リーグ カップ リーグ カップ
福岡
小島伸 塚本 小島伸 塚本
河口 水筑 河口
平島 小島光 平島
小島光 橋口 藤崎
藤崎 三好 三浦 三好
三浦 久長 中払 久長
野田 篠田 野田 篠田
石丸 鈴木 石丸
バデア 牛鼻 バデア 牛鼻
山下 松永 山下 松永
モント 江口 モント 江口
市原
櫛野 下川 櫛野 下川
中田 中田
茶野 西ケ谷 茶野 西ケ谷
山口 山口
阿部 井上 阿部
酒井 ブルカ 酒井
大柴 大柴 井幡
中西 村井 ブルカ
武藤 武藤
ベンソ 佐藤 ベンソ 佐藤
バロン 西脇 バロン
大分
小山 前川 小山
三木 山崎 山崎 三木
平岡 山根 平岡
若松 吉村
三木 瀬戸 山根 和田
シジク シジク
和田 片野坂 若松 瀬戸
加地 加地 竹村
ウィル ウィル
庄司 大木 川崎 庄司
ヴァル ヴァル
V川崎
本並 停止 本並 小針
西田 西田
中澤 中澤 三上
米山 米山
三上 杉山 杉山
岩本 小林 小林
山田 山田 池端
北澤 石塚 岩本
広長
飯尾 石塚 平本 武田
神戸
武田 武田
土屋 停止 土屋
小島 小島 吉村
吉田 吉田
長谷部 長谷部 菅原
安部 瀬沼 瀬沼
布部 布部
森岡 森岡
黒崎 長田 黒崎 薮田
和多田 和多田 長田
広島
下田 試合
なし
比較
せず
ポポヴ
伊藤 ミゲル
上村
沢田 駒野
桑原 古賀
森保 森保
服部 大久保
藤本 森崎
コリカ 高橋
川島
湘南
試合
なし
比較
せず
水谷
白井 茂庭
サナブ
高田哲 川口
和波
高田保
オルテ
田辺
前園 渡辺
酒井 小松原
松原 船越
京都
松永 平井 松永 平井
手島 手島 停止
エジー エジー
大嶽 大嶽
宮崎 佐藤 宮崎 佐藤
中村 中村
遠藤 遠藤
野口 野口 川口
熱田 熱田 黒部
松井 松井
カズ カズ
鳥栖
高嵜 高嵜
松田 松田
川前 関本 川前
井原 佐藤陽
森保 佐藤 森保 井原
小林 島岡
高木 高木
北内 北内
中村 有村 中村 佐藤大
片渕 片渕 小林
佐藤大 古賀
大宮
白井 白井 渡辺
上村 斉藤 上村 菊池
浮氣 浮氣
ヤン ヤン
岡本 岡本
横山 横山 斉藤
氏家 氏家
マーク マーク
原崎 原崎
野口 小阪 野口
ジョル ジョル
札幌
試合
中止
比較
せず
佐藤
小松崎
古川 名塚
大森
田渕
野々村
大野 村田
伊藤 村主
アウミ
エメル 停止
黄川田
川崎F
浦上 浦上
奥野 奥野
寺田 土居 寺田
森川 森川
ペドリ ペドリ
鬼木 アルバ
久野 久野
長橋 長橋
今野 アルバ 今野
伊藤 鈴木 鈴木
マジー マジー 伊藤
甲府
伊藤 伊藤
渡邉 渡邉 加納
仲田 仲田
藤田 藤田
阿井 阿井
新明 新明
土橋 加納 土橋
谷奥 アント 赤尾 停止
倉貫 倉貫
吉田
ルイス ルイス 停止
C大阪
下川 小澤 下川 小澤
藏田 藏田
鈴木 鈴木
斉藤 出場 斉藤
清水 内田 清水
田坂 田坂
原田 西谷
森島 森島
西澤 西澤 上村
浦和
試合
中止
比較
せず
田北 安藤
山田
西野
室井
内舘
ペトロ 吉野
石井
福永
永井
岡野
クビツ 大柴
新潟
吉原 木寺
木澤 木澤
セルジ セルジ
寺川 高橋 高橋
中野 中野
堂森 式田
秋葉 秋葉
神田 神田
鈴木 鈴木 堂森
鳴尾 鳴尾
ナシメ 式田 ナシメ
横浜
川口 川口
小村 小村
松田 松田
波戸 波戸
永井 永井
上野 上野
遠藤 遠藤
三浦 三浦 永山
中村 中村
外池 外池 エジミ
G大阪
比較
せず
試合
中止
岡中
木場 ダンブ
朝比奈 平岡
宮本
新井場
稲本
ビタウ
山口
二川
小島
松波
山形
鈴木 鈴木
内山 丸山
鷲田 佐藤
太田 太田
岩元 岩元
吉田 吉田
佐藤 エドウ
高橋 高橋
小久保 中森 ジェフ
堀井 堀井
西山 西山
仙台
石川 試合
なし
比較
せず
斎藤
リカル 停止
飯尾
賀谷
千葉
中島
伊藤 停止
平間
小林
藤吉

権威大好き! 弱い者イジメ大好き!
最低委員会インタビュー

♪ちゃらんちゃらんちゃ〜ん
(オープニングテーマが流れる・・・)

サッカーファンの皆様、こんにちは。

今日は、アビスパ福岡の『ベストメンバー問題』で話題の最低委員会のメンバーの方にお話をお伺いしてまいりましたので、その模様を編集なしでお送り致します。
なお、最低委員会には、皆様のご意見をお受けする窓口はないとのことですが、だからといって、私どものメールアドレスに怒りのメールを送りつける事だけはご遠慮頂きますようお願い申し上げます。

では、早速インタビューの模様をご覧ください。

 

俺様が「客観」だ!

  では、早速ですが、簡単に自己紹介をお願い致します。

俺様は『最低委員』である。

俺様の役割は、『物事を、主観ではなく客観で判断する』事である。
もちろん、客観というのは、俺様の主観の事である。俺様には、それだけの権威があるのである。下々のサッカーファンやサポーターは、そこを忘れないようにな。『選手起用は監督の専権事項』だとかなんとか、つまらん事をヌカすなよ。

それにしても、近頃、なにやら下々の者どもが騒がしいな。ベストメンバー問題についての俺様の発言が、そんない気に入らないか?
しょうがない、頭の悪い下々の人間どもに、俺様の考えってやつを教えてやろうじゃないか。

どうだ? 俺様って、結構優しいだろ?
かっかっかっかっ!


若手育成? 下らぬ!

  では早速ですが、その「客観」という点についてご説明頂けますか?

その前に、左の表を見ろ。俺様の手下が眠い目をこすりながら作った表だ。カップ戦と、その直前のリーグ戦の先発出場選手の比較というわけだな。
カップ戦2試合合計で、メンバーの入替が多かった順に並べてある。カップ戦の直前にリーグ戦を消化していないケースは、あえて除外した。

ところで、その手下というのは、夫婦茶碗かなんかのホームページを2年半ほど運営している実績のあるヤツだ。『一晩で表を作れ』と命令したら、ヤツめ、『病み上がりで残業続きなんです。ベストコンディションじゃありません。いい仕事ができません』とかなんとかヌカしやがった。言っておくが、俺様の基準は『高品質のコンテンツを供給できる事』ではなく、あくまでも『ホームページ運営歴が長い事』なのであって、そんな文句を聞く耳は持っとらん。

  そんないい加減なデータで客観性が保てるのでしょうか?

わかってないな、アンタ。間違いがある可能性は否定しないが、間違いがあろうがなかろうが、あの手下が供給したコンテンツであるという事が重要なのだ。結構有名なホームページらしいからな。
もちろん、コンテンツの質が下がっても、それは俺の知るところではない。

話がそれた。

とにかく福岡を見てみろ。リーグ戦とカップ戦のチームは、もはや別物である事は明白だな。これに異議を挟むヤツはいないだろう。
メンバーの名前はどうだ? お前、知ってるか? 俺様は、知らん。俺様が知らないのだから、お前らが知らないのは当然だ。なにしろ俺様の主観は客観的だからな。

  福岡のサポーターにとっては、みんな大事な選手だと思いますが?

福岡のサポーターにとって期待の若手であろうがなかろうが、そんな事は俺様には関心がない。あくまでも、その選手の過去の出場時間のみが問題なのだ。初出場の選手は使ってはいけない。有名な選手は使い続けなければならない。
だいたいだな、俺様に言わせれば、代表のフォワードはカズにするべきだ。センターバックは井原だ。ゴールキーパーは松永だ。いやもう絶対にそうでなければならない。代表サポーターの諸君、そうであろう?

  出場時間を客観的な基準としてしまうと、新人は永久に出場できない事になってしまいませんか?

ふん、今さら新人を獲ってきて、2002年に間に合うとでも言うのか、ばかばかしい。新人を5人獲る金があるのなら、名の知れた外国人を獲ってこい。ベベット加入で平瀬が消えた? いいじゃないか。平瀬よりベベットの方が客を呼べる。長期的な観点の前に、まずは2002年だ。そこで好成績を収めれば、客なんて勝手に増える。

だいたい、若い選手が育ってシドニーでメダルでも取ったらまずいではないか。
我々の仲間には、過去の栄光でポストに就いている面々もいるのだ。彼らの存在意義がなくなってしまうではないか。欧米かぶれの悪しき実力主義に毒された今どきの世代には、理解できないだろうがな。

  それでは、カップ戦の目玉の一つであるニューヒーロー賞はどうお考えなのですか?

ニューヒーロー賞? あれはカズが代表に呼ばれた時のための言い訳だ。そうでもしなければ、スポンサー様に・・・お前も大人ならわかるだろう? そんな事を俺様の口から言わせるな。


日本が世界に誇る護送船団方式

  ターンオーバー・システムについては、どのようにお考えですか?

ああ、なんかそんな考え方があるらしいな。
『コンディション面からも選手育成の観点からも合理的なシステムだ!』
とかなんとかって騒いでるヤツもいるようだが、そんなコアなヤツは一握りだ。大多数のファンは、そうやってクラブが戦略的にチームをグレードアップさせていく事になんか、全く興味がないのだ。知ってる選手が出場して、目先の試合に勝てばいいのだ。
はっきり言って無知なんだよ無知! 大所高所で物を見ているのは俺様ぐらいだぞ。

  私も、ターンオーバー・システムは、ひとつの最善策だと思いますが?

お前らは忘れたのか? Jリーグがいちばん盛り上がったのは、年間52試合をやった95年だろうが! 週に2試合では怪我人が出るだと? 水・土・水・土で盛り上がったのを忘れたとは言わせない。試合はもっともっと多くていいのだ。
お前らが大好きなヨーロッパじゃ、自国のリーグ戦とカップ戦、さらにヨーロッパでのタイトルを賭けた試合が並行して進んでいくのだ。マドリードやバルセロナやマンチェスターは、そういう厳しい中で勝ち上がるのだ。たかだか週2試合でゴチャゴチャぬかすな。高校野球は2週間に6試合だ。4連戦だってある。それでもピッチャーは先発完投、連戦連投じゃないか。

  日程問題については、代表偏重のスケジュールのしわ寄せという批判もありますが?

ちっちっちっ。代表は別だぞ。代表には充分な日程を与えてあげないといけないのだ。なにしろ2002年に恥をかきたくないからな。それでリーグ戦の日程が詰まっても一向に問題はない。
それに、代表のスケジュールの間は、代表以外の人間は充分に休めるではないか。試合をしないとコンディションが保てないという戯言をヌカすやつもいるが、休ませた方がいいのか休ませるべきではないのか、下々の者は平気で矛盾した事を言う。
だいたい、代表じゃないやつの事など考えなくともよい。代表メンバーは固定だからな。それで、代表のためにたっぷり時間をとり、攻撃の約束事を確立するのがいちばん大事なのだ。トルシエの言う事は間違ってるのだ。いやもう、そうに決まっている。

  それはつまり、クラブには選択の余地がないという事ですか?

いいか? 日本のプロサッカーは、まだまだよちよち歩きなんだ。選択の余地も何も、クラブが自分で将来を考えてやっていく事など、できるわけがない。それでも客は呼ばなきゃならない。そうしないと飯の食い上げだからな。だから、ベストメンバーで客を釣らなきゃいけないんだよ。
言っておくが、それはアウエイゲームでも同じだぞ。カワブチ君が、以前言っていただろ?
『レッズサポーターには地方を活性化してもらいたい』
集客力のあるクラブは、集客力のないクラブの面倒も見てやらなきゃいけないんだ。みんなで助け合っていかなきゃならないのだよ。福岡がベストメンバーで戦えば、平塚は1万人オーバーだったはずだ。

  今回の騒動については、サッカーの本場イタリアからも批判の声があがっているようですが?

『変な規定で日本サッカーの成長を阻害している』とか
『スポンサーに配慮して、結果的にスポンサーを傷つけた』とかいう、例の記事かね?
下らん。まったくもって下らん。煽りだな。そんな些末な事を、最低委員会ともあろうものが、いちいち考慮していられるか。
いいか、日本は、ヨーロッパとは違うんだ。委員仲間のキノモト君も言っている。
『ヨーロッパは100年の歴史がある。日本は根付くまで歯を食いしばってやらなければならない』
俺も全く同感だ。イタリアの新聞が何を書こうと、痛くも痒くもない。

  では、クラブには何をせよと?

今、言っただろうが。クラブに求められているのは、歯を食いしばる事であると。例えばそうだな、J1で観客動員に悩むクラブであれば、藁人形にベネチアの7番のユニフォームを着せて
『セリエB降格! レンタル終了! セリエB降格! 帰国!』
と唱えながら、ここがポイントなのだが、歯を食いしばって金槌を振り下ろすというのはどうだ? もちろん、名波が磐田に復帰した暁には、磐田戦の前夜にてるてる坊主を吊るすのは基本中の基本だ。

とにかく、人も物も金もボーダーレスな現代社会においてさえも、護送船団方式が有効なのは明白である。となると、残る問題は、その和を乱して自分だけ自助努力しようとするイイコちゃんの存在である。


見せしめが必要だ!

  そういった基本姿勢を踏まえたうえで、福岡の問題について総括頂けますでしょうか?

だいたい、ピッコロだかピッコリだかの言い草が気に入らん。
『私はチームの成長を考えているだけだ』
そんなものは考えなくてよい。トルシエといいピッコリといい、日本を見下ろした助言など要らぬわ。これだから外人は嫌いだ。

俺様は建設的な議論など望まぬ。問題点の露呈は避けなければならぬのだ。抜本的な改革などもってのほかだ。日本の風土には、やっぱりぬるま湯がふさわしい。誤解してるヤツもいるようだが、俺様はアマチュアだからな。結果責任など負う必要もなければ、そのつもりもない。そこのところ、はき違うなよ。

  福岡は、客観的なベストメンバーでリーグ戦を大敗しましたが?

結果じゃないんだ、結果じゃ。
振り上げた拳は、なにがなんでも命中させないとな。俺様のストレス発散にならん。とにかく、福岡は罰金だ。何がなんでも罰金だ。ここが権力の見せ所だからな。

ふん。あんなポッと出の会社。見せしめでいいんだ。

  ところで、市原も大量の選手を入れ替えましたが?

市原? ・・・ああ、古河の事ね。古河は、話をしてみたが、個人的な印象では、最低委員会にかける必要はないな。もちろん、『個人的な印象』という部分は『客観的』と読み替えなくてはならないのだぞ。

だいたい、福岡とはクラブの姿勢が違う。俺様の言う事をよく聞く。緒戦で9人を入れ替えたのでひとこと言ったら、次はレギュラー3人を急遽呼び寄せやがった。かっかっかっかっかっかっ、お灸が効き過ぎたか? いや〜いい気分だ。まあ、阿吽の呼吸というやつだな。議論じゃなくて、以心伝心。これが大事なのだ。こういう風にやってくれれば、俺様だって出場時間がどうのこうのと、うるさい事は言わない。
だいたい、俺様が古河に罰を与えるわけがない。あそことは、なにしろ長い付き合いだからな。キノモト君もカワブチ君もOBだし、去年、逆差別してしまった借りもあるからな。

しかし、ザムなんとかって監督のコメントはいただけない。
『Jリーグが選手を雇っているわけではない』とか言ったようだが、やっぱり外人には護送船団の考え方は無理という事なのだろうな。


公平に各チームを見とるよ、俺様は!

  大分は、試合ごとにフォーメーションも選手も派手に変えてますが?

J2のチームの事など知らん。

いや、そうじゃなくて、俺様は全て見ているぞ。そうじゃないと公平性を欠くというものだからな。
それで大分であるが、ベストメンバーを決められない、チームの形も固定できない監督なのだから、単に無能というだけなのだろう。

  ヴェルディ川崎も、ずいぶんと選手が変わっていますね?

いいじゃないか。武田が出てるんだから。何しろJリーグが特別に認めた背番号1+8だからな。こういう話題こそがJリーグの人気回復の起爆剤になるのだ。

  神戸なんか、騒ぎが大きくなった第2戦の方が入替が多いですよ?

そうか?

  4点差でもベストメンバーを出場させる義務があるはずですが?

・・・あのなあ、神戸にはもともとスター選手ってのがいないだろうが。主力はみんな韓国人選手ではないか。そこまで言わせるな!

  広島は1試合で7人ですよ?

ああ、あれはいいのだ。ミゲルが出場しているからな。ミゲルってのは、昔、キリスト教かなんかの関係で、ポルトガルに行った日本人がいるだろう? なんて言ったかな、あの、首にびらびらのついた服を着た・・・

  ・・・もういいです。

いや、よくはない。とにかく、彼はそういうわけで有名人の末裔にあたるので、非常に有名人なんだな。うん。だから、あれはベストメンバーである。

  平塚は、勝たなければいけない第2戦に前園と松原を温存ですが?

うむ、まあ、前園はイカンな。しかし、湘南は被害者だからな。相手のメンバーが落ちているとあれば、気合いも入らなかっただろう。気の毒に。

  表にはありませんが、浦和は第1戦で初出場の西部を使いました。あ、浦和はJ2でしたね。

いや、浦和の事なら訊いてもよい。よく知っている。あれは問題だな。浦和こそ、常にベストメンバーが求められるのだ。特にアウエイでは。
まあ、ゴールキーパーはいいだろう。それほど攻められる事もないだろうから、誰がやっても目立たないはずだ。

  3点も取られて、バリバリに目立っていましたが、ご覧になっていないのですか?

いや、いや、もちろん見ている。

  ベストメンバーでカップ戦を戦ったチームについてコメントがあればお願いします。

まず、京都には賛辞を送りたい。というか、カズと、カズをしっかり使った加茂監督だな。やっぱり、よくわかっている。他の10人が入れ替わっても、カズがいれば問題ない。

横浜も悪くないな。特に、第1戦はバリバリのベストメンバーだ。さすがに、海をイメージした爽やかなチームカラーだけの事はある。コンディション的にはキツいだろうが、もし結果的に優勝を逃したとしても、サポーターは怒ってはいけない。むしろ、格下にも全力で立ち向かうその姿に対して、大きな拍手を送らなくてはならない。

あとのチームは、まあ、出場時間とかは特に調べていないからな。しかし、俺が知ってる名前ならいいだろう。

他に何か聞きたい事があるか?

  最後にひとつだけ。ベストメンバー問題についてファンの声を聞こうとしないのはなぜですか?

なんだ、これだけ説明してもお前は全然わかってないのだな。俺様の主観が客観だと最初に言い渡しておいたはずだ。
ベストメンバーも、2シーズン制も、延長Vゴールも、俺がいいと思うのだからいいのだ。まあ、あとの2つは電通が言っているだけなのだがな。

そう言えば、表を作らせた手下が、以前、2シーズン制と延長Vゴールを賞賛する企画をホームページでやったとか言っていたな。今度もやってくれんかな。そうすりゃバッチリなんだがな。

そんな事より、ポルトガルに行ったのはミゲル・・・なんて名前だっけ?

♪ちゃらんちゃらんちゃ〜ん
(エンディングテーマが流れる・・・)

ホームに戻る

作者注

この企画の文中で、あたかも特定のクラブや個人を誹謗中傷するかのような表現がございますが、そういった意図は、本心から、全くありません。

過激な表現は、あくまでも、「最低なJリーグ」を揶揄するという企画における最大限の効果を狙ったものですが、もし作者自身の特定のクラブや個人に対する嘲笑の匂いをお感じになるとしたら、それは作者の文章力の欠如ゆえです。

本文中には「メールお断り」と書きましたが、上記の意味で我慢ならんという方は、こちらまでご意見をお寄せ下さい。

と、事前に逃げをうたせて頂いたところで(笑)、では、お楽しみ下さい。