FIFAランキングの
謎に迫る 

いつの間にか細かい部分が変更されていたFIFAランキングの算出方法。
FIFAのHPの紹介文を、翻訳エンジンを用いて簡単に訳してみました。
※97年12月公開のテキストのリメイクです。
1. BACKGROUND AND HISTORY

In August 1993 FIFA, working in co-operation with the Coca-Cola Company, introduced a ranking system for senior national teams. The system makes it possible to publish comparisons of the relative strengths of internationally active teams at regular intervals.

Since its introduction, the FIFA/Coca-Cola Ranking has proved to be a reliable measure for comparing national A-teams. Over the years, some of the details of the ranking process have proved to be in need of improvement, and appropriate revised versions were put into effect at the beginning of 1999.

The following is an overview of the revised basis on which the ranking is calculated. By providing explanations of the various criteria involved and some concrete examples, it is hoped that it will be easier in future to understand and interpret the FIFA/Coca-Cola World Ranking List.

1. 背景および歴史

1993年8月、FIFAはコカ・コーラ社との共同作業により、各国代表チームのためのランキング・システムを導入した。これは、各国代表チームの相対的な強さを定期的に発表する事を可能にするものだ。

このシステムの導入以降、FIFA/コカ・コーラ・ランキングは、各国A代表を適切に比較し得る手段であることが証明されている。しかし、ランキング・プロセスの細部には不適切な部分もあり、1999年初頭からは改訂バージョンが効力を発揮している。

以下は、改訂版ランキング算出方法の概要である。例題を用いながら基準を説明する事により、FIFA/コカ・コーラ・ランキングは、今よりも理解が容易な物となるだろう。

2. OVERVIEW

The FIFA/Coca-Cola World Ranking includes the national A-teams of all FIFA member associations who play international matches. Not included in the calculation are matches played by junior teams or other representative national sides (such as the women's national team).

Taken into consideration for the ranking are all international-A match results over a time span of the last eight years:

  • World Cup finals matches
  • World Cup preliminary matches
  • Continental championship final matches
  • Continental championship preliminary matches
  • FIFA Confederations Cup matches
  • Friendly matches

The ranking list is produced by a computer program which assigns a team points for every match, according to clearly defined criteria. The factors taken into consideration are:

  1. Winning, drawing and losing
  2. Number of goals
  3. Home or away match
  4. Importance of the match (multiplication factor)
  5. Strenght of the opponent
  6. Regional strength (multiplication factor)
2. 概要

FIFA/コカ・コーラ世界ランキングには、国際試合を実施する全FIFA加盟協会におけるA代表が含まれる。年齢別代表や他の代表(例えば女子代表)の試合は計算対象外だ。

過去8年間の国際Aマッチがランキングに考慮される。

  • ワールドカップ本大会
  • ワールドカップ予選
  • 各大陸選手権本大会
  • 各大陸選手権予選
  • FIFAコンフェデレーションズ・カップ
  • 親善試合

明瞭に定義された基準のもと、各試合でチームにポイントを割り当てるコンピュータ・プログラムによってランキングは作成される。考慮される要素は以下のとおり。

  1. 勝利・引き分けおよび敗戦(=結果)
  2. ゴール数
  3. ホーム・アウェイ(=開催地)
  4. 試合の重要度(係数要因)
  5. 対戦相手の力量
  6. 地域格差(係数要因)
3. BASIC CALCULATION PRINCIPLES AND SOME EXAMPLES

The basic idea behind the FIFA/Coca-Cola World Rankings is the same as that for a normal championship: a team can win a certain number of points for each match, depending on the results, and the points are totalled. The association with the highest total is at the top of the ranking list.

But by contrast to normal league championships, for the World Ranking a team's points for a match do not depend solely on whether they win, lose or draw. Also affecting the total for a match will be the number of goals scored and conceded, the venue and the importance of the match. In addition, the strength of the opponent is considered, so that a win over a weakly rated opponent will earn fewer points than one against a strongly rated one. This means that a win will not simply bring two or three points and a draw one, as would happen in a national league. The calculation is more complicated since it incorporates the factors mentioned above.

To make the ranking list more understandable, the 1999 revision has been "scaled up". Previously, a win could earn between one and three points; now the scale has been multiplied by ten, so a win can bring between ten and thirty points, according to the opponent. The overall totals of teams in the list will from now on range from 0 up to about 800 points.

The following sections give details of the individual weighting criteria, and the results of applying these principles can be seen in some examples in Section 4.

3. 基礎的な計算原則と例題

FIFAコカ・コーラ世界ランキングの基本的な考え方は、通常の選手権方式と同様だ。各チームは、試合結果に応じてポイントを得る事ができ、そのポイントは合計される。最高ポイントを得た協会がランキング・リストのトップになる。

通常のリーグ戦方式と異なるのは、単純に勝敗によってポイントが決まるわけではない、という事だ。ゴール数・開催地や試合の重要度もポイントの合計値に影響を及ぼす。さらに、対戦相手の力も考慮される。弱い相手に対する勝利は、強い相手からの勝利よりも少ないポイントしかもたらさない。国際試合によって単純に2 - 3ポイントあるいは引き分けで1ポイントを得るというわけではない。上記の要因を加味するので、計算はより複雑だ。

ランキング・リストをより分かりやすくするために、1999年の改訂は、ポイントを一定の割合で拡大している。以前は、勝利によって1から3ポイントを獲得することができた。今、数字の物差しは10倍になっている。従って、対戦相手により、勝利は10から30ポイントを意味する。リストに掲載されている各チームの合計ポイントは、0から最大で約800ポイントに至っている。

以下のセクションは、個々の基準の重み付けについての詳細である。これらの原則を適用した結果は、セクション4の例を参照されたし。

3.1 WINNING, DRAWING OR LOSING

Naturally a win will bring more points than a defeat in any system, but simply giving two or three points for a win, one for a draw and none for a defeat, would not fully meet all the requirements for a reliable world-wide ranking system.

Therefore the distribution of points also takes into consideration the relative strengths of the two teams. In practice this means that a win over a weaker opponent will earn fewer points than victory over an equally rated or stronger one. It is also possible for a weak team that puts up a good show against a stronger one to earn points in defeat - though as a general rule not as many as the stronger team that beat them. (see example in Section 4).

A special exception is made for matches that are decided on penalties; the winning team earns the full number of points for a win, while the losing team gets the number of points that would have been awarded for a draw.

3.1 勝利・引き分けあるいは敗戦

どんなシステムでも、勝利が敗戦より多くのポイントを得るのが自然だ。しかし、単純に勝利に2 - 3ポイント・引き分けに1ポイント・敗戦に0ポイントでは、充分に信頼できるワールドワイドなシステムたり得る全要件を満たす事はできない。

それゆえに、ポイントは対戦チーム間の相対的な力を考慮して配分される。これは、同等の相手もしくはより強い相手からあげた勝利によるポイントよりも、格下からの勝利で得るポイントは少ないという事を意味する。同様に、弱いチームが強豪と対戦した場合に、負けでポイントを得る事も可能だ。(セクション4の例を参照)

特別の例外はPK戦による決着である。勝利チームは勝利ポイントを全て獲得し、敗戦チームは引き分けで得られたであろうポイントを得る事ができる。

3.2 NUMBER OF GOALS

A further factor taken into consideration is the number of goals scored and conceded in a match. Here too the distribution of these points depends on the relative strengths of the two teams. In other words, a goal scored by the lower-rated team will be weighted more than one scored by the higher-rated side. On the other side of the balance sheet, points are deducted for goals conceded. To encourage attacking football with more goals, goals conceded are weighted less than goals scored. In matches decided on penalties, only goals scored during regular playing time or extra time are considered in the calculation.

A possible "overweighting" of goals is avoided by attaching more importance to the first goal that a team scores than to any subsequent ones. On the whole, the number of goals scored can never earn as many points as would be awarded for a win. This is in accordance with the general principle that while more goals may make the result look more impressive, in the final reckoning - as in normal league championships - it is winning or losing that is decisive.

3.2 ゴール数

より難しい要因は、ゴールの数をどこまで認めるか、という事だ。ここでもまた、ポイントの配分は両チームの相対的な力に依存する。弱いチームの得点は、強いチームの得点よりも重みが大きいと言い換える事ができるが、その一方で、限度以上のゴールは差し引かれる。より多くのゴールを生み出す攻撃的サッカーを推奨するために、実際の得点よりも多いゴール数が認められる事はない。即ち、PK戦でのゴールは計算から除外される。

最初のゴールに対してより大きな価値を与える事により、得点がポイントに多大な影響を与え過ぎる可能性を排除した。ゴール数によるポイントは、勝利ポイント以下の価値しかない。

3.3 HOME AND AWAY GAMES

To make an allowance for the extra handicap of playing away from home, the away-team is awarded a small bonus of 3 points. For games played on neutral territory or during World Cup final rounds there are no such bonus points.

3.3 ホーム&アウェイ

遠隔地での試合によるハンディキャップを認め、アウェイチームには、3ポイントの小さいボーナスが与えられる。中立開催地での試合やワールドカップ本大会には、このようなボーナス・ポイントはない。

3.4 STATUS OF A MATCH

The importance of a game is also considered - a World Cup encounter is weighted more heavily than a friendly match. The method applied here is to use a pre-calculated factor by which the points totals of a given match are multiplied.
The factors used are:

■Friendly matchx 1.00
■Continental championship preliminaryx 1.50
■FIFA/Confederations' Cup matchx 1.50
■World Cup preliminary matchx 1.50
■Continental championship finals matchx 1.75
■World Cup finals matchx 2.00

This means that qualifying matches are weighted 50% higher than friendlies, continental final round matches 75 % higher and matches during World Cup finals twice as much.

3.4 試合のステータス

試合の重要性も考慮され、ワールドカップは親善試合よりも大きな係数が用いられる。事前に設定された係数は以下のとおり。

■親善試合x 1.00
■各大陸選手権予選x 1.50
■FIFAコンフェデレーションズ・カップx 1.50
■ワールドカップ予選x 1.50
■各大陸選手権本大会x 1.75
■ワールドカップ本大会x 2.00

つまり、予選は親善試合の50%増し、大陸選手権本大会は75%増し、ワールドカップ本大会は2倍のポイントという事だ。

3.5 REGIONAL STRENGHT FACTORS

It is accepted that there are differences in strength between the various continents. To take these into account in an objective manner, weighting factors are worked out each year for each of the confederations. The basis of evaluation for each continent is the performance of its teams in direct intercontinental encounters. At the end of every year a continental ranking list is calculated, based on the same criteria as used for the FIFA/Coca-Cola World Ranking.

Taken into consideration are not all the intercontinental matches played by teams from a given continent, but only the direct confrontations between the strongest teams from each continent. Specifically this means that what is included are matches between the best 25 per cent of the teams from a given continent (with a minimum of 5 teams being considered). This way the danger is averted of errors possibly being introduced by considering matches between strong teams of a weak confederation against weak teams of a strong one.

The weightings are applied in the form of multiplication factors for teams from the same continent (see below). If teams from two different confederations are involved then the factor applied is the average of the two continental weightings.
For 1999, the following weighting factors will apply:

■UEFAx 1.00
■CONMEBOLx 1.00
■AFCx 0.90
■CONCACAFx 0.86
■CAFx 0.86
■OFCx 0.84
3.5 地域格差

大陸間で実力には違いがある。客観的なやり方でこれらを考慮するために、重み付け係数が各大陸連盟に対して毎年適用されている。各大陸連盟の評価の基本方針は、大陸間の直接対決での、所属チームのパフォーマンスだ。毎年末には、FIFA/コカ・コーラ・ランキングと同じ方式による大陸ランキングが作成される。

全ての大陸間の試合が、各大陸の係数に影響するわけではない。係数算出の基本になるのは、強豪チーム同士での直接対決である。各大陸の上位25パーセント(最低でも5チーム)にあたるチーム間での試合がこれに該当する。この方法により、弱い連盟の強いチームと、強い連盟の弱いチームが対戦する際の、誤差の危険性を減らす事ができる。

地域係数は、同大陸のチームとの対戦に適用される(下記参照)。異なる連盟の対戦は、両大陸の係数の平均値を適用する。
1999に適用された係数は以下のとおり。

■UEFAx 1.00
■CONMEBOLx 1.00
■AFCx 0.90
■CONCACAFx 0.86
■CAFx 0.86
■OFCx 0.84
3.6 SUMMARY

Based on the above considerations, the total number of points credited to a team after a match will depend on the following criteria:

  • Points for winning, drawing or losing
  • Plus the points for goals scored in this game
  • Minus points for the goals conceded
  • Plus a bonus for the away team
  • Multiplied by the appropriate factor for the status of the match
  • Multiplied by the appropriate factor for regional strength

The number of points for a win, draw or loss, as well as for the number of goals scored or conceded is dependent on the strength of the opponent. In order not to punish a lack of success too severely, a negative points total is rounded up to 0.00.

3.6 要約

上記の要因に基づいて試合後に加算されるポイントは、以下の基準に依存する。

  • 勝利・引き分けあるいは敗戦によるポイント
  • その試合での得点による加算
  • 認められたゴール数による減算
  • アウェイチームへのボーナス加算
  • 試合のステータスに応じた適切な係数
  • 地域に応じた適切な係数

ゴールによるポイントと同様に、勝利・引き分け・敗戦ポイントも対戦相手によって変動する。マイナス要因をあまりにも厳しく判定する事のないように、合計ポイントのマイナスは0.00ポイントとする。

4. EXAMPLES OF ACTUAL CALCULATIONS

Some actual examples should help to make the methods of calculation clear. In this instance it is assumed that three teams of different strengths are involved in a small friendly tournament on neutral territory. For the sake of clarity no away team bonus, nor continental or status multiplication factors are applied.

Before the tournament the three team have the following points totals:

■Team A: 630 points
■Team B: 500 points
■Team C: 480 points

Thus, team A is by some distance the highest ranked of the three:

The following table shows the points allocations based on three possible outcomes of the match between the strongest team A, and the somewhat weaker team B:

4. 実際の計算例

計算方法を明確化させるために、いくつかの実例で説明しよう。異なる力を持つ3チームが、中立地で小規模な親善トーナメントに参加したと仮定する。単純化するために、アウェイボーナスや大陸・試合ステータス係数は適用しない事とする。

トーナメントの前に、3チームは以下のポイント合計を持っている。

■チームA: 630 ポイント
■チームB: 500 ポイント
■チームC: 480 ポイント

このように、チームAが3チーム内で突出した力がある。

以下の表は、最も強いチームAと、それより幾分弱いチームBとの間の、3つの異なる結果の場合のポイント割り当てを示している。

Team A Team B  Team A Team B  Team A Team B
3 : 1 1 : 3 2 : 2
Win/defeat(勝敗ポイント) +17.4 +2.6 -2.6 +22.6 +7.4 +12.6
Goals for Team A(Aチームのゴールによるポイント) +5.4 -3.6 +2.3 -1.6 +4.1 -2.7
Goals for Team B(Bチームのゴールによるポイント) -1.8 +2.7 -4.1 +6.2 -3.1 +4.7
Total(合計ポイント) +21.0 +1.7 (0.00) +27.2 +8.4 +14.6

From the table it can be seen that in the case of a 3:1 win, team A is allocated a total of 21.0 points. But as the more highly ranked team, the win itself only earns 17.4 of these. The lower-rated team B still earns 1.7 points. Had the "weaker" team B won the match 3:1, they would have received 27.4 points, while the then negative total for team A would have been rounded up to 0.00. For a 2:2 draw, team B would have earned a few points more than A, for being the lower-rated team.

When the difference in strength between the two teams is less, so also will be the difference in points allocation. The following table illustrates how the points would be divided following the same results as above, but with two roughly equally ranked teams, B and C, being involved:

チームAが3:1で勝利の場合、チームAに合計21.0ポイントが割り当てられる。しかし、上位ランクであるため、勝利ポイント自体は17.4ポイントに過ぎない。チームBは、これでもまだ1.7ポイントを得る事ができる。より弱いチームBが3:1で勝てば、27.4ポイントを受け取る事ができる一方で、チームAの合計ポイントはマイナスであるが、0.00まで切り上げられている。2:2の引き分けの場合は、より低く値ぶみされたチームBが、Aよりも数ポイント多く獲得することができる。

2チーム間での力の差がより小さい時は、ポイントの割り当ても同様である。以下の表は、ほぼ同じランクのBチームとCチーム間で上記と同じ結果の場合のポイント配分方法である。

Team B Team C  Team B Team C  Team B Team C
3 : 1 1 : 3 2 : 2
Win/defeat(勝敗ポイント) +19.6 +0.4 -0.4 +20.4 +9.6 +10.4
Goals for Team B(Bチームのゴールによるポイント) +5.7 -3.8 +2.5 -1.7 +4.3 -2.9
Goals for Team C(Cチームのゴールによるポイント) -1.7 +2.5 -3.9 +5.8 -3.0 +4.4
Total(合計ポイント) +23.6 (0.00) (0.00) +24.5 +10.9 +11.9

In this case, it can be seen that for either team, approximately the same number of points would be awarded for a win or a draw, with team C getting slightly more since they are ranked a little lower.

There would normally be a bonus for the away team, which would be added to the above. Then the total would be multiplied by weighting factors that take into account the importance of the match and the regional strengths. Thus, for example, if the games above had been played during a World Cup final round, then the points total would first be doubled, and then multiplied by the continental weighting factor for the two teams involved.

この場合,やや低位に位置するチームCが僅かながら多くのポイントを得ているが、ほぼ同じ勝利もしくは引き分けのポイントが両者に与えられるだろう事が見てとれる。

通常は、アウェイチームに対するボーナスポイントが上記に加えられる。また、試合のステータスと地域力の重要性の係数が掛かってくる。従って、例えばもし上記がワールドカップ本大会での試合であれば、合計ポイントがまず2倍にされ、そこからさらに地域係数が掛け算されるわけだ。

5. FURTHER CRITERIA

To obtain a greater degree of objectivity in the ranking list, two further criteria have to be considered:

  • The number of matches a team plays within a given period of time
  • The importance to be attached to results from previous years.
5. さらなる基準

ランキング・リストで、よりよい客観性を得るために、2つのさらなる基準が考慮される。

  • 与えられた期間内にチームがこなした試合数
  • 当年の結果を前年より重要視する
5.1 THE NUMBER OF MATCHES PLAYED

So that teams playing more international matches are not favoured over those playing fewer, only a limited number of games are taken into consideration. This number has been determined by deciding on what could be termed the "averagely active teams", and these were agreed on as those having played between seven and ten matches per year.

So that less active teams are not disadvantaged in the ranking, the calculation initially considers only the seven best results. Further results are included, by working out an average for them.

The situation is best clarified by means of an example. Suppose a team plays twelve matches; then the calculation would run like this:

  • The best seven of the 12 results are identified
  • The total score for these seven matches is calculated (X)
  • The total score for all 12 matches is calculated
  • This total is divided by 12 and multiplied by seven (Y)
  • The total for the seven best results is added to the seven "average" results (X+Y)
  • This total (X+Y) is divided by two for the final score
5.1 試合数

国際試合を数多くこなすチームが、より少数の試合しか消化していないチームより優位にならないように、計算対象となる試合数には上限が設けられる。この数は、「平均的な活動をしているチーム」の試合数によって決められた。1年当たり7〜10試合をこなしているチームが平均的であると認められている。

あまり活動をしないチームがランキングで不利な立場に置かれないように、まずはベスト7試合が計算上考慮され、その上で平均が結果に含まれる。

この状況を、例で示そう。もしチームが12試合をこなせば、計算は以下のようにする。

  • 12試合中、ベストの結果である7つを区別する
  • ベスト7試合のポイントを合計する( X )
  • 全12試合のポイントを合計する
  • その12試合の平均ポイントを7倍する( Y )
  • ベスト7試合のポイントを、平均ポイント7試合分に加える( X + Y )
  • この合計( X + Y )を2で割り最終スコアとする
5.2 PREVIOUS RESULTS

So that the ranking accurately reflects current form, the greatest importance is attached to matches played in the last twelve months. But attention is also paid to results from previous years. Basically, the current year's points total is averaged in with points earned in the seven preceding years, with weightings that decline progressively the further back we go. After eight years, results are dropped from the calculation altogether.

Thus the points included in the calculations for the ranking at the end of 1998 would comprise the following:

Last 12 months (e.g. 1998) :8/8 value
+ previous year (1997) :7/8 value
+ previous year (1996) :6/8 value
+ previous year (1995) :5/8 value
+ previous year (1994) :4/8 value
+ previous year (1993) :3/8 value
+ previous year (1992) :2/8 value
+ previous year (1991) :1/8 value
5.2 過去の結果

ランキングが正確に現在の状況を反映するように、過去12ヶ月の試合を最も重要視している。しかし、前年の結果もまた注目しなければならない。基本的に、現時点でのポイントの合計は、当年と、過去7年間の年別のポイントとの平均で算出される。過去の数値は年毎にポイント係数が軽くなり、8年を経過した時点で、その結果は計算から除外される。

従って,1998年末時点での、ランキング計算に含まれるポイントは、下記のとおりとなる。

過去12ヵ月 (例えば1998年) :8/8 の価値
+ 前年 (1997年) :7/8 の価値
+ 前年 (1996年) :6/8 の価値
+ 前年 (1995年) :5/8 の価値
+ 前年 (1994年) :4/8 の価値
+ 前年 (1993年) :3/8 の価値
+ 前年 (1992年) :2/8 の価値
+ 前年 (1991年) :1/8 の価値
6. AWARDS

The team topping the final ranking list of the year is designated 'Team of the Year'.

The award for the "Best Mover of the Year" in the FIFA/Coca-Cola World Ranking is not based simply on the biggest jump in the number of points or in the number of places up the ranking ladder. What also has to be taken into consideration is the fact that it becomes progressively harder for a team to earn points the more it already has.

Thus to decide on the " Best Mover of the Year " a calculation is performed that multiplies the number of points a team has at the end of the year [x] by the number it has earned during the year [y]. The team with the highest index obtained in this way wins the award.

The table below shows the calculation for the year 1994.

6. 特別賞

その年の最終ランキングでトップにいるチームは、『Team of the Year』を得る。

FIFA/コカ・コーラ世界ランキングにおける『Best Mover of the Year』は、単純にランクアップが大きければよいというものではない。それは、ランク上位になればなるほど、ランクアップもまた困難になるからだ。

従って、『Best Mover of the Year』は、年末のポイント[x]と年間に増加したポイント[y]を掛けた数字が最も大きいチームに賞を贈っている。

以下の表は,1994年における計算を示す。

Team Points at end
of 1994
(x)
Points won
in 1994
(y)
Total (x * y)
Croatia 30.39 21.86 664.41
Brazil 67.18 8.46 568.23
Uzbekistan 23.51 23.51 552.86
South Africa 32.19 17.16 552.58
Bulgaria 53.53 9.50 508.32
チーム 1994年末の
ポイント
(x)
1994年の
増加ポイント
(y)
合計 (x * y)
クロアチア 30.39 21.86 664.41
ブラジル 67.18 8.46 568.23
ウズベキスタン 23.51 23.51 552.86
南アフリカ 32.19 17.16 552.58
ブルガリア 53.53 9.50 508.32
7. THE COMPUTER PROGRAM

The program for calculating and up-dating the FIFA/Coca-Cola World Ranking was developed for FIFA by two specialists, Dr. Markus Lamprecht and Dr. Hanspeter Stamm. The development of the program (including the 1999 revisions) was carried out in close co-operation with football experts, and the Communications and Competitions Divisions of FIFA.

7. コンピュータ・プログラム

FIFA/コカ・コーラ世界ランキングの計算と更新のためのプログラムは、2人のスペシャリスト、マーカス・ランプレヒト博士とハンスペーター・スタム博士により、FIFAのために開発された。プログラム(1999年の改訂を含む)の開発は、フットボールのエキスパートおよびFIFAのコミュニケーション・コンペティション部門との密接な協力関係で実行された。


原文は FIFA.COM にあります。  ホーム