這ってでも行くべし」と書いちまった本人が行かないわけにはいかないよな。

    今日(23日)の夕方6時までは、「土曜日のうちに自転車で横浜入り(横国が眼と鼻の先の、カミさんの実家にお泊り)」っつープランを考えておったんだが、それは仕事の都合上、無理になりますた(がくり)。自分の責任ではないだけに、非常にムカつくわけですが・・・。
    さいたま→横浜ってのは、大まかに分けると「荒川・湾岸経由まったり中距離コース」と「都内爆走殺伐短距離コース」がありまして、予定では中距離コース・・・と言ってもですね、実は100kmもあるんですが(笑)、うち50kmは延々とノンストップが続くサイクリングロードですから、まぁ、自転車乗りには手軽なコースでして。でも、途中で新宿のオフィスに寄るとなると、ちびっとだけ遠回りだし、仕事とセットじゃまったりムードも台無しだし、パンクで遅刻とか許されないし、終わり時刻は読めないし・・・。
    そもそも、どのルートを通るにしても、さすがに新宿のオフィスに、しかも取引先との打ち合わせに、カーゴパンツとかサイクルジャージで行くのは激しくマズイしねぇ。かと言って、着替えを背負って走ったりするのは自転車の楽しさを激しくスポイルするし。

    つーわけで、自転車で横浜に行くのは諦めました。

    土曜日は。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 5 / 1 7 -

    戦争にとりあえずのケリがついたと思ったら、SARS。
    そのうち収まるかと思っていたが、感染被害は拡大の一途で、並み居る国際試合の類も次々にキャンセル。JFAのマッチメークの拙さとか、「日本は安全である」事のアピールが足りない!とか、まぁ楽しみにしていた試合が観られなくなった人にとっては噴飯モノなんでしょうが、香港・中国からの観戦者(感染者?)を受け入れる事の不安を想像してみれば、諸外国から袖にされるのもわからないではない。他のスポーツやイベントでは大丈夫なのに・・・って見方もあるようですけど、こういうのは、影響を受ける人とカネが多ければ多いほど目立つだけの話で、「サッカー日本代表」というブランドの持つ有名税みたいなもんじゃないでしょうかね。自転車ロードレースのツアー・オブ・ジャパン中止のニュースなんてニュースにもなんないてか?

    なかには、東アジア大会の延期を要望した横浜市に対して「ワールドカップ決勝戦開催の地としてあるまじき暴挙!」みたいな論を張ってる人もごく一部にはいるみたいですけど、アホか、ですよ。自分はともかく、子供が・・・とか思っちゃうとねぇ。
    あ、こういう意見って公に書いちゃいけないんでしょうか。病気に対する偏見が・・・とかって?


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 5 / 1 1 -

    暖かいような寒いような週末。結局、またゴロゴロと過ごしてしまった・・・(汗)。

    最近、平日の夜の大宮駅が好きである。
    今の仕事場は大森にあって、帰路は疲れ切っている事もあるし、5分や10分稼いでもしょうがないから、東武野田線の終電ギリギリって場合を除くと上野で乗り換えずに京浜東北線一本で寝てくるんだけど、大宮に着いて寝ぼけ眼でJRと東武野田線を繋ぐコンコースを歩いていると、実に心和む音色に出逢える事が多い。冬の間はバイオリン(ヴィオラか?)が疲れたサラリーマンの癒し薬になっていたが、金曜日の夜は、「色気のない形状(三角形というか台形というか、微妙にアンバランスな形)の小型ハープを横倒しにして足をつけて、弦をスティックで叩く楽器」(・・・たぶん「ダルシマー」という楽器だと思うんだが、自信なし)に5分ほど浸らせてもらった。タダで。(ぉぃ)

    疲れたサラリーマンには癒しの音。元気な若いヤツにはストリート系のダンスとか?
    駅の大道芸とかパフォーマンスとかってのは、その街の懐の深さを表すバロメーターというか・・・街の必須アイテムだなぁ、と思う。
    酔っ払いの大声とかは混ざって欲しくないが(笑)。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 5 / 0 5 -

    結局、「朝早く起きる」も「自転車乗り回して時間つぶす」も、パス。我ながら、意思よっわ〜。

    しかし日に焼けましたわ。腕がぽっぽぽっぽ言ってます。熱を持って熱いっす。痛いっす。顔も見事にサングラス焼けっす。
    この暑さにあの人出、子供をつれたお父さん、お母さんは連休の最後で「どっ」と疲れが増した事でしょう。イラついてガキを殴る親、5人ぐらい見ましたもん(笑)。ま、そんなお父さん、お母さんも、最後の最後で飛び出したゴールで笑顔がこぼれた事でしょうね。(ん? バス待ちでチャラか?)

    我が家では、カミさんと2人の子供が車。俺が自転車で埼スタへ。先に帰ってきていた娘が、自転車で遅れて帰ってきた俺の顔を見るなり破顔一笑「勝ったね〜!」。息子も興奮気味に「エメルソン強いよ!」と話しています。
    あぁ、満員になるとやらかす幼児プレイ癖が出なくてよかった。(きっとクラブ職員も同じ事を考えてるだろうな・・・)

    さ、気持ちよく、明日からまた仕事の日々だ!


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 5 / 0 4 -

    3日から休み。カミさんがガキどもと一緒に実家に帰っているんでコンビニにメシを買いに行く以外は、ひたすら家の中でゴロゴロ。
    前の日のカレーの残りを食って、カップラーメン食って、ビール飲んで、んで体重計に乗ったら76キロ。確か自転車に乗り出した頃が75キロだったから、それより太っちまったって事かい・・・。鬱
    そういや、年末に撮った写真と、29日に撮ってもらった写真じゃ、顔の形が違うもんなぁ。いやだいやだデヴはいやだ。いつから食いモンについての意思が弱くなっちまったんだろうか・・・。いやいや、それ以前の問題として、最近、「忙しい」とか「疲れた」とかいう理由に甘えて、何年か前の出不精の自分に戻っちまった気分がして、すっげーヤダもんなぁ。

    5日の埼スタは前売りが5万枚以上売れて自由席は完売とか。こないだサドルの位置を替えちゃったから、改めてポジション出しもしなきゃならんし、場所確保のためにも久しぶりに自転車で早めに行って、開門まで自転車乗り回して時間をつぶそうかな。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 4 / 2 9 -

    つーわけで、自転車で国立行ってきたっす。向かい風で死にそうだったっす。でも試合に勝ったからいいの(はぁと)。
    とりあえず今日は寝る。大型連休が特色の「メーカー」勤務といっても明日から仕事だし。あぁ。でも試合に勝ったからいいの(はぁと)。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 4 / 2 7 -

    木曜日に嬉しいニュースがあって、金曜日に激しくショックな出来事があって。
    そんな事はお構いなしに連休に入ってもサラリーマンの悲哀的な日々が続いているわけですが、どうやら29日は今季初のスタジアム参戦が叶いそう。いやまぁ、その前に28日も仕事なので、そこでボスから激烈な指示が出ないとも限らないんですが。

    国立には自転車で行くっす。必勝祈願行軍ってわけじゃないんですがね(笑)。
    やっぱね、好きな自転車に乗って、好きなサッカー観て、つーか精一杯サポートして、そんで好きなチームが勝って、スッキリしたいね。
    数ある娯楽の中の one of them じゃなくって、何か月分かのストレスを晴らしたいがために、いや、もうちょっと適切な言い方が必要だな、元気をもらいたいって言った方がピッタリ来ると思うけど、そんな想いを持ってスタジアムに行くっていう人間の存在をわかって欲しいね。知って欲しいね。
    何万のファン、サポーターの存在を一人一人理解しろ、認知しろとは言わないけど、一人一人はそういう色んな想いを持ちながらチケットを買いスタジアムに足を運んでいるっていう事を、クラブが、選手が、わかってくれていれば、それだけでいいんだけどね。(酔ってます)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 4 / 2 0 -

    久し振りに、本当に久し振りに土日まとめて休みましたが、天気の良かった土曜日の午前中を思いっきり寝過ごしてしまい、ちょっとばっかりショボーンとしています。ゴールデンウィークで取り返すって手もあるんだろうけど、どうも望み薄なんでね・・・。

    スタジアムという事で言えば、連休中の関東圏でのレッズの試合は、29日の国立と5日の埼スタでの2試合。今のところ29日に出張の予定が入ってるんだけど、どうなるかな・・・。せめて最低でもどっちか1試合には参戦したいよなぁ。
    自転車で国立までっつー話もあるしな

    (04/23追記)29日スタジアム出動確率80%に上昇。明美さん、どうしますか?(謎)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 4 / 1 3 -

    運動不足ってのはイヤなもんで。
    70キロまで落ちていた体重が75キロに戻ってしまい、今は73キロで落ち着いているんだけど、腹の周りが浮き輪状態で、久し振りにGパンをはいて、激しく鬱・・・。精神的にも肉体的にも「じゃぁ、体を動かそう!」と切り替わらないところが、これまた激しく鬱。今日なんか暖かかったけど、一歩も外に出なかった。でも、晩飯は食うし、ポテチは食うし、ビールは飲んじゃうんだよな。自己管理ができてないっていうか。なんつーか、2年前ぐらい前の、頭と口だけ働かせて体を動かさないでいた自分に戻ってしまったようで、自己嫌悪。
    原因はわかっていて、運動不足とか自己管理云々というのは後付けの話。端的に言って仕事のストレスなんですけどね。俺って、ストレスが溜まると食う方に走るタイプらしくって・・・。

    心身にゆとりのある毎日とは到底言いがたいので、ポジティブ思考が浮かんでこない。このページをポジティブに進めていくことも非常に難しい。
    誰にでも開かれている掲示板、例えば○議や□ちゃんねるに愚痴を書き込むならともかく、自分のサイトでネガティブな論調しか披瀝できないとしたら、それはもはや「サポーターのサイト」とは言えない・・・。
    じゃあどうするかってぇと、日々の生活がポジティブな方向に向きを変えるまで頭を低くしているか、それともこのマンネリサイトがポジティブにならざるを得ないような荒療治をするか、どっちかだ。ポジティブなサイト運営がポジティブな日常につながれば、それはもう最高なわけで。
    なんかいいアイディアないかねぇ?


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 4 / 0 6 -

    今日は浦和のホーム開幕戦で、友人が「自由席のチケットあるよ〜」って声をかけてくれていたんだけど、俺とカミさんの結論は「疲れたよ、日曜日は休もうよ、ゴロゴロしようよ」というもので、まぁ、サポーターとしては最低最悪ですな。しかしまぁ実際のところ、朝から並んでクルヴァ付近で跳ね飛ぶ体力は、今の俺たちには残っていませんな、ハイ。

    それでも花見くらいはしたいな、と。酒飲んでドンチャン騒ぎとかには全然興味はなくて、と言うかむしろ願い下げで、ただただぼんやりと桜を眺めて和みたい、癒されたいわけですが、どーにもこーにも風が強くて・・・。先週、風邪で寝込んで以降、鼻水が止まらないのですよ。花粉症の盛りの時期は過ぎたと思うんだけど、もう、これを書いている今も、クシャミ・鼻水・目はショボショボ・・・。
    鼻水って、1日に1リットルとか、そんなレベルで大量に製造されているらしいですな。処理しきれなくて鼻から出てくるのは多くても100ccとか、そんなもんらしいけど。鼻水が止まらない日って、喉が乾くような気がするけど、気のせいなのかな。
    話が逸れた。で、こりゃ花見もやめよっかな〜と思っていたんだけど、結局は、花見に行ったわけです。仕事関係の人からメールが来ましてね。

    「神田川・江戸川橋界隈の桜は見事ですよ。今年の桜は勢いがあります。心が休まりますよ。今すぐ花見に行くべきです」
    私らの仕事の修羅場っぷりを知っている方なので、まぁたまにはのんびりしなさい、という心遣いなんでしょうな。
    それだけでもありがたい話というか、癒されるわけでして。で、見沼代用水沿いの桜並木に。とにかく運動不足で体重も増加傾向なので、車で行く家族とは別行動で私は自転車。たかだか数キロ先なので体力維持には意味ないんだけどね。午前中は息子がサッカーの練習だったもんで、それが終わって昼飯も食ってから・・・となると、テレビ埼玉の中継も見られないわけで。まあいいか、と。

    そんで、やっぱり鼻水がどばどば出て、クシャミが止まらなくなって、涙がボロボロで、疲れが溜まっているせいか歯が痛くなって、帰ってきて後半から見たテレビは殴らないときれいに映らなくって・・・・・・・・・。あー、支離滅裂だな。
    だから行くんじゃなかった・・・って話じゃなくって、今はこういう時間>レッズ、なのよ。寂しいことに。
    そんなヤツがネット上で応援メッセージみたいなこと書いたって何の意味もないので、↑は空白なのだ。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 4 / 0 2 -

    ロイター伝によると、世界的にインターネットが大混乱の模様です。
    戦況を有利にするための米国防総省の措置か、はたまたサイバーテロリストによる仕業か、単なるネットオタクの愉快犯的所業かはわかりませんが、当ページも被害にあいました。やっと復旧しましたが、まったく、迷惑ですねぇ。よりによってあんなページと混信するなんて。
    早とちりして通報しないで下さいねぇ。(笑)

    つか、絶対どっかとネタ被ったよな?


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 3 / 2 6 -

    先週末の3連休で2日間も休んだら体がびっくりしたのかどうかは知らないが、今週は寝込んでいる私です。ま、体調が復活したのでこんなもん書いてる訳でして、明日からはイヤイヤながら社会復帰なんですがね。
    で、寝たり起きたり薬を飲んだりの生活をしながら、カミさんが本棚にストックしていた「青の炎」「火車」と一気に読み切って、久し振りの読書という作業に充実感を覚えたりなんかして。あー、こんな時間が取れるなら病気も悪くないなー、みたいな。
    いやまぁ、こんな事を考えるのは不適切というか不謹慎ではあるんだろうけど、やっぱりたまには立ち止まる事も、人間、必要だ。なんちゃって。
    で、もう読む本もなくなって、次に考えたのは「鈴木・内舘の役割に見るオフトの戦術のじれったさ」と「某サッカー協会キャプテンの、愛情と憎悪のバランス」の2点。あー、なんか妙に文学的表現だな(笑)。ま、前者はここで書き出すとキリがないので、後者について少し。

    最近、某キャプテンの、Jリーグに対する熱意というか愛情というか、そういうものにどうも疑問を感じてしょうがないんですよね、個人的には。端的に言って、「結局は金なんかい?」みたいな、ね。
    代表戦(というか「日本代表」というブランド)に動くお金の膨大さを考えるにつけ、選手の安全とかリーグの日程とか、そういう「日本サッカーの繁栄の大前提として存在するもの」が、実は大前提ではなくって二次的なものに成り下がってるんじゃないの?っていう疑念がどうしても晴れないのよね、私の場合。今年のJFAの予算がワールドカップのあった去年と比べても6割増しとか、自社ビル購入とか、有料サイトとの兼ね合いで無料サイトの協会関係記事が削除とか、一つ一つの例は別に悪い事ではないんだけど、その一方で「遠征は怖い」っていう代表選手のコメントとか、「記念館」なる箱物を作るより芝生のグランド作れっていう呼びかけとか、開幕した途端に歯抜けの日程とか、そういうのと付け合せると、どうにも納得がいかないんだよな〜。大事なものを大事なものとして扱っていないのでは?っていうかね。
    で、それを一概に悪とは言えないから、奥歯に物の挟まったようなコメントになるんだけどね。

    以上が、「某サッカー協会キャプテンの、愛情と憎悪のバランス」の『愛情』の部分。

    あ、『憎悪』の方はですね、アメリカ遠征がどうなるかって騒がれていた時に、「ジーコだから代表選手は辞退しない。これが前任者だったら・・・」云々のコメントについてです。ま、語る価値もないコメントだね、こりゃ。

    結局、私が気に入らないのは、「得たものは何か」「得る事ができなかったのは何か」「目標と現実のギャップは」という分析結果が語られる事がないままに、とりあえず刹那的に「日本代表」「ジーコ」という商品が売られている、という風に感じてしまうからなんですな。でもまぁ、急遽発売となった代表戦のチケットは1時間半で売り切れるわけで、下らん分析をしている暇があったら代表の商品価値を上げる方が重要だと仮に某キャプテンが考えていたとしたって、それはそれでひとつの見識。というか、予算規模160億円の組織の長ですから、私のような、上司の判がなければ出張旅費ももらえない平凡なサラリーマンよりビジネスに長けていらっしゃるのは間違いないわけですがね。

    ※冷静に見れば、キャプテンズ・ミッションなる有言実行施策が発表されているわけで、これを「現状分析のうえに成り立った中期計画」と捕らえれば、私のコメントが視野の狭い意見だという事も言えるかもしれない・・・というぐらいの自覚はありますです、はい。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 3 / 2 2 -

    カシマでアウェイ開幕を迎えられるサポーターって羨ましいぞ・・・とか思いながら仕事場にマフラーをして出勤。
    まぁ、「だから勝つに決まってる」とか思うほど若くはないし、切羽詰ってもいない俺なんですけど、どうも昨年の終盤から「勝てないよ・・・」(←禁句)状態が長いせいか、今ひとつ「勝つぞコラぁ!」って強がりきれないと言うか、TVで名古屋x清水戦を見ていても、「清水、3点差で負けろ〜」とか思っちゃうんだよね。なんでって、浦和が暫定最下位になっちゃうからなんだけどさ・・・。

    我ながらどーだろう、この負け犬根性ってばさ! いちばんネガティブなのは俺だな。

    (以下は、開幕戦のビデオ観戦を終えて追記)
    自分がやってる時はなんとも思わないんだけど、アウェイのTV中継から聞こえてくるサポーターの声って、なんとも元気が出るというか、勇気付けられるんだよなぁ・・・。(しみじみ)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 3 / 1 6 -

    ついにGETしちまいましたぜオリジナルマフラーを!! かっちょえぇ〜〜〜〜!!! でも試合に行けないぃ〜〜〜!(涙)
    そうだ、来週の休日出勤の時にはこれを装備していこう。つーか、スタジアムでもないのに3月下旬にマフラーって、アリか? 現地参戦の人には申し訳ないが、ここはひとつ、寒波の戻りを期待しちまうか?(本末転倒)

    んで、土曜の夜は珍しく8時くらいに帰宅できたので(つっても、無給の休日出勤であることに変わりはないのだが)、今日は体力的に結構余裕。カミさんが車を使っていたっていう事もあって、マフラーの受け渡し場所(高崎線の宮原駅前)には当然のように自転車ででかけていったんですが、自宅から片道6キロじゃ全っっっ然物足りないので、上尾から蓮田、東武動物公園と経由して、気がついたら江戸川最上流の関宿城まで・・・。私の本能は「利根川行っちゃえ! 渡良瀬川行っちゃえ!」と訴えてましたが、まあ、ほぼ2ヶ月ぶりのライディングで腕とか膝とかに来ていたので、大人しく帰ってきました。(以上、土地勘のない人には何のことかわからないっすね、すいません)

    しかしまぁ、冷静に考えると、試合もないのにレッズサポ仕様のマフラーして(それも、カミさんの分と合わせて2本も)、バイクジャージの背中に途中で買った豊田さんの本まで入れて、汗だくで自転車に乗ってる自分って、アホですな。ええアホですとも。
    なんでもいいけどストレス発散させる手段がなきゃ、やってられんよサラリーマンなんて。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 3 / 0 9 -

    サッカーはギャンブルのために存在してるわけではない、と私は考えます。
    賭け事の問題とスポーツの問題を混同している各種報道に、反意を表します。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 3 / 0 2 -

    「No, I'm not ready」と言っておこうか(泣)。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 2 / 2 3 -

    このサイト開設から、今日で1,900日なんだってさ。2,000日を越えるくらいまでは、更新ペースガタ落ちでしょうな。ネタを考えている余裕もない。
    つーわけで、ご贔屓にして頂いている皆様、すんません。

    さて、アンパンマンを見ながら仕事でも片付けるか・・・。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 2 / 1 7 -

    先日このコラムで甲府の11番の事を書いたら、それに反応した「どこにもあげませんw」という書き込みが某所であった。よかったよかった(笑)。

    で、なんだっけ? あの (・∀・)スンスンスーン♪ ( ゚д゚)ハッ!? ってコマーシャルやってる大会・・・名前ど忘れしちゃった・・・
    あ、A3カップとかいうヤツなんですけどね。Aカップは3人集まってもAカップに過ぎないとか、そういう事じゃなくってですね、要は「うらやましい」と。やっぱ国際公式戦ってのに出たかったな、と。
    たぶんね、この季節の夜の国立なんてのは、いい雰囲気が出せるだろうなぁとか、そんな事を考えちゃいました。

    日曜日の25時まで仕事してる俺が、行ける訳もないんだが。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 2 / 1 6 -

    もーだめ。ぐふっ・・・! んがー・・・・・・・


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 2 / 1 2 -

    11日は祝日だったそうで。私ですか? 勿論仕事ですよ。
    休日に雨、ですか。ええ勿論喜びましたとも、だって私ばっかり仕事なんて納得いきませんもの、ええ(ざまあみろ)。しかしまぁ、急に気温が上がったせいかクシャミが止まらなくなっていたので(もうそんな季節)、そういう意味ではほんとに嬉しかったかも。
    そんで明日は(あ、もう「今日」か)急遽名古屋に行く事が決まったので朝5時起きだ。ぐはー。新幹線の中で資料に目を通してアドリブで会議進行だ。ぐはぐはぐはー。どうかのぞみの喫煙席に空席がありますように・・・。

    早くtoto再開しろ。1億円当たったら会社を辞め・・・ないで、仕事しないで周りの顰蹙を買うのが俺の夢。はぁ。

    寝る。


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 2 / 0 9 -

    起きたら昼過ぎだった。今日はめちゃくちゃポカポカ陽気だった(らしい)。くそう、陽の光を浴びたいよぉ。

    ところで、クラブ>選手な私ですが、今年はですねぇ、個人的にちょっと気になっている選手がいます。甲府の選手なんですが、実はちょっとしたご縁がある事が判明しまして。「お、こりゃ応援してあげたいな」と。大宮との試合なら自転車で10分だから応援に行けるんだけど、日程を見たら、4月の土曜日(=99%休めない)と、もう1試合は平日なんだよな・・・。
    このサイトで取り上げてみようかな、なんて気持ちもあるんだけど・・・でもねぇ、ここはいわゆる「浦和系」だし、あんまりでしゃばるのも甲府サポの方から見たらアレだろうし(浦和に引き抜かれるぐらいの活躍をしてくれればいいんだ!)。その選手の個人応援サイトは、まだないようなんだけどね。

    このサイトを甲府系の方がどれだけ見てくれているのか、皆目見当もつかないんですけど、
    11番の選手、今年はどうよ!?


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 2 / 0 2 -

    月曜日24時40分、火曜日24時30分、水曜日22時、木曜日24時10分、金曜日24時30分、土曜日(休日)21時。
    これ、この1週間の、私の帰宅時刻。えぇ、もちろんその大半は無給残業・無給出勤です。
    こんな状況が恐らくは6月中旬ぐらいまでは続くと思われるので、試合日程が公式発表されましたが、チケットの先行予約はパス。埼スタ・国立・横国あたりの試合で体が空いていればラッキー、ってな感じでしょうか。つーか、それまで生きていられるのか、俺は。

    そんなわけで、サイト更新の方は、最新技術の粋を集めて(嘘)「勝手に日替わり表示」モードになっております。アンテナで下のほうに沈んでいても、選手名鑑は日々新しい選手に変わっているはずなので、忘れずに見に来てやって下せぇおねげぇしますだ。(GEN)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 1 / 2 6 -

    今日はですね〜、「REDS Festa」ってのに行ってきました。レッズサポ以外の読者の方にご説明しますと、まぁ「ファン感」ですな。スタジアムの殺伐感とは無縁の、老若男女向けのイベントです。新入団選手や新しい背番号のお披露目とかがあってですね、まぁ、「しおらしいエジムンド」とかですね、そういう想像外のもの(笑)が見られるわけで。
    これに行くの、いつ以来かな・・・前回は確か大宮サッカー場で、レディアとレディ子(謎)の結婚式があったんだよな。ウチはこういうイベントとかには興味はない方なんだけど、まぁ、息子も1回ぐらい連れてってやるか、と。

    俺的には、上にも書いた「野獣見たさ」と、「ココで企画して頂いたオリジナルマフラー(※申し込みは終わってるよ!)の代金を払う」のと、「久々の休日、しかも好天とくれば、家でゴロゴロ休んでいるだけってのは我慢がならない」ってなわけで・・・。
    そうです、要は、なんだかんだ理由をつけて走りに行ったわけで。自転車ね。んで、家族を残して途中で帰りました(ぉぃ)。

    しかしまぁ、よ〜く考えたら大晦日に走って以来なので、今年の初ライドだったわけで。ほとんど1ヶ月ぶりともなると、往復たったの20キロで肩は凝るし、眠くなるし。嗚呼イヤだイヤだ、トシだよねぇ〜。
    上の方↑で「若い順選手名鑑」なんて始めたのはいいけど、こりゃ天に唾吐くようなもんだな。(GEN)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 1 / 1 9 -

    写真=2失点に表情も厳しい息子。次の試合では、この悔しさをバネに・・・
    1週間前に「今日の昼間は暖かかったねぇ」と書いたんですが、さすがに1月、暖かい日はそう続きません。今日は子供のサッカー大会で、よみうりランドに行ってきましたが、空気がめちゃくちゃ冷たかった〜。
    仕事でお疲れモードだったんで朝はゆっくり寝ていたかったけど・・・月曜日の打ち合わせ用の資料とか色々やらなきゃいけない事があったけど・・・子供に「お父さんがこなかったら寂しいじゃん・・・」なんて呟かれちゃねぇ。

    うちの息子、家での壮絶なやかましさからは想像しにくいんですが、結構内弁慶っぽいところがあって、いや、内弁慶というより「縁の下の力持ち」を自ら担うところがあるんですな。だから、あんまりみんながやりたがらないGKに立候補したり、フィールドプレイヤーの時も前にイケイケじゃなくてゴール前でカバーに回るタイプ。それが彼流の「男気」であり、同時に「積極性が今ひとつ」という感がなきにしもあらず・・・。
    そう、長所と短所っていうのは裏返しだからね。

    ところで、今日の大会では直前にメンバーのドタキャンがあって、10分間×3試合を常に1人少ない状態で戦わざるを得なかったんですよ。もちろん、交代要員なんていません。1年前のこの大会で、1歳年上を相手に3試合ボロ負けで大泣きした彼らにしてみれば「今年こそ!」っていう意気込みムンムンだったんだろうけど、いきなりのハンディキャップなわけで。
    彼がGKを務めた1試合目は0-2で完敗。もう、お通夜(笑)。
    で、2試合目は、クラブ内でいちばん上手でいつも得点している子がGKにまわったため、試合前から親も子も「点は獲れないかな・・・」という雰囲気。そしたらですね・・・どんな魔法にかかったのか知らないけど、みんなすごく積極的に動くんです。親の目から見れば、それはもう感動するぐらいに。
    いつもは「幼稚園児独特のワーワーサッカー」の輪から少し離れてこぼれ玉をひろい、あるいはピンチでは真っ先に自陣ゴール前でシュートに備える息子も、前を向いて、ガンガン上がっていく。ドリドリつっかけて行く。ビシビシシュートを撃つ。ともすれば「遠慮」や「人任せ」になりがちだった彼の持つ責任感が、この試合では実にポジティブに発揮されて、これなら湯浅健二も太鼓判!というか(笑)。
    いや、もちろん「所詮は幼稚園サッカー」「所詮は100人の中の目立たぬ1人」に過ぎない事はわかっているんだけど、親が自分の子供に注ぐ目はまた特別だからさぁ、親バカ、許してよ(笑)。
    結局、1人少ないまま2-0で勝ち、2年越しの初得点はおろか勝利まで勝ち取ってしまったんだけど、息子はシュートを2本ポストに当てる活躍で貢献?(違)。

    3試合目は終了間際に1点返す粘りを見せたものの、1-2で敗戦。1勝2敗で予選リーグ敗退だったんだけど、プレー云々より、息子を実に誇りに思えた1日でした。行ってよかった。(GEN)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 1 / 1 3 -

    今日の昼間は暖かかったねぇ。家族で近所を散歩したけど、真っ青な空を見て、自転車に乗らなかった自分を激しく呪うぐらいの好天。この3連休、自分は普通の2連休だったし、家で仕事なんかしてたもんだから、なんか全然ツマラン。今は日曜日しか休みがない(しかも仕事を持ち帰ってたりする)けど、こんな風にサイト更新なんかする暇があったら、その時間をスポーツに回した方が全然いいんだが・・・。
    考えたら、今年はまだ自転車に乗ってないじゃんか。大晦日の「大宮→葛西臨海公園→横浜」100kmランがラク〜にこなせた後だけに、お腹のたるみが薄着で気になる事のない今の季節こそガンガン乗って経験値を上げたいんだけどな〜。

    ・・・と、私のアウトドアの虫が騒ぎ出すくらいの好天でしたから、国立に5万人を超える観客が集まったのも当然。早いとこ各クラブ始動のニュースが聞こえてこないかな・・・という思いもひとしおです。
    引退だ退団だ移籍だっていう殺伐としたネタはもういいから、「サッカー」そのものに早く触れたいわ〜。とりあえず、大原で。(GEN)


    「僕にとって『9』という背番号は重い番号であり、こだわりがある番号。
    大きな責任を背負ってレッズのために戦ってきた。
    若い選手も、この番号を背負い、責任感を持って戦ってもらいたい。」

    −−−−−−−−−−福田正博

    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 1 / 0 7 -

    俺にとって「死にそうになるほど興奮したゴール」と言えば、99年11月17日の市原戦での終了間際の決勝ゴールを置いて、他にはない。
    息が止まりそうな、頭が真っ白になるような、そんな唯一無二の快楽を体験させてくれた福田正博が、引退した。

    正直を言うと、俺は「何が何でも福田正博」というわけではなかった。
    それは、浦和が激弱だった93年、94年シーズンも、一転して浦和が躍進し、彼が得点王を獲得した95年のシーズンも、自分はまだTV観戦に留まっていたからかもしれない。その翌年からスタジアムに通うようになったわけだが、それ以降の福田は怪我がちで、「一緒に戦った」という実感があまり沸かない。
    それでも、サッカーが、あるいはサポートが日常生活となっていった人にとって、93年、94年の激弱時代を乗り越えた後の95年の福田が(大げさではなく)生きる希望みたいになっていたのはなんとなく想像がつく。だから、福田と苦楽を共にする事がなかった自分に対して、実はなんとなく負い目のようなものすらある。

    福田がチームに残した遺産って、なんだろう・・・。
    それは正直言ってわからない。彼自身の言葉を借りれば「9番の責任感」という事になる。福田がアイドルだったユース上がりの若手が、9番への想いを語った事がある。あるいは彼なら、福田を(あるいは「浦和の9番を背負う事」の重さを)伝承してくれるのかもしれない。しかし、福田の存在と「勝利」が直結してこなかったのも、また確かな事実。もしかしたら負の遺産だってあるのかもしれない。

    あぁ、俺はなんて嫌なヤツなんだ。野暮な事を言うのは、もうやめよう。
    少なくとも、サポーターには多くの幸福な一瞬をプレゼントしてくれたじゃないか。いや、その一瞬は、いつまでも輝き続けるものだ。少なくとも自分にとって、市原戦のゴールはジジイになっても鮮明に思い出す事ができるだろう。
    そう、結局、浦和レッズサポーターにとってのグレイテストプレイヤーである福田正博は、俺の中でも特別な存在だったのだ。

    シーズン中は敢えて封じていた言葉を、今なら書き綴る事ができる。
    福田、ありがとう。お疲れ様・・・(GEN)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 1 / 0 6 -

    「引退」っていうのは、そのまま解釈しちゃうと「引いて退く」・・・。字面からは日本人的な謙譲の美徳みたいなものを感じてしまうんだけど、実際には競争の世界で退かざるを得ないというのも、特にプロスポーツの世界では残酷ではあるが現実なんだろう。
    その一方で、「退いた後にどれだけのものが残っているか」が、その人の偉大さを(一面ではあるだろうけれど)端的に表すのだろう。
    見方を変えれば、残された側が遺産を最大限に生かすという意志がなければ、本当にただ退く、という結果しか残らない。これができる組織は強いし、できない組織は弱い。これは、スポーツに限らない話だ。となると、実は偉大と平凡の違いは、残された者にかかっているのかもしれない。

    井原正巳は、「2002年の代表に選ばれなかった事」「ナビスコに勝てなかった事」を悔いていた。
    グッと来た。衰えぬ向上心、尽きぬ勝利への渇望・・・目に見えぬそれらこそが、井原正巳という日本のサッカーの歴史に残るに違いない男のエネルギーの源泉であったのだろう。このハート、浦和の地となり肉となって欲しい。

    そして・・・福田正博は、何を残してくれたのだろうか。(GEN)


    - C o l u m n o f 2 0 0 3 / 0 1 / 0 2 -

    我が家恒例の天皇杯決勝に、今年も観戦に行ってまいりました。
    上の写真を見て「また自転車で国立まで?」と連想したアナタは甘い! 忙しくて思うように自転車に乗れなかった1年の締めくくりイベントとして、大晦日のうちに、カミさんの実家の横浜まで自転車で行ってました。それも、最短距離じゃ走り納めとしては物足りないんで、遠回りして荒川でわざわざ海(それも「河口まで0q」の表示のもっと先)まで行って、ゆったりまったりの〜んびり・・・とした時間を過ごしておりました。
    まあ、いわゆる命の洗濯というヤツですな。貧乏臭い規模ではありますが。

    閑話休題。
    京都がタイトルを取ったっていうのは、実に示唆に富んだ出来事じゃなかろうか、と思うわけです。
    何がって、札束で作ってきたチームが方向転換を決意して、J2降格にも信念揺らぐ事なくその道を真っ直ぐ突き進んで、クラブ運営の方法論を変えただけじゃなく結果まで出してしまった。うーん・・・。
    思い返して我らがレッズ。降格しても何も変わらなかったけど、それでも塚本社長就任以降(もちろん現在の犬飼社長も含め)は、失われた10年を取り返すべく、多くの案件を有限実行し、あるいは進行中なわけです。クラブのビジョンが見えているからこそ、浦和サポーターという職業を続けていけるわけですが、だからこそ、クラブとしての勇気ある決断と挑戦が天皇杯奪取に結実したという事実の素晴らしさが、ジェラシー交じりではあるけれども、京都の優勝を祝福せずにはいられない気持ちになるわけです。「俺たちは間違ってないぞ」と。「俺たちだって行けるぞ」と。

    ・・・京都を褒め殺しして鈴木慎吾に来てもらおうという姑息な作戦はこれにて完了(笑)。

    もう一つ。どのチームとは言いませんが、「名誉会長の挨拶」「FIFAフェアプレー賞賞金のユニセフへの寄付セレモニー」の最中にデカ旗を広げるっつー卓越した自己顕示欲を発揮した方々には激しく呆れました、ハイ。スタジアムの雰囲気っていうのは、出来合いのイベントが司る物では決してないと俺も思うけれど、正直、俺は見習いたくはないな。
    まぁ、王者の方々には王者の方々の考え方があるという事にしておこう。(GEN)